Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE

何や、悲願で挑戦ですと。




世も末や、飽きもせんと脱力どす。

一応引かせてもろときます。

「ほれ、こんなんおますのえ」

と。アホらしワールドに巻き込む気ィは、おへんのやけど。

ときどき赤字で突っ込みましょ。黙って聞いたらんなんことおへん、こんな話。


回復傾向にある雅子さま 「ヨーロッパ周遊」の現実味

週刊女性PRIME 1月6日(水)5時0分配信


'02年12月にオーストラリアとニュージーランドを訪問した1年後に、雅子さまは長期静養に入られた。

皇太子妃雅子さまにとって、“皇室外交”とも呼ばれる皇室の国際親善は「悲願」というべきもの。

何が悲願やアホらし。国際親善が聞いてびっくりや、恥かかんと行って帰れるとお思いやすか。な~んにもわかってへんよって、いっちょまえのことも妄想おしやすか。

'02年12月にニュージーランドとオーストラリアを公式訪問される際に雅子さまは、

「外国訪問をすることがなかなか難しいという状況は、正直申しまして私自身その状況に適応することになかなか大きな努力がいった」

とも語られ、海外訪問にかける「思い」は強い。

ばかを見たけりゃあの動画見なはれ、の情けない姿やった、まさこはん。カイガイへも行かせてくれへんおうち、見極めついたやろに、はよう出て行かはったらよろしかったな。

「外交官の父をもち、雅子さま自身も海外生活が長く外務省出身であることから『適応障害』の療養中でも、海外でのご活動は比較的、負担が少ないのではないかと言われてきました」(宮内庁担当記者)

どこぞのお人がそんなん言うた。まさこの負担なんかどうでもよろし、何を言うてはりますねや、お国のためにおいでる人ですえ、外務省が聞いて呆れる、ふつうの日本語も喋れへんのに。、あれでは恥ずかしいて出せしまへん、勝手に主語を「まさこさま」とか、関係ないとこへ持って行ったらあきまへん。

ヨオロッパであのひとが、どんな目ェで見られてるか。まさかわからんとはお言いやおへんな、宮内庁。


久々の海外公式訪問となった'13年春のオランダでは主治医も同行したが、昨年7月のトンガの際は同行なしで、予定外のお出ましもされた雅子さま。

まあ、まともなお人やったら、オランダ、いうて聞いただけで、引っ籠って、出て来とおない、恥ずかしいて思い出しとおない、になるとこや、あのお人は、まともでも普通でもないとは、わかってやけどぉ。

トンガ。何しに行きやした。(笑)。


ある東宮職関係者は、こんな見通しを披露する。

「外遊が実現すれば、同じ欧州なので、ベルギーとイタリアは同時のご訪問になると思われます。

となると、途中で、王室との親交が深く雅子さまのご両親が住むオランダや、フランス、ドイツなどを周遊される計画が持ち上がるかもしれません。

欧州といえば、昨年のフランスでのテロ事件が記憶に新しいですが、その直後に、皇太子さまは標的になっていると言われるニューヨークをご訪問。両陛下のフィリピン行きも変更がないようなので、安全が確認できれば可能性はあると思います」

うふふ。奥歯にものがはさまった、いうんは、こういうもの言いどすやろな。

うまいこと肝心なとこぼやかして、そんな具合に行くわけがおへん、いう言い方、してやね、(笑)、この宮内庁の関係者たらお言いやすお方。

外遊なんかおへん。

そうお言いやすのやな。

行ける訳おへん。

行かせてたまるか、どすわ。

なんであのお人が、どこへ、何しに、アホも休み休み、いうとこどっせ。

どこのどなたや。宮内庁関係者。ああおかし。おっほほ。堪忍どっせ。


ヨーロッパ各国を訪問することになれば、雅子さまのお身体への負担も気になるところだが……。

いいえ、気になんかなりまへん。

行かれへんよあのヒトは。何を言うてはるの。行けるもんなら行きなはったらよろし。

やれるもんならやってみよし。スイスもアメリカも、けっきょく、行かれんかった。騒いだることも無さそうな。


「雅子さまは、'13年のオランダや昨年のトンガ訪問で自信をつけられたのか、国内でのお出ましの数も増えました。

 したがって今年は、数か国の訪問に挑戦される意義はあると思います」

挑戦、やて。外国へ、訪問する、それ、挑戦、どすか。意義どすか。

なんともまあ、品下った話どすな。お妃さんが。今に始まったことやおへんけどな。


そう話すのは、皇室を長年取材するジャーナリストで文化学園大学客員教授の渡辺みどりさん。

渡辺さんは、雅子さまにとって、こんな“好条件”もそろっていると見る。

「昨年の夏に就任した東宮女官長は元在中国大使の夫人とあって、国際事情にも精通し、雅子さまのいいサポート役になるはずです。

長女の愛子さまも成長され今年は中学3年生で、雅子さまの手を離れてきているようなので、ご夫妻が不在にしても心配はないと思います」

このお帽子はんも。美智子さんの帽子に比べたら、帽子だけはマシな気ィもおすけどな。

このお人そのものが、ええことおへんわ。

じゃまになるお人や、て、うちは、思てます。どうでもええこと、どころか。ややこしい話にしかなってない。

愛子はんが雅子はんの手ェを離れてる、て。養育係何人いてる。

小学校へ通てはる親王はんのそんな話は、出てきたことおへん。二親はんがご公務やて、どんだけお家、空けはっても、健気にしといでるのや。しっかりみっちり、お育ちになっとりやすのや。見てたらわかります。

ほんまアホらし、愛子はん言うたら、実体やて今、よお、わからへんようになってんのに。こわい話や。写真で歯並び比べて見てみたら、ぞおおっとしますえ。酷い話や。信じがたい醜聞でっせ。呑気に、何が悲願や挑戦や。

ええかげんにしよし。

何もでけへん、どこへも行かれへん。何にも期待されてません。

猿芝居。おっきな猿やこと。




.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以上。

スポンサーサイト

3 Comments

カエル  

お久し振りです。

雅子さんがしたいのは、皇室外交ではなくて海外旅行です。
それもとぉーってもバブリーな。
お付きが何でもしてくれる、自分はちょっと顔出すだけでいい。

そんなの絵本の中だけって気がつかないんですね。

2016/01/10 (Sun) 09:09 | EDIT | REPLY |   

lavinia  

外遊というか外商

KUONさま、今晩は。

最近、でれでれ草さまやら伏見さまやらのブログの読みすぎでしょうか、ますます疑いの眼差しで皇室を見ている今日この頃です。

お金がなくて、あれこれ叩き売りされてるそうじゃないですか。
盆栽まで売り飛ばしたって、職員の方々が丹精込めてお世話されているのを本で読みましたけど。
日本より、ヨーロッパのほうがバレにくいから、「ナルちゃんたち、行ってきて頂戴な」じゃないのかと。

日本の宝であるティアラを売り飛ばすなんて、普通の日本人には考えもつかないことですが、当のご本人たちが「どうせ無くなる家なのよ、ティアラなんか要らなくなるから売っちゃいましょ♪」みたいな考えならば、そりゃあとうの昔にありますまい。

むかつく。

2016/01/10 (Sun) 18:59 | EDIT | REPLY |   

KUON  

No title

・カエルさん

お久しぶりです、今年もよろしく。

よくいるんですね、とにかく「海外へ出た」くて、空港をうろちょろしたくて、帰国の時にあのドアからなんとな~く慣れてる風に出て来たい、カートの上にどっさり載せていたい、ひこーきの中でもビーサンだったのよ~、みたいな。空港大好きなヒトビト。それしたいだけで、どっかへ行ったり戻ったりしてる人たち。

何しに行きたいのかわかんない。(笑)。

またこたまは、何しに行きたいのかな。どうでもいいけど。

海外へ行きたい、ああそうですか、止められませんね、離婚でもして自由な身になって、自分のお金がおありかどうか、とにかく、勝手に公費を使わなきゃ、どこへ行ってもいいんじゃないですか。(笑)。

宇宙の果てでもいい、バミューダトライアングルのあたりでも、おけーですわ。平和の大切さを訴えるために、身を挺してあの、あのあたりへ行ってもいいっすよ、元・ひでんか。

今の雅子さんが何をしても、身になることなんか無いですよね。行って見下されてニタニタして来るだけなら止めとけ。

命令したい。止めとけ。引っ込んでろ、まあ、行けないと思います。行きたい気持ちだけはわかった、誰が、そのアピールで書かせた記事か、もうそんなんも、どうでもいいですね。

ホント、疲れさせる能力はものすごっく高いまさこさま。

皇室外交。そんな言葉ありませんって。秋篠宮両殿下がなさってるのは、親善です。バカだからわからないのですね。

疲れますね・・・・・。



・lavinia さん。

う~ん。

何とお返事しましょうか、難しいコメントですよ。

でも下さってありがとうございました。

2016/01/10 (Sun) 20:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment