Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE

すたすた。



天皇陛下はインフルエンザがお治りで、宮内庁の発表によれば、通常の生活にお戻りになられたとのこと。

よかったです。はやいこと快癒されたのですね。もっとゆっくりなさって頂きたいです。

美智子さんは、日本橋三越の、知的な障害をお持ちの皆さまの工芸品展にお出かけになり、あれこれご覧になり、悠仁さまや愛子さんにTシャツをお買い求めになり(こう報じられるのは珍しいと思いました)、並んで待つ皆さんに手を触れたりされて

「いい買い物ができました」

と挨拶されたとのことです。



動画を見ると、お一人ですたすたとけっこうな速足でお歩みです。杖無しで。

普段着みたいな、ずぼん姿はどうよ?と思う、以前に。

夫さまのご病気中は御所でじっとしておられたご様子でしたが、陛下が「通常の生活に戻られた」ので、もう、じっとしていられなくて、出て来たのね。

と。実感してしまったKUONでした。

動画で見ると、すてきな作品がたくさん、並んでいたようです。


    お返事は明日、ゆっくり・・・


スポンサーサイト

6 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/03/06 (Sun) 08:13 | EDIT | REPLY |   

ちりぬるを  

恥ずかしくて

そのような気持ちにはならないのでしょうか?このお方。
だって、言っていることと、なさってることに整合性がありません。
公の方なら国民全体に知られている
ので、恥ずかしいでしょうに。
ある日はお首が痛いからと必要欠くべからざるティアラを自分一人なさらず、ある日はお腰が、おみ足が、
あら、心臓が、声が出ない、
お心が疲れ……
とヘイカを杖代わり、お袖を引っ張り、片身を擦り寄せ、腕を組み、
ヨボヨボフラフラ覚束なさを演出してヘイカに手を取らせ。
ある日は、ヘイカを横に出し自分が
真ん中をズンズン歩き、赤い絨毯の
隅っこにヘイカを押し出し自分は
真ん中に位置確保。
これって日本女性が致します?
胸の痛みで検査ですと、大々的に報道させて、国民に心配させながら、何故かその後は、テニス、ある日は公開講座に出張ってピアノ演奏。
ちょっと、恥ずかしくありません?
祖父母や両親から女性としての嗜みが伝わっていないのでしょうか?
少なくとも、元は日本上場企業のご令嬢ではございませんか?
あなたの為さることは、ご両親のお顔を潰したり、お上げになることですよ。
よわい80も過ぎた方なのに。
こうして言う国民の声も雑音だと
マタコタマに仰ったとか。
晩秋を汚しましたね。
kuonさま、やはりどうしても理解不能でございます。
因みに、私はこの方より年下です。

2016/03/06 (Sun) 09:32 | EDIT | REPLY |   

ちりぬるを  

すいません

訂正させていただきます。
晩節が晩秋になってしまいました。

2016/03/06 (Sun) 09:37 | EDIT | REPLY |   

KUON  

No title

・ちりぬるを さん。

>祖父母や両親から女性としての嗜みが
>伝わっていないのでしょうか?

伝わっていないと思われます。

私は早くに親の手を離れて、結果的にまともな躾も受けておらず(自分の責任です、反抗していたから)自分でよくわかる野育ちの人間で、随分それで恥ずかしい思いをしました。周囲にも迷惑をかけたとも今では申しわけなく思っています。ただ、恥の思いは、持っていたのが救いでしたか。(笑)。

最近では特に、隠す役割を果たしていた何かが取っ払われて、ひどいおんありさまが、全開になって来た様相ですね。

毎年のピアノ演奏公開も、おかしなこと。

王侯族は、そういったことを受け身で楽しむのが本来で。自分で披露する者ではない。音楽をしたければ、裏千家のご長男のように、立場を離れて「詩人・ミュージシャン」を名乗って生きられるが潔いかと思われます。何をされても品が無いなあと、エラそうな感慨だと自らを嗤いながら、こうごうさまを、横目で眺めてしまう次第です。マサコなどは言うに及ばず。

学ぶ条件も環境も全て、整っているのに。

恥なんか知らないですよ、あの方は。恥って、慎ましく善き日本人に備わっているもの。

そう、思っています。令嬢というのも、どうなのか・・感性が違うので、びっくりが多いです。(笑)。

いただいたコメントは、部分的に訂正などは不可能ですので、どうぞ、お気になさらないでと、それで。

気になさらないで下さいね!と、明るく。

2016/03/06 (Sun) 18:13 | EDIT | REPLY |   

lavinia  

長生きされそう。

KUONさまこんばんは。

動画を見せて頂きました。
すたすた歩いていらっしゃいますね。
81歳にしては頑健ではないでしょうか。

昨年のお誕生日の時の、運動着にも着替えられずにご夫婦でスロージョギングされている時も思いましたが、深刻な痛みなどは最近はないのではないでしょうか。
強い痛み止めを服用されてまで出る必要はないだろうお出ましでしょうし、お元気だと思います。
夫の父は、元気ではありますが、ここ二年ほどで身体の歪みが顕著になってきました。内腿が緩んでO脚がひどくなりましたし。
それに比べたら、「びっ」としていらっしゃる。

長生きされそうですよ。

2016/03/06 (Sun) 19:55 | EDIT | REPLY |   

KUON  

No title

・laviniaさん。

日によって痛みが軽かったり、それこそヨロヨロしたり、は、確かにあると思うのです。自然な生活の中で。

この方はでも、実際の痛みより、周囲の状況やご自分の気分で、ヨロヨロもスタスタもあると、大変強く思います。

杖が、日常的に要るか要らないかは、個人の気分の問題でないと思う・・・とにかく。

お正月に歌会始の儀に、陛下に手を引かれて登壇してた。パラオでヘリに乗る時も陛下の手を借りてた。都合のいい時はなんと、ジョギングまでしてしまう、テニスもやってる、この、わけのわからない人に、イライラします!。偽善者。ぶりっこ。くねくね。いーっ。

失礼しました。

2016/03/07 (Mon) 21:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment