今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

誇りに思いたい。



英留学から帰る「眞子さま」のキラリと輝く研究対象

 何かと佳子さまに注目が集まる秋篠宮家だが、久々に長女・眞子さまのご動静が聞こえてきた。
 1年間の英国留学を終え、9月29日に帰国されることが発表されたのである。
「イギリス中部のレスター大学大学院で博物館学を専攻された眞子さまは、コベントリーの博物館で研修生として展示品の調査も行いました。7月には修士論文を提出し、結果は年内に発表されます」(皇室担当記者)
 論文のタイトルは、「博物館におけるオブジェクトの解釈の可能性」。19世紀のチェコのガラス工芸家・ブラシュカ父子が作った海洋生物の模型「ブラシュカグラス」を題材に、博物館における展示方法について執筆されたという。あまり聞き慣れないモチーフだが、どのようなモノなのだろう。
 美術史家でガラス工芸作家としても活動している由水常雄氏の解説。
「植物や生物を学術的に保存することが難しかった時代は、博物館お抱えの画家が細密図で記録していましたが、それを改めてガラス工芸として着色し忠実に再現したものです。日本のガラス作家でも、知る人はごく僅かだと思います」
 あまりに特殊な技法のため、ブラシュカ父子が亡くなって以降は技術を継承する者がおらず、世界へ広がることがなかったという。
「アメリカのボストンで実物を見る機会がありましたが、とても微細な形状で埃を払う際などちょっとしたことで破損しやすく博物館でも取扱いが難しい。植物は葉の産毛まで、生物であれば細胞の様子まで再現されているほどです」(同)
 形は異なれど、海洋生物学者の顔を持つ曾祖父の昭和天皇、祖父の今上陛下からの伝統をしっかりと継承されていたのである。
「眞子さまは、研究継続を希望していますが、大学時代に学芸員の資格を取得済みなので、博物館への奉職も可能です。年末には、日本と外交樹立80周年を迎えた中米のホンジュラスへ初となる海外単独公務も控えていますから、多忙な日々が続きます」(先の記者)
 10月23日で24歳となられる眞子さまにとっては、実り多き秋となりそうだ。

                            週刊新潮10月1日号より

すっきりした記事と読ませていただきました。

・・・読み始めた本は、秋篠宮両殿下に悠仁親王殿下が誕生されたところから「まえがき」として始まっています。

ご誕生当日はご公務で北海道に滞在されていた両陛下が、帰京なさり、「41年ぶりに皇室にもたらされた男系男子皇族と対面された」こと。

「(新宮は)元気です。どうもありがとう」

>報道陣の質問に答えた天皇の言葉が万感の思いを伝えて、余韻を残した。

とあります。

皇太子一家はそのころ、両国国技館で大相撲を観戦していた。

8月中旬から二週間に及んだオランダ王宮離宮避暑生活(原文のママ)から戻って初めての「顔見世」である、と。

・・・ここまで読んで昨夜は、やすみました。

今朝、なんとか洗濯物は乾きそうな空、干して、パソコンを立ち上げたら、先日に眞子さまの留学中のご様子を知らせて下さった方から続報をいただいていました。

その一部。

お一人でニヤついて読んで下さいと書いて下さってますが、そーゆーことのできにくいタイプでして、紹介させていただいてしまいます。

少しアレンジはさせていただきました。

"報道では、レスター大学の、総長兼副学長(実質大学トップの方)、学科長(学部長)と指導教官がコメントを寄せています(光栄である旨と、褒め称えているコメントです)。

眞子さまは

幅広い課題に取り組み、理性的アプローチと、実務的スキルを身につけられたこと。「収蔵品の管理」の実践トレーニングを受け、博物館・美術館の社会的立場および責任について学ばれたこと。他の海外留学生と一緒に展示をつくりあげ、来館者と芸術との関わりについて新しいアプローチ法を模索されたこと、との詳述です。

眞子様の実習先のコベントリーの博物館は、多分、Herbert Museum and Art Galleryです 。後で、博物館名が伏せられました(大宣伝できますが、伏せている) 。
博物館名を出していた、前記事によると(http://www.coventrytelegraph.net/news/coventry-news/japanese-princess-secretly-worked-coventrys-10100239 )、博物館スタッフの殆どが身分を知らないまま、眞子様は学芸員チームで働き、日本のコレクションを含む展示を行ったそうで、一緒に作業したCulture Coventry(博物館管理団体)のマーケティング責任者も、眞子様ベタ褒めです。

レスターでは、New Walk博物館でも研究されたとか。


先日もそうでした、私は、日本の内親王が英国留学中であることが、当の英国で秘められていたのだと改めて知って、いいなあ、と、とても強く感じていたのです。知っている人は知っている、程度で過ごされたことが。

帰国直前になって、もうわかってもよし、とされたということが。

今日の記事も、

博物館名が伏せられました(大宣伝できますが、伏せている) 。
博物館名を出していた、前記事によると(http://www.coventrytelegraph.net/news/coventry-news/japanese-princess-secretly-worked-coventrys-10100239 )、博物館スタッフの殆どが身分を知らないまま、眞子様は学芸員チームで働き、日本のコレクションを含む展示を行ったそうで、一緒に作業したCulture Coventry(博物館管理団体)のマーケティング責任者も、眞子様ベタ褒めです。


私は「べた誉め」はさせていただけませんが(ニヤけては読みました)、勉強をするために外国へ行っておられる眞子さまを、こうして扱って下さったあちら様も、普通に寮生活をなさった眞子さまも、とってもいいなあ、と、感じたのでした。

誇りに思いたいではないですか、自国のプリンセスを。

で。

29日にお帰りの眞子さまのお留守中、若いみそらで懸命におつとめ下さっておられる佳子さまの話題も。と思い、

佳子さまが手話の話題ならお母さまの紀子妃殿下のも、と、欲張って貼らせていただきました。

順序が違う?のは、お許しを。(笑)。












スポンサーサイト

コメント

お手本のような

高校3年から2年くらい
手話サークルに半分遊びに行ってましたが
その地域、コミュニティで表現が違うのもあり
手話って読み取るのが難しい・・・

お母さんも娘さんも
お手本のようなキレイな手話されてますね。
たとえ演出家がいたとしても
覚えてやってみよう! 
と思われるだけで素晴らしい。

もう、ほとんど忘れてしまいましたが
ニュース見ていて、手真似してしまいました(笑)

ワッ・タ・シ熟女N〜様
お差し支えなければ教えて下さい。
手話の“演出家”なるものがあるのですか?
ダンスの振付師のような存在ですか?
手話の先生ではなく、そのような方がいらっしゃるのですか?
東宮擁護者が、演出家がいれば誰だってできると
言っているようなので教えて下さい。

演出家というのは、つまり、原稿を書いて手話に変換してもらって、丸覚えしたってことですよね。
東宮age連中が言ってるようですけど。
それなら、ミチコさんの「頑張って」
もできそうですね。マサコさんには無理だけど。
ということは、あのミチコさんの手話には演出家がいて、東宮age連中が言ってるのはそのスライドですね。
ミチコさんの手話の「演出家」は紀子様だと思っていましたが違うのかな。

あの女の子は誰だろうと話題になっていたのでは。東洋の神秘を現している容貌で気品も有り、しかも賢く控えめな眞子さま…あの両殿下の御薫陶を受け育たれた内親王さま、最後に公に御身分を明かされました。あちら側ですと、ゴユーシューで可愛いプリンセスが留学するわよっフンガーとやるのでしょうね。
で…行ってみたらあばばばば。

鈴蘭さま

演出家、表現が悪かったか・・・

発表するときの文章を、手話に直してくれる
「先生」ですかね。教えて貰える人。

手話って接続詞があんんまりありません
私は手話を発表します
「私」「手話」「発表」 単語になります
前後の話の流れから、今何を表現してるのかを
読み取らないといけないし、
聾唖障害者さんの会話はもっと身振り手振りも大きいし
顔の表現が豊かです。
悲しい、悔しい、うれしい、残念
その度に顔の表中でおおきな表現をします。

ニコニコ笑って指動かしてるだけでは
え?今の何?? って分からなくなることが多いです。

佳子様、手話のできる知事が横にいましたが
一応生徒と、会話らしき事をしてたので
上達したなと思ってました。

取り組もうと思うだけでも素晴らしいではありませんか!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お返事が遅くなり申し訳ない気持ちです。

申し訳ございません、という言い方は「違う」そうなので、あえて使わないようにしています。

・熟女Nさん。

私は、明かせば、トヨエツ氏のドラマにはまっていた後、当時としてはムキになって手話を覚えたいと練習しました。

始めると、電車の中などで若い人たちが、猛スピードの手話で、楽しそうに会話している、そういう風景が目につくようになり、話し合える手段があるっていいな、と、想っていました。

もう忘れてしまいましたが、ホントにわかちやすい手話なんだろうな、母子でなさるって素敵だな、と、感じた次第です。

・鈴蘭さん。

熟女Nさんがお答えくださいましたので、私は。

「誰だってできる」と、人をけなすことと、実際に「できる」「なさる」ことの間の、深い溝を、わからない人たちが、こういうことを言うんだなあ、と、感じた次第です。

・玲子さん。

基本的に私は、あの訳の分からない偽物夫婦や周辺、それを養護するという訳の分からない方々は、気にしないことにしています。

わかり合えないに決まっていますので。演出という言葉については、言葉のセンス抜群のN[さんがお返事下さいました。ありがたく思ってゐます。

美智子さんの「手話」もどき。あの方は「ミーハー」でいらっしゃるので、場を盛るためなら何でもなさるのだろう、と、考えるに至り、国民として残念な思いです。

・衣通媛さん。

靖国で、共に涙した者同士。

思いは変わっておりませんよね。

眞子さま本日ご帰国。

東洋の貴重な真珠が、お帰りです。眞子さまにとって、祖国が、美しく感じられるものでありますように、と、想ってしまいます。

ご挨拶にもあがられるでしょうし、と。含み笑い。(笑)。

・ヒミツのコメントさん。

後に探してお返事させていただきたいと考えています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2513-1bdb0414

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (132)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (61)
今の思い (236)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (88)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (14)
美しいこと (29)
厚かましい話 (56)
おそろしいこと。 (54)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (30)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (10)
みんなのうた (8)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん