FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

アビー・ロード。

故もなく、いささか落ち込んでいたのですが~。

浮かび上がれました。4・3、さんきゅ。何の暗号じゃ?。

ジョン・レノンの話です。

中学生の時「マイ・ボニー」を聴いたのです。がーがーぴーぴーのラヂオで。

デビュー以前の曲だと思います。さあ、それからだ!。

生活のすべてがビートルズに染まった、と言って過言ではない。

もう、何もかもが良かった。しびれた。憧れた。

大和盆地の小さな町、封建的な町。そこでは当初、ビートルズは不良の音楽で、ビートルズを「いい」なんて言う者は、イコール不良だったのでした。

よし、かまわん。不良でいい。固く決意した。何をしたわけではありません。毎晩毎晩、ラヂオに耳をくっつけ、ものすごく寒い自分の部屋で、寒いとも当時は思わず、ただ、ただ、ザ・ビートルズの歌が聴ければよかった。順位が上がれば嬉しかった。

ノートに、歌詞を写して。英語わからないながら一緒に唄って。

男の子と、初めて映画に行ったのも、ビートルズだった。「ヤァ!ヤァ!ヤァ!」。同級生で、二人ともほんとに、ビートルズが好き、ということで、絶対行きたい、行こうか、と、出かけました。同志だった。のに、めっちゃくちゃ叱られて。

着ていた服も覚えています。茶色のセーターと、スカートと、コーデュロイのジャケット。同じ系統の色のグラデーションも考えて、自分では、他に考えられないくらい、お洒落だと思っていました。気にいると、そのシーズン同じスタイルばかりになるのは、今も変わらない・・・。いやあ、あの組み合わせは好きでした。
ユウダ君は、グラビアの切抜きをくれたり、とってもいい男の子でした。

高校へ入って、入寮したらいました。ビートルズ命。ジョン命の、モリちゃん。

黒々とした目と、しゅっと高い鼻の、美人でした。

とにかく、ジョンでした。私よりモリちゃんがすごかった。私は、そのうち、ジュリーにココロ奪われて行ったのだし。

でも。ビートルズは、相変わらず聴いていました。

日本公演の夜は、私たちの住む町は、土砂降りの雨。

夜間高校の授業を終えて、毎晩ぶっ飛ばしていた自転車にまたがると、モリちゃんと私は、無言でうなずき合った。

今夜だけは、とにかく、寮へ、飛んで帰らなければならない。テレビで、ビートルズを。初来日のビートルズを。固く決意して、夜勤を組まれるのを、周到に避けていました。

どっしゃぶり~の雨のなか~を。

二人は、飛ばした、飛ばした。

びしょ濡れのまま、一台だけテレビのある、寮のホールへ走って、テレビをつけました。

ぞくぞくと、ビートルズ見たい隊が、帰寮してホールへ集まって来た。皆、制服からぽたぽた雫を垂らしています。目は、キッと、テレビ画面に。

舎監の先生方が、着替えなさいの、頭を拭けの、なにか必死で声をかけておられましたが、そんなの、皆、無視、だった。けっこういろいろ厳しい学寮でしたが。

今夜だけはここを動かない。

。。。と、真剣待ちしていた、のに、ね。

まず前座。ドリフターズ。次に、ブルー・コメッツ。

ビートルズが出て来たのは、30分も経った頃だった記憶がある・・・。

あの夜のことは忘れない。

モリちゃんは、高看へ進んでもビートルズ一筋。ザ・ビートルズのコピーをしていた学生バンドのリード・ギターと意気投合し、恋に発展し、まっすぐストレートに結婚して、それなりの苦労をしたらしいけど、ずっと夫婦でビートルズ、な人生らしい。みごとなもんです。息子は、英国へ留学させたとか。やるなあ、モリちゃん。

・・・・・ジョン、レノンが、狂信的なファンに、撃たれて倒れたのは、30年くらい前の、12月8日。

一報を聞いた時、私は、次女の、おむつを替えていました。

信じられなくて、当分、ぼおっとなっていました。

似合わない服を着て、似合わないパーマをかけて、○○さんチのお嫁さん、を、一所懸命やっている時期でした。

ジョンが死んだからといって、それを話題にする相手も無かった、黙っていると、どうして何の不機嫌ですかねと、そういう言葉が来るので、いつも、あいまいな笑顔を浮かべていた。あまり好きでなかった時代の、自分。

なぜ、とか、どんな風に、とか、情報を追いかける術もなかった。

後に、いささかの自由がきくようになって、情報をあさりまくりました。

どれだけ「知って」も、ジョンが、愛するヨーコの目前で、まるで理不尽な死を迎えてしまった事実に、変わりはありませんでした。


Life is short

Art is long

その通りです。

ビートルズのアルバムの中で、あえて、どうしても一枚を選ぶなら。

「アビー・ロード」です。私は。






スポンサーサイト





  1. 2011.12.14 (水) 10:34
  2. URL
  3. やさい
  4. [ edit ]

こんな話題には喰いつく・・私。(^^)

ビートルズ、母が好きだったから、家にレコードがたくさんあったの。

私がまだ小学生の頃、彼らは羽田に降り立ったんですよね。
母と一緒にテレビで見てましたよ。
母はきゃ~きゃ~な気分を顔いっぱいで表してました。

ビートルズが法被着てた。ハッピ~ Happy~v-315

私が自分のお小遣いで初めて買ったLPレコードも、ビートルズで・・・
でもそれは、ベストヒットアルバムとかいうアップル限定版の。
つまり、リアルタイムじゃなかったんですね。
その次に、確か「イエローサブマリン」のサウンドトラック版。

歌詞を訳しては、友達に配るという、今とかわらないお節介な奴でした・・(笑)
そうして、いつのまにか、あこがれの人はヨーコ・オノと云うようになってた。。。

ビートルズで敢て一曲選ぶ。。。難しいな。

アビーロードをKUONさんが選んだなら、
私もそれ!って言ったらツマラン。
なので、他の曲を・・
う~~ん・・イマジン・・・イマジンは置いておいて、

勢いよく、デイトリッパーなんか、どうか?


明日になったら、違う曲を挙げるかもしれないけど・・
いつも一緒だったビートルズ。v-398
  1. 2011.12.14 (水) 17:21
  2. URL
  3. 山イチゴ
  4. [ edit ]

お姉さん、自分も高校時代同じような事が思い出され
自分ではなかったけど、ベーシティローラーズやKISS友達が夢中で!
なぜか、カープ高橋慶彦の追っかけ組いたけどね…!!
1年生の文化祭ベーシティローラーズ来日公演重なり、女子生徒50人以上学校を抜ける大事件が
公演会場は桃太郎市。
学校から乗り継ぎ2時間要します
校門は教師いるから塀を乗り越えての脱出
私も養護学校文化祭で後輩と約束してた、相談したら一緒に出ようと混ぜてくれた。駅でして後輩に会いに行きました。
代休翌日、脱走した生徒グランド集合、校長説教と反省文提出命令。私も脱走したので同じ扱い(笑)
部活が終わると友達が自転車で駅までよく送ってくれ
高校時代は楽しかった!学校は…。
こんな私も、ビートルズ公演や来日見た!寮の食堂で高校や中学生に混じって先輩達ほうき持って真似してたけど、見事なカタカナ英語
小学生の私、リンゴスターを知り「りんごは英語でもリンゴっていうのね」と本気で思い込んだ。
本格的にビートルズを聞いたのは中学生になる頃、かぐや姫のアルバム中「アビーロードの街」を聞き興味湧いて。
曲は好き、歌詞がわからないし英語苦手意識強くて深められず、フォーク・ニューミュージック系専門。ビートルズで好きな曲はイエスタデー
テレビ出ない人多く、小椋圭初ライブ中継見たく、自習時間に娯楽室のテレビこっそり見た。寮母に見つかり叱られた事より小椋さん見事なサラリーマン容姿にかなりショック
井上陽水・南こうせつ・泉谷しげるらも声と容姿ギャップに
岡林信康や伊勢正三は今でも
  1. 2011.12.15 (木) 16:55
  2. URL
  3. 山イチゴ
  4. [ edit ]

事情2

明日、乳児院行きます。
クリスマスプレゼント持って
一応個人的なプレゼントは本人専用になるのでね…!!
国から支援あるが、運営はどこも大変でお下がり着てる事もある。
事件が多く、定員オーバー職員頑張っても、ひとりひとりに充分手をかけられない現状。
いつも、面会室で1時間くらい一緒に絵本や遊具で遊びますが、ずっと抱かれてないとダメ。姿勢を変える為手放すだけでビャーッ泣く。
普段はそんな事ないようで甘えたいんでしょうねぇ!!
切ないですよ…。
今も定期的な通院し、薬も飲んでます。てんかん予防と聞いてる。一度、担当医に今の状態と今後の予見説明聞くつもり。
前に書いた通り、ピーの母親は罪の意識が低く、あと4年間万が一法律違反行為すれば即収監。その母親(義姉)も娘と離れられず依存関係を断ち切れずにいる。面会は必ず2人で!
面会室でも職員に居てくれと…。
こちらは、別に少し泣かれても大丈夫なので職員も同居しない。
乳児院は3歳誕生日まで、その後児童養護施設移行か、家族へ戻るか児童相談所が判断。
乳児院の職員も物心付く前に家族へ帰るのが望ましいですけどね…って。
もし、児童施設では難しいとなれば、障害児施設になる。
私とカン夫で来年中には、義姉と姪に意向確認し、養子・里子いろんな選択肢を探る。そして、ピーの将来に一番良い道を選んであげられたらと思ってる。
うちの子供にはピーの事情を伝えており、下2人は面会に同伴して娘は明日も一緒に面会へ行きます。うちの娘は定時制2年で明日はバイト休みです!
お姉さん、この件は公開できないから私のアドレス入れてますので、この件や、下関へ来たくなったらメールくださいね…!!
  1. 2011.12.15 (木) 17:05
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・