Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE

ピアフ


こんにちは。お暑うございます

月曜日の朝は、疲れ果てていることが多いです(笑)。土曜日曜は私にとって「休み」を意味しない、一緒に住む三世代に加えて、姑さんが淋しがっている。

わが姑さん、ご自分で

「お医者さんが言いはんねんけど、、私はボケているらしいから、私が何を言うても怒ったらあかんのやで」

と仰る、今更、ばあちゃんに何か言われて怒ったりはしませんが。

「選挙行ったか、〇〇なんぞ入れたらえらい事やで、皆にも言うときや~」。

昨日などは、数時間ごとに、電話でご檄を下さいまして。

私は、子にも誰にも、どの候補者に投票するの、どの党を支持するの、など、訊ねたことはありません。

夫婦の間でも、たとえ一緒に投票所へ行っても、相手が誰にどうしたか、聞かない。相手も言いません。ずううっとそうでした。特に冷たい関係とも思いません。相手は相手の宇宙で暮らしていて、私も同様。それでうまいこと来ていたのですが。

いささかの以前に、軽い脳梗塞を起こして以来、買い物フェチな面が一層濃厚に出て来て、それも、ささやかな話、いろんなスーパーマーケットを歩き回りたい、という程度の。

梗塞は、大切な脳幹その他は大丈夫で、ほぼ昔通りに仕事も日常生活もこなしているのですが。

いろんなもの、買いに、出て行きたいようで。

出れば歩行もしますから体にはいいだろうし、基本的に夫に対しては(珍しく夫のこと(笑)を、書いています)あれこれ言い出すことに、「なぜ」とか「今は買い物に行く気になれない」などと「ノー」方向の答えをするより、

「はいわかりました、シャツだけ着替えるから待って下さいね」

と返事して実行する方が、簡単なのです。結婚以来ずっと、そう。

大したものを買う訳ではありません。スーパーマーケットでの買い物くらいは、自由に、ほぼ好きなだけ買える今が、嬉しくて楽しいのだろうと見ています。

どんなに働いても稼いでも、自分や自分の家族のところへはお金は流れて来ない人生を送って来た人なので。

欲しいだけ買えばいいと思う。ただ、ヨーグルトの品種や、どんな納豆を買うかは、家で食べる人がいるものを、チョイスする程度は、口を出します。みすみす食べ物を捨てるのはイヤなので。おかげで、同居の娘ファミリーは、旺盛な食欲の持ち主ばかりです。

催し物の会場巡りも、いきいきとしています、私はベンチに座って待つことが多い。

あれこれ見て来て、私にも、何か欲しかったら買いなさいよ、と、言ってくれます。優しい人なのです。

はいありがとう、と答えて、私は、私の買いたい店で、買いたいものを買うの。(笑)。

靴もタオルもケーキも。

肉を買う店は決まっています。んんんと考えている横で、あれも買え、これも買え、と、背中を突っついて来る(笑)。店員が目で伺っている中、私は、自分で決めた分を、幾種類か頼みます。

待ちながら

「それも買えばいいのに」

と、にこやかに横目で見る。つまり不服なんです(笑)。だけど。

言うだけ買ったら大変なことになる、わざわざ自宅の冷蔵庫で冷凍しておいしくなくなった肉を食べることも無い。

「うんありがとう、沢山頼んだから、心配しないでね」

と私も、にこにこ、言います。

そうなの? と夫も、ニコニコします。素直なひとなんです。

偽善ではないと思います、わたしはそうして、タタカっているだけです。予算というものもあるし、献立のバラエティという大問題もあります。

そうして家へ帰っても、パンはあるのかとか、洗車しに行く、とか、夫の土曜日曜には、出かけたついでに、一緒にあれこれの用をして来る、という考えは無いようです。

で私は、時には「ムッ」となって、疲れたから家で待っていていいですよね? と、聞く。

いいですよ、とテキは言いますが・・・

一人で出かけると、また、何やかやどっさり、持ち帰って来る、あるいは、

「花の液肥を欲しがっていたから見たけど、欲しいのはこれじゃなかった、って、言うといけないと思って、買って来なかったよ」

と言う。

結局、わたしは、その「液肥」を買いに、連れて行ってもらうことになるのです。

おそらく、私は、幸せなのだと思います、いま。

不足を言ったら罰が当たるかもしれません。

ただ、そういう風なので、月曜日の朝には、どっと疲れている。わがままなタチなので、自分のペースでないちょこちょこ外出は、トシのせいもあり(・・・)くたびれる。と、言ってもいいですよね。

・・・なんてことを、何となく、書き始めただけのことなのでした。

今朝は、エディット・ピアフの伝記映画を見ていて、彼女の人生の痛ましさ、録音のままに流される歌の素晴らしさに、涙が出ました。

泣いたら少し、疲れがのいてくれた気がします。ありがとう、ピアフ。

自分はぜいたくだわ、なんてことは、思いません。ごめんね、ピアフ。

「愛の讃歌」、日本で知られている訳より、元の詞の方が、やはり私は好きですね。




・・・遅くなっていて申し訳のないことですが、お返事は、ゆっくりと後で、書かせていただきます。





スポンサーサイト

5 Comments

lavinia  

ウチも買い物フェチ(笑)

KUONさま こんにちは。

ウチの夫も食い意地が張っている買い物フェチです。
週末は、自ら先頭に立って(と言っても私と二人ですけど)お肉やお魚を吟味しないと気が済まない。
料理するのはほぼ私なんですが、よく考えたら、週末の食材を選ぶ権利が私にはありません。

単身赴任で、週末しかまともに食事ができないのもありますが、食い意地すごいな、と思います。
まだ「疲れる」まではいかないけど、たまには鉄板焼きみたいな簡単なものにして、自助努力で肉を焼いてくれよ、とか思うこともあります。

ピアフのこと。
シャンソン、あまり聴かないので石井好子さんのエッセイでしか知りませんでした。
石井さんはピアフについてはさらっと触れていただけでしたし。
「愛の賛歌」はあまりにも有名なので聴いたことがありますが、歌詞はもちろん知りません。
ちょっと調べてみます。
私も泣いちゃうかも。


2016/07/11 (Mon) 17:20 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/07/11 (Mon) 19:26 | EDIT | REPLY |   

華  

私、以前、ピアフの映画を見たことあります。

パリも華やかさ、暗さのある不思議な街です。

2016/07/12 (Tue) 22:30 | EDIT | REPLY |   

KUON  

No title

お返事遅くなりました。


オットさま、単身赴任したおられますか。

帰宅時は、やさしくハイハイ、言うて差し上げて下さいね、なにせ単身赴任・・・あら、何の含みもありませんよ。(笑)。


ピアフはね。パリの道端で生まれた、とか言われていて。母親のもとにいてほったらかしにされていたのを、父親が取りに来て、祖母に渡されるが祖母には虐待され。父方の祖母が引き取ってくれたけど、売 春 宿のマダムでね。やさしい娼 婦もいたようですが、そこからも離され、唄えと言われて唄い始めて・・・という人生の始めでした。唄わなければ客を取って稼げと。

見出された後、若くして子も産んだけど、その子は二歳で夭折。

殺 人事件の一味と目されたり、生涯の恋人と愛し合った恋人に、飛行機の事故で死なれたり、モルヒネに逃避して体はボロボロ、でもいつだって、エディット・ピアフ(小すずめ、の意)は、唄いたかった、唄っていたのでした。

50歳になるまでに死んだ・・歌が残った・・・

このようなシャンソン歌手・ピアフを、いいお家に生まれて芸大を出て(それはちっともイケナイことなどではない)日本のシャンソン界の大御所、と呼ばれた石井好子さんは、それなりの認め方だったのね、、というのが、今の私の感想です。いいとか悪いとか、でなく。

私はピアフの歌、時々ちょろっと聴いて、泣いたりします(笑)。

2016/07/13 (Wed) 09:43 | EDIT | REPLY |   

KUON  

No title

・華さん

いっときは、パリにも行きたいアンダルシアの街も歩いてみたい、ヒースに覆われたワザリング・ハイツ・・嵐が丘の地にも行きたい、など、夢見ていましたが。

いいですね、パリ、

>パリも華やかさ、暗さのある
>不思議な街です。

すてきですね。

ご覧になったのは、私が見たのと同じ映画と思います。

可能な限りは、新旧の映画ばかりを見ています。

アメリカよりもヨーロッパの映画、日本映画もいいものが沢山あります。テレビの画面で見られて、幸せと思っています。(笑)。

2016/07/13 (Wed) 10:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment