KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

しゃあしゃあと。



帰宅しました。

自分の体の都合に合わせて、車に乗せてもらって某所へ出向き、少しですが「見」ました。

愛子さんは、違う愛子さんだと思いました。

車で帰って来て、夏風邪なのか、見てはならない邪を見たせいなのか、熱が、いま順調に、上がり始めています。

おそろしい現実を見ました。

しゃあしゃあと、手を振っていました。

今日はこのまま休みます。

ご心配には及びません。こんなの平気です。

おそろしいことが平気で行われています。



スポンサーサイト

コメント

大丈夫ですか?

KUON様
体調はいかがですか?
美しいもの、清らかなものをご覧になって、早く良くなられますように…。

kuonさま

邪気にあてられましたか。
相当なものなのですね。
あのサンバかお手フリは
なんの意味があるのか?
コーゾクの感じも無いし
見栄えも良くない。
参拝よりもたらふく食べに
行ったのですね。
潔斎などは?本当に夕方に
参拝したのですかね。
夕方に。
夕方は神社には物の怪が現れるとか
私は午後2時までしか行きません。

kuonさま
どうぞおだいじに。

お大事に。

KUONさま

ご心配なくとの事ですが、お加減いかがですか?お大事になさって下さい。

私はあのヒト達が、完全にアンタッチャブルな存在だと感じておりましたが、熱が出るほどとは強烈です。

偽物連れて、しゃあしゃあと参拝。
皇室は、恐ろしい所になり果てましたね。
どうか、国民に禍が及びませんよう。
京都で出来る限り祈ってきましたが、あのヒト達のやらかすことが、ささやかな祈りの斜め上を行き過ぎていて。

悠仁さまに無事に皇統が繋がりますよう、引続き祈ります。


雅子夫人のお辞儀

この夫人は多分皇室に入るまで
お辞儀の仕方を知らなかったのでしょうね。

自分の周囲にも、まともなお辞儀ができる大人がいなかったのでしょうねぇ。

見事に、下品な、卑しささえ感じるお辞儀
ですね。
お辞儀とは、こんなにみじめに見えるものではありません。

雅子夫人のお辞儀は奴隷が主の前でする
隷属の礼です。

神にご挨拶申し上げる最高礼には
とても、とても見えません。

どうしてこの人は何をやっても汚い所作なのかしら?

綺麗にみえる所作を一度もみたことがありませんが、このお方、はなっから皇室なんて無理なんですよ。
ほんの一瞬のお辞儀をみただけで
雅子夫人の日常の生活がわかってしまいました。
お辞儀、おそるべし、です。

瘴気にご注意

あれらの瘴気に当たりましたか。
きれいなお水と塩でお清めになって。
体調が不十分な時には、
あれらを避けた方が良いと思います。

明治以来の皇室と日本についた穢れを、
背負えるだけ背負って、
悪態を集めるだけ集めて、
そうしてやっと 黄泉下ることを許される。
皇祖がアレラに課した運命。

No title

KUONさま、お疲れさまでした。
やはり、あれらの邪気はそうとうですね。
お大事になさって下さい。
他のサイトで写真を見ただけですが、愛子さん、影子の印象を受けました。
ずーっと、本物見て無いように思います。

No title

おはようございます。
御身体の調子 少しはよくなられたでしょうか?

今しがた漸くヘリの音
と思いましたが 北に上がって行ってしまいました。

京都の空は青く高く ピカピカです。
蝉の音も五月蠅いでしょうに、御所は動きがありません。ヘリが飛ばずに移動ということでしたら褒めてさしあげましょう。

動きがあれば書き込みします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ヘリが一瞬飛んできたので 御所へ行ってみた。
大宮御所を目指して 京都御所の南を歩いていると警官が手帳をみせ、
「皇太子をみはりますか?」と。
「来てはるんですか?」
「今 出かけられますから見るならあそこに固まってみてください」

大宮御所前と河原町通りに抜ける辻の後ろには堰止められた人が固まっていた(笑)

「今 車に乗られましたから もうすぐです」

3台の車、黒、シルバーのワゴン、黒の順で
なんと京都御所に入って行った。

?????
「いた~~~?」
「どの車だった~~?」
「シルバーのワゴンだったんか!」

顔を確認できた人はわずかだと思う。
100メートルに満たない移動には窓も開けず
歩くよりも遅いスピードで御所に入って行った
11時50分頃のこと
お昼ごはんなのでしょうね

堰止められた人々は殆どが
観光客であると思ったが、動員された人も確認

警察官の人数はいつもより少なかったように
思う

No title

ヘリが上空を飛び始めましたから
もうすぐ御所を出発でしょう。

3時間ほど どのようにお過ごしでしたでしょうか?

先ほど書き忘れましたが
車を見てる人々が
「あれ~~~愛子さんていた???」
「乗ってた~~?」

周りの警官も
「見えたか・?見えた言うてる人いるんやから見えたんやろ」って言ってました。

そんな感じでしたから 御察しください。
綺麗に整備され、手入れをされている御所の
様子などお分かりにはならないと思いました。

お泊りの大宮御所の入り口近く、工事中だったと思ったのは私だけなんでしょうか?
以上報告でした^^

No title

 今出川さんに対抗して(v-391何のため)のHNどす。京都の人、あんまり興味ないのと違うかなあ~。何にでも飛び出す野次馬の私が、自転車で2.3分でも見に行こうかという気にならない・皇太子は2回、庇は子ども生む前に1度、赤黒いご尊顔を見かけたけれど、オーラの無さったらもう、両陛下も即位25年だかの折見かけたけれど、女優さん、人だかりが少なくて気の毒なほどでしたね。

No title

お返事遅くなりました



・そら さん

ご心配おかけしました、すみません、ありがとう(笑)。

ブログ書く前に「いいお塩」、とっておきの自然塩、浴槽に振りいれて、ゆっくりお風呂に浸かって(「ヨメ」だった時代なら「ぜいたく」だったこと・笑)、いつでも来いや、熱~、って勢いでして。

大丈夫なのですが、思い出すとまだ、ゾワっとします。

東京から橿原神宮駅まで、一緒に乗って来たのは、愛子さんでは無い、違う子だと、断言します、くおんは。


・ちりぬるを さん

「君子危うきに近寄らず」

と言いますが。私は好奇心の虜囚、わざわざ行って「混ぜるな危険」の三人組にやられました。

アホです。(笑)。

>行ったのですね。
>潔斎などは?本当に夕方に
>参拝したのですかね。
>夕方に。
>夕方は神社には物の怪が現れるとか
>私は午後2時までしか行きません。

クーデターは失敗、なので、ドタキャンの可能性もあったのに、遅刻しても来寧した。

・・・わたしは毎月初めの日曜日に婚家の墓参をしますが、午後に行ったことありません。

あれら自体が物の怪なので、こわくはないだろうと。

あの家の後継ぎの一家が、このたびやらかしたこと、すべて、あり得ないことで、京都御所に実家のあの父親と一緒にいた、って、どーゆーことだと。

事後策のためと言っても。もう、策なんかダメだ、すべて大失敗と、書き続けようと思っています。

大失敗、当たり前でしょ、と。





No title

>・laviniaさん


あれらを見に行って熱が出たのは、くおんの日常が間違っていて、皇太子一家に負けたのだから、反省しなさいとか、裏から来た人がいて。(笑)。

なんや私負けたのかいと、素直に反省し・・・なくらいなら、あんな巨大なシットな力に、わざわざ逆らうようなこと、いわへんわ、アホ、と、ここで場違いですが、言わせて下さいね。

お化けを見て熱が出た、とか、つまり、ネタですやんか。まさこさまをおいたわしく思う方は、こんなブログをのぞかなくていいから、無視していなさいませ~、と、これもここで書かせていただきました。

私はめったに「祈り」を捧げないケチんぼの女ですが。

悠仁さまは特別のお方ですので、そんなに心配はしたことがなく・・・ぜんぜん、あれらとはレベルの違うお方なので。

でもあなた様の「祈り」を、尊いものと、感じさせていただきます。

ありがとうございました。



・アイリス@さん


>見事に、下品な、卑しささえ感じる
>お辞儀ですね。
>お辞儀とは、こんなにみじめに見えるもの
>ではありません。

>雅子夫人のお辞儀は奴隷が主の前でする
>隷属の礼です。

>神にご挨拶申し上げる最高礼には
>とても、とても見えません。

>どうしてこの人は何をやっても汚い
>所作なのかしら?


画像でも、その、論評するにさえ値しないひどい「お辞儀」が、わかります。

初めてではないのです。妃になって20余年たっていて、未だにこれで、すでに「なぜ?」の範囲では無い、こういう人間なのですね~という感じ。

あ、人間でない、ヒトモドキ。

最近「公務」で行った地方で、いつもは別室でとる食事を、あちら側の方と共にしたことを、絶賛され廷た・・食べるのが遅いので、見られるのが今まではいやだったのに、とか。

爆笑物のアホらしい記事。

箸が使えないのです。フォークもナイフも。子どもにも箸使いを教えられなかった。

お辞儀もできない。ああやって象さんのおしりを見せるか、やたらぺこぺこと自信が無いから、とにかく小刻みに首振り鳥になるしかない。

想像のつかない女性なのですが。

皇后 とやらになるのだそうです。

私はもう、そうなったら、退散します。

そうはならないと、考えていますが。

お辞儀と言うか。どんどん状態は悪いのではないでしょうか、夫婦とも。信じがたい話ですが、想像を超えておられます。


・柚べし さん


>明治以来の皇室と日本についた穢れを、
>背負えるだけ背負って、
>悪態を集めるだけ集めて、
>そうしてやっと 黄泉下ることを
>許される。
>皇祖がアレラに課した運命

・・・そうなのか・・・。

でも、あの夫婦は、黄泉にまで行けるのですかしら。

無間地獄で、と思う私は、ひどいですか。

秋篠宮両殿下のお写真を、見せていただくと、本当におっとり、ゆったり、柔らかく穏やかです。

特別強くでないままに、ああ大丈夫なのね、と、気持ちを撫でられる心地です。

海彦山彦。ナルさんははじめは、妄愛に囲い込まれただけのようだった気もしますが・・逆作用する母性の恐ろしさを思ってしまいます。

いつも的確に、ありがとうございます。


・今出川さん


丁寧なレポを、本当にありがとうございます。

あの人たちにヘリを飛ばすのも勿体ないことですね。

こっちはゴルゴ様を切望しておりますのに。

御所の周辺、なにかだる~い雰囲気なのを感じました。

おわだ氏が名古屋にいたとかで、それで何とかで・・・あの人たち、集まって高尚な話はまず、していないと思います。

愛子さんでない愛子さんの扱われ方が気になり増す。ちゃんと、ヒトらしく遇しているのでそうか。実子でもあの扱いです、わかりませんね。

人でないですね。


>先ほど書き忘れましたが
>車を見てる人々が
>「あれ~~~愛子さんていた???」
>「乗ってた~~?」

>周りの警官も
>「見えたか・?見えた言うてる人
>いるんやから見えたんやろ」
>って言ってました。

>そんな感じでしたから 御察しください。
>綺麗に整備され、手入れをされている
>御所の様子などお分かりにはならない
>と思いました。

いや・・愛子さん(と云われるひと)、空気抜いてたたまれて、トランクかどっかへしまわれているとか・・何があっても不思議でないです。

オワダか、ナルか、どっちかがどうなら、話も変わって来るでしょか。

ありがとうございました。



・疎水さん

(笑)。今出川さんというHNに対抗された?(笑)。今後もよろしく。

独身時代の最後の頃「疎水亭」という上等の(若い私にはものすごく上等感ありました)ご飯屋さんで、美しい和食をいただきまして・・女性たちの、ちゃっちゃっと着付けてあるようで、帯などもホント簡単なのに、しっかり裾の決まった着物姿を「いいなあ」と見たこと、忘れられません。私の内部、少しだけオトコがいるかも、です。脱線。


ホント、京都の方は、今の皇室の方々を、・・・ですね。仰る通りと思います。そう思われて当然の、ミテコさんであり雅子とやらですものね。仕方ないですね。

とか言うとまた、あんたどんな家柄か、とか、言われるか。

家柄・・・リボン柄は好きでない、水玉も・・千鳥格子ならいいかなあ、という感じですか。(笑)。





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/3268-fd4c5221

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (78)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (63)
今の思い (254)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (6)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (90)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (58)
おそろしいこと。 (56)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (2)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (38)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (17)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん