今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

好きに暮らして、お好きに呑んで。



皇太子さまがビオラ演奏 客席に雅子さま、愛子さま






 皇太子さまは13日、東京・目白の学習院創立百周年記念会館で開かれた学習院OB管弦楽団の定期演奏会に出演し、ビオラを演奏された。妻の雅子さまと長女愛子さまも客席から鑑賞し、演奏が終わると大きな拍手を送っていた。

 曲目はブラームスの交響曲第1番で、皇太子さまはオーケストラの一員としてステージに上がり、約40分にわたり真剣な表情で弾いた。

 皇太子さまは夏と冬の年2回、定期演奏会に出演している。


(共同)



皇太子さんは、よんじゅっぷんもの長い時間、ひとつのことを続けられて、とてもお偉かったと思います。

えらい、えらい、ぱちぱち。すっごい集中力ねって。幼いころから、いつでも何をしても(しなくても)ご立派ですよ流石未来のてんのうへいか、と誉めて撫でてお顔覗き込んで、知らずのうちにシンプルナルたまを、天まで思い上がらせて下さったあの慈愛モード全開のお方、とは断言しませんが。

ナルたま命、で、お褒め下さる方が、徒歩圏にお住まいなんですもの、いらっしゃいますね、きっと。

今日の動画も何度もリプレイ。

まあこの子ったら、こおんなに短いずぼんはいて。いえ、はかされて。皇太子なのに。中身はともかく、ズボンの丈まで短すぎるって困りましたね。とか。すぐにお電話? お叱りの? お呼びつけに?もちろん息子夫人にはクレームありません。御所には50人もの人が働いているのですからね、まさこさんがナルさんの身の回りその他に気を配るなんて。無いですからね、初めからお叱りの対象ではないですよ、きっと。夫人は。

当たりどころにあぶれられても、まさか、いくらなんでも、皇太子の短すぎるずぼんの件では、弟殿下の妃殿下に、苦情叱責エトセテラ何も仰れないでしょうね。

道理で申せば、そのはず。ですよね?。

お怒りはしかし、いかがなものでせうね、だって陛下にしたって。市井の一ミジンコKUONごときが申すもはばかられますが。

このところお見かけするお姿、カジュアルというかどういうか、ノーネクタイ、シャツだけ、しかも天然シワ加工(なのか?)。なかなか、相応の手をかけてもらってる旦那様のイメージには、日暮れて道遠し、の感あり。

世界一とかの旧家。比類なき名家。と伝わっている、そのお家の、ご当主であらせられる、陛下。

シャツだけ。海外の慰霊の折りも。静養中に奥方を肘にぶら下げてお歩みの、そのままのお姿。奥さまはアクセサリーもフルスロット。でございます。言葉、間違っていますか?。



考えてみました。

動画に見たナルたんのずぼんが、皇太子なのに、なんでここまで寸足らずなのか。

例の袋のせいではないと思われます。それはそれで、喜ばしく存ずる次第ですよね、皆さま?。

お座りですし。舞台上ですし。うっかりすると、心配なんぞ、してしまうところですからね。



「妻の雅子さまと長女愛子さまも客席から鑑賞し」って。

まさこさまは「東宮妃」と呼ばれることが、大好きでいらっしゃるらしいのに、表記が「妻」でいいのかしら。

ベルギー訪問の折りの夫婦が、まさかのお皿取り替えっこ、なさってご飯食べてびっくりされた、あの、上等のレストランの過去客プレート。

「日本の皇太子とその妻」が来たと、記された、あのプレートと、つまりは同じと考えれば、わかり易いかも。妃殿下認定は難しい方。(笑)。


ブラームス。

子守唄、知っていたな、覚えていました大きくなるまで、ブラームスの子守歌。五つで死に別れたぱぱが、私に、気取って唄ってくれた中の一つだって聞きました。それ教えたままも、相当のお気取りさんだった?。 気取りん坊だったという(ちょい恥ずかしい(笑))ぱぱ、顔も覚えておりません。写真の中では、中折れ帽かぶったり洒落たジャケット着ていたり。家の中での姿知りませんから、美化されまくり。(笑)。いま急に思い出して。思い出しただけです、感傷も無い・・・。

ナルさまの「ビヨラ」。


とおいむかしから、やんごとなき方々は、楽を奏で舞いを舞い、かの光の君なども、幼なじみの貴公子とお二人にて、

はらはらと花の舞い散るさなかにて、明るい光のもと、華やかに美しゅう、舞いに興じられた。青海波。よかったやろなああ。


居並び眺めるなかには、御簾にひそまってツマだっていたでしょう、ようやくうたを交し合う仲になった通うようになった、隠しておきたい、当分は飽きなさそうな・・。

皇子の正妃は、あるいは美の方面ではややもして遠くあるとも、食べ比べに勝てるお方にあらずとも、いならぶ人々にフツーに一目置かれる存在では、あられたはず。

平成の世の皇子さまのそのあたり、なんだか貧相でがさつで、みやびな感じが皆無です。お美しい宮家、という存在だって、実際、存在し得るのに。

東宮さんちはありがたみに欠けて。

あ。ホントのことだから、石、投げて来ないで下さいね。


まあ、四十分。今年はお嬢さんの大きなお声も中座も無かったと、きちんと報告されています。

ご本人のために、だけでも、よかった、と、思いました私。

40分の演奏の中の一員。

ナルたんが夏の終わりかられんしゅうを重ねられた、おたた様のお勧めのあちらや、こちらや。

をちこちへお出向きになられないままに、ひたにブラームスのビヨラのれんしゅうに通い詰められ。

おけいこ終了ののちは、人工の光あふれる夜のまちへ、お仲間の皆さまとお繰り出し遊ばれ、

やあやあ今日も楽しかった有意義だった大義であった。

家にいなくてもよかったし、開放感ってこうだよね、これっていいよねえ。

ささ、堅苦しく膝を揃えていないで、一献、共に傾けようではありませんか(こんな喋り方しませんよね。ついふざけてしまいました)。

呑むほどに酔うほどに、ご機嫌うるわしくあらしゃりますか。

女性の話はありませんでした、今まで、東宮さま。

目で眺めて目で凸こんなんなる、こころの内部でのお楽しみの様子は、いささかは漏れ伝わっていましたが。

最近、耳にとまったお話、ナル様もつまり、出雲のご嫡男であらせられる麿顔のマロさまと、趣向を同じくされるお方???であると。

あったと。

笑う気にはなれません、それだって、昔から「あり」だった話。

衆道とか言うのですよね。BLなんかでは重要なテーマであるとか。知ってる。(笑)。私も、自分がもしもおとこだったら、そっちへ行っていたかも知れない。何となく確信があります。

麿顔のマロさんが、新宿のあのあたり(どのあたり?(笑))で、人気者だったのは知れた話。

私が聞いたところでは、いまはパリにお住まいだという、あの国のあの長男氏。ジョン、までは同じ、その後が「「ウン」でない、「ナム」である、お腹に天使の輪っかのある(らしい)ナムさんなどが、とてもモテ、のパターンなんだそうで。

何を書いているのか、私。ちょっと指が動き過ぎましたね。


なんでもいいけど、ウツクシイ話とは少し、遠うございます。私が遠くしたのよね。

ごめんなさい。

労働は無し。特権階級だから。どこから湧いて来るかはご存じなくても、お金は使い放題です、ほぼ、そうです。

時間はたっぷりあります。

平安時代のお公家さんがたは、恋に時間や思いやいろんな技巧のすべてを注ぎ込んでいた。

いまのナルたんだって、ヒマになるのが怖くて、OB特権を生かして母校に日参、お仲間に遊んでもらう日々だって構わないんですよね、きっと。

おたたさまだって、そうです。気の向くところへお出かけなさいます。

「制約は多いようですが、おどろくほど自由な」と、あのご次男殿下は皮肉を口にされるようなお方では無い、独特の言い回し、言い得て妙、な感じで、お母上を評された。

そうなのだし。

ナルたんが、ビヨラに打ち込みすぎている。とか。誰も言いませんね。

その後の飲酒用時間が長すぎる、とも。

支払額が増えまさってゆきますが、とも。

皇室の方ですから。言われないし、言われても気になさらない、無視してもいいんですね(おそらく)。

最後にKUONの感想です。

顔色、ひどいです、土気色ってこのことでしょうか。

鬘のことは自粛とします。

顔色、悪いです、とても。

もっともっと、ブレーキかけないで生きて行っていい、どんだけでもお酒呑んでもいいお立場のようですので。

呑んで、飲んで、連続ノンストップ飲酒、すてきですね。鼻の先っぽ手のひら、真っカッカになるくらい。お顔、黄色黒くなるくらい、お腹一面にメヂューサの髪。出て来たらあかん血管が、浮き出てくるまで、お飲みなさいませね。

指が震えてビヨラ、弾けなくなるまで、も、目指していただきたい。

震顫っていうんですよね、それ。そうなっても、私にはちっとも、コタえるもんは無いのですよ。おっほほ。



税理士さんから、来年早々お納めする税金の額を、言い渡されたばっかりの、いまや呆然となってる状態の兼業ばあちゃん、KUONのお勧めでした。

フレーフレーナルたん、いっぱい呑んでね、お仕事お誘い無いからって、別に何の支障もありません。何の期待もされていません、のですから、好きにお暮らしなさいませ、毎日お呑みなさいませ、心からの願いですよ。(笑)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


52才になった雅子さま 皇太子さまとお二人のカラーをご相談



 天皇陛下の傘寿を祝って、昨年初めて一般公開された皇居・乾通り。今年も12月5日から公開され、道の両脇に植えられたおよそ60本のもみじなど、紅く色づいた木々を多くの見物客が楽しんだ。

 その最終日となった12月9日、皇太子妃雅子さまは52才のお誕生日を迎えられた。

《今年も体調に気をつけながら、公私にわたってできる限りの務めを果たそうと努めて参りました(中略)今後とも、多くの方々からのお力添えをいただきながら、快復に向けての努力を続けていきたいと思います》

 お誕生日に際してのご感想にそう綴られた雅子さま。

 お誕生日当日は例年、東宮御所で秋篠宮ご夫妻や他の皇族方から祝賀を受けられ、午前中に天皇皇后両陛下へのご挨拶のため御所へ向かわれる。

「雅子さまは52才になられましたが、同じ年齢の頃、美智子さまは大変多くのご苦労を重ねられました。そんな経験もあり、これから50代半ばにさしかかっていく雅子さまに対して、アドバイスを送られるのではないでしょうか」(ベテラン皇室記者)

 雅子さまが皇太子さまと結婚されたのは1993年、雅子さまがちょうど30才を迎えられる年だった。それから22年――12年にもわたる療養生活を送られるなか、最近の雅子さまはお出ましの機会も増え、着実にご快復の階段をのぼられている。

「雅子さまのご様子を確かめながら、皇太子さまは公務復帰への道筋を模索されています。また、最近は皇室の次代を担うために、両陛下の思いを受け継がれつつ、どのようにご自分たちのカラーを出していこうかと、おふたりで話されることもあるようです」(東宮職関係者)

 今年はトンガご訪問や12年ぶりの園遊会ご出席など、雅子さまにも“皇太子妃”として公務を担っていくことへの大きなご覚悟が感じられた。

 冒頭のご感想に、雅子さまはこう綴られていた。

《皇后様には、心筋虚血が疑われる所見がおありになり、(中略)心から御案じ申し上げております》

「最近、両陛下のご体調面を不安視する報道も続きました。美智子さまは81才、陛下は間もなく82才とご高齢ですから、雅子さまも心から案じられていることでしょう。そんな中いずれご自分が“皇后”となるその日に向けてのお気持ちも新たにされたのではないでしょうか」(前出・東宮職関係者)

※女性セブン2015年12月24日号


耐え難い感覚です。


スポンサーサイト

コメント

顔色が悪いのは

あなたが大好きな秋篠さんですよ。
どこの国の皇太子ご一家のことを言ってるのか… 日本の皇太子ご一家を貶めているのなら
書いていて虚しくなりませんか?
自分に対して自分を嫌いになりませんか?
自分のこと情けなくなりませんか?
ホントにそう思って書いていらっしゃるのですか?
よくわかりません

挨拶もせず名のりもあげない人間に、あなた呼ばわりされる理由も、答える義務も無いです。

だからといって、

名前を知りたい思いもありません。この次の言葉は、ご自分でお汲み取りなさいませ。

一度だけ返事しました、私のセオリーに従って。

もうお下がりなさるがよろしいかと。。





おずぼんの丈

KUONさま こんばんは。

おずぼん、どうしちゃったんでしょうね。
ああいう丈が似合うのは、世界広しと言えども故マイケル・ジャクソンただ一人ですのに。
長すぎるのなら、「ああ今日は秘密靴履いてないんだ~」で済むんですけど。
布地が足りなかった・・・わけないか。ちっちゃいし。

顔色、照明のせいもあるかもしれないけど、土気色だと私も思います。
そもそも肌艶がないですね。


ナルちゃん、お仕事がなくても案外と平気かもしれないと思います。
何年か前だったと思いますが、「暮らしの手帳」に、親が資産家だったので一度も仕事というものをしたことがない方が出ていたことがあります。
男性で、妻子アリ。
家の特集だったと思います。豪邸ではなかった記憶がありますが、素敵なお家でした。

ナルちゃんの周囲は、むしろ戦後大変な苦労をした旧皇族や華族が多かったのではないかと思いますが、仕事をしなくても暮らしていける人も中にはいたでしょうし。

確実なのは「働かざる者食うべからず」とは絶対に思っていないことです。
税金で食べてることは頭にないと思います。

むかつく~~~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

・.laviniaさん。

おずぼん、ねえ。おずぼん関連の話題が多いですねえ.シミとか。ずうっと下の方まで漏れ漏れで、つべたくってわかるのか、お手て両方、おまたの前でパー、ってなさっちゃったりとか。

こんなに介護系の用品の充実している国で、ねえ。

笑う気はそんなには無いです。お病気の故なら笑ってはいけません。わたし幼稚園は中退でしたが、そーゆー教えは受けて大きくなりました。でも、お病気と言うてくれんなら、気遣いもしようが無く。ピタッとしたぱんつだってあるみたいですよ、今は。かつて舅のために探したもん。

ナル、たん、仕事は無くても平気。お金の出どころなど考えもしない、何でも「よきにはからえ」でしょ。権力者(ではないんだが)は、民のことなどは考えません。そういう思考は生まれつきセットされてないです。今は少し、きれいに見過ぎる傾向がある気がします。貴族なんて、日本でもイタリアでも、本質はあんなもんではないかしら、とか。ボルジア。(笑)。


働かざる者なんちゃら、も、自分のことでなし関係無し。それは共産主義者のセリフなので、おたた様などが、教えてあげればよかったかも。しかし都合の悪い理屈には振り向かないで前進、ですね、あの方々は。

宮さまとは、いつもお金に恵まれていない考えをお持ちで、「皇族業者」として、よこす気のあるお金なら、もらってやるにやブサカではない、という、人種ですよね。

養父の家に昔、M宮殿下が数度、お越しになって、養父はお包みを渡す役だったんです。中身も詰めてね。

すっごくアタマの切れる、すっごくやり手で意地悪だった養父を、昔はこわくて嫌いだったのに、このごろ思い出します。

もらいの宮、とか言うていて。息子さんのことも笑って話していました。

あの意地悪を、シャキッと間近で見たいな、とか、思う事あります。ほんとイヤミなひとでした。(笑)。今なら仲良くできたかも・・・



・ヒミツのHさん。

気になさらないで下さい、謝るとしたら、きっついKUONの方ですよ。あの時は、ああするしか無かったので、傷つけてしまったかも。

ごめんなさいね。

お申し入れは、お答えは「はい」です。ウィ・シルブプレ。

どうぞ、どうぞ。(笑)。

東宮連中のカラーについて考えました。

認めたくはないけれど このままいけば あの二人が即位します。

そこで考えました。

あれらにふさわしいカラー
「繋ぎ」ですね。

誰にも 乗っ取られず 国民の神経を逆なでしないよう できるだけ目立たず もう働かんでもいい!

とにかくとにかく 次代の「悠仁さま」につなぐこと。

これができたら上等です。

あれらにそれ以上のことを望んでも無理!

こんにちは、KUONさん

ナルさん、必死でビヨラ弾いてますね。
音が聞こえなくても下手なんだろうなぁと思えます。
弓がカクカクしてるし、顔も必死だし。

私が下手くそなピアノを弾いてる時も、あんな顔してるんだろうなぁ。
でも私は、下手くそなピアノをあんなに大勢の観客の前では弾けないです。
ミテコさんといい、上つ方は凄いですね。

お返事遅れました。


・林檎さん。

寒くなって来ましたね。

あれらの話題もサムいこと、おびただしい。

>認めたくはないけれど このままいけば
> あの二人が即位します。

まあ、そうなんでしょうね。

最近つくづく、あの人たちが「即位する」という意味を考えました。

そうなのなら、私はもう、皇室を必要としないですし。

即位して何するか何ができるかしりませんが、もう、意味のないものに気持ちが向くことは無い・・・と思う。

次次代様に「つなぐ」ということの意味には、考える余地はあるのかも・・・何を考えてあの皇太子がそれを名乗るのか。何をするためにあの女が即位すると言うのか。本気で嫌になって来ました。(笑)。

今はもう無いギリシャ王国の、最後の王様も、堂々と素敵な方に見えました。

繋ぎ。本人たち、何も考えていませんよね。オワるですよね、そうして。行き切るか、神風が吹くのか。ばんばん言いましてごめんなさいね、もうホントに、なるのアホづらに嫌悪感、なので・・・ごめんなさいね。


・ひなぎく さん。

上手とかヘタとかは、まあ、ともかく・・・。

お母さんにしろ息子さんにしろ、あの「したり顔」が、イヤでたまりません。

ナルさんは、いっちょまえにふるまう「振り」だけは、忘れていないんです。あのカクカクも「誠実」だなどと言い触らしまわってきた毒が、あの形で残っている気がします。

あんなもの、見せられてさすが、とは、うちらは言えませんね。

ヘタでもきっと、清々しい演奏があります。

そういうものを、いつも、欲しがっている自分の気がします。

ピアノなさるのですね。きっと、真摯なピアノを奏でられるのでしょうね。いいですね。(笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2714-d8f0bb25

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (136)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (240)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (35)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (10)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


三好達治『乳母車』

母よ――
淡くかなしきもののふるなり
紫陽花いろのもののふるなり
はてしなき並樹のかげを
そうそうと風のふくなり


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


三好達治『乳母車』

母よ――
淡くかなしきもののふるなり
紫陽花いろのもののふるなり
はてしなき並樹のかげを
そうそうと風のふくなり


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん