Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE

かつて皇室は皇室らしかった・・のかな?。





天皇皇后両陛下は、4日午後、文化勲章受章者と文化功労者を皇居・宮殿に招き茶会を催されました。

 茶会は午後3時半すぎから皇居・宮殿で催され、文化勲章受章者でノーベル賞の受賞が決定した北里大学の大村智特別栄誉教授(80)と、東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長(56)のほか、文化功労者に選ばれた脚本家の橋田壽賀子さんや女優で司会者の黒柳徹子さんらが出席しました。

 茶会に先立ち天皇陛下は、「皆さんが努力を重ね学問、芸術、スポーツの分野で大きな成果をおさめられたことを誠に喜ばしく思います。」と労いの言葉をかけられました。

 茶会は皇太子ご夫妻や秋篠宮家の長女・眞子さまも出席して和やかな雰囲気の中行われ、皇后さまは染織家の志村ふくみさんに「きょうは何のお色ですか?」と着物についてたずね、「いいお色ね」とにこやかに話されていました。<(04日18:49)



ナルさんの後にまさこさん、続いて眞子さまがいらっしゃいました。

皇后さまは和服、眞子さまも和服。まさこさんは、オレンジ色(かぼちゃ色?ハロウィン終わりましたよ?)のスーツに同色の帽子でした。

オランダ国王夫妻の来日の時に、同妃のお衣裳と同じ色で迎えた、あの服と帽子のセットでした。カティシーの手足を間違え、大男の国王に「ぎぶみーキス」とばかり、目を閉じてほっぺた近づけていた、あの恥ずかしい日のスーツですよ。

まさこさん的にははずかしくはない。そういうことなのですね。へー。ほー。あれをヒト扱いしたわたしの負けですね。


女性皇族の衣装は、皇后が和服なら前へならえで和服、だったように思いますが、それは、皇室が皇室であった時代、皇族が皇族だった時代の話、に、なっているのかな。

   ほろびしものはなつかしきかな。

なつかしい、とか。そういうのでもない。

なし崩しにぐずぐずになっていて、もっとなって行って、それでもまさこさまお出ましで、これも「成功体験」、ごこーむ完全ふっかつ、いつだって立后できるわよ~、なのか。

程度、低。

美智子さんは、何も注意しない、注意どころか、誉めてあげちゃうのかなあと、笑ふ。

園遊会にとんでもファッションで出て来る前哨戦。そゆことですか?

失礼なひとたちですね、受賞者さんがたに対して。

雅子さん、よく、あのかっこうで出て来たな。

志村ふくみさんは染色のプロ。ものすごく、対象を見る目の厳しい細かいかた(と思ってます私)。一流と呼ばれる方。

一目で、目の前の目玉ぐるぐる回している皺皺すーつの東宮妃の「ほんとう」を、見抜かれたでしょうね。

身がすくみますね。まさこは気にしませんよね、きっと。目の前の上品な老婦人が、どんな風にものを見ている方か、想像してみもしないだろう。

ヨモギで染めたお着物だったようですが、まさこたんは、ヨモギと聞けば。お饅頭。かな。

そうですね。

紀子さまはいらっしゃらないし。地球の裏側で、連日、皇族のおつとめをなさって下さっています。

佳子さまもいらっしゃらないし。それで「安心」できたのかな。

だから出て来やすいし、らく~にお考えあそばして、着るものは気にしないでいいから、夫婦で出ておいでなさいませよ。

とか。誘われたのかな。皆があっけにとられる中、ご静養のためにオランダ行きを決行・・強行された時。

ご慈愛の皇后さまは、またこたまに

「後のことはいいから、行っていらっしゃいな」

と励まされたのでしたね、思い出した。あの時、陛下は、自分たちは海外へ遊びで行ったことは無い。と。きっぱり、お言葉を出された。あの時は陛下は、まだ、陛下らしくいらしたのかな。

今は・・・そんなご発言は、無いんじゃないかいと、確信しております。

としとると、小さなもめごと、やらかしちゃって、ツマにぎゅうぎゅうにやられることも、こたえる。そういう法則がありますね。

56億円の御所の中にも通じる法則なのかな。

今日はヤケに「かな」が多いかな。


眞子さまお着物、

艶やかに髪を結いあげられ、柔らかい微笑を絶やさずおられ、お気遣いうるわしくお客さまとお話をされていました。

まこと内親王殿下という匂やかな、瑞々しいおすがたでした。

またこたまは、刈り取られたあと、ほうちされていたままのざっそうのようでした。私感です。私感。(笑)。椅子に、どかっと座っておられました、東宮妃。

さようなら~。

まだ?。



このときの服。がっでむ。







スポンサーサイト

8 Comments

わがまま、親父  

座布団5枚

今日は、KUONお師匠、(お歌の先生なので)

それはともかく、文の末尾の一言、がっでむ、よかった(笑い)ついでにビッチ、アス、ホールとすればもっとよかった(爆)

お上品なKUONとこのがっでむ、意外性があって面白かったですよ!!

2015/11/05 (Thu) 22:12 | EDIT | REPLY |   

まなマナ  

目玉グルグルギラギラ

更新有難うございます。

まず、申し上げたい。

眞子様・・・美しい・・可憐・・・清らか・・・神々しい・・

耳の遠い方に優しく手を添えてお話・・その手の平をちょっと握られる・・。あああ・・・可愛い・・・。お目にかかれた方々を幸せな気持ちにさせるお方ですね。

その横のカボチャはもう目玉グルグルでギリギリにらみつけるし。ノーベル賞受賞者のお話なんかぜんぜん聞いてないでしょ。猫背で座っているのもしんどい様子。皇后になりたがってるんでしょうけど、皇后は日本中出向いて式典でじっと座るお仕事ばっかりですよ。特権と金だけ欲しいのみえみえだからほんと廃妃希望です。

M子さん、園遊会出る気でしょうかね。すべての皇族方が素敵なお着物で出られるでしょうから、先日の紫イモスーツで
出たらいいですね。

2015/11/06 (Fri) 09:26 | EDIT | REPLY |   

lavinia  

最早危険物

KUONさまこんにちは。

カボチャ色のお召し物を着込んでるヒですけど、下手に目が合うと危険ですね。憑き物を気前良く分けてくれそうで。
写真でさえ、やられる時があります。宮内庁の職員が務まるのは、霊感がゼロか、同じ宗教の信者だけかも。
眞子さま、お疲れ様です。

2015/11/06 (Fri) 14:46 | EDIT | REPLY |   

KUON  

・わがまま、親父さん。

いっつも「お上品」と書いて下さるので。

三つ指ついてお迎え申し上げましたわ。(笑)。

ご自分のブログでは、皇室関係記事ヤメ?なぜかしらと思いますが、人には人の理由がありますね、きっと。でも淋しいです、笑い転げてお腹捩れることが、よくありましたからね。

ナル・ボンクラノフ・ピーモレール殿下とか。

カバミタイーノ・ネボウビッチ・ハヨウノケ妃殿下とか。好きだったなあ、ああいうの。遠い目・・・。

これからは、快刀乱麻の「ああいうの」、お上品KUONのブログへお越しの上、バリバリ、やって下さいませね。お待ち申し上げております。

親父さん本来の真面目なの、洒脱なの、酔っぱらい~の、などの記事も、毎日訪問して楽しみに読ませてもらいます。

夜露詩句だぜ、ツレだぜ、ロケンロールだぜ、な、な、ね。



・まなマナさん。

眞子さま、びっくりするほど「眞子さまのイメージ」でしたね。まっすぐで柔らかくて内親王さまらしくて、気取りが無い。和服のいろ、まさこに被せられておられたけれど、な~んにも気になさっておられない、季節は違いますが「春風駘蕩」って、ああいう感じ? さすがです。

まさこさんを、とっても「いい」とは思えません、これは本当。でも、いいかげんに放ってあげたらどうか。ある意味、まさこも虐待されている。理由はどうでも、退いて、か、退けて、か、どっちでもいいから、あの位置から降りていただきたいですね。

強制排除。出来ませんかね。それなりの生活の保障は、皆、惜しまないと思います。ジャージ上下とビーサンと、衣服はそれでいいざましょ。とにかく太く濃く書けるアイライナーなどのメイク品(ドラッグストアので可。それでも感謝するべし)それに給食、おやつ、飲用の何か。タバコと酒はし好品ですので、ここは喫う呑むべからず。若い頃頑張ってリタイアした50代ではない、遊び暮らして税金多量浪費した者ですからね。

せっぱつまった本当の病気の方には、こんなことは申せません。あの方ちがうから。

追放されないだけ、粛清されないだけ、そんな声があがらないだけ、恵まれていますよ。で、心行くまでにったらにったら、笑ってろ。

と、言い捨てて差し上げたいですね。


・laviniaさん。

まさこさん、服が似合わないったら。

私の嫌いな人ではありますが、橋田すが〇が、興味深げに観察しておられましたね。私はキライですが、表現者ですからね、あの方。やっぱり、まさこという実態は「見えた」でしょうね。志村ふくみさんなどと言う方の前に、何も知らないとはいえ、よくぞ、出て来ましたね、まさこさん。知らないことの凄さですよね~。

ま。志村さんは、皇后さんと親しげにお着物談義をなさってました。皇后を疑うには、至っておられないかも、ですね。

皇后さまは、めっちゃ、ご自分の身成りにはお金かけて気をつかわれて。あの着物も極上ですってね。

何度も思う、あの場へあの皺服で出てきたまたこたま、読経ある、というか。

あ。度胸、の間違いでした。眞子さまは爽やかでありつつの本物のご風格。どうお育ちになられたか、語らずともわかる。

またこたま、眞子さまお一人にでも。うふふ。(笑)。

2015/11/06 (Fri) 16:38 | EDIT | REPLY |   

あみ  

園遊会

KUON様

こんばんは。

またこたまは、丘の上に立たれるそうですが、招待者との交流はパスだそうです。

ご無理なさらずに東宮御所で寝てらっしゃれば良いのに。。。(笑)
恥知らずも自覚が無いと大胆ですね(笑)
それにしても産経の記事にあるまたこたまの着物姿、着慣れていらっしゃらないのがバレバレですね。

http://www.sankei.com/life/news/151106/lif1511060026-n1.html


眞子様は、神々しくていらして、またこたまの対極にいらっしゃいますね。

2015/11/06 (Fri) 22:18 | EDIT | REPLY |   

美絵理  

眞子様、素敵ですね。
園遊会にご出席だとよいですね。
マサコさんは、丘の上にちゃんと立てるのかな。真っ直ぐ立つのも大変だとお見受けします。身体の軸が歪んでいるような。 転びますよ。
整体に行ったらよいのに。

2015/11/07 (Sat) 08:45 | EDIT | REPLY |   

KUON  

・あみ さん。

こんばんは。

丘の上に立たれるまたこたま。

ビートルズの歌にあります「フール・オンザ・ヒル」。まんまやんか~って。ビートルズを冒涜してしまいました。

宮内庁も、あほうみたいなことを、重々しく(かどうかは知りませんが・笑)発表するものです。

ここに至って体調がどうとか。聞く方もイヤ、なのも事実ですが、こうなったら、出て来たら(笑)、ビビって出て来られなかったら(笑)、とされるだけの、東宮さま、春宮さまのおきさきさま。

落ちぶれたものだと思いますね、皇室も。

さあ。どすこい、またこたま。爆。


・美絵里さん。

眞子さまが、右手をあの形にされて話しかけておられるのを、初め、一枚のお写真で拝見。ドキッとしました。

それから動画で見ることができて、よけいに、本物の、地についた内親王のお姿、と。ため息ものでした。あまり大げさな褒め言葉は使いたくないのですが、本当のことは、申し上げたいです。

眞子さま、素晴らしいおひめさま、うっとりです、と。

またこたまは、どんな顔して、どんな風にお出ましか。ある意味、興味津々。

紀子さまは、時差の激しい国からご帰国の翌々日で、大変お疲れだと思うと、なんであそこまで長い不在の日程かと、ここでも疑問が沸きます、すっごく湧きます。

またこたまは、整体に行かないと思います。人に自分の身をさらしたくないきっと。まともな治療でも、受けたがらないのでは、と思います。足の爪も変形していると私は踏んでいます。

私は整体行きたいです~。(笑)。

2015/11/08 (Sun) 20:12 | EDIT | REPLY |   

あみ  

KUON様

何度も失礼を致します。

またこたま、是非是非、丘の上にお立ち下さい、そして、ぎらぎらおめめおててふりふりで日本国民の更なる覚醒にご協力の程、よろしくお願い申し上げます(笑)

私も、またこたまの足の爪、変形していると思います。

紀子様、きっと何事も無かったかのようなご様子で園遊会に臨まれるんでしょうね。  ご尊敬申し上げます。  全てを受け入れ超越されておいでなのかと感じております。  でも、やっぱりお身体をお休め頂きたいです。  ブラジルでの日程ですが、OFFの日は無かったような? 
以前、皇太子が行った時は、まるで観光旅行だったそうですね? 

KUON様、「美しい国への旅立ち」と言うブログをご存知でしょうか?  本日の記事は皇室について書かれておりますね?  コメント欄にも興味深い記述がございました。 

ところで、全く関係のない内容で恐縮なのですが、私、TBS金曜夜10時からの「コウノドリ」と言うドラマを観て(毎回録画予約しております)いるのですが、毎回毎回大号泣なのです。  

すみません、関係の無い話ですけど。。。

2015/11/08 (Sun) 21:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment