今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

限界近いです  追加画像・追記あります



コメント下さっていて嬉しいです、ありがとうございます。

必ずゆっくりお返事書きたいので、しばらくお待ちください、お願いします。

                4月17日朝                     くおん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すでに古くなっている記事ですが、まさこ祭祀を明記してあるので、一応。


天皇、皇太子、秋篠宮による頂上会談で皇室新時代へ

NEWS ポストセブン 4月11日(月)7時0分配信

天皇、皇太子、秋篠宮による頂上会談で皇室新時代へ

皇室新時代へ突入か

 モーニングに身を包んだ天皇はゆったりとした足どりで鳥居をくぐり、陵墓前で玉串を供える。お気持ちを記した御告文を述べた後、深々と頭を下げた。4月3日、奈良県橿原市の神武天皇陵で同天皇崩御2600年に合わせた式年祭が執り行なわれた。天皇皇后両陛下に秋篠宮夫妻も付き従った。
.

 同じ頃、奈良に姿を見せなかった皇太子夫妻は皇居・宮中三殿で大役を果たしていた。歴代天皇や皇族の霊が祀られている皇霊殿で祭祀が行なわれた。皇太子は天皇の名代、 さらに雅子妃が皇后の名代として古式装束を纏い拝礼した

(他の雑誌こんどは立ち読みしましたが、どの書き方も「.~らしい「「~だそうでした」パターン。でも、持ち上げる、ご立派と。)

 雅子妃の宮中祭祀への参列は2009年に行なわれた昭和天皇崩御20年の式年祭以来で7年ぶりである。皇室ジャーナリスト・神田秀一氏が言う。
.

「皇霊殿の中には天皇皇后に皇太子と皇太子妃しか立ち入ることが許されない神聖な場所です。
.

 これまで雅子さまは祭祀に対して消極的だと伝えられてきた。だが、今回、雅子さまは美智子さまの名代ですから体調不良などの理由で欠席するわけにはいかなかった。ですから雅子妃は相当な覚悟で臨まれたはずです。雅子さまが見事に務められたことに両陛下も安堵していることでしょう」


(安堵していたらあほです。資格無いです。まあ、本気で怒るこちらがあんぽんか))。
.
 神武天皇は古事記や日本書紀に登場する初代天皇で、皇統の祖とされる人物。その没後2600年という歴史的な一日に、両陛下、皇太子夫妻、秋篠宮夫妻が一致して祭祀でそれぞれの役割を果たした。後に詳述するが、そこには天皇のこれまでにない強い思いがあった。

(このたび楼門が倒壊してしまった阿蘇神社は、神武天皇由来。近所の方が、泣きながら「どうしましょう」と繰り返しておられて、大切に考えておられたのだなあと、胸に来ました)。
.
 というのも、近年、皇族の足並みの乱れは国民の目にもはっきりと見てとれたからだ。2012年春頃から月一回のペースで天皇、皇太子、秋篠宮が皇居に集まり、意見交換などをする「三者会談」の場を持ってきた。
.
「両陛下と東宮一家のコミュニケーション不足を懸念した当時の羽毛田信吾宮内庁長官が発案したものです。皇太子殿下と秋篠宮殿下の間にも幾度も“確執”が伝えられただけに兄弟で話をするいい機会となりました。またこの会談には宮内庁長官や侍従長が同席することもあるようです」(宮内庁関係者)


ようもまあ、ここまでくだらん記事を。

よくもまあ、ここまでシットな嘘こいてるな。

まさこが「祭祀をつとめた」。何をしたのでしょうか。女性にはつとめる祭祀など無いのではなかったか。

潔斎を。みそぎをして、その時用の装束をまとい、それ用の髪型をつくり、しずしずと渡って、しかるべく「拝礼」をする。

手は振らないでいい。振るな。

たぶん、それだけです。

形だけやったって意味の無いことの、大きなひとつでしょう。

形だけにせよ、それだけのことが、無理なヒトにはとっても大変のようで。

まず、朝起きて、歯を磨くから始めるとして。それ、あの朝、10時からの「祭祀」なのに、9時過ぎにボーっと車からあの顔をのぞかせて出て来たあのお方、できなさったのか。歯、磨けたか?。

人に身を委ねて湯あみして、など順番、形通りに、は、できたのかな。

できるわけない、と、答えはそれです。


秋篠宮殿下と皇太子の間に、何の確執がある。あっても(不服はおありになるとしても)、明らかにされないのが秋篠宮殿下。

ナルが勝手にバカなだけ。

することもせん、要らんことだけ踊りまくらされている、阿呆なだけ。

バカで阿呆なだけならマシってもの。害でしかない、それが現実。


他に何を書こうが、どのみち〇○雑誌の言うてること、で済んで行くとは思うが。

「雅子妃が皇后の名代として古式装束を纏い拝礼した。」

私しがないミジンコですから、見ていないが、では、誰かが見たのか。

あのおヒトが古装束を纏いでもしたなら、これ見よとばかりに欣喜雀躍画像のタネ、渡って行く姿の一瞬であろうが、どれだけ画像流して見せつけるだろうと、容易に思わしむるヒデンカ。

髪も、おすべらかし、とやらに結ったなら、かぶったなら、未来永劫、皇后の代理をつとめた皇太子妃殿下まさこ、として写真の100枚も写されて残して行くだろう。

畏れを知らないもここまで来たかと戦慄します。私にはそうです。

まんまんちゃんにメッされる、と、呪文のごとく吹きこまれて育ってしまいました。

平気でイケナイことできる人が、いっそ羨ましいです。自分を「いい子」にするのではない、神さまとはある意味、恐ろしいものだよと、沁みついてしまっている。万引きもようしませんでした。つまらない人生でした(のか?)。

「皇霊殿の中には天皇皇后に皇太子と皇太子妃しか立ち入ることが許されない神聖な場所です。」

そうらしいですね、そうらしいけど、でも今、

よりによって、神聖ならざりて立ち入りを許されざる.=

神聖じゃなくて立ち入りを許されない、


メンツばっかりが、立ち入りオーケーだとは。

天皇陛下に対しては、わたしといえども言いたい放題はし難く、したらアカン、の気持ちは、今でも隅っこの方にございます。

でも思います。

・国まるごと。国の人びと全部。

・外から見ている、すきあらば、と見ている、あちらやこちら。

・神さまに対して、こころ添わせてつとめられること。本来のおシゴト。

すべて思案の外にあるかのごとく、ひたに、

奥方の方をのみ、向いておられる。

奥方をのみ、支配者として仰いでおられる。


「あちら」さんが、単に奥方ならばよろしいかも、が、あのかた皇后陛下らしいではありませんか。

天皇を、今や、尊敬できかねております。始めからそんなに思い入れも無かった。

日本の天皇、というものに、自分なりの幻想がありました。

こう申し上げて、「不敬」などと、いっさい、思いません。


長きにわたる、そしてますます酷くなりまさっている、この嘘、偽りは、深い重いものだと。

またやらかしたね、アホが。と、笑い過ごすことできないでいます。慣れさせられて、重大事と思えなくていることも多くなっているのですが。

しみじみ、恐ろしいです。

本当に、恐ろしいことを、しています。

・・・・・・・・・・

もう一つ。

天皇夫婦が「お取り止めになられた」静岡行き。当該県の方からコメントでお知らせ頂きました(勝手に引かせていただきます)。

>15日に日本・スペインシンポジウムに合わせて、両陛下(お分かりいただけるように、やむを得ず表記)ご来静と聞いてはいました。ですがこの度の熊本県の地震災害で訪問中止に。

しかし察するに、シンポジウムに最初からのご臨席でもなく、午後からの特別講演「フラメンコ・曽根崎心中」なる浄瑠璃とフラメンコの融合(宇崎竜童・阿木燿子演出←ここ・笑)を市内浅間神社でご観覧が目的ではなかったのか?と思います。ついでに老舗料亭での食事もお楽しみで。

って、あの二人が来なくたって誰も困ってない。回らなかった訳でもない。
こんなのに時間と準備に警備にと人手・お金かけて、一体なんでしょう?
誰得?ですよ。来んでもいいわって初めから思っていました。
すみません。つい心のままに書いてしまいました。


いいえ、ヒミツのKさん、ありがとうございます、全く同じ気持ちです。あの夫婦がシンポに出て何がどうなる。そして、

ひとこと付け加えさせていただきますと。

この、スペインなんとやら。シンポジウム。

スペイン国王は、途中からか初めからそうだったのか、来日されないと来まっていた。

メイン、不在。無し。このスペインの国王さま、またこたまのあの、有名な数々の写真に関わり深いお方です。

フェリペ殿下。



caff366c228bb6b6d1f5c6ac4bae3bfa.jpg

画像がいたずらにでかくて申し訳ないです、お見苦しくてもこれは、わが国のこうたいしひ、です。

あ、あああ、と、気の毒に両手パッとなさってるナルさまは、切なかったでしょうか。

ご自分には見せてくれないお顔だった、でせうか。

この隣は、ベルギーの現・王様との「きす・みー」写真。これも見るにはきついものがある。

蔑まれております。

1460345887414.jpg

ナルさまも負けじ。夫婦・恥恥合戦(なのか?)

なるたんが凝視しておられるお胸の主は、スペインのフェリペ国王の妃、レティシア妃ですね。

あちこちで、恥ずかしいことばっかりの皇太子ナルに、けっこうこの方は、お優しかった。

優しいにもいろいろ意味がある。

この写真では、文字通り「見下している」です。

1367326913862.jpg

で、これはまた夫婦揃って恥ずかしい、フェリペさまは血の熱いスペイン男、こおんなバカっプルが、目の前にででーんと並んでいれば、素直にこの表情になられますね、んだんだ。

なんだよこいつら、なんでこっちむいてんだよ、きったねえドレスきて、ますますおっかしくなってるなあ。

鳴り物入りで行った=自信がついた、成功事項、達成感、とか、あのオランダ行った時の、暑苦しく、かつ寒々しい夫婦です。

わたしKUON、日本のとうぐうひのように、白人至上主義者にてはございません。

よその国の王子さまだか王さまだかに、わが国のカップルが、こんなあからさまな顔で。

面白いとは思えません、でも、仕方ないなあと、悲しく認めてしまふ。

ミテコさん、あなた様も、フェリペに会っていたら、何、思われたか、わかりやせんよ。

そんなの気にしないですよね、きっと。

明日は予定ではサントリーホール?

出ておいでになりますか?

見ていよう。

テレビが伝える九州地方の惨状。

どんな気持ちでご覧ですか、もう想像の埒外です。、

皇族やめてください。


皇室新時代。

穢れがのいたら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


追加画像です

o0304045412962158893.jpg

言葉足らず(写真足らず)で、わかりにくくてごめんなさいでした。

身長差のあり過ぎるのは、本人のせいでないと思いますが。

立場にふさわしい皇族として(せめてフツーに)振舞えないのは、国民にとっての人的被害です。

退きなさい、ナルヒトさん。

今更、性格も性癖も、変わるのは無理でしょう。酒毒と、憑りつかれてしまった怠惰の毒で、今後ますます、あり得ない公人の姿をさらすことになる。

断言します。やいやい書いて来るウルサイ人、読みなさい、不敬などではない、現在の内廷どもが、国民に対して、不敬不遜、思い上がった傲慢さは
増幅し、傍若無人限りなし。

その罪を、どこが、誰が、受けることになってしまっているのか。

詫びる気持ちになど、ならないですよね、徘徊祭祀王。徘徊女帝。


ちなみに、オランダの愚愚夫婦の画像は、各国の王族要人が、着席しておられる(スペイン国王も)前に、どういうわけか、なんでか、??????ナルとマサコが、逆方向向いて突っ立っている、何とも言えない一枚です。

失礼いたします・さん、ここから、お返事させていただきました。わかって下さいました? 自分の席すらわっかんない、国を代表して行ったはずのものたちの、アホ画像です。ありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント

<最後の写真より>
2メートル近い、スペイン王室の王様が
皇太子より頭が下になるって
どんだけ、しゃがんでんのよ!!

スペイン王室の王様・フェリペ6世の身長は
wikiによると197㎝
奥様は170cmだわよ。

私は昔から皇室を敬愛してきました。
周囲の同級生はまったく皇室に興味もない人が大多数のなかで、自由もなくストイックに国民の安寧を祈り続ける天皇陛下・皇后陛下を敬愛しておりました。
その皇后陛下がお育てになった浩宮様は素晴らしい、我慢強い、次の天皇となられる素晴らしい資質を持った方だと信じて疑わなかったのです。
素晴らしい環境で(浜尾さんや宮内庁職員)が手塩にかけて育てられた皇太子は誠実で人格も素晴らしく(そう見えました。信じておりました)その方が選ばれる伴侶は素晴らしい人格を備えた慈愛と無私のお気持ちを持たれた心映えも素晴らしい女性なのだと疑いもなく思っておりました。
礼宮様はやんちゃで無責任、今でいうチャラ男だと聞こえてくる噂で軽薄で浩宮様に比べてお気楽なわがままな男性で。
紀宮様もきれいなお心の持ち主で、容姿はいまいちですが素晴らしいプリンセスだと。
(紀宮様に関しては今も昔も敬愛の情は変わりません。むしろ女帝の仕打ちを聞くとさらに敬愛の情は深まりました)
結婚するならご誠実(に見えた)で清廉(に見えた)な皇太子殿下のような男性なら幸せになれるのだと固く信じていた馬鹿な若い頃の過去に恥ずかしくて転げまわって叫びたいです。
今上に置かれましては国民の安寧を日々祈り、国民を愛し、日本の事を一番に思いながら日々お休みもなくご公務をされていらっしゃるありがたい唯一無二の存在だと最近まで疑いませんでした。

その皇室に関してもうなくなってしまえばいいと思う日が来るなんて。
真面目にご公務に励む秋篠宮ご一家だけが一筋の光ですが、あまりにも汚れすぎた大きな権力の前には抗う事もおできになりません。
国民もその事実を知らない人が大多数で、そこまで皇室に興味もない、敬愛の情も持たないでしょう。
税金泥棒って皇室の存在をそう呼ぶ人が居ます。
なんて不敬なと眉をひそめていましたが、今では私もそう思います。
天皇・皇后・皇太子夫妻・赤い宮様その子孫、全部不要です。

秋篠宮さまが天皇になり、悠仁殿下に皇統がつながる。
もう夢物語になりつつあるのではないかと思います。

信じたいですが、やりたい放題の自分の欲望のままに行動するアレラ。
バックの隣の国たちの手先や魑魅魍魎が跋扈する宮内庁。犬作宗教の力が巨大すぎて正しいあり方を求めることが無理なのかもしれません。

影子、見て子、ビッチ、赤い皇族、ヤフオクで先祖伝来の至宝を売る泥棒集団。
こんなことがネットで公然と流れる皇室って必要でしょうか。

昭和天皇・香淳皇后はこのような皇室になると思っておられたでしょうか。
悲しんでいらしゃると思います。

来たるべきして

来ましたね。
穢れと嘘と偽りと欺瞞と金の亡者に
なり下った皇室。
何処に神さまおわします?
庶民とて、もっと忌み、畏れます。
神さまに祟られることを忌避します。
第一、病気の者は清浄なる神の前に
穢れとなります。
ナルマサは夫婦とも病気でしょ?
アイコンもまた。
ですから、祭祀ははなから、
不可能なことです。
皇太子一家は神さまに見放されて
いるのです。
それを寄りにもよって、国民を欺いてまで、宮中神殿祭祀をしたと。
掌典職までも、害務上がりの人間。
神武天皇もその端なさにお怒りは
御尤もにございますわ。
水俣の魂もお怒りでしょう。
九州の国民がそのお怒りを身に受けました。
『心が痛みます。』では無く、早く
秋篠宮さまに祭祀をなさって頂き、
お怒りを鎮めていただくことが
大事!
秋篠宮さましかいらっしゃいませんでしょう。
この難事を収めていただける清浄なる神の前に出られる方は。
と思います。

熊本城も

見るも無惨‼︎
昔の瓦の古い家も、丈夫とされていた鉄筋コンクリートの建物も、
自然の力には、太刀打ち出来ませんね。やはり、人間はそんなものでしかないのですね。
だから、自然を神と敬って感謝したのですね。
神と国民を継なげる役の天皇さん、
どんな気持ちなのでしょう。
今日の徘徊音楽会工務とやらは
どうなるの?
この意見と同じ気持ちです。


… 無題 Name 名無し 16/04/17(日)10:07 ID:EGxnyEQU No.1606406
昭和の時代、災害があると昭和天皇は
被災地にお見舞金を出していたようですが
平成はやっているのでしょうか

古本14冊とDVDで災害ビジネスやるくらいだから
きっとやっていないだろうなあ

秋篠宮両殿下の御婚約前の皇室会議で、
三笠宮ヒゲ殿下が『こちら(紀子様)を最低ラインとしていただきたい』と仰ったそうです。

昭和から雅子さんの入内を画策していた者への牽制もあったのでしょうか?

紀子妃殿下のハッキリ証明出来る出自、経歴があってこそのラインですよね…
最初は傲慢な発言だと思ったのですが、最近では二代続けて出自のハッキリしない、(頭の)おかしな嫁を皇統に入れる訳にはいかないと、一人悪者になる覚悟での発言だったのかな?と思ってます。

宮家のお財布事情もあり、結局は身内の弟夫妻に背中を撃たれた形になりましたが…

天皇が民を護り、民が天皇をお支えする日本古来の形が壊れようとしているのでしょうか。
明治天皇の御製が心に染みてまいります…

コメントをどうぞ
 
KUON様

 昨日コメントを入れたkです。
 早速本文へ入れていただき、大変恐縮しております。
 
 これからもおじゃまします。
 どうぞよろしくお願いします。
 

 

気持ち悪い。

こんばんは。

何度もあちこちで既出でしょうが、たびたび出さないと週刊誌のアゲアゲ記事に騙される人が多いです。

日本人は空気読み過ぎと言われますが、世界の王族のみなさんは読み過ぎるくらい努力していますよね?

特にプライベートゾーン、むやみに引っ付いたりしませんよ。ズカスカと付いて行くナルさん、海外では安定のお笑い見せ物でしょうか。

これで次代は無理。妻も無理。なのに分厚い天ぷら衣のようにごまかす記事を出して売る商売は止められないのでしょうね。

今回の地震でいろいろ出てくるのをやめたようですが何を今さら?です。

正直夏が終わるまで引っ込んでおれ‼です。私も内廷皇族の顔は見たくないですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2980-faafcc1f

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (132)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (61)
今の思い (236)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (88)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (14)
美しいこと (29)
厚かましい話 (56)
おそろしいこと。 (54)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (30)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (10)
みんなのうた (8)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん