KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. うた日記
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

うた日記  Ⅹ  紅筆



庵主さまの生活(たつき)のさまをしのばせて干さるる襦袢の繕(つくろ)ひのあと




塩漬けの桜の花びらゆらゆらと湯にほどけゆく間(ひま)のやさしさ




さまざまのかたちの別れ秘めながら人は素知らぬ顔をして生く




夕づきて開く店あり待ちをれば港を低く海鳥の飛ぶ




ウェイターの靴音もいと静かなりひとり港の夜景見をれば




ゆるやかに岸を離れてゆく船よ諦め上手になりたりわれは




淋しさの濃ゆき朝なり逢ふひともあらねど新しき紅筆おろす




。。笑われてしまうと思いますが、私は、コメントの際のHNのおしりにくっついている数字やらアルファベットやら・・「変数」とかいうらしいものを、どうやったら無しにできるか、ずううううっと、わからないので悩んでいます。

ホントにそれが、わかりませんのです。

何度もどこもここも必死で調べて「わかりたい」のですが、わかりません。

うわああんと、泣いたろかとも思いますが、泣いたってわからないのですよね・・・くすん悲しい。情けないです。

むかし、一度はわかったのでしたが、メモを失くして、つまり今は、わからないのです。

どなたか教えて下さいと、お願いしてもいいのでしょうか・・・。




スポンサーサイト


  1. 2016.01.13 (水) 11:55
  2. URL
  3. ぶんこ
  4. [ edit ]

KUON様
うた日記の更新ありがとうございます。

胸にジンとくるお歌ばかり…しかも詠まれた光景がくっきりと目の前に浮かびます。
同じ海鳥の歌でも、KUON様のお歌は時間の経過と磯の匂いまでが感じられます。
海鳥と英霊を重ねる技巧が鼻につくあの歌からは、磯の匂いも潮風も感じられません。

パソコンの技術は全く分からず、役立たずで申し訳ありませんm(__)m
  1. 2016.01.14 (木) 22:08
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・ぶんこ さん。

いつも感想をありがとうございます。

自分のうたを「つたない」とか「恥知らずにも」とは言わない言えない、傲慢とも云われるKUONですが、心を汚さないように、汚れたら素早く洗うように(笑)、たまには汚れも楽しんで、もう少し、うたを残して行きたいと願っています。 

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・