今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

恥ずかしくないか

 

天皇陛下おことば(全文)…戦没者追悼式

 本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。

 終戦以来既に71年、国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、苦難に満ちた往時をしのぶとき、感慨は今なお尽きることがありません。

 ここに過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。



虚しい悔しいひどい「おことば」。

天皇、なのですか、この方は。

「深い反省」とはどんな意味か。

誰が反省するのか、あなた(天皇だとかいう暗愚のお方)も「反省」するのか、天皇の反省とは、どこ向いたものか。

反省してどうなさるのか、反省なら、あの、どうでもいい皇太子ナルヒトを、ああ育ててああ行動させて放置しているご自分たち夫婦について、まずは反省なさいませ。

手元にある「美智子さまに関する雑誌の増刊号J自身誌の」、祝還暦記念、という、その中に、アタマのお軽いゆえにか、はやされ続けて天まで思い上がった「ミテコさま」の、堂々のご発言が、残されております。

>もし、わたくしたちの育児や教育がうまくいかなかったら
「これまでのしきたりを無視したからだ」

と言われるのではないでしょうか。

           親子同居と乳母制の廃止について

>浩宮が将来の自分の立場を自覚して、

皇室の歴史を貫く仁の心を

身につけていってほしいと思います。

           大学に進学する浩宮さまへの将来の期待を 


ご立派なことを。流石は美智子さま、言い放しで責任はおとりにならない、ご自覚すら無さげです。

女帝の言葉は盆には戻らぬ。皇后の立場の者(正式な皇后ではないとの説もある)が、ここまで出しゃばりまくり、喋りまくり、天皇を制して前へ出て来た事例は無い。と思う。

アタマがあまりにもお軽いゆえ(これ書くの二度目かな?)、黙っていられないのでしょう、お優しいとはコトバのアヤ、限度知らずの女房殿を、牽制。そんな荒業のおできになるごとき賢帝でなければ、ご主人はどうにでも動くマイ・駒かしら、調子に乗って図に乗って、そしてここまで来たミテ子さま。都合が悪くなれば倒れるというワザもお持ち合わせで。

いろんなこと、自信満々でおっしゃっておられます、今読めば呆然となるようなことを、多々数。

女性週刊誌はそれを後押ししましたね。自身誌は特に。

フツーにかしこい者は、口を慎む。

ミテコさんは、そういう日本流の躾をお受けでなかったのか・・・ま。

過去のことは、いいとして。

あの迷惑な、なかなか墜ちない腐ったリンゴ、みたいなあの皇太子を、今日の時点でもまだ、放ったらかし、どの面さげて「反省」と、仰いますか。

誰が反省せんならんですか。

あんたらやん。あ。つい本音が。

猿だってしていた「反省」、なさったこと無いでしょ。

あのバカ息子は、聞くところによれば、

8月15日の「その日」に、大層ご立派なあの「岳父」ともども、寿司食ってたと。

お寿司。しつこく申しますが、支払いは、於・税金。by税金。さぞや、美味しいお寿司でいらしたか。

あと、アホみたいに(じじつアホそのものです)三人で手ぇ振って、ご静養にお発ち遊ばした。




偽物の娘さんも同道ですが、あの子がこれから、どんな存在になって来るか、チラリとでも想像してみたら、猿以下の想像力でも、一瞬でも???と想ってみたら、あんなことはできますまいに。

この世のものとは思えない恐ろしい姿を、堂々と晒して、あの三人が、ああしていることだけでも、反省なさったら、と、ミジンコKUONは思ってみます。




恥ずかしくないですか。

この方たち、この方たちを見送った・・・もぎ取られた方々に、恥ずかしくないか。

1471199109132.jpg



こうですものね~。


8月8日のあの、超エゴイスト・まがいものセレブでしかない愚かな老人(と裏で操る妖女)の「お気持ち」と、この「反省」の一語の禍禍しさと。

英霊さまがたを貶め続けるメンタリティと。

胸が平らには成りません、なかなか。

先日11日、山の日の東宮家。

自衛隊機4機占領。列車・ホテルは当然貸し切りでした。

お盆の時期、人々が移動する時期です。

自衛隊機を、こういうことに使うな!


この動画の「愛子さん」は、ホントの愛子さんではありません。私はそう、主張したいです。

ホントの愛子さんは、親にも祖父母にも見放されて(としか考えられない)どこで、どうして。

須崎の「静養」が済んだら、次は「那須」です。

こうして顔を見せるのも「コーム」の感じで扱われます。


スポンサーサイト

コメント

お忙しい中、記事や御返事を頂戴しありがとうございます。

私、最近になって、
「靖国神社の花嫁人形」の話を知りました。

御返事に頂戴した「9日の長崎原爆の日」本当にそうですね。

今年の両ヘーカの暴走に嫌悪感。
数年前から、、、
もっと、以前から、、、、
酷くなりましたね。


即位式のお約束

私はミテコが嫌いだったので、
(性格も顔も)即位式など見たこと
がなかったのですが、
他のブログにあったYouTubeを
見てひっくり返りそうに
なりました。堂々と述べるアキヒト
さんと海部さん。
この言葉は何処へ?
まさかねえ、全世界が見てた
のですわよねー。

https://www.youtube.com/watch?v=AqrW3V01NB4

No title

KUON様

今晩は。
ブログの更新ありがとうございます。

今上さんのビデオレターに脱力し
また今回のお言葉にも脱力!
「反省」と言う言葉はそのまま内延皇族の方々にお返しします!

慰霊の旅・被災者訪問をDVDにて販売する神経が
私にはわかりません。

ナルさんビデオレターのお言葉を重く受け止め
と言いつつもう静養ですか!
呆れてはてています。

きちんと公務にお励みの秋篠宮家の報道が余りにも
なさすぎます。

毎日、秋篠宮家の弥栄をお祈りしております。


残暑が続いておりますが、お身体に気をつけて下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おはようございます



・華さん



靖国神社の花嫁人形の話。

スラリと、からっと書ける自信が無いので、取り上げることは出来ません。

以上。あ、まだ終わりでは無いです。

時にあやされ、熟成された美酒・・・ならいいですが、熟成=腐敗、の内廷に成り下がられた模様です。

残念、無惨です。



・硬質憂子さん


私は即位の日、短歌の師と周辺の戦争にめっちゃくちゃに人生やられて、なおしゃんとした方々の隅っこで、見ました。

陛下は御立派に見えました。

ミテコさんには、そうは思えませんでした。顔が澄ましている上に、カツラ(カツラに変えたのはミテコさん)がわざとらしくて似合っていなくて、なんか。・・・・・の感じで見ていました。

紀子妃殿下は初々しかった印象です。

陛下は立派に見えた、ナルも、それなりに、見えた、遠いあの日。

No title

・黒猫アビさん


靖国神社は、平成31年に150年を迎えるとのこと(ぞんざいな言葉ですみません)ですね。正確に渾身のブログを続けておらっるremmikkiさんの最新の記事に、昭和天皇が靖国に参られなかった理由が記されていました。

いわゆる「A級戦犯」の合祀によって、でないということが。

詳しい知識には遠くて情けないKUONですが、ものすごくシンプルに思います。

あちらこちらへ、これみよがしな(しかも行き先には限界がある)慰霊の旅などするより。

「靖国で会王]と。命捧げて下さった方々を思えば、靖国へ、お参りしたくなられないのか。

靖国へ参る。皇居で天皇として祭祀、神事をとどこおりなくおつとめになる。

たまにはお遊びも、よろしいかと。

順序が逆です。順序の違いは大きなマガゴトに繋がると、畏れは無いのか、今上に。

まして。

>慰霊の旅・被災者訪問をDVDにて販売する神経が
>私にはわかりません。

私にもわかりません。お値段1500円、いっぱい売っているそうですね、売り上げはどうなって? と、私もゲスの一人になりますね、さすが「粉屋の娘さん」。ぬかりないわ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/3348-136eb3cd

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん