今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

宮内庁もタイヘン  棒


4月19日、秋篠宮両殿下は、第4回地球環境大賞授賞式にご臨席になられました。

今年も、と書くべきでしょうか。

その折りのお言葉全文を(申し訳ないことですが)記事の一番あとに置かせていただきます。

↓ は、皇室全般掲示板よりいただきました。

秋篠宮両殿下、地球環境大賞授賞式に御出席 Name 名無し 16/04/19(火)11:13 ID:oN4P6Nqk No.1607562

>朝日新聞社会部記者の方のツイート(原文のままです。)

「秋篠宮さまは本日出席した式典で「この震災によって亡くなられた方をお悼みいたします。そして被災し、避難されている多くの方々に対し、心からお見舞いを申し上げます」と述べられ、出席者と黙祷をささげたそうです」


話かわって宮内庁は、以下のごとくお知らせしています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


宮内庁・発。

災害等へのお見舞い等(宮内庁のHPに、両陛下の動きを伝えるこういう項目があるのです。)

天皇皇后両陛下の「四月大歌舞伎」及び「春季雅楽演奏会」のご鑑賞のお取りやめについて

平成28年 4月19日 (火)

天皇皇后両陛下には, 4月21日 に歌舞伎座にて「四月大歌舞伎」をご鑑賞になるご予定でしたが,その後も熊本県を中心に余震が相次いで発生し,被害が拡大する一方で,なお多くの人々が停電や断水等が続く中で厳しい避難生活を送っている状況に鑑み,華やかな催しのご鑑賞はお取りやめなさることになりました。お招きいただきながらお出ましになれないことを大変心苦しく思われながらも,次の機会があることをお待ちすることにされました。

なお, 同22日 には宮内庁楽部にて「春季雅楽演奏会」をご鑑賞になるご予定でしたが,同様にお取りやめになります。

ご多忙過ぎる、と心配される(させる)日常の内容は、こういったものでした。

>お招きいただきながらお出ましになれないことを大変心苦しく思われながらも,次の機会があることをお待ちすることにされました。

なんですと。


天皇皇后両陛下の「仙台フィルハーモニー管弦楽団東京特別演奏会」のご鑑賞のお取りやめについて

平成28年 4月17日 (日)

本日,天皇皇后両陛下には,東日本大震災後500回を超える復興支援コンサートを開催して被災者を支えてきた仙台フィルハーモニー管弦楽団が,震災後5周年の節目に開催する被災地支援に感謝する演奏会にお招かれであったところ,今回の熊本県を震源地とする大地震の発生に鑑み,これをお取り止めになります。

両陛下には,14日に発生した大地震により被害を受けた熊本県が,その後も引き続き地震に見舞われ,県民生活が厳しい状況におかれていることから,この度,この演奏会にお出ましにならないことを心苦しく思われつつも,今しばらく地震災害の推移をお見守りになるべく,17日は終日御所におとどまりになります。


平成28年熊本地震による災害についてのお見舞い


平成28年 4月15日 (金)

天皇皇后両陛下には,昨夜の熊本県を震源地とする最大震度7を観測する大地震により大きな被害が発生している熊本県の蒲島郁夫(かばしま・いくお)知事に対して,本日,侍従長を通じて,次のとおり,被害についてのお見舞いのお気持ちと災害対策に従事している関係者に対するおねぎらいのお気持ちをお伝えになりました。


「天皇皇后両陛下には,昨夜の熊本県を震源とする大地震により,多数の死傷者,避難者が発生するなど県民生活に大きな被害が生じていることに大変お心を痛められ,犠牲者に対するお悼みと被害を被った人々へのお見舞いのお気持ち,並びに災害対策に従事している関係者に対するおねぎらいのお気持ちを知事にお伝えするようにとの御意向でした。まだまだ,朝夕寒い季節であるので被災者をはじめ人々の健康を祈っておられます。以上,謹んでお伝えします。」


静岡県への行幸啓のお取りやめについて


平成28年 4月15日 (金)

天皇皇后両陛下には,本日,静岡県に行幸啓になるご予定でしたが,昨夜の熊本県を震源地とする最大震度7を観測する大地震により,熊本県等に大きな被害が発生し,多数の被災者が避難している状況にあることから,お取りやめになりました。

なお,侍従長から川勝平太(かわかつ・へいた)静岡県知事に対し,次のとおり,天皇皇后両陛下のお気持ちをお伝えになりました。


「天皇皇后両陛下には,スペイン国国王及び王妃両陛下の静岡県ご訪問が中止されましたが,そのための行事を準備してきた人々の気持ちをお考えになり、せめてその折に御同行の予定であった静岡県を訪問され,準備していた行事にお加わりになることをお考えに なっておられた。

昨晩,熊本県を震源とする大地震があり,余震も続き,現時点では未だ現場の状況が不明確であることから,両陛下としては少なくとも今日一杯は御所で状況を見守ることが必要とお考えになり,本日の静岡県での行事への参加をお取りやめになるとのお申し出があった。誠に心苦しいことであるが,今回の訪問,行事の準備に当たってきた関係者,御参拝予定であった神社,演技の関係者にも知事からその旨よろしくお伝えいただきたいとの御意向であり,ここに謹んで伝達します。」

なんとまあ。

這ってでも行ってさしあげなければ、と、お優しいさすがご慈愛のみてこさま、あっちこっちに気を遣い〈警備費も使い)、浄瑠璃やフラメンコや歌舞伎やコンサートや、みてこさまに見て頂ければ恐悦至極(?)なご鑑賞への「ご行啓」、ご老体にムチ打って、こなしてあげなきゃ、と、お思いでしたでしょうに。

行けなくなってしまわれましたのね。

トイレにも行きがたい環境で、飲んだ方がいいのに水も不足していて、血栓ができてしまって不意に倒れる、といった状況は、皇后さまには縁のないモノで。

豪壮な御所で、(退屈しながら、になりますか)お慎みの日々をおくっておられたらよろしいかと。

しかし。

宮内庁、こういったお知らせの仕方も珍しい。

壮大な言い訳劇場。これ、せんな、しゃあないのでしょうか、ね。


この項の最後の、以下のものは如何に。



大雪等による被害についてのお見舞い

平成28年 4月14日 (木)

天皇皇后両陛下は,今冬期の大雪等により甚大な被害を受けた北海道に対し,金一封を賜りました。
この一行の「とってつけた感」「やっつけ報告」感、ハンパないです。

どの時点でのことか、これもしておかないと、の焦りからか。

北海道の方々に失礼なこと。

ここ当分、などと言わず、当分、天皇とその夫人は、御所にすっこんでおられたら、と考えます。

でも、パナマの大統領夫妻と、お会いなのですね。

パナマの大統領夫妻の来日は、日本では報じられないあの、パナマ文書とやらが、流出した後で=要人のこういうことは、通常は三か月くらい前に決まっているもののようですが=急遽、お決まりなんて。

1461081695706.jpg


聞けば、あら何かしら、と???点滅するのは、おそらく、ふつーの反応かと思われます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先にお伝えした、美容外科医の高須克也氏は、以下のごとく実行されました。

佐賀空港に物資を集め、チャーターしたヘリコプターで、救援要請を受けていた病院へ物資を届けてとんぼ返り、再び、の、自ら乗り込んでの大活躍。ここが、あの方らしいです、高血圧持ちなのに。

熊本市の消防局防災航空ヘリポートへも支援物資を運ぶそうで、

「その後は自衛隊がしてくれる」と。

物資は、予想以上に集まったそうでした。今後もあれこれ、されるでしょうね。

こういう派手なお金使います人がいたっていいでないですか。緊急時、理屈より実行の時に。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【地球環境大賞】

秋篠宮さま お言葉(全文)

「第24回地球環境大賞」 秋篠宮ご夫妻をお迎えして授賞式が開かれた。


 本日、「第24回地球環境大賞」の授賞式にあたり、皆様とお会いできましたことを大変うれしく思います。また、このたび各賞を受賞される方々に心からお祝いを申し上げます。

 近年、気候変動や生物多様性の保全を始めとする環境諸問題についての人々の意識は非常に高くなっております。

 そして気候変動とも関係すると考えられる局地的大雨や台風そして、土砂災害など地域に多大な被害をもたらす事例も増え、災害の視点からの環境を考える機会も多くなってまいりました。

 本年は3月に仙台市において第3回国連防災世界会議が開催されましたが、その中で気候変動と防災に関することが話し合われ、また森林やサンゴ礁を始めとする生態系保全の強化が、人類に環境と気候の回復力の基盤を与えていることなどが紹介されたと聞き及んでおります。

 このように私たちが地球環境を考えるとき、その保全とともに災害についての意識を高めつつ、人が自然と共存していくことの重要性を強く感じます。その上でこの緑豊かな水の惑星に多くの貴重な生命を末永く育んでいくことができるよう、環境問題への対処に積極的に取り組んでいくことが大切であるといえましょう。

 平成4年に創設された「地球環境大賞」は、地球環境と共存する産業の発展、持続可能な循環型社会の実現に寄与する製品、そのための技術の開発、地球環境に対する社会の意識向上、ならびに自然環境の保全を通じて社会への貢献を図ることを目的としております

 今年で24回を数えるこの賞は、産業界に始まり、自治体、学校、そして市民活動へと表彰対象を広げながら、環境活動に熱心に取り組む人々の姿勢を広く顕彰し、環境に対する意識を高めることに貢献してきました。今後とも、日本の優れた技術や知識が地球環境の保全に貢献し、世界の発展に寄与していくことは、誠に大切なことと考えます。

 終わりに、受賞者を始めとする皆様が、今後とも地球環境の保全に積極的に取り組んでいかれることを期待するとともに、その活動がより一層広がっていくことを願い、私の挨拶と致します。


この後で、皆さまと黙祷を捧げられたのだそうです。


スポンサーサイト

コメント

KUONさま こんにちは。

私も宮内庁のHPを見てきました。
まだ、直接のお言葉はないのですね。東日本大震災の時は、早い時期にビデオメッセージが
流れた気がしますが。

昭和の時代はどうだっただろう、と考えて、そういえば大災害なんて滅多に起きなかった事を
思い出しました。
福岡で育ちましたが、大人になるまで地震を経験したことが殆どありませんでした。
今住んでいる県は、水害や地震にバンバン見舞われまして。
「震度5までなら大丈夫!家はギリセーフ!」とか言い合っちゃってしまうくらい地震慣れ(笑)。

秋篠宮さまのお言葉、おおげさなところがなく、心に沁みますね。

ところで、少し前の「クロワッサン」で西原さんが、「百万回生きた猫」の佐野洋子さんの息子さんと対談していました。
子供さんたちを漫画に描くことは、本人たちも「これでご飯を食べていっているんだ」とお母さんに言われて納得しているそうです。(私は気になっていたから安心しました)母子とも強いですね。
西原さんと高須先生なら、今困っている人に、自分たちが今できることは精一杯しますよね。
フリーメーソン。
陰謀論に絡むのはものすっごく上の位階の人たちですから。
あの鳩山さんだって、「友愛」段階なんじゃないでしょうか。
陰謀論は、随分チェックしてきましたが、困っている人を助ける事に、売名も陰謀もないと私は思います。




だったら祭祀して

KUON様、

両陛下の、お出ましおとりやめのなんとやら、「だから、何?」ですね。

だったら祭祀してくださいませ。
天皇陛下にしかできない、やまとの国の父上としての祈りをしてくださいませ。
歴代の天皇陛下を父上と仰いできた国民は、子として、父上たる今上陛下と、国母とは呼べぬ今上夫人の体たらくに怒り、東宮とされている方の体たらくに絶望しております。

しかも、今上夫人の専横を、あなた様はお諌めにすらならない。かえって同調している有り様です。

父君たる先帝陛下と、いかに幼き時に離されてお育ちだったからとて、かような私情を挟むべきではありませんでした。
それを、私情を優先し、マイホームの甘やかな幻想を夫人にちらつかされ、色に迷い、公よりも私情を優先する先例を作ってしまわれた。

今の日本と皇室の体たらくは、あなた様が招き入れたものなのです。

選んではならぬものを選び、捨ててはならぬものを捨ててしまわれた。

もはや、東宮を廃し、今上夫人を退け、秋篠宮様に御位を譲り、ご自身もお退きになるより方法はありますまい。

どうか、身を持って国をお救いくださいませ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

KUON様の19日付の記事を何度も読み返しました。
いろんな思いが湧きあがり、自分の心情を言葉にする事が出来ませんでした(泣)

このように感情が高ぶってしまうのも、私が日本人だからこそと思います。


パナマ大統領の来日報道に、イロイロ勘ぐってしまいますよね‥
中米の港湾利権に中国が絡み、アメリカの喉元を押さえられたからジャパンマネーで形勢逆転…の指令があったのかな?とか、
パナマ文書に日本を揺るがすような、国家機密並みの名前が見つかったのかな?とか…妄想が広がりんぐ状態です(笑)


宮内庁のHP苦しそうですね~w
白目むきながら更新してるんでしょうか(笑)
言い訳を頑張る小学生の姿と被ります(子供と違い微笑ましくは無いですけど)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お返事遅くなりました。


・laviniaさん。

お住まいのあたりは地震多いのですか。

どこが安全、は、今や無いと思いますし、どこでどうなるやも分からない。きょむてきになるのでなく、そう思っています。

記事の、特に高須ドクタについてのところ削ったので、コメントして頂いていたのに、申し訳なく思います。

>陰謀論は、随分チェックしてきましたが、困っている人を助ける事に、売名も陰謀もないと私は思います。

私の思いもそうなんです。どなたかさんの、水仙はともかく(と、一応)お子たちの読まれた本を十四冊って。どこまで「自分たちは特別」な人なのか、イライラします。

そう言う時だけ「皇族は偏れないから」ってことかい。思い上がった勝手なひと。

話かわって。佐野洋子さんの本も面白い。息子さん、お母さんに反抗しつつ、とても好きでいらしたでしょうね。

さんざんネタにされた作家のシーナさんの息子さんは、アメリカ暮らし。西原さんの息子さんも、お母さんの願いと予想通り、世界を歩き回る人になるかな。

どうなっても、愛情も情念も並でない母親の子供さん。どうなるのかなあ。大丈夫です、きっと。すべて、全部、受け入れているお母さんだもの。母親って、大地、ゴミも何も受け入れて、肥沃になるんじゃと思っています。

西原息子はハンサムだし(笑)。この先たのしみ。



・あさき さん。

>私情を優先し、マイホームの甘やかな幻想を夫人にちらつかされ、色に迷い、
>公よりも私情を優先する先例を作ってしまわれた。

>今の日本と皇室の体たらくは、あなた様が招き入れたものなのです。

>選んではならぬものを選び、捨ててはならぬものを捨ててしまわれた。

同感です。つまりこういうこと。

トップに在る者がマイホーム主義では、どないもこないも立ちゆきません。

しかも、夫人は、入内前から「こんな淋しいヒトにわたしの力で温かい家庭を」

と。ここからすでに、現在は見えていました。こんな失礼で思い上がったことが、よく、削除されないで残って来たこと。

穏やかならいい、ではない。単なるふぬけ、です。

>選んではならぬものを選び、捨ててはならぬものを捨ててしまわれた。

これなんです。無責任極まりない当主。

あー、うずうず、言いたい、言いたい、みんなまとめて、お引きください、どいて下さい、これ以上の醜状は、さらしては、なりません。

国が終わります、とも。



・ヒミツのSさん。

必ず、お会いして、共に、美味しいサンドウィッチと美味しい珈琲を。

そちらで、でもいいです。こちらで、でもいい。

念じ続けていることにします。

ね。



・二宮さん。

幾つもコメント下さっているのに、きちんとお返事できず申しわけなく思っています。

自分なりには、お気持ち、きちんと受け取らせていただいていると思っています。

未曽有の災害、とよばれる天災が、繰り返されている平成。

無責任で背骨の溶けたみたいな天皇。害にしかならない妖女、さげまんの夫人。

もっと思いを研いで行きたいです。思い詰めはするのですが、詰めの甘い性格と自覚しています、でも、しつこく、考えてゐたいです。

ご一緒に。

>宮内庁のHP苦しそうですね~w
>白目むきながら更新してるんでしょうか(笑)
>言い訳を頑張る小学生の姿と被ります(子供と違い微笑ましくは無いですけど)

最低の役所になり果てています。もう要らないです宮内庁。



・ヒミツのWさん。


ありがとうございます。

よくわかります。

よくわかります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2995-d2e6682e

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (132)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (61)
今の思い (236)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (14)
美しいこと (29)
厚かましい話 (56)
おそろしいこと。 (54)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (31)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (10)
みんなのうた (8)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん