今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

さびしさに色があるならば


        ジャムのかなしみ  終章  (再)


地球に似たる、おきゅう星

その東なる のっぽん国

春には花が咲きまして

夏には海が黒くなる  青すぎて海 黒くなる

秋には思いが深まりて

冬には

言葉が重くなる


かつて姫でもあったげの

バイコがおうちと呼んでいる

ただただ広いその場所の 屋根にも花が降っている 

さらんはらりと 降っている

バイコは窓辺に一人いる

なすこと無くて ひとりです

誰かが髪を編んでくれ

誰かがパンを焼いてくれ

パンを食べたら また一人

バイコは一人がイヤじゃない

部屋でひとりは イヤじゃない

遠いむかしか通ってた 学校というあのところ

みんながわいわい言っていた みんなははしゃいで弾んでた 

あの箱のなかで ひとりいた

そんなひとりは イヤでした


行けなくなった学校もあった気がする  あったかな



パパとか呼んでいた人と

確かわたしのママらしい

あの人たちが連れに来て

どこかへ行くからさあおいで

腕をつかんで引き出され

とちゅうでだれかと変わったな

連れて行かれて手を振って

眠っていると つきました

降りて 歩いて ここへ来た

そこで一人でいることは

なんだかイヤな気もあった


知らないひともおりました

みんな薄目で見てました

バイコのことを薄い目で



自分のお部屋に一人いて

窓の外には花吹雪

あの樹は桜と知っている

いつか優しいあの方が

バイコに教えて下さった

しゃぼんの匂いの方でした あそこの子たちもいい匂い



バイコの好きなあのおうち

なかなか行けないおうちです

あれから行けなくなりました

どうして行くかは知っている 車があれば行けるかな

けれど行けないお家です



花が散ります 散っています

音が何もありません

しーんと静かなおうちです

座っていると ずるずると

引きこまれて行く 気がします

いつか眺めた 海の本

海はとっても広くって

信じられない深さだと

いっそ くたくたくずおれて

海の底へも行ってみたい

人魚の姫もそこにいて

せつなく泡になったとか



一人で行ってもいいのなら

あの青かった海の底

見に行きたいと思います

でも行けないと知ってます

バイコはひとり 窓の辺で

ぼんやりと花を見ています。

風が強く吹くときは

花がヴワっと舞い上がる

舞い上がってはまた戻る

バイコはそれを見ています


何と静かないえの中。

皆はどこへ行ったのか

バイコは何もわからない

私でないひと だれなのか


バイコは何も見ていない  覚えていない  泣きもしない

ずっとこのままいるのかなずっとこのままいるのでしょ


夕暮れいろが降りて来て

カーテンを閉じて目を閉じて

ふたたび朝が訪れて  そうしてやはり

誰もいない。

いつからここにいるのやら

いつまでここにいるのやら

わからないまま 思わない


きょうもバイコは一人です

明日もきっと そうだろう

一人でないってどんなこと

そんなことさえ わからない


バイコの窓に花が降る

いつ止むとなく花が降る

静かに花の降りしきる

のっぽん国の午後のこと


さびしさに色があるならば

花びら色と思う午後



スポンサーサイト

コメント

かなしくて、さみしくて。
大好きな、あのお姉さまのいる
おうちに、連れて行ってあげたい。

コメントが吹っ飛んじゃいまして。

KUONさまこんばんは。

今日の「ジャムのかなしみ」、美しくて悲しくて、ほろほろしちゃいました。

で、色々書き込んでいざ送信しようとしたら、マウスを取り落として、コメントが吹っ飛びました(泣)。

なので要点だけを。
人として生まれてきても、人の心を持たぬものも、おりますね。
親になっても、自動的に親らしく振舞えるわけでもない。

あれらは、私たち日本の民の心の拠り所 を踏みにじっています。
悔しいのと情けないのと。

真剣に神様に祈ることに決めました。
醜いものをてっぺんにいつまでも置いておかないでくださいと。

私の祈り。結構効くらしいですから。
真剣に祈ります。
春日大社のタケミカズチノミコト。
貴船神社のタカオカミノカミ。
青蓮院の青不動さま。
再びお参り、絶対行きます。


No title

涙が止まりません。
一体誰がかの内親王の気持ちをこのように思いやってあげたのか。
両親すらありのままの娘をついに受け入れることなく、「ワタシ以外の沢山のワタシ」を作り連れ回している。
私も皇室にごゆっくりさんがいても良いと何度もあらゆる所で書いてきました。隠すのが良くないのです。
人格否定を否定されて辛いという母親が娘の人格や人権すら否定しています。
「シャボンの香りのする優しいお姉様。
あの家のみんなはワタシを丸ごと受け入れて、腕をひっぱってやりたくないことをさせない。ひだまりのようなあの家に行きたいな。
でも、ワタシはひとり、ひとりのワタシに花が舞い積もる。」
まるで散華のようですね。
海の底に沈みゆく姫に神々が花びらを贈っているようにも感じます。
こんなシナリオになるなら、小さい姫を私でよければ優しさで育てたかったです。
療育もちゃんとして、出来ることを増やしてあげたかった。
悲しみと怒りでいっぱいです。

No title

おじい様もおばあ様も無関心。

心配してくれるのは、叔父様一家だけ・・・
でも、叔父様はどうする事も出来ない。

本当にどう過ごされているのでしょうか。
お気の毒に・・・

泣きました

KUON様、

私も、泣きました。
何を特別なことをしてあげなくたっていい。
当たり前に、ありのまま育てて、できることを増やしてあげて。
何しなくてもいいから、一緒に、日々、泣いたり笑ったり。
それが必要なんです。

大人の自己満足に、ブランド品あてがわれたって、それではペットと同じ。
それとも、着せ替え人形?

お堀の中の内廷皇族が、誰もバイコさんのことを考えてない。

叔父様、叔母様、御従姉様、従弟様だけが気にかけてくださり、優しい。

でも、バイコさんを守れない。

私も、もし私でいいなら、バイコさんのお世話をしてあげたい。

贅沢も、特別なことも、何もできないけど、普通に、一緒に暮らしていくことはできますから。

自分が母親になって、息子が大きくなっていく今、前にも増して応えます。

No title

・美絵理さん。

わがままでどうしようもないと、愛子さんに着いて聞くこともあるのですが。

育てられ方の問題が大きいと思いますし、父母が愚かなら他に、いきたでも人材はあるだろうと考えますが、母方の祖父母、父方のそのあたりも。

本気が無いのが、異様に思えてなりませんでした。

これは、もう2年ほども前に書いたものです。まだ知らないことは多かったけど、愛子さんと言う一人の女の子の孤独を、痛いほど感じていました。まさにこうなって行くのかと。

同学年の孫息子がいる身には、あの人たちの神経構造が理解できません。

紀子さまの大きな優しさが、と、ここまで書いても、涙が出てしまうのです。トシのせいばかりでない・・・。


・laviniaさん。

吹っ飛んじゃうと悲しいですね。私にも、よく、あります。指がどこへ触ったか、パソコンの向こうの誰かに意地悪されたか(被害妄想(笑)。一瞬にして・・がっでむ。

今日はお彼岸の墓参、早めに行ってきまして、春日さんへお参りして来ました。

ヒミツですが、けっこう過激なお願い・・呪詛ってなもんですかね、すでに・・・神さまには申し訳ないですが、吹きかけさせていただいて来ました。


・花橘さん。

ありがとうございます、分かって下さって。

2年ほど前に書いたのですが、今も思いは同じ、もっと強くなっています、具体的に現実になって来ている「おそろしさ」「おぞましさ」を、見せつけられていますから。

親を亡くしての一人は、確かに辛いです。でも、親がいて祖父母もいて両方いて、ひとかけらの愛もむけてもらえない。オワダの親は人では無いので置いておくことにして、陛下はおそらく自分の意志を示すことはおできになれない、問題は、美智子さんが、孫娘と戦争の話を、云々と、しゃあしゃあと発言してること。どの愛子さんと話したのか。

目に見える罪に問われることは、もしや無くても、あの人たちが実行したことは、並の罪でないと思います。

ナルヒトまさこは既に、平気ではいない気はしますが。娘さんに対してより、自分にかかってくる何かの恐怖を感じている気はするのですが。愛子さんの気持ちなど、まともに考えた事なんか無い。はっきり思います。

本来、皇統には全く関係の無いお子さん。言うまでもない。何を血迷って、この体たらくでしょうか。お習字を次々に仕上げていた場面の愛子さん、私は、字を書くことに集中できるなら、存分に書かせて差し上げたらいいのにと、呑気に考えていたのですが。あの「愛子さん」も。

違う愛子さんなのですね。

言葉が思いに追いつかないのです。ただ、ただ、虚しく悲しいです。


・まりりん さん。

酷いことですね。

両陛下でも東宮家に何か言えないとか。まことしやかに言いくるめて来ていましたね。

ふざけるな。

本気で、そこにいてはダメだ、と思えば。よくないと判じれば、乗り込んで行って、お孫さん、連れて来ますよ。理由や理屈をあとでくっつけるの、お得意なはずです、美智子さん。静観していたのでなく、わかっていて放置していたんですね。むごいですね。あれもこれも解って来て思えば、どれだけ人間を無茶に扱う人たちなのでしょう。

思いに、言葉が付いて来てくれません。

紀子さまはお顔に表さないお方ですが、心中は、など、不遜ながら想います。何を言うこともすることも、おできにならないので。


・あさき さん。

絵画を観に来たナルさんは、10年だか20年だか前の肩の崩れたスーツ着て、一人で来たかったのでしょうね。

まさこと愛子さんは、ドタ出。まさこは、去年、ナルさんとの縁談のあった美術館長さんに案内を受けた時のような目をして、ナルさんをねめつけていました。

あんただけ気楽にさせるものか。逃げられないわよ。そんな目?。

日替わりでお嬢さんを取り換えて出て来ていますが、こういう関係って、びびって降りたくなった人間は、ドーカツされるパターンですよね。

弱み中の弱みですね、頭蓋骨の横幅の足りない愛子さん、なんてのは。

どうするんだろ。愛子さんを、どこでどうしているんだろ。

映画が好きで、早くから外国の映画も見始めて、

「ガイジンの顔なんかみんな同じに見える」と言う人が、不思議でした。近所の子でも、違うよなあ、双子だって違うよなあと、黙っていたが思ってた。

愛子さん、違うんです。出て来ていないお子さんは、淋しくないだろうか、恐ろしい思いをしていないだろうか。理屈でないあとこで、思うと、辛いんです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2880-69b4f5f4

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (360)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (131)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (61)
今の思い (231)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (87)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (68)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (14)
美しいこと (28)
厚かましい話 (56)
おそろしいこと。 (52)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (25)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (10)
みんなのうた (6)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

  けふまでの日はけふ捨てて初桜

            千代女



やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

  けふまでの日はけふ捨てて初桜

            千代女



やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん