Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE

皇室典範第三条

おはようございます。


1460915457638.jpg



今日は「憲法記念日」です。

日本国憲法
(昭和二十一年十一月三日憲法)


  日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。


   第一章 天皇



第一条  天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。



第二条  皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範 の定めるところにより、これを継承する。



第三条  天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。



第四条  天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。

○2  天皇は、法律の定めるところにより、その国事に関する行為を委任することができる。



第五条  皇室典範 の定めるところにより摂政を置くときは、摂政は、天皇の名でその国事に関する行為を行ふ。この場合には、前条第一項の規定を準用する。



第六条  天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。

○2  天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。



第七条  天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
一  憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。

二  国会を召集すること。

三  衆議院を解散すること。

四  国会議員の総選挙の施行を公示すること。

五  国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。

六  大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。

七  栄典を授与すること。

八  批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。

九  外国の大使及び公使を接受すること。

十  儀式を行ふこと。



第八条  皇室に財産を譲り渡し、又は皇室が、財産を譲り受け、若しくは賜与することは、国会の議決に基かなければならない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皇室典範


(昭和二十二年一月十六日法律第三号)


最終改正:昭和二四年五月三一日法律第一三四号


   第一章 皇位継承



第一条  皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。



第二条  皇位は、左の順序により、皇族に、これを伝える。
一  皇長子

二  皇長孫

三  その他の皇長子の子孫

四  皇次子及びその子孫

五  その他の皇子孫

六  皇兄弟及びその子孫

七  皇伯叔父及びその子孫

○2  前項各号の皇族がないときは、皇位は、それ以上で、最近親の系統の皇族に、これを伝える。

○3  前二項の場合においては、長系を先にし、同等内では、長を先にする。



第三条  皇嗣に、精神若しくは身体の不治の重患があり、又は重大な事故があるときは、皇室会議の議により、前条に定める順序に従つて、皇位継承の順序を変えることができる。



第四条  天皇が崩じたときは、皇嗣が、直ちに即位する。



第三条  皇嗣に、精神若しくは身体の不治の重患があり、又は重大な事故があるときは、皇室会議の議により、前条に定める順序に従つて、皇位継承の順序を変えることができる。

この第三条。

現在の皇太子をこの典型的な例と挙げるに足る、憲法と考えます。

どなたかが「本当ではない」など、未だに主張している「ヤフオク事件」。

これに対しての宮内庁の回答は、

「返したから問題は無い」


というあたりに、マニュアル化されている。私も、去年の冬に、ドキドキしながら電話してみました、私の時にはそんな内容ではなく、こちらが、当初、不要にヘドモドしていたせいなのかどうか(電話、超ニガテで)、あちらが、きちんと答えられなくて申し訳ない、という感じでした。勇気をふるって、

「でも、あったんですよね、いったんはそういったことが、皇族によって企まれたのは事実ですね」

と切り込むと、無言になってうなっていた。電話係としてはこれはツカえないな、と、沈黙の中でかんがえたりしました、これで報酬、どれくらい受け取っているんだ、まともに返事しろよ、と、お腹の中で毒づき、

電話代もったいないから返事を要求します、と再度押したら、役所がそういうことを言うのかと驚いたのですが、

あのその、次回はきちんとお答えします、と、名を問う前に、受話器を置いてしまいました。

実は、電話のはじめにお名前はうかがっていました、自分も名乗りましたし。


覚えているけど〇山さん、黙っていてあげますね~。<

すまじきものは宮仕え、とか。

恥を知れねば高いびき、とか。アタマに浮かびましたよ。

次回は、名指しで電話しますね、私はミジンコですが納税者です。/span>

「返したから問題ない」

は、通らない理屈である以前に、

宮内庁は、あったことを、遠回りに認めている、ということです。


皇族が犯した犯罪。国家財産をワタクシした、重大犯罪です。

これ一つでも大きなこと。

皇嗣の妻が、二代にわたって秘匿しつづけている、ティアラと、揃いの首飾り。

東宮家の娘にコピーを作って(人権侵害では無いのかなあ)、臆面もなく連れまわしていること。

皇室行事への、内廷皇族らによる権威の毀損行為。国民への名誉棄損。


帰宅してから続きを書くかもしれません。




スポンサーサイト

3 Comments

硬質憂子  

皆さんで

苦内庁、官邸に電話を致しましょう。私も致しましたが、ヤフオクの
こと、ティアラのことは知っている
ようです。
上に言ってくださいね。必ず国民の
声として。
と、念は押したんだけども。
でも、うるさい位だとイヤでも上げない訳にはいかないと思うのです。
向こうもPC70でしていると言いますしね。

2016/05/03 (Tue) 10:47 | EDIT | REPLY |   

心の介護士  

秋篠宮家への嫉妬はお止めなさい。
哀れな人。
きれいなものを見ると汚したく
なる病気。
だから、KUONさまのここへも
来たがるのね。
寂しいのね。

2016/05/04 (Wed) 16:21 | EDIT | REPLY |   

KUON  

お返事遅くなりました。



・硬質憂子さん


わたしの愛読書(笑)の一冊に、佐藤優と西原理恵子の共著「とりあたま事変」があります。

週刊新潮誌のいちばん後ろにあるページをまとめたものですが、めっぽう「面白くてためになる」。むかしの月刊漫画雑誌のキャッチコピーみたいな本です。

中に、以下、書かれていて。何度読んでもおかしい。

役人と喧嘩したサイバラが怒っている。

「あったまくる~、

上から下までウソつきやがって かくしまくりやがって」


と。そこへ知り合いだという新聞記者氏のいわく

「公務員は逃げのプロです。彼等が本気で逃げたら誰もかないません

だから時間のムダです、追わないこと」

・・・以上のごとき記述が満載で。西原さんとは、考えの違う部分も沢山あるのですが、女優のきききりんさんと西原理恵子が、いま、名のある女性の中で、いちばん好きです。

お返事になっていないと思うんですが。

宮内庁だか東宮職だか。わたしに中で、ここまで「墜ちた」「堕ちた」存在のものって、他にありません。

メールでも電話でも、しますね、わたしも。

しつこく行きます。




・心の介護士さん

おやさしいコメントを、ありがとうございます。

嬉しく思うのですが、どうしても何しても届かないヤカラと判断しております。

人に対してこう思うことは、嬉しいことではない、私には、しかし、邪魔であるし心地悪い存在でしかないので、以後は、おかまいになられないでいて下さると、ありがたいです。

他のコメントをまた、いただけるのは、大歓迎です。

2016/05/05 (Thu) 20:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment