Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE

うた日記  Ⅲ





・ポケットに封切りしままのひと箱の煙草を残し父は逝きたり

 ・ポケットに ふうきりしままの ひとはこの たばこをのこし ちちはゆきたり



・頬のあたり稚さのこれり着流しにソフト帽これわれの父親

 ・ほほのあたり わかさのこれり きながしに ソフトばうこれ われのちちをや 



・兄よ兄よと深夜の道をわれを背にひた呼ばひつつ叔母は駆けたり

 ・あによあによと しんやのみちを われをせに ひたよばひつつ をばはかけたり




・背負はれて着きし深夜の病室のただ白かりきそれのみの記憶

 ・せおはれて つきししんやの びゃうしつの ただしろかりき それのみのきお<





・薪割りてをりて脾臓の破裂して三日後の死を 知りしや 父よ


 ・まきわりて をりてひざうの はれつして みっかごのしを しりしや ちちよ 






・家にてはしずけき夫重症の肝硬変は外に育てぬ

 ・うちにては しづけきおっと じゅうしゃうの かんこうへんは そとにそだてぬ




・片方のカフス匂ひの濃きパイプ記憶茫たる父の遺品に

 ・かたっぽのカフス におひのこきパイプ きをくばうたる ちちのゐひんに




・汽車ぽっぽをわれに見せむと遠出せし父はほどなく病みて死にたり

 ・きしゃぽっぽを われにみせむと とおでせし ちちはほどなく やみてしにたり







スポンサーサイト

2 Comments

ハシビロコウ・ウナ  

やなぎやのポマード

お早うございます
匂いは覚えております・・・

少なかったのですけれど
数回の肩車が記憶にあります
親を想ってののおうたに
こみ上げてくるものが
あったりなかったり

親父の数少なかった肩車は
多いと
有り難味が薄れるとでも言いたかったのでしょう
オラ、同じように餓鬼を育てました
あはは。

2015/12/26 (Sat) 03:36 | EDIT | REPLY |   

KUON  

No title

お返事遅くなりました。

ウナさん。

やなぎやのポマード。私の記憶のポマードの匂いは、丹頂とかいうものだったような・・。なにもかも、淡い記憶です。五つで死に別れました。

ウナさんも早くに、でしたか。父親を喪うと母親が倍、頑張るケースもあるようですが、わたしの場合は、父を亡くして母をも失った気がします。母なりに懸命だったと今は思いますが。私よりでも、二人の姉の方が苦労しました。ここ数年、ようやく姉妹らしい懐かしさや愛おしさを感じるようになりました。

わたしは、淋しかったので、大甘で子を育ててしまいました。(笑)。

2015/12/30 (Wed) 19:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment