KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 14
  4. [ edit ]

今の思い。追記あります。




はじめに私が見たものとは異なりますが、長い動画の

30分過ぎあたりから、待ちわびる両国の面々の雑然とした空気の中に、入って来られる両陛下。

ご署名から退室までの天皇陛下の「ゆるやかな混乱状態」、十分にお察しの状態が続いて。

高村氏や風岡氏の厳しい表情。



陛下を心配する気持ちは本当です。

私もその一員である国民は、陛下ご自身が仰ってもおられた「年のせいか間違いも」というそのことは、人として理解し、おぼつかない足取りでいらっしゃることも、見れば理解し、それでもおつとめ下さっている、の思いは抱いている、とは申し上げられると思います。

しかし、公人でいらっしゃる陛下が、天皇としてのお立場で動かれる時に。

何と言えば思いがうまく書けるのか難しいですが、よその国を訪問されるにせよ、よそのどなたかを招かれるにせよ。

その現場で、相手側に気を遣わせることに、甘えてはならないと考えます。

人としては、目の前の公人が、老いの弱みを見せておられることを、非難はできない、なさらない。どちらの側にしてもそれは原則、そうでしょう。

このたびのアキノ大統領は、日本の天皇の、明らかに老いの姿に対し「温かく」「思いやりのある」態度をとっておられました。とまどいを笑顔に包んで、親善の場での、あちらも公人、礼儀正しい「さりげない庇いの姿勢」で接しておられました。

皇后は、手を貸さねば、なんとかこの場を遣り切ってもらわねば、の思惑の透けて見える態度でおられました。逆方向からもそう見えますが。

夫婦愛。そう呼ぶものが、あるにせよ無いにせよ。

それでクリアしていただくわけに行かない、公的な場で、少なくとも相手のある場で、人情や「あうんで呑み込み、やあやあ言わない」ことを、求めて頂きたくないです。国民(の一人である)KUONは。

相手に、不要な借りをつくっていただきたくないのです。フィフティフィフティの付き合いであれば、余分な摩擦は起こらない、起こりにくいのです。そういう気は、細かく使ってもらわないと。宮内庁、と、その、そこ。

予測を越えた小さなハプニングの範囲であれば、思いやりや気遣いで越えられ、「なごやかに」過ごせる。ちょっとした「楽しい」エピソードにも成り得る。

そうではないです、このたびの天皇皇后の訪問は。天皇ご自身、「にほんじんは~をわすれることなく、旅の日々を送りたい」、と言われました。

旅をされたのです。招かれたのでない、政府の頭上を跳び越えて(とBBさんは書いておられます)、そのように計らって、政府専用機を飛ばし、海保の巡洋艦を私的に使って、行かれた。公費で行ってるんです。

宿泊先が夕日の見えるホテルでも何でも、そんなことはいわば些事であり、本質では無い。「夕日を見るのを楽しみにしていた」なんてセリフは、無防備過ぎて人をバカにした発言で、おかしいけれどまあ、いいこと。


あの姿の天皇と、皇后を、温かく見守ってはなりません。

お住まいのあたりでは、どんな風にもお過ごしになられればいい。高齢のご夫妻が、残生をどう過ごされようが、文句は言いようが無い・・・私的には。


でも。

呼ばれもしないのに出かけて行って。

相手国に気を遣わせた。わかっていて、やった。


「まあ、目くじら立てないで、年寄りだから大目に見ればいいんだよ。誰だって年は取る、あんただって例外じゃないでしょ、皇后だって気を遣ってたじゃないか、立派なもんだよ、相手だってあれ見たら何も言わないよ、年寄りを責めなさんな

と。そうではありませんよ。

国賓で行ってるんです。自分たちでそうして行ったんです。

日本のメディアが隠しても、実態はさらされました。

老人虐待と見る人もあるかな。

何より、後継者が無いならともかく。と、そこへ思いは行くのではないかな。

昨日、ナルヒト氏は、国事代行者として初めて、石原のぶてる氏に対しての認証式を行った。

それくらいはできるかもしれない。モーニング着て、ボク、やった。

・・・もっと書きたいけど、月末ですので出かけなければなりません。

誰が責任とってくれるんですか。責任者誰ですか。

日本の天皇のあの姿を、わかっていてさらしたのは、どこの誰ですか。

平和ですから。そうらしいですから、いま。

違う時代になら、こんなことできない、できなかった。動物の世界なら、弱みを見せたらやられます。

動物じゃない? 無礼ですと? そうですかね~~~。そんなキンキン言わんでも、申し訳ないって言いたいのですよね、相手さま方に。わたしの気持ちは。

こういった「訪問」を通してしまうのは、甘っちょろいですよね、日本のやり方。相手の目で見れば、そうでないでしょうか。言っても仕方ないですけど。

・・・老いのお姿に、でも、ふにゃふにゃと寄り切られるように「おかしい」を鈍らせる気には、なれません。

公人に関しては、おかしいと思うことは、おかしいと書いて行きたいです。

わたしたち、何も知らされず、聞かされていないのです、実際には。アレラのことだって。

察して済むとこと済まないとこがあると、思う・・あります。


落ち着いてから、あの役所に向かって、自分なりに、もの申したいと思います。



コメントありがとうございます。

お返事も、ゆっくり書きたいので、おひるすぎに・・・ゆうがた…夜・・・どうぞよろしく





スポンサーサイト


  1. 2016.01.29 (金) 11:54
  2. URL
  3. lavinia
  4. [ edit ]

そろそろ時間切れ。

KUONさま こんにちは。

昨日からあちこちのブログを読み、フィリピン訪問の動画、陛下が署名されるときにお取りになった動きを見て、考えておりました。

でれでれ草さんの所でもコメしたのですが、美智子さまは、未だに現役の、反日工作員でしょう。
引退したいけど、次代は全く使えず。
工作資金も止まっているのではないでしょうか。
でも、ばれたら終わりだから、皇室のお宝を売り払って。
ティアラもネックレスも、とうにないでしょうね。

けれど、陛下もそろそろ公式の場に出られるのが難しいのではないでしょうか。陛下がいてこその皇后ですから、嫌でも引っ込まざるを得なくなります。このところの、あちら側の必死な有様、ジリジリ追い詰められているからだと思います。
  1. 2016.01.29 (金) 19:06
  2. URL
  3. まりりん
  4. [ edit ]

こんばんは。

陛下、署名した後、何かに異常に拘っていらっしゃいましたね。
大統領が戸惑って、でも笑顔でいらした。
陛下、完全に空気読めていませんね。

あの署名は縦書きで正しいのでしょうか・・・

本当にもう、海外訪問は拝見したくないです。
  1. 2016.01.29 (金) 21:57
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・laviniaさん。

やはり考え込みますね。

異常な事態といえると思います。

それと、できれば、のお願いですが、私は他のブロガーさんについて、訪問して下さるお方と語らうことに慣れていません。

読ませていただいていないこともあります。盆栽の話は知らなかったと、以前のお返事で書きましたが、今もしりません。つまり、そういうことです。

laviniaさん個人のコメントはありがたく嬉しく読ませてもらいお返事も楽しく書きますが、どう言えばいいでしょうね、たとえばここでは、あなたと私、のトイメンの場、でいいではないかと、思っていますよ。

同じことを考えているとしても、私にはたとえば「工作員」という言葉自体が、自分の身にそぐわないのです。単に私がばあちゃんだから、かも知れませんね。本気で書きました、できればご理解下されば、と、思います。


・まりりん さん。

もしもできるなら、この件については、わがまま、親父さんの最新の記事の終わりの方に、この状況の説明のごときものがありました。

とてもわかり易く、納得しました。

陛下は、皇后に、

「あなたもサインしなさいよ、するんでしょ」のように、あの場で勧めておられたようです。

何とも言えない場面でした。大統領の姉上の必死の笑顔に、すみません、と謝りたいくらいの気分になりました。

周囲は大変なご様子でしたね、陛下お一人が、にこにこと。

美智子さんの脳内は、汗、汗、だったかしら。

明日は、寒い日本へお帰りです。ご署名の際の手も、陛下、むくんでおられました。


署名は、いつ、どんな時でも、縦書きでいいと思います。



  1. 2016.01.29 (金) 22:57
  2. URL
  3. lavinia
  4. [ edit ]

了解しました、済みません。

KUONさま 

ご注意ありがとうございます。
KUONさまのブログにコメントさせて頂いているのに、大変失礼なことをしました。
すみません。以後気を付けます。

なんだか、「今は正念場だ!」みたいに鼻血が出んばかりに勢い込みすぎました。
隠されていて、知らなかったことが物凄い勢いで明らかになっていくようで、興奮しすぎました。
皇太子夫妻が全く役に立たなくて、引退もできない両陛下。
でももう限界だと思います。
ちょっと、深呼吸します!失礼しました。
  1. 2016.01.30 (土) 15:06
  2. URL
  3. タラ
  4. [ edit ]

はじめまして

陛下のあのお姿、見ていて本当に悲しくなりました。
あのようなお姿でまだ引きずり回され公に晒され...
なんとも言えない気持ちのままいたら、私の祖父(昭和一桁生まれ)に話し掛けられ。会話中に近所のスーパーの名前がすんなり出てこない、その姿を見て陛下と重なりまた悲しくなりました。
  1. 2016.01.31 (日) 22:30
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・laviniaさん。

私はきっつい人間ですね。

「すみません」は私の方からの言葉かも。

大変才能もおありで、立派にしていらっしゃると思っています。それは本当。

ただ私は、大層なことを、と思われても、自分は自分の言葉にこだわりたい、それだけなんだと思います。

他のことは雑で大雑把なのですが、言葉にこだわりたい、60歳を迎えた時、そういう意味ではわがままに、思うように行こうと決意(笑)したのです。

比較もしない、されたくない。

いい悪いでなく、自分の勝手な「好き」とそうでない、とで、残生を生きたいのです。

ひと様に向かってぬかしてる言葉じゃないですね。自嘲。

まだなかなか、私たちの思うようにはならないと腹をくくりました。

簡単じゃない。理屈は理屈でしか無く、あちらの黒い力は大きいです。

でも、あきらめない。私は。



・タラさん。

お返事遅くなりすみませんでした。

悲しいですね。

あれこれ言われても、腹に何も無いお方。まっすぐ。振り回されて、奥さまに気兼ねされて気遣われて、あげくにあの姿を世界中に配信されてしまわれました。

私の姑は八九歳になります今年。同じくらいですかね、祖父さまと。寅年。

書きませんがいろいろあって、胸が潰れそうになることも。

年をとるのは寂しいこと、と。

お祖父ちゃまを、大切になさって下さいね。

もの忘れは・・・ううん、戦後生まれのKUONも、盛大にやってます。

自分を責めないことにしています。調子いいんですよ。(笑)。

お祖父ちゃまとお話して下さいね。優しい孫娘さんでお幸せですよ、きっと。





  1. 2016.02.01 (月) 23:23
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016.02.02 (火) 15:14
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・ヒミツの飛びこさん。

あなた素敵な方ですね。知っていましたけど。

嬉しいですよ。

私も「前世はどうとやら」言われたことがありました。何度か機会はありましたが、一番はじめの「かなり何代か前はどこやらかのお姫さまで、家は没落したが気の強さで長生きした」とか。だけが記憶に残っています。

頼んで言ってもらったように気に入って、いい気になって、よっしゃあ、とその気になった。(笑)。

無礼者、そこへ直りや、とか、大昔の時代劇の姫さまみたいに、エラそうに、そんなんいいなあ、と。爆。お姫さまだよ。いいでしょ。

前世の自分みたいにへこたれないでいられたらいいなあ、とは、意識した気がします。あそちら方面に関心は皆無に近いのですが。

事実、見事にホントに没落した家のシッポでも、挨拶はして生きて行けるし。

私は「こう」なので、またコメント下さいね、怖がらんと。(笑)。



  1. 2016.02.02 (火) 19:53
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016.02.02 (火) 20:48
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・ヒミツの〇さん。

コメントありがとうございます。ごめんなさい、何とお読みするのかわからなくて・・でも、教えて下さって、ありがとうございます。

せっかくですが、訪問はしないことにします。

読むのが怖いとかでなく、私は自分で思うように書いているし、そのブログ主さんもそうなのではないでしょうか。

私を「叩く」のも、その方がそうしたければ仕方がないこと。止められません。

自分の書くことに言い訳もしません、無理にわかってくれとも言いようが無いです。

それと。

よく間違っておられるようですが、KUONは皇室批判論者ではありません。皇室はよりどころとして大切に思っております。ここの区別がつかない方となら、話のしようもないのです。反日と言われても、困りますね、自分に関して言えば、少なくとも400年前からの日本人です。

教えて下さったことには感謝します。びっくりなさったのですか。

ブームみたいに、叩き行動が熱を帯びるかも知れませんね。(笑)。みんなで叩くのは気持ちいいかもしれないし。恐ろしい事なんですけどね、そういう熱狂って。

私は、

これからも自分のやり方で行こうかな~、の思いです、もしどなたかが、私のここへ来てご自分の言葉で何か仰れば、対処のしようもあるでしょうが、必要でないので、行きたくないところへは、どこに限らず、行かないで暮らしていますのですよ。(笑)。

私を思って下さってのコメント、本当にありがたいと思っています。
  1. 2016.02.03 (水) 07:37
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016.02.03 (水) 10:32
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

.ヒミツのDさん。

そうですか。台湾へは一度しか行ったこと無いですが、香港の後だったせいもあるのか、気分のいい雰囲気、美味しいお料理、いい思い出の国です。

Dさんが私を皇室批判のヒトと思っておられるなど、当然、思っていません。それくらいはわかります。微笑(のつもり)。

書いて下さっていたあの世界も、何だかすごいことになっているようで、私も以前は「きれい」「すき」など、ちらっと楽しみに書いたこともありましたが、今は控えています。批判ならいいのですが、それこそ「叩き」になってしまっているのが顕著で、無惨な気さえしてしまう。スサマジイ、というか。

ホントに、アリガトって思っています。また通勤途中に、よろしく、です。(笑)。



  1. 2016.02.03 (水) 14:12
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016.02.06 (土) 19:11
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

.ヒミツのSさん。

ありがとうございます。

私個人は、ボーっとして、お豆腐買いに行って何か思いついたら、30分でも豆腐の水槽の前でじっとしているような、お上品風でも無くバリバリふうでもなく、喧嘩になると面倒だからヘラヘラしてるような、そうですね、唯我独尊といえばいい感じ過ぎる、わがままな人間だと思います。

で。自分の世界にぼんやりいるのが至福かも・・・。

ヒミツで頂いているので、こんなお返事になりました、ごめんあそばせ、ですわ。(笑)。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・