Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE

明日香の雨は








石舞台ce58764c98bfe83f3fe48aa78eacfc52
    石舞台の春 (画像はイメージで写っておられる方々にはごめんなさい、と)



おはようございます。

奈良は雨です。

本日は明日香へ行かれるようです。

秋篠宮さま、紀子さまのお目に、雨に洗われた古いみやこの情景が、うつくしく爽やかに映りますように。

花はまだ力のある今、簡単に散ったりはしません。車窓からの寧楽の花をも、堪能なさっていただきたいです。

ああそうだ、ミテコさまも行かれるのですね。

陛下、こたびも奥方に肘つかまれてのご行啓、お疲れの出られませんように、と、勝手にお案じいたしております。


今朝のひと笑い。

黒字の部分はともかく、この色の部分を、興深く読み、味わった朝にてございます。ゲラゲラ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛子さまがスキー上級コースで見事なパラレルターン決める

NEWS ポストセブン 4月3日(日)16時0分配信


愛子さまがスキー上級コースで見事なパラレルターン決める

スキーは上級者並の実力という愛子さま

 長野県北西部、国内最大級のスノーエリアである志賀高原の最奥に位置するそのスキー場は、ファミリー向けの初心者コースから、全長3kmにおよぶダウンヒルを誇る上級者コースまで多彩なゲレンデが揃う。
.
 3月22日から4泊5日の日程で、皇太子ご一家はこの地でスキーを楽しまれた。
.
「愛子さまは、上級者向けのエキスパートコースを、インストラクターに続いて颯爽と滑走されていました。スピードに乗った状態でも板を揃えて“パラレルターン”を見事に決められるなど、そのお姿は見惚れてしまうほどで、他のスキー客もざわついていましたよ」(居合わせたスキー客)
.

 ご一家のこの時期のスキーは恒例行事。皇太子さまは幼少から両陛下とゲレンデに足を運ばれ、イギリス留学中にはルクセンブルクやリヒテンシュタインの王族と「スキー外交」をされたほどだ。
.

 一方の雅子さまも、父・小和田恒さんの赴任に伴い、旧ソ連やスイスで過ごした幼少からスキーに親しまれ、ご婚約の際のプロフィールにも、好きなスポーツとしてスキーを挙げられている。
.

「おふたりとも、インストラクターになれるほどの実力の持ち主です。そんなご夫妻の間で、愛子さまは3才のときに初めてゲレンデの雪を踏まれました。その後、学校のスキー合宿など、多いシーズンには3度雪山に向かわれたこともあったほどで、めきめき上達されました。今回も皆さま相当楽しまれたようです」(皇室記者)
.

 ご一家は長野入りされた翌23日の午前10時半頃、宿泊先のホテルからゲレンデに姿を見せられた。皇太子さまはホワイト、雅子さまはブルー、愛子さまはレッドのスキーウエアに身を包まれていた。
.

 ヘルメットをかぶり、ゴーグルを装着されているため顔のすべては見えないが、口元には笑みがこぼれる。
.

「いざ板を装着すると、ご夫妻と愛子さまは別々のグループになり、それぞれスキーを楽しまれていました。おふたりで寄り添ってペアリフトに乗ったご夫妻はにこやかに談笑されていて、リラックスしたご様子が伝わってきましたね」(前出・居合わせたスキー客)
.

 頂上に到着されると、林間コースを選ばれたご夫妻は、インストラクターを先頭に皇太子さま、雅子さまの順でフォームをチェックしながら、リズミカルに弧を描かれていた。
.

「夕方、ゲレンデの終了時刻が近づくと、ご一家は少し急がれるように最終のリフトに乗り込まれていました。時間いっぱいまで滑りたいというお気持ちの表れだったのだと思います。
.

 滞在中には、愛子さまはブルーのウエアに“お色直し”もされていました。ゲレンデファッションはスキーヤーにとって重要なポイントですが、愛子さまはそういった面も楽しまれていたようですね」(別のスキー客)
.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

じっさい、愛子さまですよ~、と、言いたいのか、言わなきゃアカンのk、、巷のウワサもトーゼンお聞き及びで、お察し下さいね、なのか。

言い訳劇場。(笑)。

雨、上がって行きますかしらん。



スポンサーサイト

3 Comments

硬質憂子  

笑っちゃいけない?

Kuonさま、笑いなしに読めない
アイポさんのスキー記事。
興行師が芝居宣伝のため、書かせて
いる宣伝記事。
硬質も地に落ちたもの。国民を舐めるな。わかる者にはわかってしまう
のに。 平成硬質狸御殿!
狸さん、ごめんね。
ものの例え→化かすことの。

2016/04/04 (Mon) 10:47 | EDIT | REPLY |   

ちりぬるを  

眞子さまへの

眞子さまが東大の研究室に就職されたことへの、ぶつっけ記事ですね。
あまりにも明らさまで…。
其れ程素晴らしいお手並みならば、
滑り終わった後のインタビューがどうしてありませんの?
ゴーグル外してニコッと誇らしい
お顔のアップを写して貰いたいはず
ですのにねえ。
見栄っぱりの家系にお育ちになられ
お労しいことです、i子さん。
内親王に求められることって、本来
そんなものではございませんのに。
気立て優しく、公の場にても粗相なく、品位をもって為さることが出来る、それだけでよろしいのです。
行く末、降嫁される時の為に社会を
学ぶ為の就職も大切ですが、まずは気立てが良ければ引く手数多でございますよ。

雨上がり、明日香路の秋篠宮両殿下は、ぴったりの風情となりましょう。


2016/04/04 (Mon) 12:06 | EDIT | REPLY |   

KUON  

No title

・硬質憂子さん。

いえ、笑いましょ、ご一緒に。

私は、愛子さんは幼時、股関節に問題がおありだったと考えています。あのおまたがっちりの抱き方も(まさこの雑ぶりも、めったにかまわなかったのも含みますが)、股関節を開いておく必要があったゆえ、かと。

駅弁抱っこもそうだろうと。

脚が、強くないのでしょう。自己流に走ることはできて、でも、完全に自由では無いのでは?と感じています。

そのお子さんを、スキーの上級者だと偽るだけでなく、他人を本人と偽った画像や動画を出し、今年、未だにこんなこと書かせている。

嘘、あげあげ記事で進行している週刊誌、いつかちかいうちに真実が現れた時の、

いやあ、うちとしてもなんとか、読者に察してもらえるように、ヒミツのメッセージを、など、いいかねないと、そのための伏線を張っていると、ずうううっと、考えています。逃げ道、保険の文書を混ぜている、と。

愛子さんは利用されているだけ、まず身内から。

知らない訳がない、でも、どんどん内容がひどくなって、美容院にも置いていない所が増えている、とか。

美容院へ行く女たちを、なめるなよ。

すてきなHNですね。


・ちりぬるを さん

>内親王に求められることって、本来
>そんなものではございませんのに。
>気立て優しく、公の場にても粗相なく、>品位をもって為さることが出来る、それ>だけでよろしいのです。
>行く末、降嫁される時の為に社会を
>学ぶ為の就職も大切ですが、まずは気立>てが良ければ引く手数多でございまよ。

同感です。

人が人に求めるものって、そんなには変わらないと思います。

うわっつらだけのものは見えてしまうし、あからさまな嘘には嫌悪感。

すごく上手な滑りも、まさこの古装束姿も、存在するなら、うんざりするほどばらまいて来るでしょうに。

本当に汚い者たちです。

2016/04/04 (Mon) 20:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment