今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

ご家族の夕食会



お盆のころは、いつもよりジタバタと何やかやの用に追われているワタクシです。

そんななか、オリンピックを報じるテレビ、懸命に追いかけて見て、ウルッと来たりくくっと泣いたりも、しっかり、しております..

若い一途な人びとの美しさ。

オリンピック、まだまだ続くわ・・私もがんばって、お盆の時期のヨメ業に、明るく手を抜きつつ、励んでおりませう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


長屋の爺さまの8月5日のブログから、拝借してまいりました。


>正確に言いますと、民間(臣下)から天皇の后になった「太皇太后」、「皇太后」

「皇后」は殿下と呼ばれていたことをご存じだろうか?

今のように皇后陛下と呼ぶようになったのは明治からなのである


天皇は皇室祭祀を執り行うが、皇后が祭祀を行うとは定められていない

言い方は悪いが、祭祀などできなくても皇后は勤まるとも言える

だから陛下と呼んで敬う必要はないという考え方もできる

あくまでも天皇の「妻」であり、一夫一婦制になった現代においては

婦人であり女房であり、妻であり、母親なのである


天皇の妻だから天皇と同じように敬われているが、わが国の天皇史から

考えれば、天皇の妻の一人に過ぎないと言う見方もできる

ただ一夫一婦制に定まったから、皇后の地位が高まった錯覚に陥っている

全ての因子は明治に在るのだと私は考えている


このような事を書くと、「何と不敬な爺だろう」と思われるだろうが、天皇制度を

容認しているのなら、天皇の歴史をきちんと知っておかなければ、違う道を

信じることになってしまう


天皇だから偉いのでもなく、天皇だから敬われるのでもない

敬われるような言動を赤子(国民)に見せるから天皇として君臨しているのである

天皇が偉いから、敬われる存在だから、皇后も同じだとはならない


一流企業の経営者の妻が一流の夫人だとは限らないだろう

歴代総理夫人が名実と共に日本のトップレディーだったとは断言できないと思う


本来なら、今上天皇と美智子妃殿下のままだった時代もあった事を知ってほしい

皇后だから特別なのは今の時代だからであって、二百年・三百年前なら天皇に

嫁した一人の女性に過ぎないのである

子を産んでも、その子は国の御子であり、后が思い通りにできるという事は無かった


皇室制度、天皇制度を変えてきた今の日本に戻って考えれば

どう考え、どう判断するかは政治家では無く国民が判断できる時代なのである


天皇だけが皇室祭祀を担い、皇后は何もしてこなかった宮中制度である

国民の中には皇后も祭祀を担っているかのような錯覚をしている国民は多い

陛下と呼ばれるだけのことはしていないと言えば言い過ぎかもしれないが

現実に祭祀のすべてを天皇が務めているのは事実なのである


東京都知事でさえ報酬を半減して都の財政を立て直したいと言う時代である

血税で一度きりの異教徒の装いを連想させる服を仕立てることに

後ろめたさを覚えない人をどうして敬えるだろうか?

生活保護費の使い方をとやかく言う国民が多いのに、内廷費の使途について

声を上げる人は少ない

それほど優遇されていると言う事を忘れてはいけないと感じる


なぜ皇太子妃になりたいと思うのか?

将来皇后としてさまざまな特権とあふれるばかりの税金を使い放題にできる

そういう事ではないだろうか・・・

特権と税金の使い道を制限すれば、だれが皇后になろうがどうでも良いと言う事に

なるわけでは無いが、おかしい事をおかしいと言う国民が一人でも多くなる事が

日本の皇室制度を理想に戻す手段だと思っている


今、こう言う問題が国民に関心を持たれているから書いてみたが・・・

私はどんどん歪められ、変えられる天皇制度・皇室制度を憂う一人の日本人として

国民が賛成であろうと反対であろうと、自分の考えをしっかり持つ事が

次の時代に繋がるのだと信じて、不敬を承知で暴言を書いた次第です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ありがとうございました。

もっと言うて、もっと言うたって下さい、と、お願いしたい思いです。

>天皇だから偉いのでもなく、天皇だから敬われるのでもない

敬われるような言動を赤子(国民)に見せるから天皇として君臨しているのである


この赤字の部分は、爺さまが常に、何度となく書いておられることです。


先日の「お言葉」

時がたつほど、ぷつぷつと不穏な思いが噴き上がって来る思い。

天皇が、

今までこうして来てあげた、身を削って民のためにいっぱい、いろいろ、して来てあげた、あっちへもこっちへも、行ってあげたでしょ、皆、喜んでいたでしょ、心添わせてあげたよね、ワタシら、つとめ、果たしたじゃん。もういい加減に自由にして欲しい。

自分は天皇なので、なんでか知らんがしたいこともして欲しいことも言ってはならない立場らしいので言わないでいてやるから、そっちから配慮して欲しい、阿吽の呼吸でわかってくれてもいいでしょう、っての。もう天皇業はこれくらいで


と。おねだり、と言えばかわいいが、「強いご意向」を露わにはしないまま、日本的「おもんぱかり」を、堂々と要求された、と。

そういう解釈だってできるじゃないですか(と、今よくある、イヤな言い方をしてみた)。

まあ、原稿書いた人の見識の知れる、語るに落ちた、ひどい発言と断じたいです。

恥ずかしげもなく。天皇が何なのか、わかっておられるとは思いにくいです。

自分たち、の、ことだけ。


私が最も不快を感じた

「天皇が健康を損ない」・・・から始まる、殯(もがり)に関して語って行かれるところ。

あの部分。マイクの前で話している方が、ご自身でご自身を語っている言葉選びでない匂いが強烈です。

直截な忌み言葉を避けようとする、小細工で、バレております、美智子さん。

>天皇の終焉に当たっては

「何もここ、それまでのように[私の」と仰ればいいわけです。

他にも、天皇の、という言葉が使われている部分には、奇妙な感じがつきまとっています。KUONの私感ですが。


>~が胸に去来することもあります

(失笑)これは、今上のセリフでは無いでしょう。私の中にいる少女、などとキショクのよろしくないことを、真顔で垂れ流す、文筆自慢の奥方の「ろまんちっく癖」が、つい、出ちゃった、ところではないでしょうか。


かつて美智子さんには、陛下の没後、自分はどうなるかを気にしておられる、という話があった。

当時はわたし、まさかそんな、と、全く気に留めなかったのでした。

でも、このたびの「お言葉」の最後のあくまで個人的な心配のなさりよう。

これについては、改めてもっと、突っ込んで行きたいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       ご家族       


昨日9日。

天皇夫婦は、お子さま方を夕食会に招いたそうです。

皇太子。

秋篠宮親王殿下。

黒田清子さん。

が、メンバーだったそうです。

ナルはこのたびも2時間で先に退出。

殿下と清子さまは、3時間半滞在されたとか、いうことですが。

皇室のお慎みの日に、降嫁された娘さんを交えて「ご家族」で、どんな話をなさったのでしょうね。

自由な身になって自活されたらいいのに、という「街の声」が、しごくもっともに感じられます。



1468814849774.jpg

え。

他意はありませんよ。

珍しい写真もあるものですね~、とか。



スポンサーサイト

コメント

No title

今回の夕食会もお嫁さんや娘の旦那さん抜きなんですね。
両陛下にとってお嫁さんや娘の旦那さんは家族でないのかな。
で、何をお話しいたんでしょ。

なんか感じ悪い。

今日の記事、ミテコさんに送ってあげたい!

嫁外しに、婿外し、
家も部屋も広いし、料理なら幾らでも用意できるんだから、、、って、イヤミ書いてみました。

んーーー

闇深すぎます。


陛下、後ろ 後ろ〜!

女帝が鎌を持って佇んでいる
この写真を見るたびに ドリフの
チョーさん、後ろ 後ろ〜!を思い出して
笑ってしまいます。

女帝が ほんの少しでも
陛下を敬う気持ちがあれば
こんな風に鎌を握りしめて天皇の後ろに立ち
上から見下ろすなど、出来ない
所業ですね。
日本人なら絶対にできません。
陛下と呼ばれる人が例え明仁さんでも
天皇である限り それはできません。
日本人ならば。

この一枚の写真の何と雄弁な事、、。

みてこさん、写真で築いた今の地位が
写真で崩れようとしています。

あれー、ヘイカ

うしろ、うしろ!
狙われておりますわよ。
危ない!
と、思ってしまう写真です。
国民に何かを知らせているのですか?そんな気もする一枚です。
アチラの方は、性懲りもなく
バイバイお手ふり興行団!
お股を広げてバイバイバイ。
国民に対しての礼儀もあったものではありません。
マタコはおシャベックリだし。
ナルマタアイーンここにあり。

http://livedoor.blogimg.jp/remmikki/imgs/4/4/44ed3c0f.jpg

No title

もがりの儀式がめんどくさいのは、
浩宮夫妻のみならず、美智子さんもそんなのでは?
家族は浩宮の系統だけなんですね。

言いたかないけど、言います。

山の日に山を破壊して山に登る
尿太子がなんで式典でるんだろ?
ちゃんとした登山ではなくて、登山用階段を登って、着いたら写真撮影
と言うじゃありませんか?
なんでも偽装偽装のこの一家。
本物だか偽物知らないけど、
伏せ目が出来ない子なんですね〜。
挨拶する時は、首だけ下げて目は
上目遣い。これ、悪い人のやること
ですよ。やっぱりマタコタマ同様に
躾け以前の問題が。

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1470872149095.jpg

メロンパン

息子の嫁や娘の夫は家族ではないから、食事会には呼びません!の姿勢、本当に日本人?と薄ら寒いものを感じました。特にお嫁さんは、次代の息子達を支える重要な存在では?息子や娘しか呼ばない食事会を平気で開催出来る所に、陛下や皇后の皇室に対する思いが分かりますね…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

教えてください

はじめまして。いつも、拝見しています。

久しぶりに宮内庁H.Pみましたら、皇太子、皇太子妃の紹介欄に《日本赤十字社 名誉副総裁》とありました。
これは以前からあったのでしょうか。
紀子さまだけだったと記憶してますが。
あと、今年の終戦記念日、皇室の予定が検索出来ません。
ご存知でしたら教えてください。

No title

お返事遅くなりました



・まりりん さん


天皇と皇后が何か話し合う「家族」のメンバーが、自分らのお子だけ。

皇統のこともかんけーなし、産児制限だって、させてやったわよ、の、あの方らしいですね。

>なんか感じ悪い。

(笑)。すっげ、感じ悪い。うやうやしく報道させるようなことか。



・華さん


>闇、深すぎます

う~ん、単に、ものすっごく「バカ」なだけではないでしょか。

そんな気でおります。

ものすっごく、こっちは迷惑ですよね。



・アイリス@さん


(笑)。陛下、後ろ、後ろ~チャチャチャチャンチャカチャン、と、懐かしのドリフのあのシーンが。

よくもまあ、こんな写真撮られてますよねえ。

舐めてるから、油断してるから。

へーかに対する崇敬の念など、あの人の中のどこにもありません。

>みてこさん、写真で築いた今の地位が
>写真で崩れようとしています。

おお、その通りですね。ホンマ、そうやわ。




・硬質憂子さん


やはり同じように思われたのですね。

アホですね。でも、この写真見れば、見た人は、ヘーカは「やられる方」で「いいもん」で。ミテコさんは「わるいもん」で「狙ってる方」に見えます。

あ、その通りですね,(笑)。何ごとの不思議なけれど、って感じ。

しかし恐ろしい顔に写ってます。

あ。これが、本性、ホントの顔か。(笑)。



・美絵里さん



もがりに限らず。ミテコさんのあのやりたい放題な生き方は、そーゆー面倒も引き受けてこなして、のもののはずですが。いいとこ取りはダメでしょう。

ナル夫婦もミテコさんにも、出来ないと、ヘーカは案ずる。下らない話で。

人が、全部、します。

その位置の人間らしく、さだめられたようにふるまえばいいだけです。

が、それが出来ない、背骨の無い人たちだから…

八瀬の童子さん方は、変わらないことを是として、今も・・・

肝心のコーゾクが、ああで・・・

・・・の多い文章になってしまいました。



・ちりぬるを さん



山の日。

漏れ伝わるところでは、あの三人、招かれざる客そのものだったらしく。

席も、しょぼいところで(あちらにしては精一杯・笑)

なにせ、変な服着てウェストポーチ(!)つけた三人が、自衛隊機を動かして(どうしてそんなことさせた)、平たいとこを少し歩いて撮影させて(ここだけが必要)、することもさせてもらえることも無いので、早いとこ帰った、と。

写真だけあればいいのですから、アレラは。

でも盆休みの11日に、えらそーに貸切電車で。

もう、CGで、どんなロケでも作れるやろに、と、お昼ご飯食べながらふと、考えていました。ついでに娘さんもCGで。

いかがでしょうか。(笑)。



・家族でないから さん


ミテコさんにとって、皇室とは、完全に私物。自分の思うように動かせるものだったとわかります。

清子さまは立派な方と思いますが、皇室にとって重要なお方は、紀子妃殿下でしょう。皇位継承者のご生母です。

・・とか言っても、通じないのですね。

もう、平成の皇室は終わりです。下がる者,廃されるべきものは、早く去ってくれればいいですよね?

No title

ヒミツの〇さん


ごめんなさい、コメントいただいたのが多いので、錯綜してしまっているようです。

ゆっくり解けたら改めてお返事します、ごめんなさい。



No title

お返事遅くなりました



・まりも さん


皇后さんが日赤の名誉総裁で、たしかまさこも出たことがあったのですが、失言・・

「看護婦さんは学歴が無くてもできるいい仕事ですね」

があって、真偽は私にはわかりませんが(そりゃ、怒りますね、なんちゃって学歴のまさこに言われたくないよ、ですよね)、出入り禁止になっているとか・・

あやふやに放置されている気がします。もしかして、急に「行幸啓」とか書き始めたおかしな人もいますから・・

紀子妃殿下は、安定の、副総裁でいらっしゃいます。

それから。15日のスケジュール、もう終わってしまいましたね、すみませんでした、順番にお返事していますので。

皇太子夫婦は、オワダと寿司を食べたらしいです、15日は。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/3332-2cbb5909

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (132)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (61)
今の思い (236)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (88)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (14)
美しいこと (29)
厚かましい話 (56)
おそろしいこと。 (54)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (30)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (10)
みんなのうた (8)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん