今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

しげしげ眺めました


>最近東宮とかあっちの話題が無い、皇室ブロガーのくせに、短歌とか好きなことばかり書いていていいのですか。

と、叱咤か激励か、コメントをいただきました。


では、なのか?(笑)、この一枚を貼らせていただきます。

日本の皇位継承順位第一位。皇太子ナルヒト氏と。その夫人、まさこ氏のようです。

どっか東京から近いとこへ行ってあげて、公務をしてあげて来た時の、写真のようです。


4cc6afc6d83881972fb23425d21049bd.png

ちょっとしげしげ見たいような写真なので、失礼してじろじろ、眺めました。

なになのでしょう、これは。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



私の大好きな、細川ガラシャ夫人のうたを、やはり、引きたくなります。


   ちりぬべき時しりてこそ世の中の

   花は花なれひともひとなれ

                    細川ガラシャ  辞世  享年三十八歳



あてつけがましいですか。

あてつけになるまで100万光年くらいある気もしますが。

お二人に悪い? (笑)。







スポンサーサイト

コメント

しげしげ と

なんだか、
ありがたい オーラが消えてます。

コンパニオンさん (誘動員、案内係) さんに見えます。

頭の中は、
移動 と、決められたセンテンスを発声することぐらいでしょう。


たべもの 〉〉民・たみ

(重要度)

なるさんのスーツ

ぶら下がりもののスーツの裾と袖口だけ詰めたような「ちんちくりん」感が、みっともないのです。
靴の色も「どうなの?」
これがオーダーなら、デザイナー替えたほうがいいです。

服の問題ではないのですが。

No title

ナルヒト氏の上着、変なデザインですね。ウエストから下がぺプラムのように広がっています。何か着けているにしても、意味のない位置ですし。オムツ隠し?

あら?どうして?

お歌、いいではありませんか?
その方が、おいやなら見なければ
いいのでしょう?
人さまのブログに来て不平を述べる
など、何様?
もしかして巷で囁かれている
O条の会の人かしらね。
写真ー
頭を下げなさい。この人曲がりなりにも今はまだ、コータイシと言う身分!マタコは平民(以下?)から、この人の妻になったから、特権のお零れを頂戴しているだけ。
この人がいなければ、あなたはただのオハラさん!
礼儀作法も嗜みも身につけずに、
まあ〜〜、50代?コータイシヒ?
ハゲ知事と同じね。
分かっちゃいないゼイキンドロボ。

マタコタマー。

おみ足が…
『休め』の姿勢でございますわ。
香淳皇后、華子さまの殿下が
お車から降りる時のお写真が
ございます。
ご参考にされて、も少しでも、
真ともな妃殿下になられたら?
歴代皇室の悪女として
どちら様とやらと、
名を残します?
あな、恐ろしや〜。はずかしや〜。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

皇太子様のスーツが、ダイエーで売ってる物みたいな、、、感じがします。
そして、急いで家でサイズ直ししたみいな。。。

本当は、お二人共、上質な物と思うのですが。

No title

こんばんは。

一日出ていました。

お腹いっぱいでいま(夜7時50分)苦しいです。中華の点心をたくさん買って来て・・・こんなことしていて、いいのか私。

いいのだふにゃ~。(笑)。

いいのだ。朝からお医者さん行って、一月分、おクスリもろて来ました。

まさこさまとやらは、こういう思いはしておられないんでしょうか。今年の誕生日には、病状について、会見、されるでしょうか。

・・・しないよね、彼女は。

しないで済ませてあげてる。イヤなことはしない、させない、そんなこと、続かない、続かせませんよ。

って。独り言、書きつけました、おそまつ、でございます。



・華さん。

みごとに、皇族、という特別(と思われる)方々の香気がございませんね。

同じ80歳くらいの女性なら、くさぶえ みつこ さんの方が「それ」らしく見えると、ずっと思っていますが。

またこたまは、残念ながら、というか。

おっしゃるように、しか、見えません・・・そのお仕事の方に失礼なくらい。

脚を揃えて殿下の背後に立っている、ことさえ、おできになりませんね・・・

ナルさんのスーツは、だんだんひどくなる感じです。

おむつ隠しといわれても仕方が無いレベル・・手直しもされていない様子。ほったらかされてる殿下、の感じです。

イヤです。



・さぶた さん

ひとことで言うと「呆然」そういう写真と見ます。かつては、ぴしっと身に添ったスーツをお召しでした。ピンクの、シルクの光沢の美しいネクタイも。実情のバレない雰囲気もお持ちでした。

朱に交わればなんとやら、と言いますが。この惨状のもとの「色」は何でしょう。

ナルさんに「デザイナー」。いないんじゃないでしょか~。賭けていいなら、どら焼き、賭けましょうか~。(笑)。

夫婦の間に「ゲスト」がくっきりの写真も見ました。珍しくもないですけど・・・。



・まめはな さん。

奇妙な上衣ですね、ほんとに。他の写真を見たら、今度は、首がシャツと上衣にめりこんでいるんです。首、無い。


首になってくれたなら大喜び、それこそ「這ってでも」提灯行列に参加したい・・

魂も、びよ~~~んと抜けてるごとし、です。

おむつ隠し。否定できにくいです・・悲しいことに。



・硬質憂子さん。

じゃじゃ~んと現れたと思えば、すっげえ怒っておられますね。ありがとうございます、KUONのために。いろんなこと、言って来られるんですよ。

びっくりするようなこと、あれこれ。

もうしわけないが、好きにやって行きますけどね、わたし(笑)。誰に指図されることも無い、私は、私の範囲で自由です。

>頭を下げなさい。この人曲がりなりにも
>今はまだ、コータイシと言う身分!

そうだそうだ!。まがりなりにも(爆)まだ(爆)皇太子だ!。値打ちないな~この称号。

皇太子って。源氏の君のかの御世から、こーゆー、なんとゆーか、こんな、ね、もんじゃないはず・・・。

もうすぐ「元・都恥事」になるアノ人と、ほんま、かぶることが、沢山あって、うんざりしました。



・ちりぬるを さん

「休め」(笑)。

しかも、靴のなかいっぱいに、お肉。

肉詰め靴。靴、かわいそ、です。

無かったことにしたい「ヒデンカ」。これが過去になったら、どんな話がどれだけ出て来ますかしら。

リアルタイムでは「見えない」「見せない」ものが、どれだけあるか。

偽物の、リアルな写真を見せながら「様」と呼び、ヒデンカ、と称させる。

泣きますぞえ、の男は、ボコボコにやられて消えますけど、コチラはまだまだ、ですかしら、またこたま。

愛子さんはどこにいますか。



・ヒミツの〇さん。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

・ヒミツの〇さん


昭和天皇は御製を多く残され、表に出されているだけでも600首はあるとかお聞きします。

国柱会本部編集、の、御製の解釈の添えられた本が存在するようです。これなどは、国会図書館などを探されたら、と思います(確信はないのでご容赦を)。平成元年のもの。

今上は。「ともしび」なるタイトルの「皇太子同妃両殿下御歌集」があるようです。見たことはありますが、読んだことはありません。

宮内庁東宮職・編、で。昭和61年に婦人画報社から出ました。

昭和帝より先に、二人で歌集を出されたのです。


秋篠宮殿下も紀子妃殿下も、私が知るかぎりでは、おうたは、お正月の歌会始の儀、の折りのほかは、ことあらためて御歌のご発表はされていないようです。ただしく、皇族のたしなみの一つとして、おうたにお向かいのように思います。

ネットで検索されるなら、

「歌会始の儀、詠草・昭和以降」という感じで探すと、その年の「お題」から、皇族方のおうたまで、みられると思います。

紀子妃殿下のおうたは、平成3年が初出だと思います。

感慨深いものがあります、私がお答えできるのは、このくらいのことですが。

No title

・ヒミツのWさん


いいえ、もっともっと過激でいいのでは。

ゲーテぢゃないが「もっと過激を」

これは私には公開しにくいので、じゃんじゃん、表へお送りください、おうたには、わたし触れませんので!。

No title

KUON 様

有難うございます!早速調べてみます。
今後とブログを楽しみに致しております!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

偉大な雅子様〜

かつて、皇室、皇族方に、まつわる闇をここまで、
炙り出せた人、皇族は、いたでしょうか??

雅子さんが、もう少し、フツーだったら?

周りの人も、変わらずに皇太子を盛り立てていたでしょう。美智子さんも、素敵なお母様、お姑さん、優しい御婆様で、いられたでしょう。

それにしても、「日本一のお坊っちゃま」の周りのガードを外し、ズタズタ、ボロボロにした雅子さん、 ある意味、スゴイなぁ、と思います。

雅子様と、
トルコの 馬の話が重なります。

木で出来た馬を、城内に入れてしまった為に、その城が落とされてしまう話です。

木の馬は、大きくて立派でした。
でも、ハリボテで、それどころか、敵兵がたくさん潜んでいましたという粗筋です。


雅子さん、足を開いて立っている。。。

記事の写真をしげしげと見ましたが(見たつもりでしたが、、、)
雅子さんの足開き立ち、見慣れ過ぎて、目にも気にも留まりませんでした。

(;゜;*;゜;)

写真見て複雑な思いです。これが時代の日本の象徴でしょうか?
お雅どんは明らかに写真を修正してありますが、ご主人はしてないのでしょうね…。《おーいはに丸》みたいですね。取敢ず埴輪に謝ります。

KUON様

皇室ブロガーが他の事書いちゃいけないんですかね。
呆れて書けない事の方が多いと思いますが。
アホには短歌がお経に見えるんでしょうか?
皇室が好きなら(含み)今の状況を心配するし憂いますよね。
最近はもう諦めに近い気持ちですから短歌に癒されていますよ。
音声の無い愛子様の映像とか、もういいわ。

KUON様、ジメジメする時期ですから小バエが湧きますねぇ(棒)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

お返事おそくなりました。



・夢道さん

お役に立てて嬉しいです。

追いかけて知る楽しさを、たっぷり、味わって下さいね。昭和天皇の御製は、どっしりと深く、抑えておられる感情が、しみじみ、おいたわしい感じがします。私は。



・ヒミツのEGさん

能登の言葉の「今上夫妻・感」。少しですが楽しませていただきました。

能登は私の特別な地の一つです。めったに行けませんが、いつだって行きたい土地なんですよ。

名古屋の言葉、味がありますよね。遠い日に、親戚のばあちゃんたちが、ゆったりと交わしていた言葉たちを、懐かしく思い出したりしています。

身バレなどに、差し支えのない内容なら、表へも書いていらして下さいね。



・華さん

いやあ。まこと。まさこさんの「功績」、偉大なるものがあります。

まさこさんなかりせば。ミテコさんの「実態」が、こんなにさらされてしまうことは、無かった。

・・すべて何もかも、白日の下にさらされる必要は、普通の場合は無いとも思うのですが。

皇室に対する激しい毀損行為、思想的な「反・日本」これは、まあまあ、で済まされるものでは、とうてい、無く。

で。

>雅子さんの足開き立ち、見慣れ過ぎて、
>目にも気にも留まりませんでした。

思いっきりのタンカ、かっこええ、と。大笑いさせていただきました。



・衣通媛さん


こんばんは(今、夜なので・笑)。少しお久しぶり、でした。変わりなくいらっしゃいましたか。

情けない写真が、どがどがと出て来ます。

いささかの修正をほどこしたところで、魂の空白さ、人としての足りなさ、いやでも見えてしまう皇嗣夫婦。

まさこさんはお顔、お直ししたりが露わでロクでもねえですが、ナルさんの劣化が気になる。心配では無い、気になります。

何度もコピーを重ねたごとき薄さが進んでいます。

この方、(まさこはサボレますが)、立って人前に出て来るのは、苦痛では無いのでしょうか。酷いものを見せられている気がします。



・ゆき さん

(笑)。皇室ブログのくせに、と云われてしまうと、笑うしかない気になりまして。

放っておいてくれよ~。わたしのブログじゃ~、って。

>最近はもう諦めに近い気持ちですから
>短歌に癒されていますよ。

そう仰っていただくと、嬉しい(笑)。

「皇室」のイメージなんか、アレラのせいで、もう。諦めちゃいかんと思いつつ、げんなりする、なんでこんなもんを、とか(笑)。

コバエ。

わたし、あまり気にしなかったですが。

いま言われている女性のこと、おとといハッと気が付いた。思い出しました。

Mさんとやら。

ある時期まで、わがへたれブログを、読みに来ておられたおひと。だと、気が付きました。

それだけのことなんですが。これも今、思い出しまして、書いてしまいました。


No title

・ヒミツのYさん

この動画。目薬さして、何度も見せていただきましたが、

00:15~とか、座っているナルさんで、見えないんです。

見たいのですが、見えないんです~、何がうつっていても、驚かない自信はあるのですが。

それと。

ナルさんのおつむのテッペンから出てるような、虹色の服をまとった「うで」。

皆さまは、不思議でないのでせうか?

私が考え過ぎ?

でも、ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/3163-559abc67

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (132)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (61)
今の思い (236)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (14)
美しいこと (29)
厚かましい話 (56)
おそろしいこと。 (54)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (31)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (10)
みんなのうた (8)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん