今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

東宮よりもとんかつ、やわ



こんばんは。

GWとやら。一日、ともだちに会いに出かけたほかは、ずっと仕事をしていました。

好きなものの話題は楽しく、よく喋りました。

午前中も事務仕事ばかばか済ませ、今日のお昼は、自分に対する「おつかれさま~」として、とんかつ食べました。

元気やな~わたし。未だにとんかつは、私にとって「ご馳走」であります。

ヒレよりロースが好きで、名古屋人のさだめ、甘味噌ダレでいただきます。一番少ないグラム数のものではありますが、一度食べれば当分は控えるものではありますが、やっぱり私にはご馳走だな~、とんかつ。

子ども時代。近所の公設市場の肉屋さんのトンカツは、一枚30円でした。

顔がてかてか光っている、ちりんちりんにパーマをかけた大柄な無表情のおばさんが、トンカツや串カツやコロッケを、黙々と、次々と、揚げていた。コロッケはかなり大判だった記憶があります。

よく売れていた店で、買いに来る人々が、順番に、あれを3個、これを1本と言うのを、うなずきもせず聞きとめて、油から引き上げて斜めになった網の上に置いたばかりの、揚げ物を、指でつまみあげて竹の舟にささっと並べて、しゅしゅっと薄い緑色の紙(新聞紙だったか?)に包んで、渡していました。

トンカツなど、なかなか口にできるものではありませんでした。いっこ5円のコロッケも、ラードでガギガギに揚げられていて、食べられれば、夢のような美味しさだったなあ・・・。

いま、コロッケはどこにでもどれだけでも売っていますが、、これだ、という味には出会いにくいです。中途半端なコロッケなら、カロリーや脂分が胃袋に及ぼす影響を考えれば、いまの私は食べたくない。

まあ、いっこ5円のコロッケを大事に大事に少しずつかじっていた、あの遠き日のワタシ、が、エラそうなごたく並べておりますことよ。でも本当なの。

コロッケは美味しいのでないと、だめ。

大きい声で言っていいかどうか、奈良に住んで〇十年のわたしKUONが、ずっと、いっちばん美味しいコロッケだ~っと、信じて愛して、近くまで行けば買いこまないでいられないコロッケは。

JR奈良駅近くにある、こじんまりとして何の特徴も無いような、肉屋さんの、コロッケ。

美味しいです。ほんま美味しい。名前は書かないことにします。

わは。とんかつの話題でしたね。

今日行ったお気に入りのその店で、きびきびしていて笑顔が嘘っぽくなくて、の従業員さんに、キャベツとシジミ汁は一回ずつお代わりお願いして。

分厚いカツを、さくっと垂直に噛み切って、噛みしめて。真っ白にぴかぴかに炊き上がっているごはんと共に。

ゆっくりと、食事を、楽しんだのでした。

そういえば。


5月4日の夜に、右翼団体の男が月刊誌「WiLL」の編集部に侵入し、床にペンキをまくなどしたとして逮捕された、そうですね。

建造物侵入の疑いで逮捕されたのは、自称・右翼団体理事の松田晃平容疑者(24)。

だそうで。

警視庁の公安部によると、松田容疑者は当日午後11時前、東京・千代田区にある出版社「ワック株式会社」の入り口の窓ガラスを割って侵入し、床に黒いペンキをまいた上、机などに消火器を噴射した疑いが持たれている。

ということで。

松田容疑者は、

月刊誌「WiLL」最新号に掲載された「皇太子さまへの諫言」という対談記事の内容が「不敬だ」などと話しているという。

不敬。

なるほど、こういったヤカラが口にしそうなことです。

意味わかって言ってるんやろか、など言ったら、あかんのでしょか。

初め聞いた(読んだ)時、ペンキかぁ、と、新鮮に感じました(ウチへ、撒きにこやんとってね、お願い・言うまでもないか(笑))。

違う方面のおヒトなら、また違うモン、撒きはるやろうし。

ペンキでよかったやん、とか書いたら、怒られるのかなぁ・・・。

この号のこの雑誌、買いました、時々買っています。

名物編集長が、この号からいなくなっているんです、花田氏のみでなく、スタッフ全員、いなくなっている
「WiLL」

この号の隣に、並べられていたのが、その、花田氏ひきいる新雑誌「Hanada」

今更新しい話題でも無いですが。

よお、やりはるなあ、と、お腹揺らして笑っていましたわたし。クリソツ。そっくりなんです。

本の大きさも表紙の作り方も、雰囲気も色彩も。値段は20円違い。

よお、こんなこと、しやはるわ。

と言う感じ。読者としては興深い、両方買いました。

櫻井よしこさんは、両方に、出ておられます。

ゆっくりとは、まだ、珍しく、読む時間もとれませんでしたが、さっきまで、ボクシング見ながら、ページをペラペラしておりました。

主にボクシングに熱中していました。

少し興味を持てました。ここ、言って欲しかったよね~という個所もあり、しかし全体的には、ネットの世界で奮励努力、アップし続けておられるブログ主さまがたの、足元にも及ばない古さ、情報量を基本とされているなあ、の感じです。

そうだそうだ、の部分について、私も、そうだそうだ、と、ご紹介してみたい気分は、あります。

オワダさんとこは面白くないだろうな、の記事であることは、確か。皇后さんはまだ、ここでは、違うのですよ。

異様なくらい。

「東宮をよろしく」と、どなたにも声かけておられるって。

晩年の秀吉か。こんなこと、美談めかして書かれていること自体、おかしい、と言えば上品(笑)、フツーに言えば「アホみたい」。

このヨロシク、は、公人のセリフとちゃうでしょう。

若い「右翼団体理事」のお兄さんが、不敬だとして床にペンキかけたという、その元になった記事・西尾幹二氏と加地伸行氏の対談は、言ってみれば、言えば、ぬる~い。ゆる~い。

誰に不敬なのかと言えば、ここでは対象は「皇太子」及び、その周辺でしかない。

美智子さまは、これまでのイメージのままに語られていて、たいへん、お勉強が足りていらっしゃらない感じがしますが、もしや、ここが限界だとか?

こんなあたりが「限界」なんて、つまらないくだらない。

私感です。

それでも(気を取り直して)、よくぞ、記事にして下さった、な面もある。

ついでに記して申し訳ないのかもしれませんが、

同時に掲載されている、長部日出雄氏の

「皇室は祈りでありたい」

この記事は、完全に、KUON的には「ダメ」な記事。

まっこと、つまらない、何考えてこんなの書いて、何考えてケイサイされたのか、もしかして「過激」「不敬」と云われるかも知れない、の読みの上での、両陛下はすんばらしい、の、言い訳記事ですか。

長部さんは、どちらかと言えば好きな発言者でいらしたのに、びっくり、がっかり、あ。

無名のミジンコのへたれブログに、よせている、私感ですからね~。

内廷だかなんだか、GWなのに静養にも出なかったワタシタチ、みたいなことをわざわざ報じさせている、あの〇〇〇よりも。

本気で美味しいものを出して下さるとんかつ屋さんを、私は、支持しますね、はい。

少し眠くなっていますので、言葉遣いがおかしいかもしれませぬ。

お許しください。


.
スポンサーサイト

コメント

花子かとおもった。

お早うございます
創刊号はご祝儀、買いました
錚々たる執筆者たちとも思いましたが
なかにはへんなおひとも・・・
(さとうまさるではない)
次からは買わないでしょう
わたくし、もといおいらはがっかりに会うのが苦手でせうから

がっこに上がる前のことでした
商店街にあった肉屋さんにトラックがぶつかりました
店先で揚げ物をしていたおばさんが油を浴びて・・・
この時においらは自分が薄情ものだと知りました
おばさんの火傷よりも
大好きなメンチカツに会えないことが心配で・・・
(三月ほどで復活しました)

みなさん(HANADAの執筆陣)お国を憂いていると思われますが
朝日や読売の読者にも『本』が売りたいのか?
はっきりと言わないことが多すぎます
左巻きは日本人ではありません
交通事故のほとんど、ゴミ屋敷の全部もおんなしです
尤も、『朝鮮人が何を言う!』などと書いたら
即、廃刊に追いやられますけれど・・・
に、しても
皇室あげは女性週刊誌に任せればいいものを
浅慮を晒してなんとする、喝を入れるにも値しません
(あたい、しません・・・?)
多くを期待してはいませんが
創刊はやはり喜ばしいことでした。


男性誌までもが

女性誌、女性週刊誌はコーシツファッションの見せ場があるので、
上げ記事になったり、嫁入り子育てのことも記事になります。が、
男性って、コーシツに対して無関心か、批判的見方をするものと思ってました。だって、自分が齷齪働いた給料から多分な税金の天引きがありますでしょう?
『税金使って何やってるんだ』と
考えない方がおかしいのではありませんか。
団体の運動員の人はそれで、給金を得ているのでいいのかも知れませんが。
見れば文句の一言も言いたくなるので、無関心を装うか、
それでも、理不尽さに一言言わなければと思う知識人かに分かれるのだと思いました。
権威のあった昔の方が、はっきりと
していたのではと感じます。
OOさんのマスゴミ言論統制がキョドー痛信によって浸透し、何も言わせないようになりましたか。
不敬は現人神でいらした頃のこと。
神通力を無くし、庶民化を自らしているところに通用するのか、
疑問です。

お返事遅くなりました。



・はしびろこう ウナさん

かつて新潮45と言う雑誌も、編集長が変わって、同じ雑誌かとべっくらするほど、違うものになりました。

どちらが「いい」とか「悪い」の話ではないです。

もともと、花田氏は、期待されて「w」誌の責任編集を任された、と思っていたのですが、こういうことになって。

どうなるか、他人事だから楽しみです。

8年前の西尾氏の「皇太子への御忠言」は、それなりに大きな「事件」だったと考えます。私は後から知ったのですが(笑)。

「w」でできなかったことを、「H」で花田氏は出来得るか。

して欲しいです、暴れて頂きたいですが。

どうなりますか、ねえ。

私もミンチカツ(メンチカツ)も大好きです、が、あまり食べられなくなって。

食べ過ぎた翌日は、おしん飯。大根を切りこんだ白粥が味方となってくれます(笑)。

揚げ物は難しくなりましたが、いわゆる錚々たる皆さまの「ぬるさ」には、け、つまんねえ、と、言って行きたいとは、願っております。



・ちりぬるを さん


>OOさんのマスゴミ言論統制がキョドー痛信によって浸透し、何も言わせないようになりましたか。


妖しいことが、少しずつでも顕在化して来ていますか。

あの、おかしなファッションの、おかしなポーズのお方が、どこまで壊れるか、見ていたいです。見たくないけど、ここまで来たら。

>不敬は現人神でいらした頃のこと。
>神通力を無くし、庶民化を自らしているところに通用するのか、
>疑問です。

「不敬」って。こういう世界に入りはじめたお兄ちゃんが、いかにも使いたがりな言葉。

不敬罪なんか今は無いよ、自分のアタマで考えて自分を大切にしたらどうですか、お兄ちゃん、とか、言ってさしあげたい気もするが。関わりたくないのはきっと、面倒くさい理屈だけは言いそうだから。

不敬ってのは、現在の内廷さんがたとやらが、国の人びとに対して平気ではたらいている、傲岸不遜のやりたい放題のことですよ。

と、思っています。





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/3054-9918a2f7

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (360)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (131)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (61)
今の思い (231)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (87)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (68)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (14)
美しいこと (28)
厚かましい話 (56)
おそろしいこと。 (52)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (25)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (10)
みんなのうた (6)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

  けふまでの日はけふ捨てて初桜

            千代女



やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

  けふまでの日はけふ捨てて初桜

            千代女



やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん