Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE

うた日記  Ⅴ





・埋み火のごとく遥けき思ひ出の胸にある日よ北はまた雪

 ・うずみびの ごとくはるけき おもひでの むねにあるひよ きたはまたゆき




・山茶花のもう若からぬ花びらが降る白雪に揺れつつ赤し

 ・さざんくぁの もうわかからぬ はなびらが ふるしらゆきに ゆれつつあかし




・昏れてゆく空と海とを見てゐたり波の音にわが撫でられながら

 ・くれてゆく そらとうみとを みてゐたり なみのねにわが なでられながら




・いか刺しの甘きを噛めば優しかりし半白の髭の漁師偲ばる

 ・いかさしの あまきをかめば やさしかりし はんじろのひげの りゃうししのばる




・奥能登にしみじみ雨の降りそめていか釣り舟の灯りも滲む

 ・おくのとに しみじみあめの ふりそめて いかつりぶねの あかりもにじむ




・波のおと風の鳴るおと漁火のもはや見えざる海茫々と

 ・なみのおと かぜのなるおと いさりびの もはやみえざる うみばうばうと




車窓より指に辿りし水平線ふっつりと消ゆ能登よさよなら

 ・しゃそうより ゆびにたどりし すいへいせん ふっつりときゆ のとよさよなら









スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment