KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

わたしをだれだとおもっているの。




薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク ナニゴトノ不思議ナケレド

                                北原白秋


三代前いや四代前の祖の出自、名前、不明としても 

といあえずアレ今あるはつまり 父があり母がおる。ということ。

にんげんの体はにんげんから生まれ出る。あたりまえ。

生まれた体はにんげんの形 まさこも例外でなし、そうだった。

父親はあれだな。


いささかのオツむの良さを唯一の武器に ひとを利用し 媚び へつらい 無用となった者を容赦なく蹴り落し

おっとそれらはある種のひとたちのお家芸 そこをあまり突っつくとブーメランは自分に返ったりもする  (笑)。 

なんといってもひさしには背景が無く てもちのタマもなく

汚い世の中をきれいに見せながらうまいこと泳ぐすべを伝授してくれる

「おじいさま」や 「おじさま」に縁なき者であった  悔しい思いも重ねただろう いや同情などはいっさいしないが

性格はねじくれたか 必然として 

自分のプライドと現実の折り合いの困難さに疲れもしたかもしれない そんな繊細さには多分 無縁  絶対に 無縁
 
力をたっぷり持つ者にすり寄るしか無かった、 生まれつきの「ええし」でなかった、ひさし

国を貶め国を売りその先で

あのさんざんの出来に生い立った娘をコマに野望の最終仕上げにとり懸かった 

凄まじい目をした売国奴 卑し 否 ひさし

皇室の中に娘を押し込めようとする身が

墓の無い家が どこやらの墓を調達して斜めにぶち立ててのいっちょうあがれの墓参ごっこ

念珠さえたずさえぬ手を墓石に向かって突き立ててしゃあしゃあとした顔つきで詣でたフリしたその娘は

人前で目を剥きベロベロと舌を出し皇太子があたしにこんなこと言ったのよ~と

言質ばらして恥じ入るそぶりも見せぬそんな娘であったが  

恥を覚えぬことが一番の特徴ではあって

惨状醜状目を覆うばかりの自称今でもとーぐーひ 本当はもう「終わっている」。

もう手綱を解いてあげたらと 心ある者の少数派は願ったりもする

違う

手綱は当人の望み  無くなったら直立も出来なかろう とは余人の感想

もう遅い

実感。


母親も負けず劣らず立派なものだった

あの会社の名誉会長の一人娘  

結婚式に特注のフランス製のレースを仕立てさせてまとうなどお安い御用だったその耳に

遠きかなた 猛毒の海に芽細胞から侵された 手足のくねり曲がった無辜の 黒い目を持ったにんげんたちの

声も嘆きもくちびる噛みしめて耐える無言の    そう呪詛 呪詛も

届かないし関係無かったし

何としても這い上がりたい餓鬼道を行く夫とつるんでは

みごと完璧に俗物道まっしぐら 嘘ついて押せ押せでたどりついた娘の婚約、その祝いの蘭の鉢さえ

持ち込んだ花屋に換金を持ちかけた  よその花屋のそれもコミで持ちかけた

パーフェクトな完全無欠の拝金主義者 唯物論者

皇室 神道 何よそれ気取ってもどうやってでも入ってしまえばどんな支払だって問題ございません

国民の手本になる立派な夫婦にと  仰ったかな手本せっとういちみのチュウ侵蔵

父親と母親はそれ


俗と欲とが一致して 一見なかよく睦まじげの

ひとでないようなあの夫婦の 中に生まれて

「あさがおのたねをうえました

まいあさおみずをあげました

となりのこのうずめたたねが わたしのほうへのびてこようとして

じゃまだし うざいので あっちへゆけとぎゅうっとおして

かぜのつよいひに いまだとばっちりはんだんして(これはおかあさまがほめてくださいました)

おれそうなかくどにおして ついにわたしはやったのよ

じんせいにはなによりようりょうがひつようだと

おしえてくださったおとうさま

わたしのはならびだって うまくやればけいひでおとしてなおせたはずなのに

はいったら かえるものはかえるだけかって ひとりじめしていないでまわすのよ

かんきんしやすいブランドでないとだめよいみないから

と とってもごうりてきでせつやくじょうずで あかいはねのぼきんなんていみふめいのものでも

「そんなかねはださないよ」

わたしのりょうしんのいけんはいっちするので かんどうします ひとにいうときも すっきりいえるのでことわりやすいし

じぶんのおかねはだしたらまけ

ひとのおかねをじょうずにつかう

おかねがたりなければ かんきんできそうなものはする

そんなことあたりまえではありませんか それをしないのはばかですよ

ひとのおかねでなんでもかうせいかつが りっぱで よくやった で いけてる のです

こういうやりかたや じぶんしゅぎのにちじょうを はたから

いやがっているひとには、もっともっとしかけていやがらせてやります

わたしにさからうなんてとんでもないこと

わたしをだれだとおもっているの  と

はやくはやくびしっときめられるようになりたい

おとうさまやおかあさまや  いっしょにくらしているおばあさまのおっしゃることをよくきいていたら

いちばんえらいおんなのひとになれるらしいのです

そうなれたらわたしは だれにももんくいわせないように しっかりあつりょくかけて

やりたいことだけやっているまいにちをおくりたいとおもいます

がいこくへゆくにも もうエコノミーなんかようはない せんようきです

ぜいかんだってふりーぱすです

おかねのもちだしせいげんがくもありません いるだけでてくるし いるだけつかえるのです

わたしにねうちがあるからです

おふろもきらいなので  はいらないでいようとおもう

かみもあらいたくない したぎもまいにちすてればいつもあたらしいものがつかえます

さいこうのおんなになりたい

いちばんつよくてえらいおんなになる

きっとそうなるでしょう

おとうさまやおかあさまが、わたしを、そんなふうに、そだてたから


ぴざのでりばりーだって、したいだけできるのよ

こどもはめんどくさくてうるさいしうむときはいたいらしいし、ふりょうになったりしたらめんどうみきれないし、ほしくないのでうみたくないです

わたしがうまなくたって よのなかには いっぱいうむひとだっている

わたしはちてきなおんななので こをうんだりそだてたりはむいていないきがします

ねむくなってきたからねるわ。

そうそう、まいあさはなにみずをやれなんておうぼうだとおもったから、やりませんでした

ときどきはゆうがたおきて、しゅ~んとなってるのにみず、やったけど、あさがおはおおきくならなかった。

ざいあくかんはないいですかとせんせいにきかれたので、はらがたちました。

はなのせわなんか、わたしはしません。

ねむくなったらねる。

それがわたしにふさわしいでしょ。

わたしはそれにふさわしいおんな。

わたしをだれだとおもっているの。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
















スポンサーサイト

コメント

ちがうよー桜ふぶき

まさこのことだよー

すごいわまさこちゃん。

まさこちゃん、あなたのおとうさまってすごいのね。

とけいって、うるときいちばん「かんきんりつ」がいいらしいの。
中村うさぎっていうひとがまえにかいてたわ。
ほうせきよりとけい。

ぶらんども、「こうかかいとり」っていうの、エルメスとかシャネルとかだもん。
さすがね、くびにまくスカーフまでシャネルだったわねまさこちゃん。おしゃれより「かいとりかかく」よね。しっかりしてるわ。

まさこちゃんのは。
なおすのにけいひがつかえなかったのね。
たかいものね、きょうせいひよう。
がちゃがちゃのはでも、こうたいしひになれたんですもの。おとうさまはただしいのね。

まさこちゃんは、りょうしんのいいつけをよくまもっておおきくなったのね。すごいわ。

友達の旦那さんが20年位前に

飛行機の中で「私を誰だと思っているんだ!」ってCAのおねえさんたちに食って掛かって、大騒ぎしている父親を間近で見ています。
このタイトルのまんま。こんなこっぱずかしいセリフ、よく言えたものですね。
話す言葉も態度も本気でイヤな男だったと。友達の旦那さんは外国人なので、父親が誰かなんて知らなかったけれど、知って余計にびっくりしたそうです。
普通に考えたら騒ぎを起こせば嫁に行った娘に迷惑がかかるから、グッとこらえるのが親心ってものでは?
朝鮮の人だから火病を起こしちゃっているようですね。理性で止められないし、威張るしか能のない人だから。

これからケケケ&桜ふぶきペアで活動するの?
あらぬ噂がたちまっせ。あぁやっぱりと

No title

こんばんは、お寒うございます。

・うりまま さん。

電光石火の早業で、花丸回答。ありがとうございます~。

ひと間違いにもほどがある、何でも言えばいいって文化はこの国には基本的に無いのでおじゃりますが。(笑)。またいらして下さいね。

・laviniaさん。

おほほ。

中村うさぎも言ってみれば〇カですが、愛おしいタイプのば〇ですし何より、自分を削って自分の身いっちょで勝負している潔さがありますな。税金滞納してネチネチやられていても、民の国税で、うさぎのストール一つ、買っておりません。死にかけて倒れてすぐに、連載パーにしても、どっこい乞食根性は一ミクロンも持っとりません。

そうです時計はイケます。私も実は、ブルガリ売りました。ロレは好きでなかったので、惜しくは無かったが、今は腕時計いっこも持っていない、不自由しない。(笑)。えるめすもびとんも売った、それ以外は売れにくい、えエルとびとんは換金はし易いです。びとんなんか、猫がかじった品でもそれなり~です。

そういえばあの某まさことやらは、自分も娘さんもなかなかの時計してますな。

仕事もせず学校も遅刻常習(事実はやはりそうですのよ)で、何のために腕時計が要るやら。あ。一つの品を愛用って感じも皆無な方々で。換金用に、お買い上げ。



限定ブランドしか換金は難しいですね。なんで知っているかとゆーと、会社が倒産したので、必死で金策した時代があったから。ものの値打ち、考えましたねあの日々に。いまはもう、ブランド志向も無し、無茶な金策の用も無し、で、うるさいハエがブンブンする以外は、しあわせな日々ですわ。

廃太子・廃妃を祈願します。

捨て扶持あげてもいいそれくらいはまあ、仕方が無い、とまで、譲歩しておりますのにね。


・きく さん。

そうだったのですか。

あの方にはそういう話がついて回る。傲慢な缶切り氏は、娘のことさえ実は考えられないと言うお粗末ぶり。

わたしの知人は、例の、入内の少しあとに缶切り氏が、歌舞伎座の座席でオオミエ切って失笑かった話の、その場にいた話が持ちネタです。三回くらいは聞きました。みんな・・・・・だったって。こわいもんしらずのお方のようです。ヒトの口がどんなにこわいか、ご存じないか、そんなはずはない単になめとんのか、って話ですね。(笑)。

それを語る時の彼女の表情、目のいろ見たら、普通の人間なら生きているのが嫌になるくらいのものと思われます。そんな神経では、あのひと、やっていられなかったのでしょうね。

空漠たる光景ですね。

そもそも敬意を向けられないのだから、不敬のあるはずも無し。

びっくりしますね。




お金っていうものは、有効に使ってこそ価値があるものだと思うのです。

私の家族の方針はオワダ家とは真逆でして、ブランド品など一切買わない母親です。すぐに換金してしまうよりは長くいいものを使う、というスタンスで買い物をしておりますし、かく言う私も有名ブランドのアクセサリーもバッグも持っておりません。
余談ですが、日本人が海外でそれとわかるブランド品を持って歩いていると、必ずひったくりに遭います。これは一般的な話ですが…。

それよりも、健康的であることには多少費やします。
私は子どものころ、歯並びが悪く、心配した親が矯正をさせました。
また、適度に運動をして、適正な体重を保っています。

お金は魔物、なのかもしれません。
使い方によっては身を滅ぼす。

今回のお話はいい反面教師になりました。

No title

・HN今回はなしで、さん。

ええ。

この方のコメントは頂きたくない、の意志で以て、拒否しているのです。意思表示もさせていただいております。あえて失礼もしたくない、何より気分が壊されるのがイヤです。あちら様は私の気分がサガれば、やったぜ、とお喜びなのでしょうかしら。

何度も拒否しています。「拒否中」と、扱いが明記されて出ても来るのですが。

わたしは実は、恣意に何かを「さらす」ことは、好まないのです、でも世の中には仕方のないことも、おますねなあ、これが。吐息。

私がメカおんちなので「拒否が拒否にならない」ので、さらされている方が出現しているのか。

ふと、T宮家にはパソコンが50台あるという話を思ったり。

最近、ぢつは70台あると聞いたり。

それ買ったのも税金からですよね。不思議ワールド。


hortenciaさん。

仰ることはその通りですと思います。

ただ、今回の話は、基本的には、今まで知り得て来た現実をベースに書いたものであって、事実がベース、実際にあれこれお持ちのばらんどばっぐをお見かけしての(しかも長年お使いの形跡も無し、公的な宝飾品に対する疑惑は、わたしのへたれブログを読んで下さっているのでご理解の上、と思いますが、あくまで

まさこひとやらを軽蔑する心から、発しているものです。

言うまでもない、警察調書のようなものではありません。

まあ、警察も動きたくないので無視していて(するしかなくて?)、ヤフオクのようなことにもなっていることも、ご存じと思うのですが。

重い気持ちで書いていますが、できれば笑いながら読んでいただけるといいかな、と。

あの一家に関しては「お金は魔物」なんて、一般人レベルのカワイイ話ではないと思っています。私は別に、ブランド品をけなす気もないし、好きなブランドはあります。

よろしくお読み取りいただけたら嬉しいです。

職人さん方の誇りと技の結晶である品の似合うおひとは、すてきと思ってゐます。そうでrしょ?(笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2719-1f5ae3f8

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (78)
ゆれ・ふら・とーく (139)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (63)
今の思い (259)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (6)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (90)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (58)
おそろしいこと。 (57)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (2)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (38)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (19)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)
うたのおべんきょ。 (6)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん