今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

荒唐無稽です。




両陛下が、フィリピン訪問の際に世話になった関係者の方々330人を集めてお茶会を催されたと。

日本国首相安倍総理大臣も、招かれてしまっておられたとのこと。お忙しいのにねと思いました。

美智子さんは黒い左胸に刺繍のあると見えるロングドレス、刺繍に被さるブローチもつけて、陛下の前に立って笑顔。

そりゃあまあ、義理や何やとおありなのだろうが。無事に帰って無事に済ませたのはわかっているのですから、いちいち新調のドレスおまといになって、茶会しなくてもいいんじゃん。330人って内容どんな方々なんだかな。

無駄なこと省いて、生きるお金の行方ってあるの、ご存じないか、自愛一途でいらして。

予算すべて使い切らなあかん、て、春の工事ラッシュの内幕みたいな皇室でなくてもいいんじゃん。少しは本気で「心をお寄せあそばせよ」。

派手なことお好きなのねミテコさま。とか、大変にがにがしく、ワヤワヤと取り巻かれて嬉しそうな、マダム然としたあのお方を、横目で眺めたKUONでした。



どうでもいい記事にも、やはり、毒舌吐きたくなったのです。

皇太子ご夫妻はやはり愛子さまをオランダにとお考えのようです。病気療養の初期にオランダを静養のため旅行され、 2014年10月に11年ぶりに雅子さまが出席された宮中晩餐会はオランダの国王夫妻を迎えるものでしたから、同国は大変縁が深い。
加えて、雅子さまの父である小和田恒さんは、国際司法裁判所判事の要職にあり、妻・優美子さんとともにオランダで暮らしています。 雅子さまにとっては、何かあったときでも小和田夫妻がいるということに、大いに安心して愛子さまを送り出せるのではないでしょうか」(前出・宮内庁関係者)

 愛子さまの短期留学が今夏に実現するのに、追い風となる前例もできた。
昨年11月、絢子さまは大学院の海外研修プログラムのため、スウェーデンへ8日間の私的旅行をされた。

「皇族方の私的な海外訪問は、これまで『閣議報告』が必要とされてきました。
しかしこのときは“皇族方の海外渡航が増加している”という理由から、報告が見送られたのです」(皇室記者)

 今年1月、眞子さまは大学院の学位証書を受け取るためにイギリスを訪問されたが、このときにも閣議報告は行われなかった。

「閣議報告を行わないというのは、平たくいうと宮内庁や外務省の書類作成や申し送りといった事務手続きが減るということ。
煩雑な事務処理を職員に強いることがなくなるため、皇族方の心情としても、海外訪問へのハードルが下がることにつながると思います。 すべての私的訪問で、閣議報告がなくなるかといえばケースバイケースですが、こと短い訪問では今後報告は行われない流れになるでしょう。 愛子さまのオランダ留学実現へのシナリオも完成しつつあると思います」(前出・宮内庁関係者)

 この夏、14才の愛子さまが、大きな転機を迎えるかもしれない。

※女性セブン2016年3月10日号


ほんとうに、下らない。はじめの

>~とお考えのようです。

嘘でしょう。お考えにって。まともな脳みそありそうに見えないのに、そんなことだけ「お考えになる」か。誰が考えるんですか、なぜですか、何のためですか、問うてみたとてコダマは帰らぬわ。

とか、突っ込んで行くと虚しさつのるのみ、このごとき阿呆な夫婦を「はるの宮」と設定されているわれらが国民(のKUONは一人よ)のかなしみ(アホらしさ)増すばかりなる。

先日のナルヒト氏の会見の最後にこのことが語られて、いや、読み上げられていましたが、いつかは分からない、として、さすが断定は避けていた。断定しなかったが、さっそくこうして、記事になった。させたのか?。

思うことは沢山ありますが。

大きな疑問。

愛子さんが、皇太子の娘さんなのは事実で、それなら、なぜ、その内親王を、クーデターが起こって身の安全を確保しなくちゃならないのでもあるまいし。

御所に住み、親の膝元に育てられていて、専属の係も複数人いて予算もふんだんに注がれていて、かつ、聞くところによれば非常に優秀だという。

皇族のお約束の娯楽、テニスだって、おもうさまとプレイしていると報じられる。母親のスカートつかんでいないと何もできないお子さんでない証拠に、友達と、遊行施設に行って楽しく遊ぶことだっておできになる。

遊ぶ云々は一種の「家風」であらしゃりましょう、それはどうとして。

なんで、なぜ、内親王愛子さまを、オランダだかどこかにいる(と書いてある)、母親の、実家の、祖父母の手元に、預けなければならないか。

まさこさまとやらは、すべっても転んでも皇太子妃殿下・・・と日本人は思い込んでいる、しかし、多くの王室では、彼女は「皇太子のツマ」であって。妃殿下とは認定されない、ということですね。おまけに言えば皇后さんもそうなのだと。

始めは「まさか」でした。でも、ヒデンカとしては始めのお子さんを流産する前に強行訪問したベルギーの老舗のレストランの、訪問ゲストの名を示したプレートには、まさこさんは、日本のプリンスの妻であるにすぎない扱い。これは知っていた。これ間違いなのなら、どこかが黙っていませんでしょ。

海外のプレスも当たり前に知っていて、事実をキャプションにしています。

皇后さんは「みちこ しょうだ」。他いろいろ。

先日のフィリピンでの美智子さんへの扱いは、至極妥当なものだったのでした。


わたしKUONは、世界の王室大好きな子どもでした。そういう時代でもありました。ミッチーブームもあって。でも実は、イギリスの王室の話にドキドキしていたんです。

知識、自分なりに膨大だった気がします。王妃と呼ばれることの難しさは、なんでだろ???の疑問符付で、雑知識となって積み重なっていたのでした。

イランのファラ王妃が、お子さんを授からなくて王室を追われたことなども、読んでいました。

王、もしくは嗣子のツマが「妃」であるか「パートナー」であるかの線引きは、国にもよりますが厳しいものが現存するようです。「貴賤婚」・・これ本当は、私の感覚では、好きでない言葉です、が・・には、シビア。公人であるからには、シビアでないと守れないものがある。

結婚自体は許可されても、式に親が出られないような話はざらにある、チャーさんの愛するあの方は、愛していても「妻」のまま。納得ずくではあるでしょうが。

長々脱線しております。戻ります。


現・皇太子のツマの父親は、随分あれこれ読みましたが、言われるように、三代前すら不明な人物。その妻は、世界的な公害企業の、終生名誉会長だった男の娘。

そのこと自体の評価は今はおくとして。

感情論で言えば、あのまさこを育て、皇室に押し込んだヤカラのもとへなどとんでもない。大変なことになるのは明白。実際、あのひとたちが、外国にいるとしても。永住ではないでしょう。帰ってくる、いつかは、どこへ?。今いると言われる東宮御所へ?ン滞在する理由も権利もありません。食費、納めているんですか。まさか。

ご高齢ですし。いきなり走り出す孫を、つかまえさせるなんて、なんと雅子さん、親不幸な。内親王の親としては無責任な。

現実論で言えば、内親王を、なんで、一般人である家へ渡す。ここです。くるっているのか。


東宮家の内親王である愛子さん(そうですよね?)を、記事通りに言えば、その人たちに託すなど論外でしょう。

何をバカなことを、とびっくりします。

荒唐無稽。理解不能。馬鹿なこと。


私は愛子さんの存在の仕方に疑問を持ち続けています。

おかしな言い方ですが、ここで言われている愛子さま、が、どんな愛子さま、なのか、考え方はあるのでしょう。

どんな愛子さんでも、どの愛子さんでも、あり得ざるべき話です。

おそらく実行になどは移行しない話と思いつつ。



少し下がって考えて。

まことに、親御さんが、一人娘さんを、外国にいる母方の両親に頼って、託す。

というなら。

そういう話は、あって不思議ではない。親がどんな親かなど、とやかく言われることも無いでしょう。

でもその前に、そういうこともどんなことも、自分たちの思考や力や責任で以て、出来得る立場に。

一般の親が、子どもにそうさせるように、自然にできるような夫婦になってから、好きなようにして下さいよ、とは、言う。

今のままでは出来ないですよ。何をアホなことを。

皇太子でなくなり、まさこさま、でなくなってから、なさい。廃太子、廃妃、が、成ってから。

わかったか。

とか、言いたい。

スポンサーサイト

コメント

ありがとうございました。

kuonさまからお悔みを頂き、
恐縮に存じます。

と、記事にございますマダムミチコが、300人を招いてのミチコサロン
OO周年記念パーティーのようですね。
ヘイカの名の元にお集まりくださっている方々とのことを
考えもしていないのでしょう。
マダムミチコが主役?
この方、本当に皇族になれなかった
方ですね。
御所でのお暮らしが長いのにもかかわらず、備わっているものがなく
ただのセレブマダム気取を蔓延させているだけのようです。
次がハテナ状態なのも自分をよく見せる為には、うってつけの材だったのでしょうね。
人相、ファッション、所作仕草、
立ち居振る舞い、
(ちまちまこんす)(総理大臣をも睨む)
先日はヘイカが椅子に座られていらっしゃるのに、自分はひじを前のテーブルに当てて身を乗り出していましたね。
80過ぎのお婆様が公式のお席でする
所作に思えませんが。

大好きでしたオードリーヘップバーンの『ローマの休日』。
高貴なるが故に定められたものを、
次々と時間単位でこなしていかなければならない若き王女が、ほんの束の間の自由な日を送る。
然しそれは夢のような時間。
自分の世界である王女に戻り、身分を弁えた対応をして終わる。
だからこそ、観客はその王女の大切な時間に共感を覚え、王女としての
姿勢を崩さずに終わることに切なさを感じるのでは、と思います。
マダムミチコさんも、マタコヒも
ご覧になっている映画ではないかと
思いますが。
愛と死をみつめて、をご覧になり
眼帯をした写真を撮らせている位ですもの。
そうそう、ヘイカがインフルエンザ
A型に罹っていらっしゃるとか。
引き回し過ぎではございませんか?
シタリなのですかしら?

陛下

こんにちは、今日は関西も風が冷たく冷え込んでいますね。
美智子さんが陛下をあまり引っ張り出すので、インフルエンザに罹られたようですね。陛下には一日でもお元気で居ていただきたいと願っています。
愛子さんの留学は反対です、何のためのと思います。

インフルエンザ

天皇陛下がインフルエンザにかかったらしいですね。
明日の予定はわからない。とか。
馬鹿なんじゃないの?
インフルエンザに掛かったら、
陛下のお歳を考えたら、
一週間は静養でしょう。

フィリピンに行かせてもらったから、お茶会ですか。あれだけ派手にお金を使い、お礼にお茶会。。。ふーっ。
予算を使いきる。とは、うっかり者の私、思い付きませんでした。目から鱗バリバリ落ちました。
新しいお洋服を着て。たまには赤とか着て欲しいです。どうせ新調なさるなら。

愛子さんはお可哀想としか言えません。
親の愛に恵まれず、言葉の違う異国で何の教育でしょうか。
小和田の両親だって、いつ何があるか不思議じゃないお歳だし。まぁ。嫁に出した娘の産んだ娘に遠慮なく構うっていうのが理解出来ませんが。
影子とか言われてますが、それならば何故必要ないのに表に出したのか。と、問いたいですね。

もしかして

KUONさま、更新、ありがとうございます。

もしかして、オランダ行き、実はもう、「駄目」と言われたのではないでしょうか? 
それで、「閣議報告しないで行くことも出来るんだからね」と、実力行使をほのめかしている心算ではないかと?

No title

KUONさま、先日はお返事くださいましてありがとうございました。
家人が体調を崩して、看病の日々でした。
奈良は素敵なところがたくさんありそうですね。
法隆寺へはバスがでているのですね。さっそくメモメモ・・・。公園散策もよいですね。
短い日数ですが、春の奈良を満喫してまいります。おいしいケーキや和菓子も旅の楽しみです。

愛子さん、オランダにいって何をするのでしょう?
知人の息子さん(一人っ子)は少し難しい子で、どうにも親が面倒を見きれなくなり
小学校高学年で海外に留学させてしまいました。成人の頃、現地の学校を途中でほったらかして日本に帰ってきましたが、日本に適応するのにすごく苦労していました。ただでさえ普通に暮らすのが難しい子が、いざ海外に行ってうまく適応できるのか疑問です。
愛子さんは、やんごとなきお方、なのですから、一般人のじじばばのもとで暮らす理由などなく、日本で大切に正しい療育を受けられるべきですよね。

願望。

こんにちは。
今回も ごもっとも。とうなずいていました。

陛下のインフルエンザもパーティーにわざと患者を滑り込ませたのかと思った次第です。
心臓手術に癌を治療している身を鞭打たせている夫人。
貴賎結婚はすでに海外の貴族以上の方々はご存知で日本国民が知らなかっただけとのことです。
本来嫁ぐべきではなかった家の出ですからね。マサ子もそうです。

小和田にしてももうおわった。高齢で明日をも知れぬ命と精神病の娘たちと唯一、金を引き出すための孫娘にしがみついての空想と願望を書かせたのでしょう。
精神薄弱の婿に窃盗させ株で失敗した資金を出させてもまだまだ足りない。
最後の希望が孫娘を人質に取りたい願望なのでしょうね。
他人の娘かもしれないのに。もう笑い話を超えた精神病の空想です。

陛下の回復を願っています。

No title

・ちりぬるを さん

マダム美智子のサロン。まことそのように思われます。誰も何も言わない言えない。日本一ダルダルに甘やかされている老婦人です。天皇が叱責不可の方ですから。

狎れ合いの姿勢が強く感じられるのが、わたしには馴染めません。肘つきの姿勢は大昔からですね。昭和帝の時代から。先日の肘つきも、目つきも。もう「自らを省みる」なんてなさらないのですね。

それと。あの「みこ」さんのマネしての眼帯でしたか? びっくり。みこさんは、若いきれいなお顔の骨肉腫での眼帯だったのですが・・・。頸椎ギプスもあの時期だけ。熱しやすく冷めやすく、ミーハーな(そういうワタシって可愛い)の、美智子ちゃん。

王女である自覚のもとに、毅然として別れて行かれた、かの王女さま。凛然と。清らかに。美しく悲しく。饒舌な言葉なしで。

オードリーは、ナチスに迫害された男爵家の「おひいさん」でしたよね?。

陛下には不遜な言葉ですが、引き回されて、おいたわしい、と。陛下にはもう、奥方への拒絶は不可能と見ております。

No title

・彩さん。

今日は奈良もいいお天気でしたが、風がけっこう強くて、チューリップの鉢が転んでいて。大丈夫と思いますが。

陛下。

侍医もおいでで、ワクチンなども、と思いますが。何型が流行るか不明でも、体内にワクチン蓄積されているのでは、とも???。

いきなり症状が出るわけでない、今は、罹患してもどれだけかの時間以内なら、ひどくならないで済む薬もあります。ばっちり効きます(わが家では)。

なんで陛下お一人が、と、不思議ですよね。にこやかにしておられますが、ハードなんだと思います。もしや?のことは、ここではお口チャック。(笑)。

愛子さんは行かないと思います。行けない。出したいのでしょうけど。さすあのナルさんも、いささかは、腰引けているのでは。バカ言ってるんじゃなわ、と、言いたい。(笑)。


・カエルさん。

インフル疑惑については、彩さんへのお返事に書かせてもらいましたが。

陛下に対して思いやりが無いな~と思います。いろんな場面で。

陛下は、少なくとも積極的な意味の悪意も、邪心もお持ちでない。奥がオソロシイせいもあるかも?ですが、歯がゆいくらい「オクガタにお優しい」夫様でいらっしゃいますよね。夫がそうであると、ツマはああなりがち? 本質的に公私の別のわかっちゃいないお〇〇でいらっしゃるので。

税金で云々、なんてことは、美智子さんには理解できていないと思う。質素にとか皇室は自然に、とか御託を並べておいででしたが、自分流なだけ。イヤなタイプです(笑)。

せこいタイプの商人の娘さんで(逆の立派な商人だっておいで)、お金の使い方や歓声が、皇室にはそぐわないのに、自由傲岸に慣れ合ってしまって。

節約なんて、人には説くけど自分のためにはしたくない見て子さん。パーチーの理由と大義名分が用意できてるので、召集かけた。

東宮大夫も高村氏も、フィリピンでのあれやこれ、ご存じだけど、お口チャック。可愛いのは自分、要らんことは言わない。そうして、納税者その他を踏みつけにして成り立っている、なれ合いの三文芝居ですね。

愛子さんは中学生。どこへ出す理由もないと思います。三笠宮家の三女さんがどうたら、と言ってるけど。いわば愛子さんとは立場が違う。そういうことを(愛子さまは内親王)とか、都合のいい時には言い立てて、こういう時は~さんも、と、並列に扱う。まともとは思えません。

愛子さんを、普通に、大切にして差し上げて欲しいと、今に至っても願います。あり得ない酷い話です、あれこれ。


・まめはな さん。

オランダって。オランダ、風車とチューリップのメルヘンチックな、とか、誰も本気で思わないでしょ。いけないおクスリもぽるのも解禁の国です。反日気風の強い国です。おわださんなんぞが関わってるから、余計に日本人への評価、下がってるのとちゃいますか(笑)。

なんだかんだと言っても日本はいい国。なんで中学生を、わざわざ、あちらへ。アホとちがいますやろか。

多分行かない、行けない。無理でしょ。無理な方に、赤いチューリップ三本、賭け・・・たらあかん、ということも、ないようですよ。国王が、日本へ来て晩餐会にに招かれて、日本はダメじゃん、みたいにスピーチした国。何のために?

チェンジ? 誰か言い出しても、現実味も、最後の責任をとる気の者もいない、ドス黒風味のイヤな話ですね。だぶついたお子さんは、まさか、飾り窓の・・おお、ぶるぶる。人間ではないですね。



No title

・ひろおんぷ さん。

看護の日々。大変でしたね。もうおよろしいのでしょうね?。

春休みのご家族旅行ですと。ざっと書きますと。奈良市内へお泊りとして。バスで行けるあたりとして。見られる対象を少し。

・法華寺(ほっけじ) 3月20~、光明皇后の姿をうつしたといわれる十一面観音像。

・不退寺(ふたいじ)3月1~ 在原業平 画像=超イケメンの歌人でした

・薬師寺(やくしじ) 唐招提寺も近くにあります、3月1~、さまざまな宝物が特別公開で拝見できます、お勧め。

・法隆寺(ほうりゅうじ)JRの方がいいようですね。3月20~秘宝展があります。

奈良公園を境内とする東大寺と春日大社はお隣さん。近鉄の奈良駅のほん近くです。私は足の具合がよくなくて、ご案内などはできませんし、そちらご家族なので邪魔はしませんが(笑)、奈良公園のあたりで2~30分会えるなら、お土産のお勧めや(スポンサーはありません、きっぱり)たべものやさんなど、お教えします。よろしければ、です。

以上、奈良ご紹介人KUONでした。このKUONさんは、「いちげん」さんはご遠慮願っております。理由は、なんやかや、あたからで~す。よろしければヒミツコメでお知らせくださいね。お土産その他はお断りですよ(笑)。

本題。親が面倒見きれなくて留学とは。なんというか。呆。今の英語教育早期化もね。日本語で挨拶も出来ないガキ(あら)に、な~にが、と、ひそかに考えております。愛子さんに関しては、血縁蛇の無責任さ、愛情の希薄さに呆然となるばかりです。いっそ離して、乳母さんの手にかかっていた方がよかった・・・かどうかは?ですが。それなら人質にならないしね。

変な話です。酷な話。


・もみじ さん。

陛下は、おかしな扱いをお受けでいられますね。

ノーと仰れない弊害が、あまりにひどい。お疲れも蓄積されてしまって、いっそ、当分、春が本物になるまで、寝付いておられればいい・・そしたら脚が弱ってしまいますか。

酷なことを申しますが。とにかく、陛下のご長寿を、願わないでいられない現状です。こういうのも「人権無視」かも。

はじめ、まさこさんのことを知って行くすがら、まさか、を連発していたのが、皇太子そしてミテコさん、と拡がって、まあ、今ここでは陛下と愛子さんに関しては言及しません。

美智子さんの竹山パーチーでのダンスの写真、衝撃でした。箱乗り風の一枚も。何より目つきがよろしくなくて。早くからピアスもしておられる。あの時代に、深窓のご令嬢とやらが。

どこまでがどうやらと思いつつ、視覚は正直と思っています。

何より(しつこい)自愛の方は、お孫さんに対しても「慈愛」なんぞじゃない。眞子さまにあてた「ばあばの手紙」の盛大に嘘くさいこと、わかって来れば後戻りできませんよ。

私も、陛下のご快癒を願っております。

その他の、口に出せないことも・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2843-c6273c61

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (136)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (240)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (35)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (10)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


三好達治『乳母車』

母よ――
淡くかなしきもののふるなり
紫陽花いろのもののふるなり
はてしなき並樹のかげを
そうそうと風のふくなり


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


三好達治『乳母車』

母よ――
淡くかなしきもののふるなり
紫陽花いろのもののふるなり
はてしなき並樹のかげを
そうそうと風のふくなり


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん