Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE

1円で購入します。



こんばんは。

本の処分をサボっていると大変なことになります。今日は衣類と本の整理をしました。

一度読めば気の済む本もあり、ぼろぼろになってもずっと、身近にいて欲しい本もあります。

今日、どうするか迷った何冊の中に

「雅子さまと愛子さまはどうなるのか?」  佐藤あさ子・著

がありました。

どうなるのかって。(笑)。

雅子さんはこうたいしひなのですから、必ずや、こうごうへいかになられる。

愛子さんは東宮家の内親王、あらゆる方面にご優秀らしいですし、おすこやかに成長あそばして、いずれは、愛子さんの夫君になってもいいと決断されるお方のもとへご降嫁。

めでたし、めでたし。なのではないのでしょうか。

などと、本のタイトル眺めながら、考えていたワタクシでした。

まことに、ぐろうばるに、すたんだあどに、自然にそんな風になって行って下されれば、安心でしょうに。

そんな訳にはゆかない、行けない、行ってもらったら困るよね。断固として

だめ

理由は? 理由は、目に見えているすべてのことが、語り尽くしております。

私は、本来の値段が1600円プラス税、であるこの本を、某あまぞんにて購入しました。

送料が本体を上回る金額の買い物でした。

昨日は、夜中に、また本を買うために指先を使っておりました。

「美智子さまの恋文」

という本も、買ったと思います。他にもいろいろ、押したので。

この本は、お値段が「1円」です。送料が200幾らです。明日くらいには届くのでしょうか、あさってかな。

以前から関心を持ってはおりました。

なんで、恋文が、表へ出てくるんかの?

こうーごーへいかの、らぶれたーが?

それって、普通のことで、必要なことなんかいな?


っと、感じておったのでした。

そう、お考えになられませんか。

恋文くらい個人的なものって無いような気がするのですが。

まあ。ものを書く人間、作家と呼ばれる人々のものなら、別の意味もあると思う。

これ書き出すと長くなりますので、この件はここで。


「家庭を持つまでは絶対に死んではいけないと思った」とお話くださったとき、私は今までの自分の見聞の中にも、読みました小説の中にも、こんな寂しい言葉はなかっと思いました。そして、その中を25年間も健気にお歩きになっていらした東宮さまのために、乏しい力の全部をあげて、あたたかいホームを作ろうと決心いたしました。

これは、正田美智子さんが、当時の皇太子殿下と自分をからめて書かれたか仰ったか、ともかく、ご本人のお言葉。

なんと「どあらけない」=(名古屋人の表現。どえらいこっちゃ、という感じに近い)ご発言。と、初めて読んで時、驚愕して。

産まれてすぐに親を亡くしてか、捨てられてか、人様のごはんを遠慮しいしい、給食費を持って行けるのもいつもクラスで最後だった、みたいな、風に育ったか。

の方に対してのものなら、それはそれ。

皇太子は、つい、美智子さんに甘えるというか、訴えるというか、思い切って書けば、おもねたというか。ぼく、淋しかったんだよ~、ずっと、ずっと。

と。うんにゃ、と。気持ちをあらわにされてしまったのかもしれません。わからないでは無い。ふつうの男性なら。

でもしかし、東宮さま。皇太子殿下。淋しかったよお、まあ可哀そうに、これからはアタシが。とか、互いの中に通った気持ちではあっても、これ、表に出したらあかんやろ、NGやで、というのが、私の感想であります。

高貴なお方が「孤独」なのは、いわば当然の理。当然でも、出したらあかんのや。

とは言っても、これ、うつくしい話のように、取り上げられていたのですね。

昭和の両陛下は、これ、どんなお心もちでお聞きになったかと思います。

親の立場はどこにある。完全否定ではありませんか。

今更言うても仕方が無いし、ではあります。


「美智子さまの恋文」が届いたら、なんか、辟易しそうな予感はあるのですが、読んではみようと思います。

で。ぐひぇひぇ、かんべんして下さいませ~、ってなったら、ここへ書いちゃお、そうしよう。

と、いま、決めました。


皇室で初めて乳母制度を廃して、あたたかいご両親のもとで、親王がたは、お育ちになられることになった。

浜尾実氏は、浩宮さま、礼宮さまのご養育の係に任じられた方でした、曾祖父も祖父も男爵、父親は子爵。皇室に近いお方でしたか。

言ってみれば、長幼の序を重んじられたというか、浩宮の方に多く心も手も寄せておられた印象はぬぐえません。

もしかして、今に考えるに、ナルさんはともかく手がかかり、アーヤさまはのびのびとおおらかに、行けた?

浜尾さんのおかげは絶対あったと思わざるを得ません、独身時代のナル様には、品がおありでした。

隠しようのない気品を感じさせて下さっておられました。

きりっとしておられた。

どうせわたし(たち)を騙すなら騙し続けて欲しかった(笑)。

その浜尾氏を、職を解かれて後、喋り過ぎだと評する声もおおいにありました。

本当のところはよく、私には、わかりません。

わからんけど、以下の話などは、そうそう、うんうん、と。

頸椎ゆがんじゃうくらい、うんうんしながら、うなずいてしまう自分。というものが、存在します。

浜尾実氏の云いです。

憧れの家庭で、お子さま方に囲まれ、よき父、よき夫として
幸せを噛みしめられていることは、まことに結構だと思います。

しかし、お子さま方を育て上げられ、名実ともに平成の天皇に即位されたいま、
家庭第一主義にこだわり続ける時代は終わったと、私は申し上げたいのです。

一朝事あるときは、妻子を忘れて国民と痛みを分かちあう、
凛々しいお姿を拝見したいと、私は心から願うものであります。


KUON、同感です。

同氏の「恐れながら、美智子皇后に申し上げます」 よりは。

この命令は侍従にとって、いわば絶対です。もし、そのまま侍従が放っておいたら、
2~3日後に再び皇后さまから問われてしまいます。
「あの雑誌を呼びましたか?」と、おっしゃるのです。
そんなことが繰り返されるため、皇室記事は当たり障りのないものになってしまうのです。
こうして、皇室の姿はますます神秘のベールに包まれたり、歪められたりしてしまうことにもなります。
それに気がついている侍従も中にはいます。私にも時折、

「まいったよ、浜尾さん」
という電話が入ることがあります。それでも、彼らは皇后さまには、直接は何も言えません。
意向に従うしかないのです。

あえて申し上げれば、皇后さまはクレバーなのですが、ワイスにもなっていただきたい。


ご自分についての週刊誌他の記事はすべてチェックされていると、長い間、ささやかれ続けてきた美智子さま。

ん??これ何???の、本意でない記事が、出てしまった時の、美智子さんのなさり方について、が、上記です。

1時間ぶっ続けでお叱りをたまわることもあると。

まあ、さまざまなことが、噴き出して来ている訳ですが。

皇太子の「人格否定発言」をテレビで見ながら、表情の変化して行かれた浜尾さん。

「地味なネクタイをしておられる」

などの感想は、まあ、ですが。

まさこのキャリアと、それにかかわるだったか絡まるだったか(知っていましたがどっちでもいい・笑)人格を、否定する動きがあったのは事実です。

ナルたん、お尻たたかれて出て来て、ぱしっと決めた・・・つもりだったが。

お父君陛下に「もっとわかるように説明を」と云われて、いやそのあのう、と、結局はしりすぼみにうやむやになった、あの会見。

「キャリア」の意味をわかっておられたかな。皇太子妃の「じんかく」って。


ご覧になっていた浜尾氏が、

「こんな個人的なことを」

と、たいそう心配なお顔になっておられた。

やはり浜尾氏は、浩宮を、皇族、もっと言えば、将来の天皇の位置にふさわしい、超・個的な存在にお育てになられたつもりだったのだな、と、考えるものです。

それがまあ、あんなことになっちゃって。

まさこ入内には反対された。反対というより、問題外という感じでした。

ナルさんは、ご自身の家庭、お子さま方より、皇孫の養育に心血を注がれた、この恩人のお葬儀に花をのみ送って、それでよしとされたのでした。

本が来るのが楽しみです。







スポンサーサイト

4 Comments

ちりぬるを  

本当に本当

kuonさま
おっしゃる通りです。
浜尾さんに多大なる恩義があるのにもかかわらず、亡くなった時に葬儀にも出られず酷い醜さを感じます。
意見を言われればそれを根に持つ
なんて、子供に対する躾以下の話ではありません?

2015/09/23 (Wed) 16:28 | EDIT | REPLY |   

アイリス@  

映像を拝見して、

くおん様こんばんは。
久しぶりにコメントさせて下さい。
アイリスというハンドルネームを
使っていましたが、以前
同名の方が コメントしていらっしゃいましたので アイリス@にいたしました。

映像を見て、浜尾さんが、戸惑いながらも
言葉を選ばれて 話しておられるお姿
まさに、昭和の皇室に沢山おられたであろう
名臣下と思いました。
今では この様な方達が 1人もいなくなって
へんな団体の巣窟になってしまって
いる皇居ですね。

映像の最後の皇太子のアップ、

はっきり書くと
変な事を吹き込まれて

自分に間違った自信をもってしまった
ただの馬鹿に見えます。(笑)

この後の転落の人生なんて想像すら
していなかったでしょう。

あの ℹ︎子さんの教育方針を、
ご立派な、ポエムて、紹介した時も
あんな顔でしたわ。

二代に渡る筋金入りの愚か者の
困った母子です。

ぜったい皇統を継がせてはならぬ
あふぉですね。

今ではさらに馬鹿に磨きがかかった顔になりました。


不敬罪で逮捕されるかしらん、?(笑)

2015/09/24 (Thu) 01:31 | EDIT | REPLY |   

-  

一円で何を?!

KUON様のイメージで、

花の種 一粒、の値段?
と思ったら、、、(笑)

御本でしたでござる。

2015/09/24 (Thu) 02:52 | EDIT | REPLY |   

KUON  

はい、やっとお返事追いついて来ました。

・ちりぬるを さん。

浜尾氏は、御退任後、すいぶんはっきりとあれこれ仰ったようでしたね。

守秘義務がどうのこうの声も読みました。

ただ、浜尾さんは、紳士らしく嘘つきでいらっしゃらなかったと思いますし、美智子さんとナルヒトさんは、恩人に報いるに礼を失し、その他のことでも、貴人たる態度の方では無いと、強く考えています。

・アイリスさん。

不敬罪でなく、爆笑誘致罪ですよ。(笑)。

>浜尾さんが、戸惑いながらも
言葉を選ばれて 話しておられるお姿
>まさに、昭和の皇室に沢山おられたであろう
>名臣下と思いました。
>今では この様な方達が 1人もいなくなって
>へんな団体の巣窟になってしまって
>いる皇居ですね。

残念ながらそのようですね。

>変な事を吹き込まれて
>自分に間違った自信をもってしまった
>ただの馬鹿に見えます。(笑)

ええ、私にも、ただの馬鹿に見えます。

ただの馬鹿以外に見えないんです。

>教育方針を、
>ご立派な、ポエムて、紹介した時も
>あんな顔でしたわ。

あの。ドロシー・ロー・ノルトの詩。(笑)。

あれは悲惨でした。彼女のあの詩は、詩、自体に問題は無い、けど、あの対象は、貧困や虐待や、大人の愛情を期待できないようなお子さんなんです、抱きしめて、認めて、愛してあげて、との訴えだと思う。

そんな詩を、内親王のお父ちゃんが引っ張って来て、とくとくと、教育方針であると。

何ともはや。

でも、愛子さんに対する虐待の様子を見せられると、あの詩があそこで出て来たのも「ふむふむ」だったのか。

愛してあげて、認めてあげて、の、詩。でしたな。

>ぜったい皇統を継がせてはならぬ
>あふぉですね。

>今ではさらに馬鹿に磨きがかかった顔になりまし>た。


>不敬罪で逮捕されるかしらん、?(笑)

きっと私も逮捕だな。(笑)。軽微な罪だろうから(いや、あれこれくっつけられて重刑か?)

獄中でも書いちゃるわ。(笑)。

あ。そちら方面のお方、入りたい、の意味ではござんせんからね。自由を愛しています、ワタシは一般人。(笑)。

・お名前わからない方 さん。

そうなんです。

1円の本。届いてみれば、貴重な御本でござる。

夢中で読んでいるでごじゃりまする。






2015/09/28 (Mon) 11:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment