KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

きちゃなくて・・・追加あります

9f6ee6a1.jpg


第一次静養、須崎から帰る東宮一家だそうです。

1471704108862.png

皇太子妃殿下。

だそうです。

う~む


きちゃないな~、と、素朴に感じた。

なんで、何しに、わざわざ、出かけて行くんだろう、この人たち。

来週は那須へ、ご静養だとか。


この人たちばかりではない。


天皇さんとこうごうさんも。

この夏初めてのご静養だって。

11日間。

草津では例年のごとく、ピアノを演奏するとか読みました。

何にでも噛んでみたくてしかたないヒトなのか。

ワタクシのピアノ演奏を、皆が待ち望み、喜んで、励みにして、聴くと、お思いか。

傲慢にもほどがある。

傲慢で、滑稽で、醜い。

年に一度のピアノの会に、人々が、どんな思いで出ておられるか。

その方たちの機会と時間を横取りするのが、夏のミテコさんのお愉しみ。

弾いてさしあげるの。

ピアノ弾くの、腕も肩も筋力要るらしいですね。

這ってでも弾いて差し上げるの、差し上げたいの、とか、マジにそういう感性のヒトで。

仕方ない。ご来臨を誇りに思う方々も。おられるのかな。でも、舞台に乗る方々、

こうごうさんみたいに「おセレブ」な方ばかりでは無かろう。

今のミテコさんは、有り余る特権、財力、支配力、すべてを持ち合わせている、特別なヒトですよ。

夫を裏から動かして、憲法も法律もそれがどうした、何がどうでも、自分たちに合わせさせた世界で生きていようとする、妖怪。

言い過ぎとは思いません。

いろんな写真を見ていて、いかにして、かくのごとき醜貌におなりあそばしたかと思う。

見ているのがイヤになるような、浅ましいお姿です。

とか言いながら、見ていました。(笑)。

(笑)、ではないのです。

本当は、(笑)、のことでは、ない・・・・・。


1471409966299.jpg

なで肩の美智子さん


1471414524861.jpg

直立できないらしいおくがたさま。

1471614890607.jpg

いつも思い詰めておられるのは、なぜ。


1471535069076.jpg

このお二人が

妃殿下


まんなかわたし41e773e4

はじめから  真ん中に居座っていたのは、わ・た・し、でしたね、美智子さん

ど真ん中。びっくりしちゃいます。


1471502030252.jpg

ずり下がっちゃった、このティアラ。

今どこですか。あのテイアラも、あの宝冠も。

秋篠宮殿下のおぐしの色から拝察するに、悠仁親王殿下のご誕生前。

10年くらい前? 70歳くらいのミテコさん?

・・そうなのか。

そうなんだ~・・・。




スポンサーサイト

コメント

本当に

日本の最高位になられる方々。
おぐしも、服も佇まいも最低ですね。

律する事をなさらず
そこにある、甘いものを
ただむさぼった後の醜さ。

背景に
どんな綺麗な山や海や街を持って来ても
汚い。

日本の格が、堕ちて行く
悲しさを、今見せられているのですね。

No title

KUON様

今晩は。
ブログの更新ありがとうございます。

内延皇族の方々、威厳も気品もない本当にきちゃないお姿になりました。
敬う気持ちもうせました!

ミテコさんのティアラの付け方、昔からまるでカチューシャのようでおかしな感じでいました。
代々引き継がれるティアラどこにあるのでしょうね!
ティアラ展でも開いて公開して欲しい。

てんのーさんこーごーさん
今年、初めての夏休み?
先月に葉山と那須のお出かけとはどう違うですかね~?
それにしても、御用邸ではなくまた軽井沢?
税金を湯水のごとくお使いで・・・。

暑い中、一生懸命働く国民への思いはいずこへ・・・

品格

やはり身分の高い方を拝見させていただくときに

楽しみとして私は、一般人には無い雰囲気を感じる事でございます。


華子様の凛とした立ち姿


紀子様の公務中の笑顔


清子さんの伊勢神宮の参拝の袴すがた


姿を拝見するだけでもありがたいと思うのです。


なぜ皇太子のご家族の方々は

(きちんとした尊称は知ってますが書く気持ちになりません)

ご静養の行き帰りの駅の構内で

お見送りの方々にお声かけをなさるのでしょうか。

ご静養は、公務でしょうか、プライベートでしょうか。

彼らの何よりも大切になさっているプライベートではないしょうか。

そして また 駅はパブリックスペースです。

夏休み 国民みんなが少ない休みを利用して出掛けるのです。

国民に思いを寄せてくださってるのなら

なかなかできることではございません。

皇太子ご家族のしどけないご様子に怒りのあまり

長々不躾なコメント失礼いたしました。




No title

おはようございます。

私は眉毛が濃すぎて
昔、両こめかみから眉間も全部一直線に繋がって
『立派な眉毛でんなぁ』と近所の爺さん
ビビらしてたんですが(笑)

眉毛どないかせんとあきませんわ・・・
姑さんも嫁さんも
お付きのメイクさんもうちょっと
ええようにしてあげればいいのに

と、ショームナイ事思ってます(笑)

コーシツスチャラカ興業


挨拶をうっかりお忘れの皇太子ご夫妻 愛子さまがご指摘。

【あまりのことなので貼っておきます。】
アイコタマをたてれば親がダウン?
シーソーゲーム。
*************
上記の記事

 今年新たに制定された祝日『山の日』の8月11日、皇太子ご一家は長野・松本市の上高地で行われた『「山の日」記念全国大会』の式典に臨席された。

「愛子さまは上高地の地理・歴史や山の日の持つ意味などを事前にお調べになっていたそうです。また現地に向かわれる車中では、上高地に行ったことがあるご両親に思い出話などを聞かれたようです」(東宮職関係者)

 愛子さまにとって、ご夫妻の地方での公式行事に同行されるのは今回が初めて。お気持ちの引き締まる部分もあったようで、現地入りされた前日10日の昼、JR松本駅でこんなハプニングがあった。

「淡いパープルカラーのワンピース姿の愛子さまは、ご両親とご一緒に、奉迎する地元住民や登山客などに笑顔で手を振られました。その後、移動のためお車に乗られようとしたご夫妻に向かって、愛子さまが何やらお声をかけられたのです。

 ご夫妻は“あっ!”という表情をされて踵を返されると、松本駅長のほうに向き直られました。どうやら、ご夫妻が挨拶をうっかり忘れてしまい、それに気づかれた愛子さまが“ご指摘”されたようでした」(皇室記者)

 なんとも心強い愛子さまだった。

撮影/雑誌協会代表取材

※女性セブン2016年9月1日号

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

内親王さんの長い髪

そういえば今まで彼女の虚ろな表情にばかり注目していましたが、容姿の隅々には気を向けてはいませんでした…


何なんでしょうね!?あの内親王の長すぎる髪は…

長すぎでぶしょったい(汚い…に近い私の故郷の方言です)です!!


腰まで伸びた髪は膨らみっぱなし…ヘアケアちゃんとしてますか!?


熟、見映えの悪い親子(もどき)ですね…

あまりにも、醜悪すぎて。

下卑た皇族は、もはや、皇族とは、言わない。
見れば見る程、気持ちが、悪い。
奇怪で、不気味て、醜悪な一本眉。
鏡に、映った御身を、カメラが、捉えた御身の写真を、御覧になったなら、他人にそのかんばせを、見せたく無いし、見られたく無い筈。
御所の鏡は、醜い般若を映さないのだろうか?
今のご自分のお顔が、美しくみえるのなら、眼球と脳に問題が、あるのかも?

都合の悪いものは、見えないのかも、しれないし、見ないことにしているのか。
或いは、若かりし頃のまだ美しかった頃の残像に支配され、脳内で、更新の処理が、未完のままなのだろうか!

もっとも…あの奇ッ怪な悪趣味な服を好んで着るひとだから、美醜の基準が、大幅に、ズレているのかもしれない。

本当に、きちゃない。
醜い。醜悪。汚穢。

だから。御所の外には、出ないでおくれ。
汚いものには、蓋をして、こっそりと、捨ててしまうのが、一番。

No title

更新有難うございます。

この下衆い方々のご静養のための税金を納めている方々が、台風でびしょ濡れになりながら今日も出勤しております。

そして今日のお仕事終えてさあ帰るぞと言う時に、明治神宮の木が倒れて山手線を止めると言う・・・。何かの暗示の様で恐ろしいです。

そろそろ皇后の座が近づいた?と思ったとたんに体調整えちゃって出まくりのあの人がもう気持ち悪くて・・。手を振れば皇后に?そんなの神様は認めないと思います。

2020のオリンピック開会式には
秋篠宮天皇陛下と紀子皇后陛下が開会を宣言され、悠仁様も大画面にアップで映され・・・。もちろん眞子様も佳子様も美しいお着物姿でご臨席・・・。

その情景をイメージして祈り続けます。






額のまん真ん中に眉毛が一本、、、

マンガでも見たことない。

笑っちゃいけないところでしょうが。

チマチマお手手と一本眉毛。
コントみたいです。

思えば、2年前にはなかった美智子様ご批判。とうとうここまでたどり着きました。
私たちは、ほんとにメディアの情報を鵜呑みにしていた凡愚でしたね。

お忙しい中、記事をありがとうございました。

今回は、禍々しい写真盛り沢山の記事でした。

それにしても、一本眉に、ティアラをカチューシャの様に付けてみたり、、、

なんだか、無茶苦茶ですね。

明治神宮の倒木も、怪我人はいなかったようですですが、
線路の復旧作業にかなり手間取った感じですね。

四年後、、、
四年後の為に私も祈ります。

きちゃない人達が、ロイヤル席をウロウロ、、、
もう、嫌です!!

No title

お返事遅くなりました



・さと子さん


雅子さんはおかしいのよ、と、信用できる友人から明言されて「そうなんだ!、やっぱり!」と、得心、それから始まった、現・皇室(内廷がた)のぐちゃぐちゃへの探索の日々。

大げさではありません。とどまることなく新たに判って行く、ひどい現状の数々。

初めはまさこから、今は、内廷の大人四人全員への、どうしようもない嫌悪感。


>律する事をなさらず
>そこにある、甘いものを
>ただむさぼった後の醜さ。

どこよりも、どなたよりも浅ましい方々と、思い知らされてしまいました。

情けないです。それだけでは済まないです。次代に移る時点で、なんとかならないと、と、念じているのですが。



・黒猫アビさん


もう葉山へも那須へも行ったので( 科?)今は軽井沢。お蚕さんのなんとかを見には行ったらしく、後は思い出のテニスコートを見に行って、そして。

台風が上陸したっことなど無かったと言う北海道、8月に3度も台風が。

皇居にいない天皇が、民のために祈る訳は無し次代が代わってするはずも無い。自分チでこころ痛めておられた、とか、報道させて、おしまいですね。

もう要らない人たちですね。



・えこ さん


仰ること、ごもっともと思います。

>姿を拝見するだけでもありがたいと思うのです。

理屈抜きで、こういう感覚でいたのが、日本人と思います。まるで逆方向の意見の方も、意識すればこそ、の面が有ったり。年と共にそういう風に気持ちが向いて行ったり。

理屈でなく。

いま、あの人たち(敬語も知っているつもりですが使う気になれず使いません、これも同じです)の姿を見て。

何とも言えない。言ってますが。(笑)。笑じゃないんですが、笑うしかない、といいますか。

あれ見て、まだ、様つけて・・・ 私たちは、あれらの「シモベ」ではないです。


・Nちゃん さん


眉毛。こうごうさんの眉毛の不思議。

まさこ(呼び捨て)の眉毛の不思議。

イヤミでも皮肉でも無く、Nちゃんの「優しさ」感じて、うひょ~って感じになりました。

あの人たちの事、こういう風に気にしてあげる人がいるんだ~、と。

私は、きついな。(笑)。

Nちゃんの潔い凛々しい濃ゆい、メイク要らずの眉を、見たくなりました。ほんまに、皮肉でもイヤミでも無く。あの、お引きずり妃たちは、もう、どうしようもない。

人の言う事なんか聞きゃしない、くそ女たちです。と、くおんさんは思っています。





No title

こんにちは。

最近この人達みると反吐が出そうになります。
本当に醜悪になられましたね!

ベンチの中央、なんとまぁ~~!びっくりですね!やはりこの頃から仕込み中だったということがよくわかる1枚です。

でもまさか今日のようにネットで過去が拡散されることになるとは?想定外でしょね?

そういえばコウゴウさんが皇室に入られた頃、常陸宮様は少し知能が足りないという噂があったように記憶していましたが、これって長男さんのことだったんですね!

常陸宮様はフランスから何かの賞を最近授与されましたから~~


とんこさんのコメントを拝見して、

そう言えば、秋篠宮殿下も、「ヤンチャ、遊び人、、、」
かなりの悪い噂を流布されていました。
今となっては、作り話と気付きましたが、
紀子様も、、、

おそろしいですね。

いやいや…

どうしたら、この御二方のようなかんばせになるのでしょうか…。
きさいの宮さま方ですよね?
安達ケ原か隅田川ですね。この御セーヨーの写真を見る限り愛子さまは本物でしょう、全体…とくに髪に禍々しいオーラがありますので。影子には一味違う気味悪さがあります。

No title

お返事遅くなりました



・硬質憂子さん


私も、それ何じゃい?と不思議、じゃない、不愉快でしたので、記事にしてしまいました。

もし、たとえば事実だとしても、こんな風に書かれるなんて、躾が悪いと笑われるくらいのこと。

皇太子の娘が、人前で親を・・あり得ない話ですが、あそこでは、何があってもアゲちゃうんですね。


・ヒミツのKさん


そうですよ。また、押しつけて差し上げますからね、お覚悟召されい、ですよ。マジで。


・諒さん


「ぶしょったい」ですか。実はわたし、方言が大好きなんですよ。

言い換えの不可能なほど、どんぴしゃな表現がありますよね。

あの長い髪。おそらく、母親と同じ(そのへんは似て)、触れられることに特別な何かがあるのでは。

おそらく歯もうまく磨けない、下着をきちんと着けられない・・・のではないかと。

あの方のせいでは、いっさい、無いのですが。それを利用されて大きなよくない方面に向くとなると、黙っていられないんですよね・・・。



・よみびとしらず さん



胸の奥からたまらなくなるくらい、イヤですね。


>都合の悪いものは、見えないのかも、しれないし、
>見ないことにしているのか。
>或いは、若かりし頃のまだ美しかった頃の残像に支配され、
>脳内で、更新の処理が、未完のままなのだろうか!

多分そうなのです。甘やかされてそのまま来られたから

ますますひどくなったのか。この客観性の皆無なことは、公人たるにふさわないと考えていますが、あの方の脳内は、おっしゃるように、完全無欠のワタクシ、のままですね、きっと。

ほんっとうに、きちゃない。醜さの極みです、世界には、去った後何百足の靴を笑われた人もいましたが。

あのジョテイさんの〇後はどんなものか。マルコス夫人は、とりあえずは、その国基準の「美」は、キープされていたようですが。






No title

お返事遅くなりました



・お返事の順が違うかも知れず・・・マタコたまに叱られることはないと思うが・・何か言われたら、

あ、そう、ふふ、と、最大限にバカにしてやろうと思うが・・・順が違っていたら、ごめんなさいませ。



・つき さん


>この下衆い方々のご静養のための税金を納めている方々が、
>台風でびしょ濡れになりながら今日も出勤しております。

そうですね、今年の台風は根性が入っていて、もうずっと、日本のおちこちの善なる皆さまが、困っておられます。今日30日も、ずっと困っておられます。

あの夫婦も次代も。

「僕の家は(浜尾さんチと違って)鉄筋だから大丈夫」

愚鈍な口が仰せになったように。な~~~んにも、困らない。

胸だって痛みませんと、信じています。

明治神宮の樹が倒れたと知ったのは、けっこう後です。何で言い難かったのか、初めは、渋谷で、樹が倒れた、という感じでした。

4年後は・・・

私今でも、皇族らしい方々の御姿を、貼りたくて仕方ないのですが、ある思いでじっと、我慢しています。

時、至らば。今の内廷の写真など、ぜんぶ、消し去ってやりたいと思っています。



・たまき さん


マンガ。コント。最悪の冗談。妖怪話。

まだしばらく前には、ここまでひどいあれこれがダダ漏れになろうとは、思いませなんだ。

今でも、どうして美智子さんをここまで、と、仰る方もおいでです。

どうしてって。

現実を見れば、こうなんだよ、と、申し上げたいです。根っこのところ。基本のところで、おかしかったのですね。

遠慮しないでもっと、申し上げて行くつもりです。

あの眉は、ほんとに、不思議です・・・。



・華さん



まさか、人さまのことを、しかも皇后なる人を、きちゃない呼ばわりする自分になろうとは。

でも、ほんとにホントに、きちゃないの。

お顔の事(だけ)ではない。こっちに伝わって来るものに、全く清浄、清涼、清々しさ、ってものが、無いのです。

で。過去のあれこれ思い見て。なるほど、やっぱり、そうだったんだ~、の、納得の嵐なんです。

フィリピンでも、みっともなかったです、あの方。大統領には全部、見えていたと思う・・。



・とんこ さん



>そういえばコウゴウさんが皇室に入られた頃、
>常陸宮様は少し知能が足りないという噂があったように
>記憶していましたが、これって
>長男さんのことだったんですね!


私も、そう、思いこんでいました。しかし事実はそうでないようで、何より、宮さまは、妃殿下ともども、皇室のお方らしい安心感を与えて下さいます。

あふぉ天、とさえ言われてしまう(「長男」さまとは違う。

ミテコ呼ばわりされる(ほかにもいっぱい、夜鷹、とまで)長男夫人とは、格が違う、出来が違う、何もかも違う。

時を経れば、ちゃんと見えて来ました。

イヤな世界だなあとも思います。



・華さん


そうです、遊び人、と。昭和の終わりの頃、タイにも会社がありまして、けっこう沢山の方にあの国へ行ってもらっていました。

礼宮さまが、噂を流されるような遊び人なら,タイの王室が、あんな接し方をする訳がない、という話でしたよ。ごく普通に。

しかし、いやらしいこともあります。私が店を営んでいた随分前も、時々、神戸へ行く今も。

寄って来ては、紀子さまの嘘ばっかりの話を、したがる人間がいる。わかっているから、電車の中では無視するか、思いっきり「違う根拠」を話します。

相手は決まっている、あのそうかのヤカラで。行っても無駄でしょうが、がんがん、言う場合もあります。一時間くらい、あっという間です。

害虫は、なかなか、減りません、アタマも目も機能してないんだな、と、虚しいですが・・・



・衣通媛さん


そうです。きさいの宮さま、でありんす。

思いっきりレベルの低いあたりを、選んではめこんでも、ここまで見事立派に、下品を通せるものかと。

いい暮らししているはず、税金で。ずっといい服着ていたら、多少はマシになる・・・とは、限らないか。

中身が、げすでくずでごみ。

ここまで言ってしまう自分に、最近は、ジコケンオ、も、無くなり・・・どうやったら。ここまでなれるか、暗黒の力でしょうか。

日本の神様では無いですよね・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/3359-bb8df7c9

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん