今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

今朝の思い



広島原爆忌


   大き骨は先生ならむそのそばに

   小さきあたまの骨あつまれり

                        正田篠枝(しょうだしのえ)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1470320601834.png

(過去の画像です)


   ながねんを天皇たりしひとの貌(かお)

   その妃(ひ)にありしひとのこの貌(かお)

                             KUON・白燁




スポンサーサイト

コメント

え?

ヘイカのお口元、何だかねえ。

ミテコさんの眉頭に角が。

わたくしが香淳さまを国母で

あられると思いましたのは、

だいぶお年を召されてからです。

先代は、このお二人の方とは

違いました。

何か…。

お写真

kuonさま
記事のアップありがとうございます

アキヒトさんは腹に不平不満を
お持ちのようですね。
内閣に対して。
国民に対して。
ミテコに対して。
自分に対して。
全てに対して。
さて、どうなんでしょう。

大き骨は……の歌、かなしいですね。
手を合わせるしか出来ません。

言わぬが花

お早うございます
>開かれた皇室・・・?
なんとも下品な世の中になったものです

信仰とはそもそも常人には縁がなく
足を踏み入れるためには
それなりの行い(修行)を
必要とされたものでした(でしょ?)
・泳げずに溺れる?
・無免許で運転?
報道には『皇室』を貶める悪意が溢れております

皇室って『コンビニ』で手に入りますか?

おてしょのお師匠様に措かれましては
過ぎ行く夏の『暑さ』を
お楽しみくだされば・・と想います
あはは。

八月は、二度も原爆投下されて、
終戦をむかえて、
お盆もあって、、、

初旬から、お盆が終わるまでは、
戦争や、戦死した親戚の話を聞く機会が増えて、
スイトンを食べます。



今年は、8日に御言葉があるのですね。

何故に、8月??

気持ちがザワザワします。

No title

・ちりぬるを さん


お顔立ちの美醜は、当人の責任でないと思いますが(そうでないとワタシもモノが言えません(笑))。

何がどうなれば、このようなことになってしまうのでしょうか。

お若い頃から美容には気をつけられ、最新のメイク術を取り入れられ、赤いマニキュアもミニスカートも、何でもいらっしゃいで来られました美智子さん。

どこのエステにお通いかも、ええと、これは言うたらアカンのですね・・

男だけでない、女だって、そこそこの年齢になった時の自分の顔には・・・

美醜でない、と思います。

うさんくさい、とか、うっとおしい、とか。わざとらしい、とか。そういう顔貌に、ならずにいられると、いいなあと願います。

皇后陛下は「温顔」でいらしていただきたい・・・ううん。



・名も無き花 さん


いっときよく聴いていた、ミスチルを思い出してしまいました。

名を知らずとも、花の美しさは感じられますものね。

八十路に至って、不平や不満がお顔に出る人生って。

天皇でおられるって、そんなに、不満ガスの溜まる生き方なのでしょうか。

神さまに対して申し訳ない、とか、ミジンコ庶民のKUONが、言うても、ねえ、ですかしら。



・はるせん さん


お久しぶりですね。

この一首に目をとめていただき、嬉しいです。

偶然この苗字の方ですが。広島の、爆心地に近いあたりで被爆された方です。当時35歳。

53歳の時に乳癌と診断され、翌年、亡くなられました。このうたは「さんげ」という歌集の収録。米軍の占領下で、検閲の目をかいくぐって出版されました(林和清氏の著書より)。

   子と母か繋(つな)ぐ手の指離れざる

   二ツの死骸(しがい)水槽より出ず

現場にいた人のうたです。

わたしは、先生の「大き」骨のそばに「小さきあたまの骨」の集まっている。うたの情景。

思いもよらない原爆の業火に焼かれて、寄り添った骨となられた先生とお子さんの姿が、見えるように描かれて、泣かないでいられないのです。

実際には、心の中で手を合わせるしか・・はるせんさんと同じ・・出来ないのですが・・・。



・はしびろこう ウナさん


コメントをありがとうございます。

暑さを楽しむ・・なかなか難しいことですね、私には。

>報道には『皇室』を貶める悪意が溢れております

そうですかしら。私の考えとは違いますね。



・華さん

私も、習慣のように、お盆には「すいとん」をいただきますが。

これが、お出しをとってあれこれして、で、美味しいのですよ(笑)。

別もんだなあ、と、毎年、思います。

卒寿の姑は、毎年、沖縄で散った、兄のようだったイトコさんの話をされます。

黙って聞いています。そうしか出来ません・・・。





祭祀王の最期は

フレイザ-の金枝篇ではありませんが、祭祀王の力が衰えたらその王は民に惨殺されます。残酷な死であればある程次代の祭祀王に力が宿るそうですね。
天照大御神の岩戸籠りも太陽の死と再生の話と言われてます。
何が言いたいかと言えば、古来より祭祀王とは民の尊敬と民からの貢ぎ物を糧とする変わりに、その呪術力が衰えたり、天災がムラを襲ったりしたら自ら命を断つか惨殺される覚悟を持った人物が代々なってきたわけです。
シャーマンの力で民をまとめ、天災を最小限に押さえ、戦に勝って来た者が時代を経て大王と呼ばれ、天皇になった。
「疲れた」や「后も疲れてる」など口に出来るような軽い地位ではないのです。
時代が違うとか、天皇は象徴だから、など理由にもなりません。
そもそも天皇は象徴でしかなく、実際の政治は幕府が行ってきた長い歴史があり、天皇が自ら政治に関わろうとした時に必ず乱が起こるのです。
神と語らい、天皇にしか出来ない神事や祭祀があるのは何故か。
歌合わせの儀が何故今もあるのか。明仁天皇はわかっていません。
天皇の御位にあるものには強い言霊が宿ります。
明仁天皇が不用意に「生前退位」と言っただけで日本人は揺れました。
自覚はなくとも日本人のDNAには[勅]に励まされたり動揺したりする何かがあるのです。
本来ならこれ程の災害が自分の御代に起きたことに対する責任と不徳で譲位するべきです。
また、皇太子夫妻も全く御位に相応しくないのは国民が周知の事実ですから、親子で京都に蟄居。
後は秋篠宮殿下と悠仁親王殿下にお任せください。
疲れたなら、一切鑑賞観賞にも御出ましにならず、慰霊という観光旅行も止めて下さい。迷惑です。


No title

いつも拝読させて頂いております。広島原爆の日、心に染みる記事をありがとうございます。
皇后陛下のお顔不吉ですが。平成の文字も不吉だった話です。
私事で漢字の成り立ちに興味があり、語源辞典やウィキペディア等で平成を調べると、、、以下はwikiからですが。
・平治以来「平」で始まる元号がないのは、平治が戦役によって混乱した時代であったためであり、「平」で始まる元号はこれを避けるのが故実である。また、「平」「成」の文字の中に「干(=楯)」「戈(=鉾)」があり「干戈(戦争を意味する)」に通じる。

辞典で調べてみても良い印象は持てない平と成と言う文字。過去の日本や中国の歴史をみても難あり。言霊を信じる私、次の世は秋篠宮家にそして良き年号になる事を祈るのみです。

お綺麗だった美智子様はいずこ…
このお手々の「しゃなり感」嫌いだわ〜。
コレは去年の映像でしょうか?
一緒に見ていた姉が
「美智子さんも苦労したからね〜」と言ったのには驚きました。
皇室に興味の無い人は、昭和40年代でストップしているようですよ。

No title

お返事遅くなりました



・花橘さん


>古来より祭祀王とは民の尊敬と民からの貢ぎ物を糧とする変わりに、その呪術力が衰えたり、天災がムラを襲ったりしたら
>自ら命を断つか惨殺される覚悟を持った人物が代々なってきたわけです。


こう明言されると、たいへん納得が行きます。譬が違いますが、森羅万象世のすべては対極のマークみたいなもので(雑な言い方ですみません)ええとこ取りはあり得ない。

わが国の天皇たるお方、歴史が長く旧いと言うことは、このセオリーに当てはまるが普通、ということでしょうか。雑でごめんなさい・・。

今まで、ある意味懸命に信じようとしてきた「天皇と呼ばれる人間の「天皇らしさ」を、見事にくつがえしてくれる、あまりにも俗な人間性を見せられてしまった、国民の災害でした。

>疲れたなら、一切鑑賞観賞にも御出ましにならず、
>慰霊という観光旅行も止めて下さい。
>迷惑です。

私が申し上げたいのも、この「迷惑です」ですよ。



・2Sさん


平と成、の文字について詳しく教えて下さり、ありがとうございます。

私はよくわからないのですが「徳」という文字も、好ましいものではないのだとか。

わからないままに、言霊、というものは、肌身に沁みて感じています。

>辞典で調べてみても良い印象は持てない平と成と言う文字。
>過去の日本や中国の歴史をみても難あり。
>言霊を信じる私、次の世は秋篠宮家に
>そして良き年号になる事を祈るのみです。

同感です。

それしか、道は無いとも信じています。



・たまき さん

私もこの「しゃなり感」(笑)イヤです~。

舞踊の先生が、手でも足でもおかしなシナをつける人は、正確にも癖があって、上達しにくいし注意も素直に聞けないから・・云々、おっしゃっていましたが。

身振りやおうたやお花のぶっさし方など、市井の方も、何かを極めているような方は、ミテコさんの本性を、とっくに、見抜いておられると思いますね。

でも、素直なゆえに騙されっぱなしの、アッチに都合のいい方々も、沢山。

ホントにイヤですね、あのチマ手。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/3324-11560cc9

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (241)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (37)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (12)
くおんの万葉集 (6)
くおんの万葉集・番外もあり。 (1)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


しんしんと肺碧きまで海の旅

             篠原鳳作


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


しんしんと肺碧きまで海の旅

             篠原鳳作


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん