Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE

心のどの辺を添わせられましたか

日航ジャンボ機が御巣鷹山へ墜落したのは、昭和60年の夏でした。8月12日。

親戚の一人も乗り合わせていました。

二十代の奥さんと、一歳に満たない幼い子どもが残されました。奥さんは実家へ帰らず、難しい大家族の中で一人っ子(性別は書かないことにします)を育てあげ、その子はいまは結婚して、普通に穏やかに暮らしています。

当時、今上夫婦は、皇太子夫妻でした。

まだ私、お盆時期のジタバタの中におりますが、今日中に書いておきたくて、皇室画像掲示板にまとめて下さっていたものを、そのまま、いただいて参りました。

ありがとうございます、と、前もってお礼を申し上げます。勝手に改行して申しわけないことです。


浜尾さんに批判された1985年の夏 Name 名無し 16/08/11(木)16:13 ID:PcmNO..E No.1722192

8/8  皇太子夫妻、軽井沢入り~20日まで

8/12 JAL機御巣鷹山墜落

8/23  ユニバーシアード大会で神戸入り

8/26,27  淡路島視察

8/27    軽井沢入り~31日まで、この夏二度目

… 国民が不幸の中、全身全霊でお楽しみ Name 名無し 16/08/11(木)16:17 ID:PcmNO..E No.1722199

1985年、朝日新聞見出し

8/25 日航機事故に遭った小・中学生48人 この子らはもう帰らない

8/26 未確認39遺体 あきらめ切れぬ遺族 日航機事故「合同火葬」は来月

8/26 日航機事故から2週間惨事の山へ 「巡礼の列」早く出ておいで・・・ 

8/27 犠牲者の身元確認は486人に 日航機墜落事故

8/27 合同火葬つらい・・・医師団「照合ムリ」遺族ら苦悩続く

8/28 身元確認は488人に 日航機墜落事故

8/28 高浜機長の葬儀9月1日に 遺体の代わりに現場の土
 
8/29 日航機墜落事故の犠牲者 身元確認は470人に

8/31 日航惨事 身元確認は496人に

8/31 無念!遺体戻らぬ24人に悲嘆の家族 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ここまでです。

軽井沢では あの二人は、例のごとく、テニス三昧でいたのでした。


亡くなられた方、ご遺族の皆さま、このような形でご不幸を取り上げること、お許しください。

御魂の、ひたに安らかにあらせられますように・・・・・。



0acd65795a4652ba73990787580d23ec_20160812201952e6e.jpg

有名な写真ですが、何度でも。

なまぐさいカップルで。
スポンサーサイト

5 Comments

華  

機長さんは、顎の骨だけが見つかったのですよね。

機長さんの顎の骨と確定された時、奥様は、「もしかしたら、どこかで命を繋いでいるかもしれない」と仰られたらしい。

常識的に、、、
千切れた顎の骨が発見された時点で死亡確定なのだけど、

家族って、本当に、一抹にでも望みを持ってしまう。


ミテコの
海外慰霊の旅は、

「私達は、死者にも、遺族にも、心をそわせているのよ」

これ見よがしな旅っぽくて嫌でした。

派手な旅をすれば、日本中、世界にも、
とどろきますから、、、

「若い頃は、つい、お楽しみを優先しちゃったけど、これで、チャラになるわね♡」
今上と話してたのかな。。。

2016/08/12 (Fri) 20:57 | EDIT | REPLY |   

硬質憂子  

覚えてますとも

テレビだか何かのインタビューで
浜尾元侍従さんが仰ったこと。
アキミチが軽井沢にいたことを知らなかったので驚いて聞きました。
東京ではなく近くにいらっしゃる
のに、こんなにも国民が災難の
大きな事故なのに現場にいらして
ご遺族をお慰めになったら如何かと
思われます。長靴を履いていらしてもいいじゃありませんか。
其れ程の災難に大勢の国民があったのだから、そう言う時こそ為されば
いいと思います。
少々お遊びが過ぎるのでは?
テニスなどしていらっしゃる時ではないでしょう。
と言う趣旨の発言をされていました。
私は ”えー!そうなの?” と思ったので鮮明に覚えています。

其れを根に思いあのコータイシを
小さい時から躾けたり、教育をされた浜尾さんが亡くなられた時、
コータイシも葬儀に行かさずに
非道い仕打ちをした方!
誰方でしょう?感情問題ではなく
恩は恩でしょう?人としての礼儀です。だからナルマタアイもアレレ!
当たり前です。

2016/08/12 (Fri) 21:17 | EDIT | REPLY |   

さと子  

結局

親も親ということでしょうか?

皇太子夫妻も、山の日に
河童橋や明神池など観光地を
巡らす、御巣鷹山に登り献花でも
すればいいのに、、

自然の偉大さと
怖さを考える礎の日になったやも
知れませんのに、、

まぁ、国民はしもべで
税金を納めて当たり前の存在なの
でしょうねと、嫌味の一つも言いたくなります。

2016/08/12 (Fri) 22:07 | EDIT | REPLY |   

とら  

京都御苑のテニスコートで

今日、初めて貴ブログを拝読いたしました。まさしく同感でございます。

ところで、私は生まれてこのかたずっと京都に暮らしております。
今から20年ほど前のことで、一字一句正確というわけにはいきませんが、当時テニスが趣味という知人から聞いた話です。
その人曰く「私は時々宮内庁職員の方々と、京都御苑にあるテニスコートでテニスをするんやけどな。宮内庁職員というのはお高くとまったもので、皇族をものすごくバカにするんやで。今上さんも皇后さんも。皇太子さんなんかけちょんけちょんや。両陛下や皇太子さんが、あんな人らに世話されてはるなんて、ひどい話や。」
その時は私も、宮内庁ってなんてひどいと思ったものですが、今にして思えば、もっともお身近にお仕えしている人々がバカにするような方々だったのねーという気持ちです。
あぁ、もっとそのけちょんけちょんの話をよく聞いておけばよかったです。今度その知人に会えたら、覚えているかどうか聞いておきますね

2016/08/13 (Sat) 02:07 | EDIT | REPLY |   

KUON  

No title

お返事が遅くなりました



・華さん


御巣鷹山のあの事故では、さまざまな思いをしました。

機長さんのご家族は、懸命にご自分を抑えておられて、でも、あの言葉が出てしまわれたと思います。抑えることをできないなら、どの世界でもトップの家族はつとまらないと思います(くおんのイケズ魂・満開(笑))。

営んでいた小店にバイトしたいと言って来た若い子が、断られそうになって(わたしに)

「〇〇(自分の、ということ)のお父さん日航機事故で死んだ」

と。私は人さまに同情で接したくないし、黙ってやり過ごしましたが、このお子のこの気持ち、も事故の被害なのかと、とてもやりきれない思いを抱きました。忘れられない一事です。



・硬質憂子さん


>こんなにも国民が災難の
大きな事故なのに現場にいらして
ご遺族をお慰めになったら如何かと
思われます。長靴を履いていらしてもいいじゃありませんか。
其れ程の災難に大勢の国民があったのだから、そう言う時こそ為されば
いいと思います。
少々お遊びが過ぎるのでは?
テニスなどしていらっしゃる時ではないでしょう。
と言う趣旨の発言をされていました。<


その通りですが、あの人たちはそんなタマではない(下品ですみません(汗))。

派手な慰霊慰問などは、まず洋服の新調から初めてしますが、真摯に人を・・・あの人たちにはヨソのヒト、でない国民なのですが・・・悼む、思いやる、慮る、などは、無い。断言。

鬼怒川氾濫の時もそうでした。他、数えきれません。

そんなにあちこち、大変な事故や災害に気を配っていたら、何も出来ないと。もしそうお思いなら、それが間違いではないか。

天皇のおわすべきところにおられて、日々、祈っている。

それが天皇のなすべき第一、ふらふら出歩くのを公務カウント、する方も報じる方も、お疲れでおいたわしい、と、騙される方も、おおバカでしょう。

出歩きたいだけの、目立ちたいだけの、もてはやされたいだけの、軽薄な人ですね。

どなたが、って? どなた。見て子さま。



・さと子さん


あの親にしてあのボン、ということでしょう。と思います。

山の日に出て行ったのは、どこからもお呼びが無かったから。まさこさんは山道など歩けるおみ足でないので、舗装させて自衛隊機で乗り付けて。式典では柄シャツにウェストポーチ姿のまま、何やら喋らせてもらい、後は用も無いので、特急グリーン車で、膨大な数のSPに囲まれて帰京。祝日で移動の皆さんは足止めされておられました。

河童橋は、一度だけ行った、とてもいい思い出の地です。アレラに汚されたくない・・・など、皇族に対して、こういう気持ちになっている自分です。

>まぁ、国民はしもべで
税金を納めて当たり前の存在なの
でしょうねと、嫌味の一つも言いたくなります。<

その通りの感覚しかないと思われます。

嫌味くらい、一つと仰らず、なんぼでも言いましょう。

廃太子、廃妃を。引っ込みなさい、これも(笑)。



・とら さん


けっこう過激、とお褒めをいただいている、わがへたれブログに、ようこそおいで下さいました。


>宮内庁職員というのはお高くとまったもので、皇族をものすごくバカにするんやで。今上さんも皇后さんも。皇太子さんなんかけちょんけちょんや。両陛下や皇太子さんが、あんな人らに世話されてはるなんて、ひどい話や。」<

(笑)。こういう感じは、わかる気がしますね。尊敬できない人間に仕える事実と、自分のプライドのはざまで、ものすごく「上」を貶める人がいますね。

で。結局、事実は、そういうことである、と。

ただでさえ

「従者にとって英雄なし」

と、言われます。身近の人間に、つい油断して見せる実態。

仕え甲斐のある方の傍にいる人からは、そうまで「けちょんけちょん」な話は出て来るかな~、と、想像してしまいました。

また、お聞きになったら、そっと教えて下さいね~、と、おねだりしていいですか(笑)。





2016/08/18 (Thu) 11:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment