Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE

悲歌




・腕にねむる仔犬はかくも温ときを 海の向かうに戦はじまる

 ・てにねむる こいぬはかくも ぬくときを うみのむかうに いくさはじまる


・ころすより ころされるほうが いいと言いし 若きらの声届きてはこず


・たはやすく死す人といふ生き物を 撃ちてあやめて果て自爆すと


・理屈じゃない 大切な人を奪はれて泣くよりなくて泣く人を見るは


・定年の夫君と友の初めてのパリへの旅は無期延期なり



スポンサーサイト

3 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/20 (Fri) 11:15 | EDIT | REPLY |   

望郷  

お歌の感想など。

一首目、情勢は異なりますが、ふと特攻隊員の少年兵たちと子犬の、有名な写真を思い出しました。仔犬の代わりに、小さな子供でも当て嵌まりそうな情景です。

ご友人とご夫君の旅行は、大変気の毒なことです。どこなら安全というのはないでしょうが、現在は国家間の戦いでもなく、色々根深い問題かと思います。

また、今上のご様子を注視しています。意識・無意識下での逃避や、思考の停止など、歌会始めの御製は、無意識の意味もあるのかな、とも。まだよくわかりません。

かなり個人的なメッセージ、危うい私見は…敢えて伏せ、要らぬ気を遣わせまして、お詫びします。迂闊によくない方向を招いたら、誰か傷つけたら、それが怖く、ネット使って何を言うか!ですが、自粛します。部分的に、オカルト風や奇妙に扱われるのも、その、抵抗があり...伏せました。申し訳ありません。
ただ、ネット上だからこそ知ることのできる、KUON様、他、集う方々の存在や行動は、考えさせられるだけでなく、励みです。
皇統含め、日本を、祈っています!

2015/11/20 (Fri) 13:01 | EDIT | REPLY |   

KUON  

お返事が遅くなりました。

・望郷さん。

うたの感想もありがとうございます。

特攻に出向いて下さった若き方々の、あの笑顔は、なんとも言えませんね。犬も、死を間近の方の胸で、不安を感じていない様子。
特攻に関する本は、まだまだ読ませていただきたいです。

ここは、自分は子育ては終わった世代、孫も詠みようで甘くなります、ので、温かい理屈なく愛おしく何も知ることの無い、犬に出てもらいました。

すでに世界は、情報戦、経済戦、戦争のただなかにあると、私は考えています、このたびの攻撃も「テロ」なんてもんではない、首謀者が死亡? そう言うしかないよね、との実感です。友人夫婦は、自分たちはいいんだけど、なんらかのプロパガンダの材料にされるのがイヤなのだそうです。

平和は危うい、ころすより殺される方を選びたいと発言していた方々は、いざとなったら、どうでも生きていたい方々の、盾になられるお覚悟、おありかと、怒りをこめて。

2015/11/24 (Tue) 08:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment