KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

届きました。




「美智子さまの恋文」

届きました。著者は、今上陛下のご学友として知られる、橋本明氏です。

まだ内容に触れるに至っておりませんが。

表紙に、新婚のみぎりに伊勢の神宮に参拝されたおりの、ふっくら丸いお顔の美智子さまの写真が使われています。

本の帯に、

私が愛し

信用して

いただける日が

来ますように。


と、あります。

どうも、20代半ばの美智子さまの「思い」のようです。

人生は長く、なかなかに思い通りには行かず、大変なものだと感じました。

どうしても「私」が先に立つ方なのだと。

ため息の出る思いです。

平成19年の出版の本です、さらっとめくった限りでは、ううん、けっこう手厳しい匂いがいたします。

できるだけ無心に、通読して見ます。






スポンサーサイト


  1. 2015.09.25 (金) 08:57
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015.09.29 (火) 12:26
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ヒミツのコメントさん。

後に探してお返事書かせていただくつもりです。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・