KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 美しいこと
  2. tb: 0
  3. cm: 5
  4. [ edit ]

これぞ

1462000900709.jpg


これも園遊会。

これぞ園遊会。

空気が幸せそうです。

1462000939377.jpg

おめでとうございます。

ありがとうございます。



スポンサーサイト


  1. 2016.05.01 (日) 09:30
  2. URL
  3. ジェリコ
  4. [ edit ]

KUONさま、いい画像をありがとうございます。

みんなほっこり微笑んで、
園遊会ってこんななんだ、と思いました。

「アレよ、アレ。なんなのアレ」と、
アレラをじろじろ見るみなさんの画像と比べると、
大違いですね。

見た人には、わかっているんだろうな、と思いました。
後ろでメモしているマスコミ関係者のお兄さん方にも、
本当は見えているんでしょうね。

それを報道してよ、と思いました。
  1. 2016.05.01 (日) 12:34
  2. URL
  3. 二宮
  4. [ edit ]

まさにこれぞ[春]の園遊会と呼ぶに相応しい写真ですね。

女性皇族方の[春]を集めたようなお召し物、素敵です!
[薫風]を写し取ったようです。


一方アチラ側、あえて季節感を感じさせない、何度でもアリバイ映像として使い回せるような…

可憐で華やかに咲いた花々の中に、食虫植物とラフレシアが混入してしまった感がハンパないですな…
  1. 2016.05.01 (日) 20:17
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]


・ジェリコさん


いい画像で、拝見して嬉しくなる柔らかさと清しさが、皇室の行事なんだな~と、感じさせてくれます。

向き合う皇族と招待客の、こころの触れ合う感じが、伝わって来ます。

トシのせいか涙腺がやたらゆるくなっていて、涙が出ました。

少し前に、同じこの場を、ジタバタと焦り走りしていたモノとは、全く異質のもの。

この妃殿下や内親王さま、がたが、お浄めをして下さったようで、そして、強力ではないが、こころからの微笑とお心遣いが、ちっとも、穢れに負けないで清々しい空気に浄めて下さったのだと、安堵したんでした。

本物は、強くて、美しくて、なのですね。



・二宮さん


こころお強く、やわらかい女性皇族がたの、お力を感じました。

>[薫風]を写し取ったようです。

ホントにそんな感じです。心地よい風も、吹いていたのでしょう。

皇室風。

まことの、ね。

食虫植物。(笑)。

ラフレシア。(笑)。

なんで、あんなのが、存在し続けているのかしらん・・・ま、そのうち、ですね。


  1. 2016.05.03 (火) 07:46
  2. URL
  3. 腹の虫
  4. [ edit ]

臭い華へ

パトロール?
結構でございますよ。
他でなさいませ。
おヒマならば、自分のブログにて
お書きなさいな。
あなたの来る場所ではありませわ。
土足で上がり込んでパトロール?
余程、下の出なのね。ごきげんよう
だって?笑かせますわね。
あなたのパトロールのお勧め場所は
Bさまのところ。論破なさったら?
  1. 2016.05.03 (火) 14:34
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・腹の虫さん


代わりに腹を立てていただき、ありがとうございます。

腹の虫さんまでを「下品」などと言い捨てる者のコメは、削除しています。ご理解くださいませ。

コメントを拒絶しているのですが、何度でも来てはりますわ。

何台のパソコンを動かしているのでしょうね。

今後も、見つけ次第削除します。控えるべきは控えてはおりますが。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・