KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 悲しいこと
  2. tb: 0
  3. cm: 5
  4. [ edit ]

暗い日。





暗いニュース。

80歳代、90歳代まで長生きされて。

介護付きの立派な施設に入所されていて。

三人ものお年寄りが、転落して(して?)亡くなったと。

同じ一人の職員が当直の夜に起きた出来事だったと。


介護の仕事が大変で、それなのに待遇面で報われることすくないとは、知っていますが。

お年寄りに対して酷いあれこれがあることを、見聞きしますと、暗澹たるとはこういう気持ちなのかと思います。

私のこのブログにも、何度も、入所されていて虐待を受けておられる高齢者のご家族が、懸命のコメントを下さっていたのですが、ちょっと触れてみる、というような軽い問題でなく、申し訳なく感じつつお気持ちにこたえることができなかったのでした。

お父さまが、明らかに殴られて鼻を腫らしておられたり。パジャマの胸元が不自然に裂けていたり。髪の毛がむしり取られていたり日常的に怒鳴りつけられていたり。寝たままのベッドの頭の上から、電気掃除機で吸い取って・・・フケを、らしいのですが・・・本当に辛い話を、たくさん聞きました。

     死にどきを取り外したりなどと言ふ母にわれは軽薄に答えてゐたり

随分と年が行くまで足腰達者で、当時は無料で使わせていただけていたバスの乗車パスを駆使して、一人でも出かけたし、娘の私とも出かけたし。しあわせだ、しあわせだと、子ども孝行なことを口にしていた母でしたが、ふっと、死に時を外してしまった、と言ったことがありました。

私は、たいへん軽薄なふざけた返事を返した記憶があります。

いま、米寿の夫の母も、ますます混乱がひどくなって来ておられて、さまざまな言葉を口にされます。

感謝であったり呪詛であったり。つなぐ言葉であったり、ぶち切りの言葉であったり。ブレーキが壊れてしまわれました。

最近は以前より多く一緒に小さな買い物をしたり、まだ1ピースしゃっきり食べられるケンタのチキンを向き合って食べたりしながら、この姑と来た40年の歳月を思います。

年を取って、間違っていてもかまわないのに、記憶違いなどを口にして、気づいて、必死で言いくるめようとされるお顔を間近にしていると。会っている間には確実にほどけて行くのに、会う瞬間には虚勢をいたいたしく張っておられたり。

どうしても私より上にいたいようで。(笑)。

一緒にいると、

ただ、ただ、人が生きていることの「かなしさ」のようなものが、胸にせきあげるような時があります。

亡くなって10年になろうとしている夫の父は、最晩年、ベッドに縛り付けられるような状態になっておられました。

混乱としか言いようのないあれこれがあり、そうなったのですが。

ある時。

傍らで、大好きだったバニラのアイスクリームを口に運んでさしあげていた私を、見上げて笑って、

もうなあ、と声を出された。

帰る家も無いし、金は全部取り上げられたし(すべて妄想、思い込みなのですが)、

「あそこの窓のベランダから飛び降りて死んだらどうやろと思うけど」

「あそこまで、残念ながら、歩いて行けんのや」

あの時の舅の、何か突き抜けて諦めきった声が、私のこころの底の、すみっこに、未だに棲みついている気がします。

おかげ様で母も、舅も、苦しいことも痛いことも無く最後は安らかでした。

姑の「その時」を想像することは、やはり私には辛いことです。最後の儀式の準備は、できております。

さんざん。言いたい放題言われて来て、腹も立つし憎ったらしいけど、年とって弱って、しかし、ほぼ一生を、強固な共依存の状態で・・・姑にはそれは幸せなことでもあったはず…ともに暮らして溺愛して来た次男坊と、今は面会も叶い難く・・・病気の都合で・・・心配し、案じているより無い現状を、見ていると。

姑だけは切り捨てられない、切り捨てる気にはなれないのです。嫌いなひとなのですが。

でも切ない。なんと言えばいいでしょう。

私にはきつい人だった、あちらが強く力をお持ちだった時代は。

今は、弱くお金も持たされていない、お年寄りです。ざまあみろ、の気持ちになれない。

自分のこういう気持ちが、自分でしんどい時もありますが。

仕方ない。

仕方がないのです、いろんなこと、何もかも、おそらく。





美智子さんは、舟越某氏やらの彫刻、島田某氏の洋画、など、他にも音楽鑑賞など、三日ににあげずお出かけ、ご鑑賞。公務とは、さすが呼べません。公務並の警護は必要らしい。

17日からは陛下が疎開されていた地へお出かけだそうです。


「将来皇居は一般の国民のために公開するべきものだ。」

昭和天皇が、そのようなお考えをお持ちだったと、最近になってはじめて知りました。

関東各地で宅地化などで絶滅に瀕した植物をいくつも皇居内にお植えになったり、皇居の東地区に神奈川県町田市や栃木県矢板市の雑木をお植えになったのも宅地化で失われる雑木を保護するためであると同時に

「こうしておけば関東大震災のようなことがあったときでも
避難してきた国民が雑木林にテントなどを張ることもできる」とお考えになってのことでした。


この記述を、少し前に、画像掲示板で読ませていただいたのですが、内容だけしかコピーしていませんで、このままここだけいただきますことを、お許しください。

「昭和天皇の森を返せ」

とのタイトルがあったのでしたが。

ご崩御の後すぐに、昭和天皇の森を伐採して建てられた豪壮なお住まいに、じっとしていることがお出来になれない、とは、よく聞くことですが。

ご長男の妻女は引きこもり。

現役の皇后さんは、何とお呼びしましょうか。

老後破綻とか老後破壊とか、いまマスコミが書き立てているような老後の悲惨には、言うまでも無く無関係なお方です。

雨がざんざん降っていて、いささか暗い日です。

明日は、気持ちなどは明るくなりましょう。(笑)。




スポンサーサイト


  1. 2015.09.08 (火) 19:48
  2. URL
  3. 今日は雨~
  4. [ edit ]

それを世間では。

現在の皇后の状態を、一般社会では「徘徊」と呼びます♪
かなり、進んでる状態ではないでしょうか?周りが、上手くフォローしてるけど、こんなに毎日の様に出掛けるなんて、病気でしょう
  1. 2015.09.08 (火) 21:21
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015.09.08 (火) 22:01
  2. URL
  3. プリン
  4. [ edit ]

前半のお話は、壮絶でした。


後半の「昭和の雑木林」の話は、感動しました。

東京の中心の、一等地の雑木林、
本来は、もっと、深い気持ち、
深い意味で、守られてきた。 なのに、、、

新しい宮殿、、、今では、
国民は、毎年、あの狭い、居間でもなく、不自然な
「写真部屋」を見せられる。


国民対策用の部屋?!
東宮の会見室も、、、

お子様の成長で、これは最近、随分前の写真と、わかるのだ。

部屋は変わらない。
なんじゃ、ありゃ?



  1. 2015.09.09 (水) 13:23
  2. URL
  3. マナ
  4. [ edit ]

老いの恐怖

KUON様
更新有難うございます。

私は姑と同居しております。舅は10年前に他界しましたが、癌と肝臓からくる脳症で介護は大変なものでした。
姑はお嬢様育ちで、自分では何一つせず、女中さんを連れてお嫁に来たような人なので、私も苦労しております。でも、もし姑が寝たきりになっても虐める気はありません。老いは誰にでも来るもの、いつかは自分がその立場になりますから
・・。子供や老人のような弱者に対して自分の力を誇示するのは最低な行為だと思っております。

この介護施設・・・悲惨な事件です。長生きするのが悪いことのようになっている最近。老後が不安です。

皇后さま、最近ちょっとおかしい・・?と思うことがあります。皇后さまだって人間だし、老いで色々な判断力が落ちていることも考えられます。その辺りを正しく判断する人が
必要だと思うのですが…。
  1. 2015.09.25 (金) 20:18
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

お返事が遅くなってしまいました。

・今日は雨~さん。

2週間前の自分、なんでこのような記事を書いたのか、と思います、。(笑)。これまでの積み重ねがあって、いささか「キレ」た状態だったのでしょう、恥ずかしいです~。

徘徊。そうですね。それだと思います。しかも、お洋服のお取り替え状況が、ご自身をゆくない評価の方へ、方へと。

ひとことで言うと、今まで人の言うことを聞かずに来られたから、申し訳ないいいようですが、老いて恥を・・・なのかなあ、と。

お気の毒では無い、気の毒なのは、国民です。

よね?。

・ヒミツのコメントさん。

すみません、後で探し出してお返事させていただきますね!。

・プリンさん。

写真部屋。よく、他のサイトでも、56億円の御所は一般人には見せられない、とか。その他のご事情、とか。実際はどうなのでしょう。

昭和の時代は、とも、よく言われています。

池のほとりや芝生の上や。皇室らしい写真が、たくさん、残されていますね。

美智子さんの服とナルさんの表情は、今見ると、うむむ、ですが。

なんじゃ、ありゃ。???

・マナさん。

女中さんを連れてお嫁に来られたお姑さま。

さぞや。とも思わせていただきますが、妙にねじ曲がっておられないのでは、と想ったり。

どんないい人同士でも、ヨメとシュウトメという関係性の問題なので、とか、奥深いですね。

お舅さまを、見送られたのですね。おそらく十分になさったと思います。喜んでおられたのでしょうね、もしや黙っておられても。

・・老いは誰もが迎えるもの。私も、できるだけ何とか、と、考えています。私のことなどいいのですが。

>皇后さま、最近ちょっとおかしい・・?と思うこ>とがあります。皇后さまだって人間だし、老いで>色々な判断力が落ちていることも考えられます。>その辺りを正しく判断する人が
>必要だと思うのですが…。

仰る通り・・・生きて来た道が、自分の老後に、と思うと、なんとも。

マナさんはきっと、大丈夫です。えらそうですみません。

ご自分を見つめる目を、お持ちでいらっしゃるから。大丈夫と、本気で思いました。

順番ですから、自分の通る道は、なんとか、と、思いはする・・・時々、このようになっちゃう。お読み下さり、ありがとうございました。

御身ご大切になさって下さいませ。




 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・