今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

慰霊の地では夕日がきれい。










メディアは、フィリピンの大統領が、空港まで両陛下を出迎えた、これは珍しいことで、と報じていました。

丁重にお迎えいただき、ありがたいことです。言うてはなんですが、日本の天皇はまだ、世の中的には〇〇っても鯛。の、鯛です。

オバマ氏だって、天皇が来れば空港へ出向く。まだ、そういう立場だと思う。立場の話です。

今後はどうなるか、正直、現状ではわからないとしても。それにしても精いっぱいの歓迎をして下さって。


動画を2点ご覧ください。

一つ目の動画、いろいろ見えます。

美智子さんが、出よう出ようとしているのですが、中心は(もちろん)天皇陛下。かの国は、日本の天皇をお迎えされたのですね。シビアな感じがいっそ清々しいような(笑)。自虐などでは無い、美智子さんへの思いが見えるようで。コメントでもいただいていましたが(後でお返事させてもらいます)、大統領も周囲も、天皇だけを見ておられる。

美智子さんはその周りで、慣れない扱われ方に??な気分でもあるのか、出ようとしたり実際に前へパーッと出て行って(1分15秒のあたり)、下がってから陛下は、微妙な手つきで、跳ねたがっている夫人に、左手で、下がって下がって、と意思表示をされているように見えます。

他の場面でも、式典などの中心は天皇、大統領が見ておられるのも天皇。大統領が独身であって、美智子さんの相手までできない、ということでなく、閣下のお姉さまという美しい女性が、細かい気遣いを皇后に向けて下さっているのが分かるのですが、美智子さんはどうも、中心は自分、のおつもりか。

大統領と天皇の、二人の男性、というより、国を代表する双方の場であることが理解できていない気がします。

これも偏見ではないと申しましょう。

動画が、語っているのです。

うろうろ、そわそわ、皇后さまは、落ち着きなく、はっきり申します、見苦しい。そのお立場の方に見えません。

行儀の悪いばあちゃん子どもみたいです。

好奇心の強い生き生きとしたワタクシ、という見られ方を望まれたかもしれませんが、ここでは失敗しておられます。

本当に行儀が悪い。


マニラ湾の夕日を、日本の若者たちとご覧になった。0分45秒から。

若い方々には、頑張って下さいねと、申し上げたい。

その場面に流れたナレーション。

マニラ湾の夕日は、本当に美しいそうで・・動画で見るさえ、ワタシも見てみたい・・と、ヨダレが垂れそうになりました・・・あのご夫婦がそう思われても、責めることはできないのではないか・・・

「マニラ湾の夕日を見ることを楽しみにしておられた」

とか。ナレーター、うっとりと語っていた・・・やっぱり観光旅行よね、とか、言われるかもしんない、とは、思わなかったのkしらん???。

慰霊に行かれたんでしょ。

お腹空いて死んで行った兵隊さんたちは、夕日どころぢゃなかったでしょ。

とか、思う人間がいますよ、ねえ。

・・・一瞬、気にしてしまいました、KUON。

目くじら立てることではない、ええそうでしょうとも。

夕日、見てもいいけど、楽しみにしておられたってのは・・・拙いような。


それはいいのですが。(いいのか?)

1分27秒のあたりから、ほんの少し。


天皇陛下 出発前のお言葉(全文)
 この度、フィリピン国大統領閣下からの御招待により、皇后と共に、同国を訪問いたします。


 私どもは、ガルシア大統領が国賓として日本を御訪問になったことに対する答訪として、昭和三十七年、昭和天皇の名代として、フィリピンを訪問いたしました。それから五十四年、日・フィリピン国交正常化六十周年に当たり、皇后と共に再び同国を訪れることをうれしく、感慨深く思っております。


 フィリピンでは、先の戦争において、フィリピン人、米国人、日本人の多くの命が失われました。中でもマニラの市街戦においては、膨大な数に及ぶ無辜のフィリピン市民が犠牲になりました。私どもはこのことを常に心に置き、この度の訪問を果たしていきたいと思っています。


 旅の終わりには、ルソン島東部のカリラヤの地で、フィリピン各地で戦没した私どもの同胞の霊を弔う碑に詣でます。


 この度の訪問が、両国の相互理解と友好関係の更なる増進に資するよう深く願っております。


 終わりに内閣総理大臣始め、この訪問に心を寄せられた多くの人々に深く感謝いたします。


陛下、しっかり読み上げておられます、お言葉を述べておられます。

「マニラ市街ではたくさんの無辜の人々が」

亡くなったことを。アメリカ人がやったんでしょ、それ、多くは。アメリカの分まで謝っちゃうなんて謝罪の、大盤振る舞いです、夕日が見たかったどころの拙さではありません。

動画の数秒、陛下の仰り方ですと、そのことをしたのは、日本人です、に聞こえます。それが目的ですか・


やはり、やってはいけないことを、やって下さる。

今夜は晩餐会だとのこと。

そこでも、何を仰っておられるやら。



スポンサーサイト

コメント

ご紹介下さった動画の美智子サマを見て、バラエティ番組ではしゃぐ吉永小百合に似てると思いました。
何年か前に鶴瓶さんの番組に出演していた吉永小百合、私はあの時初めて素(?)の吉永小百合を見たのですが、随分キャピキャピしたお婆さんだなぁと感じたものです。
笑い声、手の動きなどが、年齢より若く見えるというか…むしろ幼稚に見える人だなと。
この動画の美智子サマも、動きが幼稚で、一言で言うと「変」です。
女子大生のまま時が止まってしまわれたの?なんて…美智子サマは50以上も年下の私に言われたくもないでしょうが、あのちょこまかした落ち着きの無い「好奇心ありますのポーズ」が許されるのは女子大生くらいまでではないでしょうか。
「好奇心」も「関心」も、ご年齢とお立場に相応しい示し方があるはずです。
あれでは見ているこちらが恥ずかしい…。

KUON様
初めてコメントさせて頂きます。
いつも勉強になる記事をありがとうございます。
美智子婦人、ご成婚前から常にセンターや一番目立つ写真ばかりですよね。
家族写真ですら常に一番目立つ場所におられます。
お若い頃から「控え目」とは無縁の方なので、常に一番目立つのが当たり前になってしまっているのかなと。
当時の良家の子女の嗜みであった、茶道や華道などもなさっていないようですし。
常に一番だから、権力を振りかざして好き放題するのも当たり前?
好き放題なさるのなら、ご自分のお金で好き放題なさいませ。
失礼しました。

ため息ハァ…

もう、自分自分。
国内でしていることが外国でも
公式の場でも許されると思っている
見て子さん。
恥じらいもなくなんのその。
ただの婆さん風情に成り下がり。
アキヒトさんの横を歩く大統領も
出しゃ張る見て子に、歩きずらそう。非道いものですねえ。
アキヒトさんがサインなさっている時に覗き込んでいましたよ。
(端なさになみだこぼれる。)
フィリピン側はこれからのアジア
友好の為の協力体制の強化を望んでいるのに、何を何十年前の話をして
いるのか?と言う感じでしょうに。
ご老人が出て来て、ずれた事を言って困ったものですね。
古式ゆかしい日本を想像していた
側の方々はびっくりなさったことと
お見受け致します。
やはり、出自は大切ですわね。
国賓になる方なのですから。
なーんだ、また子と見て子は
同じアナの狢。何ら変わりない。
昭和天皇香淳皇后さまの威厳を持たれたお姿が懐かしいです。
お砕けになられた時とのギャップが
何とも魅力的でございましたわ。
いつでも砕けて、大和撫子を下げ回る方には何の魅力も感じません。
☆kuonさま
様々な手段で、さも同意者でした
とのコメントをよこす方、
なりすましですからお気にかけないが一番!
馬鹿はどんなことでも言いますわ。
ドチラかのお国のように。平然と。

お返事遅れました、ごめんなさい、です。


・大樹さん。

>「好奇心」も「関心」も、ご年齢とお立場に相応しい示し方があるはずです。

(笑)。好奇心をわすれないこと自体は、すてきなことと思います。大切なこと。でも、ホント、仰る通りのような。

ポーズはいつも付けておられるんですね。写真時代は通ったことが、動く映像が当たり前になると、ぜんぶ見えてしまう。

思い出したのは、英王子とダイアナ嬢の結婚式の動画の美智子さん。

ヨーロッパの方々が大きなつばの帽子をお召しの中で、白いカーテンみたいにベールをひいた小皿帽だった、それが「目立ってよかった」と言われたとデザイナーのおっちゃんに明かされていた(アホですな)、あの時の美智子さん。

びっくりしましたよ。さーっと、エレガンスのカケラも無いガサツでさえある歩き方で招待客用の席について。じろじろ視線を浴びて平気で笑っていた。

行儀が悪いと、このたび感じたのですが、昔からああだったのですね。

つい二年ほど前までは、それが、優美の対極にある魅力のようなものと、誤解・・・なんだったのでしょう。

オセロゲームの盤上のように、一気に見えてしまって醒めてしまいました。

首を、ぐるんと回して周囲を見る癖も、今回も出ていた。ほんと、行儀悪い。おげひん。いっぱんの家庭なら、ご亭主がそれでよければいいってなものですが。

品くらいは,積み上げられるのではないか、いや無理か。

このエラそうな話は、自分のことは当然、棚の上にほうり上げておいてのことです。(笑)。

吉永氏、アグネス氏、まったくだめです私。あっちから来られたら全力で逃げ出したくなるくらい、駄目。

いまやこーごーさまも。またこたまは論外。




・sasaさん、お返事遅くなり申し訳なかったです。

あれこれ読ませていただくと、昭和天皇は皇太子に独特の「引け目」をお持ちだったようで。

ずっと後に、東宮さんの家庭教師だったヴァイニング夫人に、「国を負け戦にもっていってしまった自分に、皇太子に対して何を言うことができただろうか」と嘆かれた、と。私が、あそこに書いてあったと記憶する二冊の本のどちらかに書いてあった・・今ここ、手元に無いのですが。

敗戦国の天皇陛下は、GHQの思案が入った東宮妃にも・・・ねえ。

ご亭主をお尻に敷けば、こわいもの無しだったのですね、みてこさん。


>常に一番だから、権力を振りかざして好き放題するのも当たり前?
>好き放題なさるのなら、ご自分のお金で好き放題なさいませ。

ここですよね。あまり言い易い話では無いのですが、多くの王室と完全に異なる点は、皇室は血税でお暮らしだということです。言われたくないだろうし自覚はさらさらおありでないでしょうが、なんだかんだ言うより、お金は全てでないけど大変役に立つのだから、と、どうしても、考えてしまうのですね。

皇室は質素を旨とし、とか。

ケッ。よくぞ仰った、とか、冷笑したいばかりです。変な服で出かけて笑われるのが二代続き。アメリカは勝ったのか。イヤイヤ。いいえ。



・ちりぬるを さん。

アキノ氏は、父親を、公衆の面前で射殺された方です。お母さまの奮闘も見ておられた。

花畑の日本のやんごとなき方々とは、あれこれ違うのでしょう。

とにかく、

>フィリピン側はこれからのアジア
>友好の為の協力体制の強化を望んでいるのに、何を何十年前の話をして
>いるのか?と言う感じでしょうに。

これに尽きると考えますし、それがわからずトンチキチンなお二人なのだと見れば、情けないです。

ご署名のシーンは。ひどい所作とみましたが、陛下の認知のゆがみが出まくっていた現場だったようで。

皇后さまも大変、などは、思いません。

分かっていて、陛下を、連れ立されたのは、ご当人でしょう。

相手国に気を遣わせ、後で黙っておられるか話の種になるかはわかりようもなく。

賢い人なら、表だっては笑いません。でも、バレてしまいました。

いいトシして、なんて言いたくはないですが、みっともない美智子さんでした。陛下のあの状態は、みっともないと笑えるようなものではありません。

ここまで来てしまわれた。と言う感慨に近い感じです。誰のせいでもありゃしない、ですか。(笑)。

私の事お案じ下さり、ありがとうございます。申し訳ないです。

あれこれもらうのですが、パッとパソコンあけたタイミングにバッチリでしたので、公開とあいなりましてございます。

なんともかとも。

美智子さんもう、ロシアも韓国も無理ですよ~。(

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2796-acc4f96e

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (241)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (37)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (12)
くおんの万葉集 (5)
くおんの万葉集・番外もあり。 (1)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


しんしんと肺碧きまで海の旅

             篠原鳳作


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


しんしんと肺碧きまで海の旅

             篠原鳳作


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん