Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE

うた日記 ソーダの泡に






アネモネの花びらの黄に目を吸はれこのまま終るわれかも知れず




泣きじゃくり愚痴吐く友の生きやうの直截なるをわれは羨(とも)しむ




重たげの蓑を引きずり蓑虫は迷路のごときフェンス這ひゐる




医院より帰りてすぐに寝入りたる姑(はは)のぺしゃんこの嵩(かさ)を見てゐる




もう何も食べたいものは無しと言ふ姑(はは)よ芋粥たきて食まむか




薔薇しおれ瓶に残されしかすみ草ソーダの泡にもう似てをらず




浜昼顔咲きゐしはいつ わが内の海とこしへに青くきらめく




ゆふぞらは紺青の海描きたる筆を洗ひしその水のいろ




起こしたての犬はくなくな柔らかく温かく長く生きてもらひたし




肺胞を禊(みそ)ぐ思ひに吸ひこみぬ 如月 朔(さく)の 朝の空気を



スポンサーサイト

8 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/02 (Tue) 00:27 | EDIT | REPLY |   

KUON  

・ヒミツのSさん。

おめでとうございます!

知らせて下さってありがとう!

もう・・かなあと気になっていました。よかった!。


たまたま。うた日記へのコメントとして頂きましたので、14年前の2月1日に生まれた初孫のうたを、失礼ながら、記させていただきます。

   産室の窓より樹木の光る見ゆ耀(かがよ)ふが見ゆ 初孫生(あ)れぬ

きっと、とっても、ハンサム・ボーイ。一首、捧げさせて下さいね。

   しあはせの道たどれかし縁ありてその誕生をわれさへが祝(ほ)ぐ  

2016/02/02 (Tue) 15:28 | EDIT | REPLY |   

S  

素敵な、うたの贈り物
どうもありがとうございます。

2016/02/02 (Tue) 22:00 | EDIT | REPLY |   

ぶんこ  

KUON様
うた日記、堪能させて頂きありがとうございます。

かすみ草とゆふぞらのお歌が特に美しくて素敵です☆☆☆
私もゆふぞらの末端の光景でいいから詠めるようになりたい…叶わぬ願いです(笑)

美智子夫人は又フィリピンの歌をおべんちゃら記事の中に盛り込みそうですね。
もうその手法は飽き飽きしています。

私はSMSで自分なりに皇室の闇をあれこれ拡散しています。
KUON様の記事も時々参考に文体を変えて発信していますがよろしいでしょうか?
ご不快でしたら止めますのでお申し付け下さい。

うた日記、とてもありがたいです。
まだまだ寒い日が続いていますが何卒ご自愛下さいませ。

2016/02/03 (Wed) 09:11 | EDIT | REPLY |   

KUON  

・Sさん。

私こそ、嬉しい思いもお裾分け、ありがとうございました。



・ぶんこ さん。

いつもうたを読んで下さり、ありがとうございます。

ここで「つたないうたを」とか書けば、わたしも世の中を生きやすいのかな(笑)。

私の書いていることは、できれば文体も「そのまま」に、そのままなら名前はできれば出して、お願いしたいです。

そうでなければ、ぶんこさんが解釈なさって、これを伝えたいんですよ、の思いのままに、名前は無しでエキスだけ取って下さっても私はオーケーです。記事の何をどう、使って下さってもいいと思います。名前自体にこだわるのでなく、文章への責任などを感じてしまうだけですから。。

文体そのままなら名前を、そうでないなら、ぶんこさんのお気持ちのままに。不快などは無い、信用させていただいています。

2016/02/03 (Wed) 10:17 | EDIT | REPLY |   

結花  

素敵なおうた

おうたをありがとうございます。
私は、ゆふぞらのおうたが一番好き。
絵の具のにおいまでしてくるかの様です。
絵が主体なはずなのに、ふと見たパレットの色にみとれた瞬間を思い出しました。


親戚にお出かけ大好きなお年寄りがいて、若い頃は自分でさっさと行っていましたが、寄る年波で、一人では行けなくなりました。
できるだけ遠く、少なくとも県外での・・泊りがけの温泉で、「米寿祝いをしてくれ」「卒寿祝いをしてくれ」と、希望します。
まぁ、ささやかながら招待して、一緒に楽しんで参ります。

遠方の遠い身内(はとこだそうです)の葬式に、自分も行くと言ってきかず、故人の一番下の弟さん夫婦にひっついて泊りがけで参列してきました。

小さい子供の「遊園地連れてって!えーん」みたいだねと。
身内なので・・・心配もし、ご迷惑ではとも。
でも、言い出したら聞きません。
子供と違うのは、理由に大義名分をつけるというところでしょうか。

私の親戚の話です。

2016/02/03 (Wed) 11:32 | EDIT | REPLY |   

ぶんこ  

KUON様
早速のお返事ありがとうございます。

御記事の使用を許可して下さいましてありがとうございます。
決してKUON様の御名を汚すような事は致さないと誓います。

結花様のご感想、素敵な表現です〜☆
読者様方のコメントがセンスが良くて綺麗なのでワクワクしながら拝読しています♡

連投お許し下さいませm(__)m

2016/02/03 (Wed) 13:07 | EDIT | REPLY |   

KUON  

・結花さん。

お返事が前後してしまい、申しわけないことでした。

私は「BLUE」青い色が、濃淡問わず好きです。それと、赤。そして黒。上等の黒が好きです。

海も空もその色。

パレットといえば、ユトリロの展覧会を見に行った時、パリ、パリ、白い壁、の世界に酔っ払って、ふと目がとまったパレットに、胸を衝かれた覚えがあります。

朝も夜もパリの街を描くことだけで生きていたモーリス、ユトリロ。そのパレットにも、パリの家の白い壁が描かれていました。

絵を描く以外、何も無かった・・・できなかった人生って。私は絵を見に行っても写真展でも、尾崎豊の遺品のジャケットのあまりの細かったことにも涙が出てしまうので、一人で行くことがほとんどなのですが、絵画の天才であったユトリロの気持ちが、胸に来たパレット、今も忘れられません。

全く関係ない話でした。

>私の親戚の話です。

笑ってしまいました。私の姑も、旅行、外国が大好き。バリ島へは30回くらい行っていました。精神を高めるため、だったそうですが、周囲はお金の用意、留守宅の・・もう止めます。

精神を高めるため、と言われては、何も言えなかった、ビンボーな嫁だったKUOnでした。(笑)。

>身内なので・・・心配もし、ご迷惑ではとも。
>でも、言い出したら聞きません。
>子供と違うのは、理由に大義名分をつけるというところでしょうか。

これもよおくわかります。紀子さまは大変でしょうと、蔭ながらお案じしておりますが。



・ぶんこ さん。

あれこれお気遣い、ありがとうございます。

読者様方には、いつも、感謝しておりますへたれKUONです。ホント!。

2016/02/06 (Sat) 18:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment