KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

喜びも悲しみも



伊太利との国交150年の節目だとか、お招きをいただいて親善訪問して下さっている秋篠宮同妃両殿下と、お迎えくださる方がたのお並びの一枚。

1462971106433.jpg


詳しい方はどう思われるかわかりませんが、この画像に、ボッチチェルリの名画をおもいました。

あるいは、ヴィスコンティの映画のシーン。

淑やか、かつ有能な日本の親王妃の落ち着いたたたずまいが、泰西の名画の中にしっとりと納まっておられて、心地よいなあ、と。

殿下は、いつものごとく、脚を組んだりはしておられませんが、ご温顔。穏やかに溶け込んでおられます。

紀子さま、ありがとうございます。

1463131159201.jpg


1463058373533.jpg

わたしには、ローマ法王といえば、ヨハネ・パウロ二世台下のお姿が浮かびやすいです。

現在の法王さまは、気さくな面、お茶目な面もお持ちであると、読んだことがあります。

どこかで何か、食べ物をつまんでおられたと報じられたこともあったような・・?。

両殿下とのこのお写真の法王さまは、優しい優しい方、のイメージ。

1463102816056.jpg


贈り物を包み込むように手にされた殿下は、和やかな表情で。歩き方が、とても美しいと思います。

靴をはいておられる姿だけを拝見しても、ひやひやすることが無い。

当たり前のようですが、切実な実感でもあります。


1463058331400.jpg

ローマ法王さまと、日本国の皇位継承者でいらっしゃる親王殿下ご夫妻。

威厳もあり親和力も、と、見惚れます。


1463016167176.png


子どものころ「喜びも悲しみも幾歳月」という流行歌が好きでした。

同名の映画の主題歌だったと思います。

その映画を、みることは出来なくて(大人になってから何度も観る機会があり、見ました)、雑音だらけのラジオに耳を寄せて聞いていたのでした。

灯台守の夫婦のうたで。

おいら岬の~  灯台守は~  と、若山彰の美声がうたい始め、何番かまであった歌詞の・・うたの最後まで、物語の盛り上がって行く歌でした。

子どもなのにその歌が好きで、いま、カラオケでうたったりすることもあります。

他に東海林太郎の「赤城の子守唄」も好きでした(笑)。

この、なんとも美しい、けだかく初々しいご夫妻のお写真を、拝見していて、あの歌が脳裏によみがえって来たのでした。

もしかして、失礼だとか思うお方がいらっしゃるのかも知れませんが。

信頼し合うご夫妻のお姿に、涙のこぼれるKUONでした。

秋篠宮殿下。

紀子妃殿下。

本当に、本当に、ありがとうございます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



喜びも悲しみも幾年月

【作詞】木下 忠司
【作曲】木下 忠司
【MIDIデータ作成協力】Iwakichsky

おいら岬の灯台守は
妻と二人で沖ゆく舟の
無事を祈って灯をかざす
灯をかざす

冬がきたぞと海鳥鳴けば
北は雪国 吹雪の夜の
沖に霧笛がよびかける
よびかける

離れ小島に南の風が
吹けば春くる 花の香だより
遠い故郷思い出す
思い出す

あしたに夕べに入船出船
妻よ頑張れ涙をぬぐえ
燃えてきらめく夏の海
夏の海

星をかぞえて波の音きいて
ともにすごした幾年月の
喜び悲しみ目にうかぶ
目にうかぶ




スポンサーサイト

コメント

華さんのご期待もわかりますが、東の方々には、「積み重ね」がないので……。もはや……。

紀子さま

菩薩のようなお顔ですね涙

適応障害風(笑)の方に皇室外交とな?
ナイスジョークですw

まずは東宮医師団ひとり(笑)以外に、新任された東宮大夫とコミュニケーションを取れる事と、勤労奉仕団の皆様の前にお出ましになられる事からでしょう?

秋篠宮両殿下はイタリアからのご招待を受け、閣議決定された正式な御公務ですわよ?
イタリアメディアもバチカンも熱烈歓迎しております。

そちら側の方々の押し掛け訪問や鑑賞御公務(笑)とは、違うのですけどねw片腹痛いどころか腹筋崩壊で息が出来ませんわ~


KUON様 ローマ教皇猊下や枢機卿の方々が、秋篠宮両殿下に思わず笑顔になってしまった感じがとてもいいですね~^^
秋篠宮両殿下の画像に、私の口元も知らず知らず綻んでおりました。

日本人として誇らしく思います。

雅子様の皇室外交に期待する前に、雅子様が体調の波がなくなって選り好みしないで国内の公務ができてからでしょう。(期待の順番が違いませんか?)

まずは、熊本(水俣)へ行ってください。

海外に出かけるのなら御陵の参拝もしっかりお願いしますね。

今のところ、期待できませんね。

こんばんは。



・はるせん さん

無理なものは無理。あかんものはあかん。

仰る通りとわたしも思います。



・輝さん

ごり押しでアゲるともりはさらさらないですが。

仰る通り、すべてがお顔に顕れておられると、私も思います。



・二宮さん

>ローマ教皇猊下や枢機卿の方々が、秋篠宮両殿下に思わず笑顔になってしまった感じがとてもいいですね~^^

この「思わず」「はからずも」ということが、つまり「本当」だと、私も思います。



・蔵王の樹氷さん

申し訳ないことですが、あのひとたちも、現実が見えないひとたちも、
なんともかとも。

どこへも行かないでいいと思います。動けば税金が消費される、空気は穢れる、おかしな写真がアゲアゲで出回る。

あてがい扶持もらって勝手にしていなさい、と、私は思います。


そう、思われませんか(笑)? ダメだよ、もう。完全にダメです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/3069-db625ee7

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん