FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

こんばんは。

ははの具合が少しナンなので、今夜はご無礼します。・・・残念・・・だが、頼ってもらっていますので・・・。

えまさん、すみません、まだ出せてません。

ようこさん、なんか、力の湧くようなお知らせありがとう。六角堂について、また調べたいです。

愛する皆様、今夜はこれにて。また一杯、喋ります、聞いてくださいね~~~~。
スポンサーサイト





  1. 2012.01.19 (木) 12:34
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

KUONさん 皆さん こんにちは

KUONさん お母様 心配ですね
心置きなく見て差し上げてくださいね
体が弱ると気持ちも弱くなりますね
KUONさんを頼るお母様のお気持ち とてもよく分かる気がする
さりげなく 神経が行き届いたお世話されるでしょう

ご自愛も忘れずになさってくださいね


ようこさん
六角堂の再生の話がだんだん本格化してきましたね
ようこさんの生まれ育った勿来の杉の木で建てられるのね
こんな話題は元気になるね
岡倉天心美術館から見る景色が好きです
KUONさんをご案内したかったけど時間が足りませんでした
又、会いましょうね
お風邪などひきませんように気をつけてくださいね


ジュンさん
早速お出かけくださったのですね
1~2分の所なのですか なんと近いこと
これもめぐり合わせですね
ジュンさんとオーナーは話があうでしょう きっと
わたしは せいぜい画集を買って満足しています(苦笑)


sarahさん
潮騒という言葉の響きに なぜか憧れの様な感情が湧いてくるのはどうしてかしら
sarahさんのコメントをいつも読ませていただいて
また先日電話でのお声を聞いて
春まだ早い広い野に一面の菜の花
それも若い緑と咲き始めのレモンイエロー
こんなイメージが浮かびました


KUONさん お部屋を勝手に拝借しました ありがとうございました


  1. 2012.01.19 (木) 22:46
  2. URL
  3. 山イチゴ
  4. [ edit ]

お姉さん、お母様が具合は大丈夫ですか?
当分ブログお休みかと思った。夕方民宿での様子が、たくさん食べたくさん話しされて楽しかったんですね
皆さん同じ年代、それぞれの人生を生きる4人が集まったも縁というのね
生きてれば、望まぬどん底を見る事がある。私は1度ならず2度持ち家を失いました。1度目は父方親族から譲り受けた納屋改造の風呂ない一間と流しトイレの小さき家。貧乏長家天窓しかない所に比べたら夢見る心地。
当時妹が年子で生まれ、雨の日は運動会万国旗状態に部屋中干し、その下で丸いちゃぶ台家族5人食べます。一番下の妹はミルクねわずか3年ほど家族らしい暮らし。私は大きな休みしか帰宅できなかったけど
いずれ建て替え私の部屋も…のハズだった。
親の離婚で追い出された。それまで優しかった父方親族は態度急変。早く出ていけと…!!離婚原因は父親なのに。
両家我が家で修羅場子供は私だけ。何故自分がそこに記憶が無いけど11歳の私は逃げもせず隅で大人達に背を向け座ってた。母親を責める父方、父を責める母方。肝心の父親はいない!
泣くだけの母に無性に腹立ち、大人達は信じられねーと…。それまで天真爛漫だった私の強烈な反発人生が始まった。それから40年近くが過ぎました。
2軒目の持ち家は私の重度化と鬱病でカン夫働けず、銀行と交渉利子は払い続け、ヘルパー長時間利用できるよう役所とも交渉続け努力したがまだ支援法施行前で。長男と次男君卒業を期に手放した。幸い買い手もあり、仲介不動産屋に残滓整理手続き任せた。できる限りはした事と子供達大事な時期にリスク押さえ、後悔はないです
新しい土地で新しい暮らしも数年が過ぎました。まだ子供達の未来がありますのでね…私なりにを貫きたいと思ってます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・