今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

散りぬべき ときしりてこそ


なにか心さびしい、こころひもじい時は、短歌を読みます。

三十一文字の中につまった人の思いに触れることが、わたしには「いい」のです。

むかしの、皇子さま、皇女がたのうた。

   人言をしげみ言痛み生ける世にいまだ渡らぬ朝川渡る

    ひとごとを しげみこちたみ いけるよに いまだわたらぬ あさかわわたる

                              但馬皇女


但馬皇女と穂積皇子との恋は政略に翻弄される中での、「不倫」と呼ばれるものでした。

噂になって移されて皇女は、素足で川を渡る・・・これには、こんなことだってしてしまう、恋のためには、の、比喩も含まれていると思うのですが、一途に思い詰めて激しい。そして、切ないことに、もっと遠く引き離されて皇女は、はかなくなってしまった。

思われた方の穂積皇子は、

   降る雪はあはにな降りそ吉隠の猪飼の岡の寒からまくに

   ふるゆきは あはになふりそ よなばりの いかひのおかの さむからなくに


雪よ、そんなに降ってくれるな、ひとり岡に眠るあのひとが、寒いではないか。

と、詠む。詞書(ことばがき)に「悲傷流涕」(ひしょうりゅうてい)、人目はばからず声をあげて泣き、涙を流して、と残っています。

しあわせにしてやれなかった人への思いが、短い中に詰まっています。


恋のうたを「相聞」といい・・・互いに交し合う、のが本来の意味のようですが・・・、死を悼むうたを「挽歌」といいます。

相聞と挽歌は結び付くことが多いと思います。

万葉集には、殿上人のうたもあれば、名も無い防人のうたもあります。

防人は、国の最先端を防衛する兵士のこと、関東方面から、朝廷の命によって、朝鮮半島との間にある離島や九州沿岸部に配置された。随分と遠くへ。任期は一応、三年でした。

任期は無断で延長されることもあり、帰途に死んでしまう者も多かったのでした。

   わが妻はいたく恋ひらしのむ水に影さへ見えて世にわすられず

   わがつまは いたくこひらし のむみずに かごさへみえて よにわすられず


もう一首。

   唐衣すそに取りつき泣く子らをおきてそ来ぬや母なしにして

   からころむ すそにとりつき なくこらを おきてそきぬや おもなしにして


この兵の子らは、母親の無い子供たちなのでした。

うたの話になると夢中になるのですが。

万葉集は、古い古い歌集ですが、昭和の時代にも万葉集は編まれました。わたしのうたも一首、入れていただいています。うたを愛するというか、うたでしか自分を出すすべをもたない人々が、一首ずつ、募集に応じたのでした。

さがし物あると誘ひ夜の蔵に明日征く夫は吾を抱きしむ

   さがしもの あるといざなひ よるのくらに あすゆくつまは われをだきしむ

                         成島やす子 


二人になれない出征前夜の壮行会のにぎわいの中から、妻をようやく誘い出し得たこの夫は、無事に還ることができたのでしょうか。

 己が子の戦死告げらるるに振むかず祖母は身固く縄ないていし

 おのがこの せんしつげらるるに ふりむかず そぼはみかたく なわないていし

                         杉山葉子


さまざまな人々が、さまざまなうたを残しておられます。

好きなうたと言えば、限りなくあります、中に、やはり、細川ガラシャの

  ちりぬべき時しりてこそ世の中の花も花なれひともひとなれ

    ちりぬべき ときしりてこそ よのなかの はなははななれ ひとはひとなれ


享年38歳。

散りぎわを見さだめてこそ、いのちが花になる。

もう一首。

   惜しまじな君と民とのためならば身は武蔵野の露と消ゆとも

    をしまじな きみとたみとの ためならば みはむさしのの つゆときゆとも

                         和宮


細川ガラシャは明智光秀の娘、武家の女。

和宮は皇女として生まれ、徳川家茂にとつぐことになり、兄である孝明天皇に別れを告げて詠んだうた。17歳。

立場は人それぞれではありますが、防人のうたは別として・・・防人の妻のうたを、寡聞にしてしりませんのですが、待ちわびる姿を想います・・・日本の女性たちの、時にやせ我慢とも見える、ともかく凛と伸ばした背筋のさまを思うと。

あの夫婦のぐっだぐだのさまがまっことおぞましく。

やはり最後は、この言葉。

ともかく、とりあえず、まずは。

廃太子、廃妃を。















スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメントでしたか。

「三十ヒトモドキ、と下さったお方。

削除されたようですが、また、よろしければ、コメント下さいね。

なかなかお返事書けずに遅れることがありますので、お許し願っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2534-5e2d2bbb

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (132)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (61)
今の思い (237)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (14)
美しいこと (29)
厚かましい話 (56)
おそろしいこと。 (54)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (31)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (10)
みんなのうた (8)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん