KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

みちこさん劇場。激情?。


( コメントは、この↑のOというところをポチッと押すとコメント欄が現れるようです。わかりにくくてすみません。)


宮内庁東宮職が、週刊文春誌1月21日号のなかのある記事について厳重に抗議をしたというので、買って読むつもりの無かったその雑誌を、読んでしまいました。

読んでよかったかも・・・興味深かったです。

まず、東宮職による、文春誌への抗議。以下。


「週刊文春」(平成28年1月21日号)の記事について(1)


平成28年1月15日
宮内庁東宮職

宮内庁東宮職は,「週刊文春」1月21日号に掲載された「12月23日天皇誕生日の夜に「お呼び出し」 美智子さまが雅子さまを叱った!」と題する記事について,週刊文春編集部に下記の内容を伝え,厳重に抗議をしました。



1.同記事は,「千代田関係者」とされる人物の発言も引用しつつ,昨年12月23日の天皇誕生日の夜に催された「お祝御膳」のお食事終了後,美智子さまと雅子さまが別室に移られてお二人だけでお話をされたとした上で,そのやりとりなるものを克明に掲載しています。


2.皇太子同妃両殿下のお話によれば,当夜は,皆様おそろいでお食事を済まされた後,引き続きお居間にて皆様終始ご一緒にご歓談になり,その後,皇太子同妃両殿下,秋篠宮同妃両殿下,黒田様ご夫妻が順次お帰りになったとのことです。

「お祝御膳」の後に皇后陛下と皇太子妃殿下が別室に移られてお二人だけでお話をされたとの事実は全くなく,また,同誌が掲載したような皇后陛下と皇太子妃殿下との間のやりとりも一切なされておらず,全くの事実無根であります。


3.このように,事実無根の内容を,あたかもそれが存在したかのように記事を構成し週刊誌に掲載するとともに,興味を煽るような見出しを掲げることによって,読者,さらには一般の人々に誤解を与えていることは,極めて遺憾であり,「週刊文春」編集部には,強く抗議するとともに,記事の即時撤回を求めました。


4.皇太子同妃両殿下には,両陛下より,日頃からお心遣いをいただき,温かくお見守りいただいていることに対し心より感謝されており,このような心ない報道が続けられることを遺憾に思っておられます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上です。

この記事「事実無根」なので「即時撤回」を求められたということですが。

宮内庁が抗議したというので私、今日になってこの号を買いました。(笑)。宮内庁は宣伝してあげた結果になりました。記事の即時撤回なんて、今まで実行されたことが無いし(文春誌側は「しっかり調べて書いたんだもんね」との回答をするのだし、事実上、抗議は意味を持たないのよね。なんで私がタメ口。

平積みで沢山売ってますし、私、持っていて、これからこれについて、書こうとしているし。拡散されます。して欲しいです。

冒頭から、文春さん、トばしておられます。解ってもらいやすいように、勝手ながら美智子さんのセリフ(なのか?)をこの色で。美智子さん、ものすごく喋っておられます。いつも喋っていない同士が、いきなりこんなには話せないとは私も思う。美智子さん劇場です。

まさこさんのセリフ(誰が作った?)はこの色で、連ねてみたいと思います。内容は文中のそのまま、まさこさんの色がきれい過ぎるのがいささか不満ですが、行ってみます。

途中で息切れしたら、明日はブログはお休みの予定にしていますので、その後に続きを、となると思います。


美智子さん 「ご病気のほうはいかが」

{まさこさん 「努力をしております」

「具体的には?」


「できるだけ皇太子殿下の行かれる先に、短い宿泊数なら付いて行くよう自分に言い聞かせています。長いご日程の場合、殿下が行かれる先に付いて行くのには、まだ無理があります・・・・・・

>永らく‘途絶状態‘にあった皇后と皇太子妃の間で、昨年末、これほど直截なやり取りがなされたことは宮中でも知られていない

と、始まっています。

抗議文にあるように、皇后がまさこさんを連れ立つようにして、二人で食堂を出て、のことであったと。

当初の皇后の予定は「ボクシングデー」だった、お呼び出しの機会を窺っていらした、と、記事にはある。このボクシングデーとは、

>(編集部註 キリスト教に由来する祝日。クリスマスの翌日に郵便配達員などに祝儀を与えた)に御所にお呼びになろうとお考えでしたが、雅子さまのご体調をお考えになり、『二度来させるのは』と直前になって急遽、天皇陛下のお祝御膳の直後になさったのです

と。わざわざ、誰も聞いていないのに、ボクシングデーなどという、一般的になじみの薄い言葉(KUONは知りませんでした)を持ち出しているのは、これは、文春誌の「しかけ」だと考える。

美智子さん=クリスチャン。キリスト教とそのご信徒さんがたを貶める気持ちは無いが、美智子さん、皇后は、神道の家の長の妻、最高神官の妻であることは、言うまでもないことで。美智子さんにとってキリスト教と絡められるのは嬉しくないことと思われることを、わざわざ、書いた気がします。記者さんの叫び、かも。そういうことを、時々、感じるのです。

記事の中には、天皇陛下の老いの兆候、それに対してのまさこの「回復基調」が並んで語られ(実際は回復はしていないようですが)、美智子さんは、今まで病気に障るといけないので、遠くから見守る姿勢を貫いてこられたのだが、ついに直接指導の機宜を得た、と・・・
言い訳としたらうまい。なかなか会う機会が無く=アドバイスの機会も無く=見守っていたので。と。しかし、

ナルちゃんの即位も迫って来たし(美智子さんの脳内での必然性)


 あなたが皇后になったときのことをすごく心配しているのよ、ということを、直接会って語っていきたい、と。言っておられたそうです。そういう風に持ってゆくことになさったのですね。しかし、まあ、あの人を。

皇后にさせるつもりなのでしょうか。ナルヒト氏を、天皇にさせたいのですね。主体はそこ。

 >『何気なく、直接触れ合う言葉をかけられるディスタンスが大切なのよ』

とも、仰せになったと。ディスタンス。星空のディスタンス・・・いやいや。

そんで口火を切られた美智子さんに、まさこは、以下、この色はまさこたんのセリフ。と答えたのだそうですが、

>「愛子についても、色々と両陛下からお気遣い頂いていることには感謝しております。愛子も歴史などに興味を持ち、歴代の天皇陛下のご業績を継がれる中で、陛下がお心を込めて為さっていることを、ご尊敬申し上げております。」

で、、いわゆる愛子さんの「影子ちゃん」問題については、美智子さんは「ワタクシは関与しておりません」という立場をおとりになる、と。。

めったに会っていない(そうだとすると、美智子さんが何度か発言されている「先日愛子と会っていろんな話をした」とか仰っていることの、整合性が、揺らぎます。親とさえほとんど会いも話もしていないのでしょ。愛子さんだけが会っている話は頭から矛盾します。

でも、愛子とあれ話したこれ話した、と。話したと言えばそれがいいことだった時期もあったのに、影子ちゃん疑惑が高まれば

「どうして気づかなかった? 知っておられた? それ以上に関わっておられた?」

になります。美智子さんには困ったことになって行ってしまうのです。親と断絶していたと同様に、愛子さんとの接触が無かった話にしておけば。

イコール、美智子さんは、影子ちゃんに気付いていない、そんな子が存在することも、ご存じない、ことに、なりませんか。

そういうことなのではないかな。と、考えます。

私は、ナルヒト氏と雅子さんは、自分たちの娘でないお子さんを、愛子さんとして出して来ていたことが、少なからずあると、このことについては確信しています。まだ幼かった頃から、愛子さんには「別の愛子さん」が存在していた。その訳は。理由は。愛子さんが「もう一人ワタシが欲しいから~」と、ねだったから。では、ないはずです。

恐ろしいことです。別人が「愛子さん」とされていることが、多々、あったのです。


それを、知っていたと知らなかったと。どちらの立場をとるか、は、大きな問題です。


そればかりでない、。この号の文春誌は、まだまだ突っ込んで行っておられます。

以下、この色は美智子さんのセリフ。なかなかぴしゃりと言うておられる。なんで今になって、と不思議なのは、KUONだけではありませんやろ。

50歳過ぎて、今までの自分と変わるのは難しい。鉄は、熱いうちに、トンテンと打つもんだったのでは、なかろうか。自分で変わろうと必死になって、変われることもある、と思う、自分で願えば。以下、美智子さま、熱弁(ホンマか?)。

>だが、美智子さまはその(まさこの)‘ご尊敬‘という言葉に対し、本質的なご指摘をなさったという、その部分です。

>「‘リスペクト‘ということのみではなくて、やはり実践と、時代の空気に触れるということが大事なのよ。陛下が築き上げられることを引き継いでいくのは、東宮であるし、その意義や内容を分かっていなければ、お支えすることはできない(略)皇太子を支えることに思いを致すことで、自分が皇室にいることを理解していくことができるのではないかしら。その理解によって国民にも広く支持されていく。(雅子妃は)東宮と共に人々の前に姿を見せるということが最善の道だと思っています。それが公にされている「適応障害」という病気にとても良い効果をもたらすのではないかと

思うのよ、なのだそうです。

信じてしまいそうになる大熱弁。ここ、美智子さまがご自分で書きはったんと違うかしら。

自分で書いて、抗議する(させる)=知らなかったヒトも読む=自分はこんなに正論を言うてる=ワタクシは立派、悪いのは、ま・さ・こ。

つながります。

そして、ここでは、ナルヒト氏が天皇になる=美智子さんには鉄板の悲願、事実、美智子さんには当たり前。の意志が強くある。執念です。妄執。我執。まさこもバカなのですが、この皇后は、もっと馬鹿な息子に言及していない。

皇后よりも何よりも、言うまでも無く天皇の立場は重い。そこがまったく無視されている、美智子さんのアタマの中。。

>「私がいろいろなことを皇室のなかで乗り越えられた根っこには、かつてずっと信頼していた方から本当の病と、自分が病と思っているものは違うのですよ、と言われたことがとても強く残っているのよ」

なのだそうですが。これも、なるほど、さすが美智子さま・・・と、思いそうになります。

美智子さんは、上の方に引いた記事中の部分でもそうですが。

まさこさんのかざす錦の御旗 「適応障害」という病気。

病気ならば、どんな名医にもかかり得る方が、それをせず。

病気ならば、適正な診断名を、医師の責任持った診断書を以て示し、適切な治療を受ける。

公人ならば言うまでもないその道筋を通さず、10年以上にわたって、セカンドオピニオンを仰がず(皇太子は不要と断言した)、診断書をさえ示さないまま、逃げ続けるようにお病気アピールだけを続けて来た、これは。

皇后にとっては、病気に障るといけないからと触れずに通して来た(ばかも休み休み言え、の類のへ理屈ですよ、非常に不誠実な態度です)まさこさんの「病気」を。

本当は、病気と思っていなかったのか? の、疑問を生じます。

家族のうちうちの「思いやりな」どどうでもいい、公人です、皇族は。

国民に対して、しゃあしゃあと口にできるようなことか、この「セリフ」は。自分はいい子ちゃんになって。自分は、まさことは違う、乗り越えてきた人間なのよ、と、言っておられる。

卑怯です、皇后さま。


ここ以降、陛下との慰霊のことや被災地慰問のやり方についての美智子さんの「ワタクシはこうして来た」話が続いています。

そこは残念ながら今は置いておいて。

美智子さんがまさこに、実家との関わりについて問うた、と言う話。

>(美智子さん)「小和田家のほうとはどうなの? 妹さんたちは?」

まさこさんは、家族として連絡を取られている旨を話された、と、記事にはある。

>「ご家族という意味では、{連絡を取るのは}良いことではあるけれど、皇室という中で小和田家は特別の存在ではありません。小和田家と、浩宮が育ってきた皇室というのは、文化が違うのですから。皇族の文化の中にある雅子が小和田家と触れ合いを持つという、そういう心構えでなければならないのよ。」

いやいや。浩宮って。

皇后さんは、こうも言うてる。(と書いてある)。

>[私たち皇族は、現代を生きる日本各地に住む人々に心を寄せ、ごく一般的な日本の家々の中にある躾や習慣、伝統と丁寧に関わってゆくべきなのであって・・・

日本に国連大学というのがあるというのを知っていて、しばしば通うということをしているという家庭はあまりないと思わなければ」


・・・。大演説です。どうしたんでしょう、この号の文春誌。面白いけど。

文化。躾。伝統。習慣。ご立派、ごもっとも、でも、服、帽子、靴、ストッキング、変です、皇后さま。お華もお茶も日本の文化。

うたに関しては、以下のごとく。

>「御歌というものは、広く公に向けて自分たちの気持ちを歌うものなのよ。藤原道長が、わが世の春のことを歌ったような、自らのことばかりを歌うというのはふさわしくないのです」

とか。

道長のうたを、どうこう言える方とは思いにくいです。あのうたはそもそも、道長自身のうたとは認定されていない説もありますし。この辺りは、みちこさんのセリフかどうか、どうでしょうね。こういうとこも、ボクシングデーのとこなども、「抗議」のポイントでしょうか。

ただ、今までは牙を剥いたりしなかったようなのが、どこか確実に「必死」なのは伝わります。

で。皇后さまは、「現在でも皇后陛下が折に触れて口にされる小和田家の記憶」を、お持ちだそうで。

>「ご成婚の時、小和田さんは『両陛下から是非にというご挨拶があれば』と言われたそうです。正田家から嫁がれた皇后陛下にとっては驚かれる言動ばかりで、『何度も思いだしてしまうことがあるのよ』と洩らされたそうです。

これは、ネットなどで、「両陛下が小和田家にアタマを下げてまさこさんをもらいに行かれた」とされていることへの、言い訳あるいは反発でしょうか。

東宮夫婦の結びつきについても複雑なことがあるとされていますが、実際に天皇と夫人が、それをしたということは、どうだったのでしょう。単に親としての立場だけでは無いお二人です。天皇と、皇后です。

小和田さんは、こういうことには長けた人であるから、長けた者としての持って行き方をしたのだろうとは考えられます。まさに、赤子の手をひねるような簡単な事だったと思われる。

天皇夫婦に「挨拶」をさせて、小和田氏の美酒は、どんなに馥郁たるものだったかと。

想像すると何とも言えません。やられたなあ。まあ、これが事実とすれば。。。事実だったかな、やっぱり。

美智子さんのセリフには、してやられた、の悔しさが溢れています、憎しみに近くさえあるかも。

しかし、一番やられちゃった、と言いたいのは、言っていいのは、国民ですよ。

なんと浅墓なことを、してくれたんだ、と、歯噛みしてもどうにもならない。

個人的な怨みだけを抱いている立場ではありませんでしょう、皇后さん。

後始末をして頂きたいです。

小和田家に「いい感じを始めから抱いてなかった」(当たり前だとは思う、でも、ナルちゃんが望んだから突き進んだのです。皇室を皇室とも思っていない親の娘を。アタマ下げて、相手がほくそ笑むのを知っていて、もらいに行かれた?。

そういう親の娘が続いたんです。

ご自分もそうでしたでしょ。正田のお母さまは「天皇を敬うようには育てていない」と言い放たれた。

同じようなものではないかと思いますね、しかも正田富美さんの「控えめな態度は徹底していた」話は、疑われることもされず伝説化された。信じさせた、実は、大嘘だったです。わかって来ているのです。

富美子さんは関係者に

。「機械(電話)を通してしか娘と話すことができません」

と、仰っていた。まあ、そういうしか無かったのかも知れませんが。

しょっちゅう家族で実家へ帰り、中華料理を召し上がり。お子たちは先に御所へ帰らせてゆっくりされた。陛下(今上)は、お風呂に入って帰られたと。

取り壊された洋館、あの正田邸には、オンドルが設置されていたんじゃないかなあと、私は考えています。この話は脱線ですが。


軽井沢の別荘にもしょっちゅう。夏中おられたことも。

雅子さんは、実家も、これも軽井沢の別荘も、無くなっているので、結果的に親を婚家へ引き入れている?。まあ、大変。(笑)。


美智子さんの言い訳劇場、ワタクシは悪くない、劇場、続くかな。

今夜はここまでにさせていただきます。

逆襲は、ありますかしらん。(笑)。





スポンサーサイト

コメント

図星突かれてブチ切れ?

KUON様、

文春の記事を紹介してくださってありがとうございます。

「美智子さん、図星突かれて、ブチ切れて、だけど遅いよ、みんなバレバレ。」ってとこでしょうか。

ホントに注意したなら、今更ですし、作り話なら、見苦しい言い訳です。

「20年もほっといて、何してたん?」って感じです。
ホントだったとしても、「アタクシ、やってますパフォーマンス」で、見苦しいったらありゃしません。

ナルヒトちゃんも、軽くてパーで、担ぎやすいミコシなんでしょうね。

だから、利用するのも簡単だから、偏愛する。バカだから。
「全然分からず言いなり、バカだから」
ウルフルズに叱られそうな替歌になりそうです。

いまさらですよ

こんにちは

叱ったのが本当なら、「何故20年間放置したのか」ですし、叱ったとしても雅子は平気でしょう?
言い方が回りくどいし、雅子に伝わらないでしょう。

ここの処、ご自分がバッシングされてきたのでご自身を守る為にこう書かせたのではないでしょうか?
でも東宮職と千代田と両方から、抗議ってなんでしょうね。

もう、何やっても手遅れだと思いますが・・・・美智子さん。

・あさき さん。

ブチ切れた。(笑)。二年ほど前なら、思いつかなかったかもしれないし、そうそう、とも首ぶんぶんで共感はしなかったでしょう、美智子さまブチ切れ! って。

今にして思えば、があり過ぎて、自分をもしかしてヒキョウ者?とか疑ってしまうくらい(嘘ですが)動画や過去の記事の「みてこさま」像が、いかに、いかにだったか。

お孫さんとの交流なんて、ほとんど無かったのですし。写真はありますが(写真にのこすための交流)。佳子さまがお生まれの時の病因玄関での「皇后さまと眞子さまご交流の図」って、いま見ると、笑えるくらい。

美智子さんは眞子さまに近づいて頬を寄せよう、抱っこしよう、なのに、眞子さま、慣れておられない(?)せいか、お父様にはぺた、してるけど、おばばさまカンケーなく、ぴょんぴょこ跳ねておらっるし。

愛子さんと撮られるのに、必死でつかまえたり視線をとらえようとしていうまたこたまと、似ておられます、必死さが。

仲間割れ? 何をどうとりつくろわれても、もう、だまされませんから。週刊誌も、じゃんじゃか、書くでしょう、売れることが大事なのです、商業誌の使命は売れること。まさこさんの使命は居座ること? 美智子さんの使命は、もう、四面楚歌の状態、言い抜けできないとこまで来ていりゅのかなあ・・ここまで来たのにね。

宮内庁の使命は・・・何なのかな、不思議なお役所です。

仲間割れには逆襲撃劇がつきものの気が、しますよね?。



・まりりん さん。

思うことは皆おなじ。

なんで今更。20年たってます。

で、当人たちは「温かくお見守り下さっている両陛下に感謝」とか言ってる。

息子夫婦が、両陛下を、なめてはるんですよね。どうしてくれはるんでしょうね。

今になってああだこうだって、よけいにみっともない。

情けない。

元から断てないで、手遅れ。無惨です、無惨では済まない、ケリつけて下さいよって話です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2777-938f16ef

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (73)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (243)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (37)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (14)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん