Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE

違うんです。   お浄め画像追加しました。



おはようございます。

メカおんちのKUON、ブログに画像を貼りつけることができました(Jさま感謝・・)

元の画像をおつくりになった方にも感謝します。

気になっていたことを、書けます。


1459074174651.jpg

小学校に入学されて、両親と手をつないでおられた愛子さん(②番は愛子さんオリジナルと思う)、子どもらしくて可愛らしいと思います。

①番の、このお習字好きそうな「愛子さん」が、違っていた、と気づいた時はショックでした。

書がお好きで得意なら、そいうことを伸ばして行かれれば、楽しみでいいだろうなあ、と。嬉しい気持ちがありました。

おっとりと育って、いずれ降嫁されるのが、愛子さんの立場。お勉強はそこそこでも、と、まだ、皇室というものに、明るい感情を向けていた頃でした。

でも、耳の形というものは、そんなに変化しない。特に耳殻の様子は。

この子も違うのか、と、正直、悲しい気持ちがありました。

一番左の顎の発達した、この、どこの誰なのでしょうか、この者の耳は、愛子さんの耳と違う、アタマの形も顎の形も違う、髪の量も、愛想笑いができることも、他に、大きく違うと私が感じていることも、違います。

皇太子とそのツマと共に現れて、愛子さまと呼称されて、俳優の隣に座を占めて。

今年、この3月の「愛子さま」らしいですが。


1458863585736.jpg

上の二人も、映画館にあらわれた「愛子さん」と同じく、この3月に、とうぐう夫婦と共に人前に出現した「愛子さん」。

絵画鑑賞に現れた、ほっそりしたタイプのこの者、そして、8日の後に、春スキー静養とて、長野駅に出て来たこの者。

二人とも「愛子さん」だとのことです。

まさこと話をらしながら、階段を下りてくるという芸当を見せたこの、どこの誰かなのか、

1458976279633.jpg


この白いコートの者が、数日後には、またすっきりと細身の姿を、東京駅に現しました。

1458987829305.jpg

↑ 長野駅での白いコートのどなたかの、静養を終えての数日後の東京での姿です(だそうです)。

東宮家の内親王は、何人いるのでしょうか。

本当の愛子さんは、どうしておられるのでしょうか。

1431078882190.jpg

この美智子さんについて、やっと、思うことが書けます。

なんじゃこりゃー。

KUONの、心からの声です。

このお方は、「孫の愛子と戦争の話をした」と、去年、仰っていますが、

どの愛子さんと、そのようなことを、なさったのか。たいへん不思議なわたくしです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お浄めです。

1458957944911.jpg







スポンサーサイト

10 Comments

おとめ  

乳だし朝鮮女を生きて居ます。

ブラジヤーしていません。

素肌にオーガンジー風の布で造られた服を纏っているように見えます。

乳房丸出しよりもいやらしさ満杯。

男性たちの目のやりどころのなさを煽おる淫靡を纏っています。

出自は乳だしチョゴリに帰りたいのですね。

何も知らず見えず気づかなかったわたくし自身が口惜しい。

2016/03/28 (Mon) 17:54 | EDIT | REPLY |   

KUON  

No title

・おとめ さん。

眞子さまに、優しいおばあさまを装って養蚕のお手伝いを、と書いた美智子さん。

そんな事実は無いようです、愛子と戦争の話をした、そういうことを考えるようになってくれて嬉しいと、壮大な嘘を、平然とついてきた美智子さん。自分の都合、自分をよく思わせるために、どんなことも誰でも利用して来た、あの。

この写真もブラをしておられません。右手に末広をだらんとぶら下げて歩いている。帽子のおかしな位置。緊張感のカケラも無い、ひどい姿のこの人の写真を、ずっと持っていたのです。

>何も知らず見えず気づかなかった
>わたくし自身が口惜しい。

私も同じ思いです。悔しいです。

2016/03/28 (Mon) 19:40 | EDIT | REPLY |   

さとこ  

②の子は……

こんにちわ。

②も偽愛子さんですよw

右耳が完全に違いますから。
この中で、本物の右耳に近いのは①の偽物の耳なんです。

=みたいな隆起が見えるんですよ。
でも、①は明らかに別人w

②も別人w

複数の偽者を、その都度適当に使い分けしていますね。
気づかされた時には、深く納得できました。

その父方のおばあさんという女性も、
何人か代わってきたようですね。

何たる異常な一族。

2016/03/28 (Mon) 20:33 | EDIT | REPLY |   

ワッ・タ・シ熟女N〜  

こんばんは

写真が入っていて
びっくりしました!
( *´艸)( 艸`*)

読むにも全然見栄えがちがいますね。
メールで画像を送ってもらえるなら
加工やサイズ合わせしますよ〜

前から『手指』の向きや開き方も
違うんじゃ? と思ってました・・・


2016/03/28 (Mon) 20:52 | EDIT | REPLY |   

かぼちゃ  

お手紙

素敵なお祖母様から眞子さまへのお手紙。
良いお手紙ですが、誰がマスコミに出したのかなあ?と思いました。
秋篠宮家が自分より上の方から頂いたお手紙を勝手に出さない気がして。
素敵なお祖母様は孫に出した私的なお手紙のコピーでもとっておいたのかな。
私の手紙はこんなにも素敵でしょう?って。

2016/03/28 (Mon) 22:41 | EDIT | REPLY |   

美絵理  

No title

朝の番組のきょうのわんこ
みたいに、今日のあいこ
が必要かもと思います。

2016/03/29 (Tue) 08:46 | EDIT | REPLY |   

まりりん  

No title

おはようございます。

身長、輪郭、鼻、顎、歯並び・・・
こんなに違うのに、短期間に違う子を引き連れて歩く。
マスコミも判っているでしょ?
近くで見続けているのですから・・・

もうね、国民なんてチョロイと思っているんでしょうね。

眞子様への手紙は養蚕展の時に公開されたんですよね。
小学生の眞子様に書いたとされた物を何年も経ってから・・・
あの時は信じてましたが、今は養蚕展に展示してお優しいおばあ様を演出する為に創作したと疑っています。

2016/03/29 (Tue) 09:09 | EDIT | REPLY |   

KUON  

No title

お返事おそくなりました。

・さと さん。

えええ、そうなんですか?

私、ウズラちゃんは幼い頃からの違う、と気づいて愕然となり、今年の皇室ご一家の愛子さんも違うと思い、去年トンガから帰った夫婦を迎えたのは、お辞儀貞子は愛子さん、その後、みごなしも軽かったのは同じかっこうにした違う者。

など、幼い頃の動画も山盛り見て・・確信持って、②番ちゃんはどう、と、言い切れません。

ただ、この並んだ三人、別人だと断定します。どうやってどうしてるのよ、と言われれば、そこはどうだか・・でも、「愛子さんは数人いる」と、言います。

「父方のおばあさん」これは、疑問を深く持ちつつ、まだ言えないあたり。

異常な一族とは、同感です。大人はともかく、少女たち(初々しい感じの無い「たち」ですが)をこう操っているヤカラに、形容しようのない、何というか・・どうでもいいですが、まさこさんはあのままですね。どっちでもいいです・・


2016/03/30 (Wed) 20:19 | EDIT | REPLY |   

KUON  

No title

・ワッ・タ・シ熟女Nさん。

びっくりされましたか。やったぜ。ようやく、そうなんだ、出来た~、となって、マジ、嬉しさに当分、じいいいいいんとなっていました。

今は何とかできるようになったことをしてます、そのうち(ホントに)サイズなどに関心行くようになったら、ぜひ、よろしく、と、予約しておきま~す、笑。



・かぼちゃ さん。

あの手紙。私の中では?????モノでした。でも初めは、なんと行き届いた、と、ヤラレてた一人でした。

これについて書きたく、調べたりしました、数日のうちには、あの偽善者さんについて、書かせてもらうつもりです!。

眞子さまは(お子さま方は)、紀子妃殿下が丹精込めてお育てになったお嬢さま。こうごうさんとの間に「ばあば」という言葉が交わされている(いた)とは、考えられないのです。

一緒に怒って下さいね!。

2016/03/30 (Wed) 20:30 | EDIT | REPLY |   

KUON  

No title

・美絵里さん。

今日のわんこ・・・

今日の愛子・・・

ささっとかっこよく、切り返しができません、悔しいよ~。

美智子さんは「戦争の話をした」愛子さんと、ツーショットで、しゃなりしゃなりと出て来る気は、無いか・・どのお孫さんといても、中心は自分、の人。いっそ見事なまでの「自分大好き」さん。

愛子さんは、どこでどうしているか、気にならないのですか、慈愛の皇后陛下は。

・・こんな事しか書けない・・・しゅん。


・まりりん さん。

本当は、もう、多くの誰かさんたちが知っていること。と、思います。気になっても黙っているしか無いお方は、大変だろうと。

犯罪ですよね。重罪と思います。愛子さんどうしているかと思う。同じ学年の孫息子と、わたし、暮らしているのです・・・。

手紙の「白ける話」また書きます、よろしく!。

2016/03/30 (Wed) 20:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment