今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

春をさまよふ


緋毛氈を撫でひろぐるに没頭し春宵の冷ゑを忘れてゐたり


浅春の壇上にいま並びます女雛男雛の頬にほふがに

 
純白のうなじ清けく燭に照る官女雛(ひひな)の切れ長の目(まみ)


ひとりづつ名など与へて添へてゆく五人囃子に太鼓を笛を


真向へば気圧(けお)さるるまで妖しかりうす闇の中に笑まふ雛(ひひな)の


はなやかに雛まつるもはらはらと胸の底(そこひ)に雪は降り積む




捨てられし雛(ひひな)のゆくへ想ひをり海底のごと無音の部屋に


先んじて男雛の没(い)りし波の間に口紅(べに)の褪せたる女雛ただよふ


闇深き夜の海面(うなも)に黒髪の乱れざんばらの雛ただよふ


遥かなり 春の宴も 美(うま)し夢も 暗き波間に雛ただよふ


たれか吾を呼びたる夢の続きかも 呼ぶ一人無きうつつ 醒めゐる


夜の海に雛消えゆく夢に覚め呷(あふ)るこの水のどに冷たき


膝の上に市松(いちま)人形を抱き上げすこし乱るる髪を撫でやる


泣き市松の冷たき頬を手に撫でて思ひは遠き春をさまよふ





スポンサーサイト

コメント

No title

・ヒミツのTさん。

ヒミツのコメントですがわたしはしつこいから、かな、お返事させていただきます。

>東宮支持です。
>東宮家の内親王殿下が愛子さんで、
>宮家の長男だけの悠仁くんが
>悠仁さまって、
>頭がおかしいと違うか。
>あなた。

誰を支持するのは自由、私の頭がおかしいとあなたが思うのも、おそらく、自由。

愛子さんと呼ぶ理由。

個人的な思いはありますが、

一番の理由は。

皇室のお子さんが通過する「着袴の儀」の際に、髪や装束のことでしきたり通りでないことがあったこと、も、ありますが、大切なのは着るもののことだけでなく。

その折りの、宮中での拝礼がなされなかったこと。私の感覚では、これが最も大きいです。

内親王と言うなら、それらしいようにして行かれなくては。と、普通に考えます。

悠仁親王殿下こそ、単に宮家の長男でなく、皇位継承順位三位の、れっきとした皇位継承者でいらっしゃいます。ご両親の両殿下が、きちんと道を踏んでいらせられます。

愛子さんは、東宮家の一人娘さんでいらっしゃるのは事実ですが、皇位には関係の無いお立場。お健やかに成長されて、いずれ降嫁されてお幸せに一般人の暮らしをなさることになると、本当にいいなあと、思っております。

KUON様
随分暖かくなってまいりました。
満開の梅が強く香っています。至福です。

KUON様の醸し出す雛の世界の妖しさにときめきを抑えきれません。
幼い頃に楽しみだった雛飾りの道具の一つ一つが思い起こされます。
桃の節句は女の子の夢の原点ですね。
それでも、どこかひんやりとした視線が少女達のはしゃぎようを見下ろしているような幻想が止まらず、年甲斐もなくワクワクしていますw

今回も堪能させて頂きありがとうございました。

No title

。ぶんこ さん。

子ども時代のわが家のお雛さまは、官女さんの指が欠けていたり、五人囃子のお道具にないモノがあったり。父が早く亡くなって、補充もされないままに、でも何とか春の空気を運んでいてくれました。

娘が二人ですので、毎年雛段をつくりました。けっこうツンとした京風の顔のお雛さんグループで、親しみを感じられず、あちらも私を、冷ややかに見ていた気が・・・とか書きだすと止まりません。

でも、ぼんぼりだけを灯した部屋の、あの何とも言えない感じには魅かれていました。落ち着く気もしました。ぼんぼりが小さい気がして、別に、皆に内緒で、大きくて骨組みのしっかりした雪洞を買っちゃった(笑)。当時は料理もへたくそで、義父母にひな祭りの食事をお出しするのに四苦八苦、今なら取り寄せで済ますかなあ。何でもあるのですよね、今は。

舅は、口のおごった人でしたが、うまいこと出来とる(愛知産の人でした)と、ニコニコ食べてくれました。姑さんは、とてもお料理自慢の方で、お出しするのに身がすくんだ、若き日の未熟なワタシ。

お雛祭り。いろんな思い出。孫娘には、とても小さな質のいい、二人きりが並んでいるお雛さまをプレゼントしました。毎年飾ります。旧の日まで、飾っておく(笑)。婚期遅れてもいいのです(笑)。

梅、こちらでも満開です。桃も。春は(春も)いいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2851-6f28d3b7

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (241)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (37)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (12)
くおんの万葉集 (6)
くおんの万葉集・番外もあり。 (1)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


しんしんと肺碧きまで海の旅

             篠原鳳作


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


しんしんと肺碧きまで海の旅

             篠原鳳作


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん