FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

私もまた ひと粒の

こんばんは。

ブログの更新をおこたっていて、どうもすみません。

読もうと思って買い込んだ、新しい本、中古本、積み上げてあったのを開いたら、止まらなくなって、二日、過ぎてしまいました。自分は、主に水・木を、比較的休みらしい日に設定しているんです。

眼鏡市場へ行って、ごく近いところがよく見える眼鏡を買ったので、目が楽になりました、で、溺愛ならぬ溺読しちゃって~。ブルーベリーアイも、ずっと吞んでます~。

上杉隆さんの記事にも触れたい・・・お隣の国よりひどい隠蔽・統制・情報カルテル国家になってる、とか、原発を作る大きな力を持っている東芝社が、今まで原発をビジネスにしていたが、いま除染を「除染ビジネス」と、堂々とその言葉を使って・・・。ビジネス、なんですよ。この先、長い需要のあるビジネスだよなあ、それ、と、あからさまな皮肉を、述べさせていただいてしまいました。

明日、また、こころ鎮めて、書かせていただきとう存じます。

えまさん。

新年のご挨拶、ありがとうございます。

今年も、せっかく知り合うことの出来た同士、いろいろお喋したり、しましょうね。

寒い寒い季節なので、お風邪を召さず、ベストを尽くして、お仕事励んでくださいね。


・・・読むたびに、雑念に乱れた心が洗われる、美しい言葉の連なりを、ふたたび、記させて下さい。


高いところに座るよりは、共に歩くその場所がいい。

時には腕まくりをするような苦労があっても、楽しいことだ。

人の試練を背負うということは

もうひとつの愚かな試練だが、

のどかな天気に吹くそよ風に十分、報われる。

与えられた縁を胸に抱くだけでも美しくなりうる。

苦しくてつらいことを必ずしも分け合う必要はない。

小さな涙ひと粒あれば十分だ。

あなたが世界の涙になるのなら、私もまた喜んでそのひと粒になろう。

                     べ ヨンジュン「韓国の美をたどる旅」より





スポンサーサイト





  1. 2012.01.06 (金) 19:22
  2. URL
  3. 山イチゴ
  4. [ edit ]

お姉さん、数日ごぶさたしました。
ブログは毎回見てます。
末っ子君、本人なりに思いはあるだろうけど、あえて話題にせずいます。
4日昼間、カン夫が以前から予定の鼠形ヘルニア日帰り手術で不在、珍しく娘と末っ子君3人で過ごした。
ヘルパー頼む事も考えたけど、父親抜きで大丈夫と…たまには良いね。介助メインはトイレと飲み物や食事と薬を補助するだけ
家族で過ごせる時間を大切にしたいとの想いも強く…もう少しで順番に巣立ちますから!
あれやこれやといろんな話した カン夫夕方帰宅。その夜はキズが痛いと動きスローだったけど、翌日痛みも無く最新医療技術に関心した!
切る場所は、盲腸とほぼ同じです。右側は数年前に…今回は左側!右側は痛みが出てからだったから数日入院大変だった
その時いずれ反対側もと言われ
私が落ち着いてるので予防的にしたかんじ
やれやれこれで安心です。
鼠形ヘルニアはメタボなおじさんや乳児多いイメージだけど、カン夫スリムなりやすい体質と。
来週の金曜日は懐かしいアイドル達のコンサート行きます♪
楽しみ〜〜
気分は中学生です
ヨンジュンさん追っかけしませんが、来週は昔に帰って楽屋入り待ち写真お願いしてみるつもり
あいざき進也ラブ生写真は持ってますがツーショットなどあり得ない時代。30年以上ぶり!夢が叶うといいなぁ
もちろん、生唄聴けるだけでも充分
お姉さんははまやさんへ行くんでしょう?美味しい海の幸食べて、お話しして、海をたっぷり見てください。
きれいだけではない状況もあるだろうけどそれも込みで感想を書いてください
私も来年春前に家族で行こうと思ってます。
  1. 2012.01.06 (金) 19:25
  2. URL
  3. えま
  4. [ edit ]

kuonさん

もう早速風邪ひいてしまって
でも、もう大丈夫・・・
軽くてすみました。

素敵な文章2つ
心に抱いておきます。

凄くハッとしました・・・
自分の感受性はどうだろう・・・
ばかものめって怒られた気分
自分の心の奥をじっと覗いて見たくなりました。

もう一つは、親指以外の指を焼いて修行をされたというご住職のお言葉でしたでしょうか・・・
それとも、あの旅でヨンジュンさんが知り合った僧侶とあったので、別な方なのか・・・

とても柔らかいお心の
深くて澄んだ
言葉ですね・・・

ありがとうございます。

あのう・・・絵文字が出せず、なんでだろう?って思ってます。
  1. 2012.01.06 (金) 20:49
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

KUONさん

何遍読んでも 読めば読むほど心に沁みこみます

与えられた縁を 大切に胸に抱いて生きたい です

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・