Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE

うすねず色に



    おほ海の磯もとどろによする波われてくだけてさけて散るかも


鎌倉幕府三代将軍  源実朝 のうた。

大好きなうたの一つです。

われて 砕けて 裂けて と。て、て、て、の追い込みように迫力があり、海の大きな構図、だだーん、どどーん、の波の音が、気持ちいいのです。

数え28歳の若さで実朝は、命を落としました。

鎌倉・鶴岡八幡宮の大銀杏のもとで、甥の公暁に狙われて。

太宰治の「右大臣実朝」も読みました。

その中にある「実朝のうた」


   老イヌレバ年ノ暮(くれ)ユクタビゴトニ我身ヒトツト思ホユル哉(かな)


夭折の天才と、言ってしまえば軽すぎます、見えてしまっていた人間の一人、だったのでしょうか、実朝。


雰囲気の違う、この↓ の一首にも魅かれています。


   物いはぬ四方のけだものすらだにもあはれなるかな親の子を思ふ


実朝に子はありませんでした。

いるようになったかも知れない自分の子、という存在、に出会うまでに、はやばやと、いのち終わってしまったひと。

母親との仲はさびしいものだったといいます、温(ぬく)くて柔らかいものを、恋うる部分を、持ち続けたのでしょうか。



この項の最後に、自分のうたを、記してしまいます、あと二日、待てばいいのに待てない・・・


     六月は吾が生まれ月 薔薇の月 うすねず色に鬱の来る月

        ろくがつは あがうまれづき ばらのつき うすねずいろに うつのくるつき





スポンサーサイト

4 Comments

lavinia  

No title

KUONさま こんばんは。

シンクロと言い張ってしまいますが(笑)、一年ほど前に書いた親鸞上人の生誕750年記念に漫画家の井上雄彦の描いた上人の絵について書いた記事にコメントがつきまして、鎌倉時代に思いを馳せておりました。

実朝の歌。
素敵です。なんだか政治家には向いてない風が、歌からも察せられるけれど。
なんだか、長生きしたとしても、出家しそうな感じがしました。
鎌倉時代の人は、世のはかなさが身に染みると、仏の道に進みそうな。決めつけですが。

KUONさんのお歌も色彩が鮮やかに脳内に再生されて、素敵です。鼠色も。鬱であってさえも。
薔薇。毎年ジム友のおじさまの広大な庭の薔薇を見せて頂きに行っていますが、今年は暑くて。先週一斉に花開いて、伺ったときは満開でした。
その時の「素敵」を思い出しながら読みました。こういう素敵は何度味わってもいい感じです。何だか素敵ばっかり連発して、アホがばれちゃいますねw

2016/05/30 (Mon) 23:00 | EDIT | REPLY |   

華  

鮮やかな薔薇と、曇った空、
コントラストの中で、お誕生月なのに憂う気持ち。
を詠まれたのでしょうか。

バラは華やかで美しい。そして、雨の水滴をたたえた薔薇は更に美しく見えますね。

初夏というよりは、しっとりとした雨の止み間に、ふと、景色をながめながら、もの想う時間。。。

季節の流れを感じると、あらためて、もう、こんな季節になったのかと、
なんとも言えない、焦りのような、
置いてけぼりのような、寂しい気持ちになる時があります。


2016/05/31 (Tue) 02:42 | EDIT | REPLY |   

おとめ  

うすねずを超えて

うすねずの色にまさりて佳き人の絹ねず・灰青(はいあお)・千草ねず 輝(てる)

お誕生日月おめでとうございます。

ふたご座さん。

2016/05/31 (Tue) 14:42 | EDIT | REPLY |   

KUON  

No title

こんにちは。

・laviniaさん


井上雄彦。すっごいですねぇ、あの方。いろんな意味で。

つまり漫画、なのですが、肌の質感から無精ひげの感触まで、リアル・・。あ。あの方の描く男性限定の話です(笑)。

実朝は、そうですね、政治家には向いていなかたと思います、武家として初めて右大臣に列せられた、なども、望んだことではなく・・とか言うと、贅沢なことを、って、責められたりもしたり。

作品が、何百年も、残る。すっごいことと思います。

またブログの方にお邪魔します、今日が無理でも明日とか。よろしくお願いします。

西行と、実朝。このお二方です、気になるのは。

もっといっぱい、気になる方が・・ワタシの老後、豊かかも(笑)。

起きて半畳寝て一畳。パソコンと、それなりの暮らしがあってくれれば。



・華さん


もうすぐ66歳になります。たいへん現実的な話をしますと、去年は、年金受給開始になるので、誕生日が楽しみでした(笑)。

これ以後は、淡々と、年を重ねて行く気がします。一人でいて充分、楽しめるタチなのを感謝しています。

母の日に寄せ植えでもらった薔薇を、庭に移したのが、うまく根付いてくれて、今はそれを喜んでいます。

婚家の親からの負の遺産である借金もまだありますし、安定しているとは言えません、他にもあれこれ、先に対する漠然とした不安などは、もちろんありますが、生きて来た中で、今は幸せの時だと思っています。

思えば遠くへ来たもんだ、って感じです(笑)。

綺麗なガラスの珠や、薔薇や、気まぐれに買い求める、うっとりするようなハンカチや。周りに置いて、うとうとと幸せ、です。昨日や今日は。



・おとめ さん

三十一文字で下さって、ありがとうございます。「佳き人」とは、面映ゆうございますが・・(笑)。

とっても柔らかい「愛」を感じて、にんまりさせて頂きました。

ふたご座です。はい。気のせいか、ふたご座の方とは気が合いやすいような気がします。

基本、呑気もので、どんな場所でも、優しくしてもらったり庇っていただいたり、そういったことが多く・・・勝手にそれで通しているのか・・こんな風にもうしばし、生かしていて頂けたらなあ、など、厚かましゅう、考えたりしています。



2016/06/01 (Wed) 10:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment