FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

こんばんは。

パソに向かってフントーして(自己評価)書き終えて(個人的な至福の時)、タイトルもつけて(けっこうむじゅかしい)さあて、ここ押して、こうやって、はい、今夜もブログ、書けました、嬉しい~(知らぬが花)、と、一連の儀式(操作ともいう)を終了し、ブログの確認、ということを、してみれば。

ざぁ~~~~~~。

血の気の引く音。絵文字であらわしますれば

無い。

今、書いて、保存して、つまり出て来てくれているはずの、記事(レス?スレ? 未だにわかっておりませぬ)が、消えている。

あせって記録場所へ飛び、ほっ残っているわと、安堵して、よいしょ、これでいいでしょ、と、右クリックとか、コシャクな動作を行って、確かめる、が~~~~ん、ダメですわ。

・・・さっきから、こういう経緯を辿っておりまして、ちとショック、今夜はだめなようです。

明日はダメじゃないさ。そうさ。唐突に強がってみせたりして。ちょと空し気味。

・・・すみません、今夜はキカイに敗北宣言。タイトルは「本気になるかも」で、三分くらいは、読んでいただける状態になってくれていた気がします。もしかして、どなたか、必ずすぐに読んで下さる方がいて下さるようで、そのお方の目には、もしかして・・・途中で消えたりしていたら、失礼ですわ、どうしましょう・・・わざとじゃないから許してくださいね。お願いします!。

消したのでなく、消えたのですよ~~~。

くすん。わ~~ん。

・・・何のことか、わかっていただけないでしょうね。

書いたことが、無くなってしまった経緯についてご報告を試み・・・見苦しき言い訳になってしまった、と、いうわけ、です。。きっと、そうなんです。

けっこう真面目に落ち込んでおります。もしも、そんなことは無いと考えてはおりますが、ふざけたことを書いているわ、と、思われるようなことがあるとすれば・・・。ご不快な感じを、お与えしたりしてしまいましたならば。

残念ですが、わたくしの「素」の部分の「あほう」さが、かくされようもなく露見した、という事実が、明らかになったのみ。

ほんとに、ふざけてはいません、お返事もせずごめんなさい、ちょっと、己のキカイおんちが、こたえておりますので、言い訳のみにて、今夜のブログを終わらせていただきます・・・・・・・・・・・・・。

おやすみなさいませ。

・・・これは、ちゃんと、出て来てくれるんでしょうね。

それもまた、恐い気もしますが。おこられるかもしらんもん・・・。

スポンサーサイト





  1. 2012.01.24 (火) 23:38
  2. URL
  3. やさい
  4. [ edit ]

あるある、そういう事、よくある!

PCの調子が悪いときもあるし、FC管理側に何かトラブル発生してるときもある。
かなり凹む気持ちも、わかる~~~~

そういう時は、寝よう~゚(゚´Д`゚)゚ 

見てる方は(私は)気長に待ってますから~OK!
ではでは~ アンニョンヒ チュムセヨ~
  1. 2012.01.25 (水) 00:03
  2. URL
  3. 山イチゴ
  4. [ edit ]

お姉さんが焦る姿が浮かんで(逢ったこと無いのにね)
一時間ほど前に見たら出なかったので風呂に入ったんです。そしたら、うまくアップされなかったとのこと…大丈夫ですよ
また明日ゆっくりね…冬馬君のご機嫌なおるまで待ってるので〜
おやすみなさい
  1. 2012.01.25 (水) 06:24
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

KUONさん おはようさん

PCの前であせってるKUONさんを想像してニンマリ
(性格悪いyuutaです)

ブログ主さんとは違うのでしょうが
しょっちゅうですヨンわたしのPC
PCのせいにしてますが 前回のコメントん時もあれっ?
どなたかもいつかそんなこと言われてたね
一生懸命書いたのに一瞬にして消えると物凄くショックですね

KUONさん いつでも大丈夫 待ってますから

あら 今日のキーワードにヨンが入ってる!!

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・