KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 実話ぢゃないのよ実は。
  2. tb: 0
  3. cm: 9
  4. [ edit ]

ざつこちゃんの けっしん。(再)。

美智子さんの、つまりこれが「お役目」だったのでしょうか。

その役目の一つ。皇室をひっちゃかめっちゃかにし、天皇の権威をずんどこまで貶め、東宮のことエトセテラ、とにかく、まともな日本人の気持ちを、神経を、剣山みたいなギザギザでもって、ぎぎぎぎぎと引っ掻いて耐え難くし、酸素不足の金魚のごとく、濁ってしまった水面であっぷあっぷさせる。

この国は、水、清らにして、人、穢れを厭う。そんな国であるはずなのに。

何にも書けないので、二年前に書き散らしたものを引っ張り出して来ました。

あの頃は、純粋にまさこを(だけを)イヤガッテいたワタシだったものよ、と、ふと感傷的に(なんかなりません!)。




 「ざつこちゃんのけっしん。そのⅠ」

   イメージ短歌  「御所で取るデリバリーピザ弱点はやはりチーズが冷めてることね」

                                   作・何茶手くおん


ざつこちゃんのお口は、たべるためにあります。いま50さいですが、5さいのころからそうでした。

ざつこちゃんのかこを、あさ~く、ふりかえってみましょう。


おかあさんは、あまり、おりょうりをしません。ようちえんへ行くようになっておどろいたのですが、おともだちのおかあさんは、あさごはんもばんのごはんも、じぶんでおつくりになるそうなのです。ごはんやおみおつけや、おにくやさかな、おやさいとか、いろいろ、おりょうりして、おさらや小ばちによそって、かぞくがみなで、せきにおつきになります。そう、言っているこがいて、びっくりしました。

そして、いただきます、とか言って、いっしょにおしょくじということをするそうなのです。

ほんとうにおどろきました。ざつこちゃんのおうちでは、おかあさんはおかずをつくりません。マーケットへいって、コロッケややいたサケや、じゃがいものサラダなどをかってこられて、しょくたくにならべます。それで、おなかのすいた人はたべます。おとうさんがぐずぐずしていたら、あとでたべたいということです。おかあさんはそう言って、ほうっておいてさっさとかじをなさいます。

かじって、たいへんなのだそうです。

いえには、かじばかりするやくめの人がいたのですが、なんにんもいたのですが、すぐに出ていってしまいます。がまんがたりないのだと、ざつこちゃんはおもいます。やとってあげたのに、おんしらずだとおもいます。おばあちゃんが、そう、おっしゃっていました。

しょみんなんて、おんしらずばっかり。ちょっときにしてやったらすぐ、つけあがってくる。もんく言うしかしらないんだよ。おじいちゃんがそれで、おしごとで、どんなくるしいおもいをなさったか、と、おばあちゃんは、しょみんがみんな、だいきらいなのだそうです。あつかましくてかんしゃをしらない。人のこういはあたりまえで、もっともっととせびりにくるんですって。

いやなもののきがするわ、しょみんって。ざつこちゃんはおもいました。

「ねえ、ざつこは、しょみんじゃないの?」

ある日、ざつこちゃんはおばあちゃんに、たずねてみました。そうですとも、と、おばあちゃんはおっしゃいました。

「あなたのおとうさんは、きっと、もっと、しゅっせする。えらくなります。それをみこんで、ほんとはとうだいでてるだけでは足りないものだらけだったんだけど、大ばくちするきでね。

かんぺきにしつけもきょういくもほどこして、だれにみせてもはずかしくないむすめにそだてた、ざつこのおかあさんと、けっこんさせたのですもの。ざつこはいつか、よそのだれよりりっぱなおかねもちとけっこんするの。なみのもんじゃないわ。おひめさまかおうじょさまみたいなけっこんをするのよ。だからね」

おとうさんのおっしゃることを、いつでもきいて、おかあさんがこれがいい、ということを、そのままきいて、なにもかんがえないことよ。よけいなちえがまわると、よくないことになります。がっこうもおしごともけっこんも、おやのいうこときいてたらまちがいはない。」

そのときおばあちゃんは、ばかでもたりなくても、そうしていたらウマくゆく、とか、ざつこちゃんにはわからないことを、もごもごとおっしゃったのでしたが、ふりむいてもどったら、すぐにわすれてしまいました。

あ。そうでした。しょくじのはなしでした。

ざつこちゃんにはふたごのいもうとがいるんです。いもうとたちは、いすにすわらせてほうっておくと、いすからころげたりして、おとうさまがそういう、おちるような子を拾ってあげるのがじぶんにはふさわしくないざつようなので、おきらいなので、ゆかの上でたべさせます。しんぶんしをしいて、そこでたべます。

ゆかにおいて、たべものをまえにおいてやると、手でつまんでたべます。

だらだらこぼれたりしますが、あとで、しんぶんしのはしっこで口をふいて、そのままこぼれたものもあつめて、すててしまいます。ごうりてきなやりかた、なのだそうです。

おとうさんは、おさしみをめしあがるときに、かってきたおさしみの入っている竹でつくったおさらにおしょうゆをおかけになるので、テーブルにおしょうゆがしみ出てきたりすると、おかあさんは、チッとしたをならして、てのひらでザッとふいて、手をあらってきて、もうこぼさないで、とかおっしゃいます。おとうさんは「ん」と言います。

たべものを、おさらや小ばちに入れるなんて、あとで、おさらをあらわなくてはならないではありませんか。

ざつこちゃんは、そんなの、ふごうりだし、よそのおうちはおかしいことをするのね、と、おもいました。

ざつこちゃんのおとうさんは、だれよりえらいので、おちゅうげんやおせいぼも、たくさんとどきました。

そういうものは、ごはんのおかずになりました。ハムをぶあつく切って、がぶんがぶんとかぶりつくと、ほかのものなんかたべなくても、おなかがふくれました。ざつこちゃんは、おしたしやおいものたいたのなんか、きらいでした。おとうさんだけはそういうものを、おかあさんがかってきておいておくと、うれしそうにたべていました。おかあさんは、じぶんもかってきた天ぷらやカツがすきなのでたべながら、おとうさんはとかいのヒトじゃないから、と、ふふん、と言っていました。

ざつこちゃんはほんとうは、おかあさんよりおとうさんが、すこしだけたくさんすきなきがしていたのですが、おいもをたべているおとうさんは、すいてあげるわけには行かないわ、と、おもっていました。わたしは、おおきくなったらおうじょさまで、おうじょさまは、ロースハムを丸かじりしてもかっこつくとおもうけど、おいもはね、と、そういうかんがえでした。

いただきもので、いらないものは、がいしょう、とかいうおとこの人や、いつもおさけをはこんでくるおにいさんなどが、もっていったりおかねをはらったりしていました。ざつこちゃんは、いらないものは、だれかに言えば、おかねにかえてくれるのね、と、ひとつ、まなんだきになっていたりしました。

がいこくでもくらしました。がいこくでは、がいこくのかじをするヒトをやとって、くらしていました。

おうちへおきゃくさんが来られることもありました。

その時は、メイドがたくさんつくったりょうりを、おとうさんは、じまんしてわらっていました。

「かないはなにもできないが、はたらいたこともない、おきがるおくさんだが、りょうりだけはましなものをくわせるんだよ、はっはっはっ」

ざつこちゃんは、きげんのいいおとうさんと、まあそんな、とか言って、うっしっしとわらっているおかあさんを、みて、ヒトがいるときにはこうして、なかよしみたいにするのね、と、おぼえて行きました。おかあさんは、人がいるときだけ、おとうさんと、とってもなかよしにしていたのでした。

ざつこちゃんは、いらないことをしなくていいと言われていたので、だれかにあっても、こんにちは、とかこんばんは、とか、言わないでいました。じつはみんな、おとうさまの「ぶか」だとしっていたので、おじぎもしませんでした。

ぶかにおじぎをするのは、むだなことで、ごうりてきでなくかしこくっもないと、すでにわかりかけていました。

おとながわははと笑っているまに、たべたいものはつまんでたべていました。

ふたごのいもうとたちも、よろよろあるきながら、つまさきで立ったりして、てーぶるにあるものに手をのばしていました。さわったものをつかんで、いもうとたちはたべていました。

おきゃくさんたちは、あまり、おたべになりませんでした。

かえったあとで、りょうしんが、めずらしくいっしょに、たべたりのんだりしているのをみて、ざつこちゃんは、けっしんしていました。

わたしも、おとうさんやおかあさんのように、なんだかよくわからないけど、こうやってくらすヒトになろう。

そう、けっしんしていたのでした。

                                 続く。・・・のか?


(おとうさん、とかおとうさま、とか、敬語的表現の混乱及び混在は、表現の真実性を具現せんとの目論見が・・・つまり、わざとです)。でへ。


<

(動画はあくまでイメージです)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お返事は、後にゆっくりと・・・。
スポンサーサイト


  1. 2016.03.18 (金) 16:27
  2. URL
  3. あさき
  4. [ edit ]

動物園?

KUON様、

動物園のようなご家庭ですね、ザツコさんちって。
あるいは、893の家庭?

同じ公務員でも、勘違い公務員って、こうなんですよね。
特に、国家公務員に多いんです。
人は、自分の肩書きに頭を下げているだけで、陰では笑われているのに気づいてない。

その証拠に、退職した途端、だあれも寄り付かなくなるんです。
まだ、自分が偉いつもりになっているから、部下たちの所へ押し掛けて行く。
でも、敬遠されて終わり。
それが分かっているから、いつまでもしゃしゃり出てきては引っ掻き回そうとする。

ミテコさんならぬ、ミテオさんです。

ジジンと言われて笑われているヒサシさんが、正にそうです。

自分の娘達に、まともな食事マナーも教えられず、床で食べ、イヌがエサを食べるような体たらく。
イヌ食い、とは、このことです。

椅子から滑り落ちて座っていられないなんて、幼稚園児でもおかしいと思います。

バカでも、カネと腕力で何とかなる、とでも教育したんでしょうか。
  1. 2016.03.18 (金) 17:39
  2. URL
  3. トランプマンは誰?
  4. [ edit ]

あれ?あの家にはお手伝いさんはいなかった
双子じゃなくて、太った弟じゃなかったっけ?
おかしいなぁ…。おかしいなぁ…。
そうか!実話じゃないんだもんね!
  1. 2016.03.18 (金) 17:43
  2. URL
  3. まりりん
  4. [ edit ]

No title

KUON様

さすがです。
抱腹絶倒です。特にお刺身のところ・・・
さもありなん。

こんな家庭と容易に想像できるところが、なんともかんとも・・・

御妃に内定して、私たちの前に出て来た時、精一杯、お上品ぶっておいででしたけどねwwww
  1. 2016.03.18 (金) 19:03
  2. URL
  3. まなマナ
  4. [ edit ]

ほんとうに雑

こんにちは!

私は某皇太子妃と同じ名前です。

母が「優雅で優しい子になってほしい」と思ってつけたと何度も聞かせてくれました。
とある女性が皇太子妃に決まったときは
同じ名前だとよく言われましたが、今では
「詐病でさぼってるくせに、ぶくぶく太って目立つとこだけ出てきて税金を湯水のように無駄遣いする使えない女」の代名詞みたいになっちゃってとても迷惑しています。
今は自己紹介しても「あの人と同じ名前ね♪」と言う人は一人もいません(笑)

雑子ってぴったりです。邪子も字が雰囲気似てます^^

ザツコさんの幼少時の写真に、ゲロみたいな離乳食を口の周りにべったりつけた双子の写真ありますよね。普通のお母さんは子供の口の周りがかぶれるといけないと、口の周りに付いた食べ物はマメに拭いてあげますよね・・普通はね。

ザツコさんの今は育ちがそのまま表れてるんでしょうね。こんな酷い皇室をリアルタイムで見るなんて。でもわたしはあきらめていません。裁きは神が下すのです。
  1. 2016.03.19 (土) 11:29
  2. URL
  3. 詠み人知らず
  4. [ edit ]

はじめまして。

BBさん、でれでれ草さんのサイトから、こちらのブログを、拝見させていただくようになりました。
更新を楽しみにさせていただいております。

ブログに書かれている言葉の優しさ、美しさ、柔らかな関西のことば(関東人の私には、もう憧れ)。
絶妙な体言止め。
アイロニー。怒り。そして昨日のかなしみの色。
心の沁みる言葉達。
たくさんたくさんいただいております。

優雅礼節の真逆を行く外戚。
冗談を通り越して、ひどく悪趣味。
努力しても得られない天性の要素が、足りないものだから、せめて名前にしたのだろうか・・・品性の欠片もないあの家族。
底辺からの成りあがり、叩き上げの下品さ。なんと形容してよいやら。
卑しさだけの家族。不快感。

東宮御所から、もう一歩たりとも、外へ出ないでと申し上げたい。
そうすれば、柔和な国民は、見逃してくれるのに、その辺、理解できないようです。
  1. 2016.03.19 (土) 20:03
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

No title

・あさき さん

動物園、いいえちゃいます。きっぱり。

動物は嘘つかない、余分に求めない、媚びない、何より、可愛い。ニシキヘビだって見とれてしまいます、わたし昆虫類は・・ですが、動物園や水族館大好きです(笑)。人間のくせにあんな動物は、他にいません(笑)。

知られたジョークで、どこか外国の動物園で、最悪最凶の動物の檻、中には鏡が一枚、ってありましたが。

自分の作っている家庭がわかっていれば、あの長女さんを、皇室でなくても、どこかへ嫁がせるなんて、でけはんはずやと思う。でも出来たのね、やってのけたのね、準皇族なんて名乗れる神経で。

小津映画なんかには絶対出てこないタイプの人ですね。国民は、大変めいわくです。ものすっごく迷惑。


お返事の続きは、30分後からです、よろしくお願いします。
  1. 2016.03.19 (土) 21:23
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

No title

・トランプマンは誰? さん。

あなたが「デブ」と言っておられるのは、どこかの誰それみたいに・・国民の税金を不出来な姉のポケットマネーと勘違いしてイタリアンなんか喰らって恥じない、あの下品な皇族の、一般人の身内のごとき下賤でない、一円だってそんな余禄にあずかりたくない、だからあれこれ言われる必要も無い、慎ましい一般の方、の、ことですかしら。

「実話じゃない」カテゴリー、よく見つけられましたね。ありがとうございますと言いたい感じもあります。

実話じゃない実話もあるし、飾りじゃない涙も、ありますのよ。ユ・ノウ?(笑)。


・まりりん さん。

そう。精いっぱい気取ってましたね、子も親も。私、初めて[雅子さんって変なのよ」と聞いたのは、作らせて引き取らなかったとかの「金箔貼りの箪笥」のエピです。まさに、思えばオワダテイスト、日本人の感性では無い。

何もかも、ゆかしい、なんて言葉には200億光年くらい遠いですね。


・まなマナさん。

そうなんですね。迷惑・・でも私、あの人はキライと言うより違う思い方で分けていますが、それをのけても・

雅子さん、雅、という文字、好きですよ。知人にもおられます。とても美意識の冴えた素敵な女性です。あのアレは、例外ですよ。

あのゲロ吐きみたいな写真。まみれている妹たちの横で、指さしているまさこさん。

あの右手の指、六本あるんですよね。あんな写真を、わざわざ出して来る気が(も)知れませんね。

素敵なお名前、大切になさって下さいね。


・詠みヒト知らずさん。

おいで下さりありがとうございます。

日本語が好きなのです。日本語のよってたつものである、日本も大好きです。

美智子さんの言葉も、まさこの言葉も、日本の大地に根差した人のものと思えないのは判り切ったことですが、何というか、

浅い。恥ずかしく浅いと考えています。

>叩き上げの下品さ。
>なんと形容してよいやら。

実感ですが、このようなことを、ほかならぬあの方向に対して思わなければならないとは。

何度も思うことですが、思いに言葉がついて来てくれません。今後もお読み下さると嬉しいです。


  1. 2016.03.20 (日) 12:49
  2. URL
  3. ほらっちょ・ウナ
  4. [ edit ]

ご無礼仕ります、ご容赦を・・・

お早うございます
箸ずかいは習ったわけではありません
ただ親を真似ただけであります
お刺身は美味しくいただくには
小皿が何枚か必要であります
朝鮮部落の我が家には
山葵とおろし
生姜と葫の小皿しかありませんでした

婆はおばいけ(さらしクジラ)を
からし味噌で
爺いは白菜漬けに味の素をたっぷりと
其々のお皿に思い通りに・・・

わたくしは893ではありませんが
ちんぴら牛蒡はとりわけます
(オラはチンピラでしゅ・・あはは!)
七味を塗すからであります

お師匠様に於かれましては
お怒りと安寧のバランスが窺がえます
あはは
いつか
一杯(おっ●いではありません)
やれたら
どんなに素敵でしょう歌

ご無礼御免!。でしゅ。
あはは。
  1. 2016.03.20 (日) 21:56
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

No title

・ほらっちょ・ウナさん。

なつかしいです、オバイケ。さらしクジラ。はじめ「おばけ」だと覚えていました(笑)。大人になった今は大好きです、酢味噌でね。

昔はクジラをよく食べました。給食のタツタ揚げ、硬くて、でもカタマリの肉で、美味しかったです。偏食の子ではなかったです。愛知県の知多の海辺で、クジラの刺身も食べました、まさか知多半島でクジラが?謎ですわ。(笑)。水菜と炊いたり。今は仕方ないので、お揚げさんと炊きあわせます。関西へ来てから、関東だきと称する「おでん」で、クジラのコロ、も食べました。最近見かけませんが。牛は食っていいがクジラはダメって。どうよ。

小皿の話でしたね、失礼。おてっしょはけっこう持っています、見かけるとつい、一枚、二枚、買ってしまいます。小皿は揃いでなくても、好きなの使って、で、楽しいと思います。あの一家はきっと、パックのまま卓上に出すの平気だよね、と思って、書きました。雑な暮らしだろうと想像します。あのお嬢ちゃんは、体の都合でもあるのでしょうしワアワア言うのはどうかと思いますが、健常設定なので言います、全くお箸が使えないので、人と一緒に食事ができないと・・あれこれ、あるんですね・・。他の級友にも、箸を使わないようさせたとか。親が。

私がお酒が飲めて、酒席を楽しめる明るいタイプなら、人さまと盃を傾けるのも面白いでしょうね。飲みたい意志はありつつ、あっという間にアルカリ性、壊れそうに拍動数の激増する、真正のS、いや、下戸、のようで、ございます。

ぜんぜんご無礼でないので、したがって、容赦も(必要ないから)してさしあげませんよ~(笑)。




 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・