今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

けど、けど、けど。



こんばんは。

五輪のエンブレムとやら、先には競技場をめぐるあれこれやら。

うまく書けなくてもどかしいですが、走り出したから停まれないんだ、でなく、おかしなエンブレムの問題が何とかなりそうなのは、嬉しいです。

当たり前の話なのですが。



ご当人は公人でも、きょうだいの方々はそうでないので、取り上げるのは申し訳ないと思いつつ。

美智子さんのご実家、正田家のお子さま方のお名前について。

巌さん。

美智子さん。

恵美子さん。

修さん。

このご四方のお名前は、日本式のクリスチャン・ネームもしくは、その思いをひめてつけられているお名前だと聞きました。

蛇足ですが私は、まじめなクリスチャンの皆さまを批判、標榜する気はありません。

巌さん。美智子さん。美恵子さん。修さん。

ご両親はクリスチャンです。お祖母様も、鉄壁のクリスチャンであられた。tその家の娘さんが、テニスコートの出会いだのロマンスだのとはやされて、結果、入内された。

長い歳月が過ぎております。美智子さんが実際どうであったかの評価は、もう少し先にならないと定まらない・・・のかどうか。

あらゆる「勢力」がそう見せようとした美智子さんの伝説が、事実どうなものであったかの、検証は、あのろくでもない(と私は感じる)デザイナーがやらかしていたさまざまの「ええかげんなこと」の一つ一つと同じように、白日の下にさらされつつあります。

過去はともかく。

と、乱暴に言い切ってしまいたい思いです。

過去はともかく、いま、現在の美智子さんの存在。

天皇である天皇を、意のままに扱えるご亭主としてあしらい。

不敬の言葉が生きているなら、なるまさ夫婦の両陛下、国民に対する不敬の上を行く惨状です、現在の美智子さんの陛下を杖代わりにし、陛下の前を歩き、その他のやりたい放題は。それだけではない。

「立派な天皇に」と仰せられた」香淳皇后に対して

「立派な天皇である以前に、立派な人間として」

と言い放った20代の妃の不遜。

乳母制度を廃し、子を自分たちの手で育てることにして。皇室のやりかたを廃して。

「もしも子育てに失敗したら私たちがいけなかったことになりますね」

と。堂々と仰った傲岸、傲慢の20代だった美智子妃の自信。時は流れて、

皇太子である皇太子を、惨憺たるありさまのままに放置し。

内親王である孫娘を、慈しみも愛情も感じさせない状況に置いたまま。

気の向くままに体調を使い分け・・・これは、まさこ以前の「貴賓」の姿でした。

まさか皇族が、と、それだけは信じがたかったお顔への・・・これは、あまり言えないことかも知れません、美顔マッサージだって一回五万円だって、必要と言えば必要なお立場と言えるかも・・・見せたい姿と見たいお姿の乖離が、今ほどすさまじくなければ・・・。でも、ピンク色のアイシャドーを、止める一人も不在なのですね。

五輪どころか、皇室利権のすごさは、私などが想像可能なものでない、くらいは、わかります。

でも。

いかがでしょう、世間の(世界の)評判落とすとか、かっこ悪いとか尋常な大変さでは無い、とか言っていないで。

廃太子、廃妃など、現実的にはとっくにそうなっているアレラのこと、そんな小さいつまんないこと、大きい箒でザザザッと掃いて浄めてどっかへ追いやって。

美智子さんも、豪壮な56億円もかけて建てられたお家がおありなのですから、美智子さま、でなくなられて、そこへ静かに隠遁なさる。

外出が止まらないならそれはそれで、おつきの方と共に見かけても、見た人は「ああ、ね~」と、ぬるくあたたかく見過ごして差し上げる。

ナルさんがいっとき、防弾チョッキを着けていた話の真偽は存じませんが、いったいなんであんなに「警護」の数が多いのか。

先日、常陸宮妃殿下華子さまがデパートから出ておいでになるお姿を拝見しましたが、あっさり、さっぱり、すっきりと、ごく普通に車に乗り込んでおられました。

東宮を、誰が狙う。

両陛下を、誰が、どう、狙う。

狙われる前提で、あんな大量の車列が動く?。前にいたって後ろにいたって、あれだけの車列でお守りできるのはせいぜい、手に何か持って突進してくる何か誰か、くらいのものでしょう。何か投げられたり、上から降って来たり、恐ろしいものが飛んできたりしても…守れる?。

ガラスを特殊にしても、窓開けて手を振ったりされるのだから。もういっそ、防弾防火あらゆるものを防げるガラスの車にして(滅茶苦茶言っていますかね、わたし)、手を振らんでいいから、中の笑顔が外に向かって拡大されるようにして、一般人の仕事や余暇の邪魔しないように通行規制しないで、さーーーっと走って行かれればいいのに。

と。↑の数行はもしかして、シラケ果てているKUONの暴走言語かと思われますがあの、なんで方たち、特別なんでしょ。

もっとも皇族らしくもっとも特別な方々は、ちっこい車でさわやか~に、移動なさっておられます。

クリスチャンの家の娘さんが入内したことからのモンダイを、鋭くえぐってみよう、皇室は真綿で締められるようにヤラれてしまって、など、書きすすめようとしたはずですのに。

やっぱり論理的な話は無理なようです。わたし。悲しいです。嘘です。

美智子さんはしかし、神官の妻のイメージははじめから一切無いですし、敬虔なクリスチャンの匂いもしません。

何なんでしょう。

つまり、地上数センチのあたりを、お手手をちまちまさせながら、なんだか「らしい」感じを振りまきながら、動き回って来られて。

完成形の想像でき難いご高齢のミーハー、という、微妙な存在になっておられるような。

東宮妃から皇后陛下になられた日の、十二単のお顔。みんな誉めてたけど、けど、けど。

今日も書き殴りになりました。

明日は、遅れているコメントへのお返事を、数行ずつでもさせていただけそうです。






スポンサーサイト

コメント

クリスチャンの巌さん、いました。

KUONさまこんばんは。

下世話な事しか書けませんので、お返事などはお気になさらないで下さい。

同級生にいました、巌さん。
5人兄弟の三番目。当時でも5人兄弟は珍しかったから覚えています。
日本名でもクリスチャンってわかる名前があるんですね。

美智子さまのお顔。
どこをどうしたら、あんな風になってしまうのか。
少し前にTVで見た80歳の草笛光子さんの美しさに感動したばかりです。
最近見なくなったけど、サッチーとか。細木和子氏とか。よっぽどキレイだったりします。
お二人とも、相当な修羅場も潜ってきたと思われるのですが。

皇室のことなど何も知らない幼時のころ、美智子さまは「怖いおばちゃん」という印象しかありませんでした。ヒステリーという言葉は知りませんでしたが、何故かそうだと思ってた。
今、ネットで沢山の写真を見ても、美しいけれども怖い写真が沢山あります。
無条件にお綺麗なのも、30代までのように思います。
「慈愛」はご本人に一番足りない要素だったから、マスコミを使って吹聴されたのかもしれません。

昨日の記事の、紀宮さまのお誕生日の会見がお母様爆上げなのを読んで、益々「自愛」の人だったのね・・・と確認いたしました。
カテゴリが「厚かましい話」。ほんとそうですね。

うーん…kuonさま、

美智子さん、
今の私には、大変申し訳ないのですが、サロメしかみえません。
王に、ヨハネの首を所望した女。

今世紀に入って、色々な変化があり、20世紀には隠れていたことが
めい明白に晒される時代に変わったのだと思います。
善き者は更に善く、
悪しき者は更に悪しく。と

始めは勧善懲悪が目立たず、
悪い者が良いように映っていても
必ず、因果応報、その報いを受ける
ことと思います。
よろけるお姿。か弱く儚げになさっているお姿。
心臓の検査、お首もティアラさえ
冠れない程、
と、思って心配してたら、
ナント
ヘイカを隅に押しやって、道の真ん中をスタスタ、ズンズンと背筋を
伸ばして歩く女帝の如き姿を
拝見致しましたよ。
国民が見ていないとの安心感からか
ヘェ〜、随分違うのですね〜。
驚きました。

(HNを変えました)

"完成形の想像でき難いご高齢のミーハー" 
これ、これです! 
Kuon様の観察眼と表現力に感動です。

美智子さんへお願いがあります。
陛下の袖をつかんだり、腕を組もうと肘のあたりに手を添えたりしないで欲しいです。映像的にねっとりしていて、汚いです。

ひょっとして西洋のマネをしているのかも知れませんが、彼らはこんなねっとり、じめっとした雰囲気は出しません。もっとカラッとしていて健康的です。

昭和天皇と香淳皇后が晩年にお手をつないでいた時の温かく微笑ましい画像が懐かしいです。

kuon様の記事、今回も、ピリッと山椒(笑)が効いていた。

皇太子一家、もう、いっそのこと、
警察の機動隊員が移動する様な、
金網の張った「護送車」で移動して欲しい。

皇太子御一家仕様に、内装をきらびやかにしてもいいですね。

それか、黒川氏が立候補された時の、ガラス張りの選挙カー
だと、窓を開けずに、かつ、目立てていいですね。

天皇両陛下の、周りにも、
もう、イエスマンばかりですね。

日本国民は、後 何年、
この惨状を見ないといけないのでしょう。

悪いことは、できませぬ。

http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015090201001432.html


お血筋がよくともしていることが、
法に触れたらなりませぬなあ。
どこぞのおえら〜いお方、
どうなりますのやら。









管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

知れば知るほど、ミチコさんて一体何がしたかったんだろう?って思います。
「民間出身と虐められた可哀想な方」って洗脳されてましたが、皇族の方々が然るべき理由もなく反対されていたわけではないのですよね。
男女平等、同権、平和、戦争反対。
そんな主張をされたければ、それが通用する範疇(民間)でご活躍されれば良かったのに。
世界でも稀なお家へ嫁がれたのです。扱い方を間違うととんでもない影響の特権での越権です。

おじいちゃんとおばあちゃんが手を繋いでラブラブなのは、昔食器用洗剤のCMで見ました。なのでもう結構です。
天皇陛下に掴まらないと歩けないほど弱ってらっしゃる方に無理にお出ましいただかなくて結構です。溺愛する長男一家と都心のど真ん中でひっそりお過ごしいただきたいです。

ようやく少し過ごしやすくなりました。間もなく紀子様と悠仁様のお誕生日。爽やかな「秋」の季節が始まりましたね。

お返事遅れて申し訳ない思いです。


・ミヤコワスレさん。

お顔。びっくりです。草笛光子さん、お歳と共に素敵さが増しておられます。女優さんでなくても、年齢が醸し出す内面の美しさを感じさせて下さる方、たくさん。唐突ですが、私のごひいきのジャック。ニコルソンも、お歳と共に魅力アップ、若い頃よりうんとチェクチー。男性ですが。(笑)。

まさか皇后さまが、と、皇室は髪も染めず、なんてえのを何となく信じておりましたが。その果てのいまの、おん有り様。高価な美顔術もシミ取りも、あかんようです。

よく言われる、巣鴨のばあちゃんがたにも、風雪が顔に刻んだ魅力的なおかたが見かけられます。みんながみんな、そうでmなく、強欲な方はそれなりに、厚かましい方はそれなりに・・・あら。

お返事遅くなりました。


・ちりぬるを さん。

サロメ。イメージとしては、あの、ビアズレー(でしたっけ?)の、銀盆上のヨハネの首を・・・って、あれを連想します。少なくとも、日替わりで男の肘を利用して歩けたり歩けなかったりする女ではないような・・悪女でも、背筋はピッと伸びた女のような・・男はかないませんね、サロメのごときには。今上も、背骨を抜かれた・・ああ、いや、そんなことは申しません、半分しか。(笑)。

嘘はつき通せない、ということを、国民にご教示下さった?ご慈愛でもって? そんなまわりくどい。

バレて来ただけだと思います。きっぱり。

・マーガレットさん。

HNを変更なさった? ごめんなすって。前のお名前がちょっと、わかりません、でも、コメントありがとうございます。

雅子さま大好きや他のサイトなどでも、沢山、若き日の思いあがった美智子さん・・あれ、言っちゃった、ですね、わはは、が、天皇に手を受けさせて、アメリカンドラマみたいに馬車(車?(笑))を降りて来る写真などが、いっぱい。

随分以前から美智子さんは、思い上がったれでーふぁーすと、なお方だったのだ。

睦まじいのはけえっこうなことですが、ツマの方にいちいち、シナがつくと、からっと爽やかなカップル美は生まれないとも、今更まなんだワタクシ。

て言うか。日本の皇后は、陛下の後ろが定位置。

何を思いあがって・・・この言葉、何回目でしょう。ミーハーだし。あらら。(笑)。

・名無しさん。

山椒の実のたっぷりたきこまれた昆布の佃煮でなら、いま禁断の白ごはん、白萩さま、三膳はいただける自信のあるKUONです。

大好きです。え。意味違う・・・。

>日本国民は、後 何年、
>この惨状を見ないといけないのでしょう。

本当に本当に、そう、思います。

・ヒミツのコメントさん。

後で探し出してお返事させていただきますね!。


.卯月さん。

入内の裏側については今は考えないとしても。

何を考えて、この結婚をなさったかと思いますね。

まあ、若い日のエイやっと飛び込む感じが無ければ、私自身も、結婚していたかどうか、わからない。していなかった感の方が、強かったりもします。それはそれとして。(笑)。

>男女平等、同権、平和、戦争反対。
>そんな主張をされたければ、それが通用する
>範疇(民間)でご活躍されれば良かったのに。
>世界でも稀なお家へ嫁がれたのです。
>扱い方を間違うととんでもない影響の特権での
>越権です。

仰る通りと思います。

賢婦人とはやされた感のある実家のお母さまの、「

「天皇を敬うようには育てなかった」

発言も、今にしてみればすごいですね~。

まさこの

「皇太子さまっておえらいの?」

発言とどっちがどっち、ですかね。正田夫人のあの、イヤそうにそむけたお顔を拝見すると。

いやだったならやめといたらよかったのに。と、今更にしていいたくなります。

なんやねん、皇太子って、そんな、お願い三昧でしか、ツマを得られなかったのでせうか。

日本の国民と呼ばれる皆さまが(自分も含め)、なんというか。かんと申しますか。

いったん、正常な清浄なところへ戻って頂けないかしら。

プロの皇族、と思わしめる、まっとうな、皇族らしい皇族様に、お願いしたいです、にこりと仰ぎ得る対象の、その、お立場を。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2474-d43cc292

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (132)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (61)
今の思い (237)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (14)
美しいこと (29)
厚かましい話 (56)
おそろしいこと。 (54)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (31)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (10)
みんなのうた (8)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん