今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

敬虔な感じ。追記あります。



おはようございます。

自分でも「ああそうだったんだあ」と不可思議な「本家の長男のヨメ」の日々を過ごしておりました。

おります。現在進行形、持続中。やるだけやるんだわさ。明けない夜は無いんだもん。ね、こうちゃん。(笑)。



その中にあって、予約していた海行き。わがちっこい会社の社員旅行で、淡路島へ行ってきました。これは堂々と行きました。私の「公務」であります。(笑)。

出発したのは25日、火曜日。台風15号に向かって行く形で、奈良から兵庫県へ走った。

明石海峡大橋、封鎖されているんとちゃうか、の声もあった中、んなことない、行け、走れ、須磨、明石方面は私のろまんちっく街道。源氏の君が流されておられた地にてごじゃいまする、一年に一回はそっち向いて行く。

激しい風が吹いていて、大橋はごくんごくんと揺れておりました。大きい車で行ったからよかったけれど、そうでなければ大変だった感じもします。しかし、橋の上は貸切状態でも無く。揺られながらひたすら前進する、ハンドル握りしめるオトーサンがたは、頑張っていると思いました。

淡路島を突き抜けて、鳴門大橋まで走ってしまって、こんな日の渦潮を見てみたい。と願望しましたが、あっさり却下されました。てへぺろ。

鳴門大橋は通れなくなっていたようで、携帯電話をぶち壊しそうに吼えまくっている方も数人見かけました。お仕事なら、暴風もいいわ、なんぞとは言っていられません。

ホテルへ着けば私は、一人で、海を眺めているだけです。

それでいいのです。それがいい。

眼の下が海です。洲本の海にしては荒れていました。

時折、風がざあっと吹いて、海面が巻き上げられて真っ白く波立ちます。

ちょっと抜け出して、タクシー頼んで、台風に近い海を見に行ったりもしました。創作も試み。


    海暗く 雲重く風すさぶ須磨 この荒寥を見たくて来たり

    同情は不要理解も不必要わが内側に踏み込まざれな

    理不尽を言い立てているうちはまし 極まれば淡々とこなしゆくのみ
    

皆が何やかや、声をかけに来てくれますが、放っておいて欲しいのがわたしの望み。若い人たちは、何をしてでも、楽しんでいてくれればいいのです。

海を眺めて。風を眺めて。刻々と暮れて行く空を眺めて。

出て来たお料理はご飯以外(ごめんなさいご飯)のすべてをいただき、貸切状態の温泉・大浴場でまた、ぼおっと窓の外を眺め。星も月も見えない漆黒の空です。

テレビで世界陸上のまぶしい人たちを眺め。

波の音を聞きながら眠りにつきました。

波の音に目覚めた朝の海は、穏やかに凪いで、キラキラと光っていました。

会社の留守番と称して残った夫は、実は社交苦手の変人、一人で実験しているのが一番好きなヒト。(笑)。おはよお、今日も会社よろしく~っと、寝ぼけた挨拶がらみの電話をして。

早々に朝ごはんいただいて、皆は来ない喫茶ルームでコーヒーゆっくりいただいて。朝食バイキングにコーヒーもありますし。

社員さんのお子たちと、今日はお付き合いさせていただくつもりで、気合入れてメイクしました。眉、しっかり描いて。

台風の去った一般道は、のったりまったり。ふつうの、むかしからある、むかしのままの家並みに、気持ちが落ち着く・・・とか、言ってもいいのでしょうか。

ゆっくりとできた社員旅行でした。

自分用のお土産は、大量の玉ねぎです。玉ねぎ大好きです。


帰宅してまたばたばたしていて。

今朝、5時半くらいからついていたテレビで、ご静養中の美智子さんのお姿に遭遇。

天皇の肘をしっかとつかんで灰色のお洋服で、どこかへ顕れて、ピアノを演奏されていました。外国の女性がかたわらで歌を唄っておられました。

なんで、皇后が、ピアノを弾いているのでしょうか。誰かが望むのか。なんで、こうごうさんが、一般の方々のための会で、ピアノなんか弾くのか。

私のアタマの中も台風の風が吹き過ぎた後なのですっきりしているきがするのですが、

なんで、皇后さんが、人前でピアノなんか弾いて、それがニュースになる?。

変。

ほんっとうに、わたしを見て、見て、の方なのか。そのようです。みて子さん、とか。

変。

今は皇太子一家も東京にいない。着いてからは写真を撮らせていたけれど、行く時はおそらく、人目を避けてヒミツの通路を使って東京を脱出。何しているんだか。

年中無休の静養中のお疲れのための静養とヤユされていましたが、あたま冷やして考えて、あのひとたちの存在理由ってなんでしょう。

レーゾンデートルってやつ。(笑)。

要りませんでしょう、あの三人。

天皇も東宮も不在の東京。皇室が本当に、神道の長の家なら、朝のおつとめや夕のおつとめって、無いのかな。

どこかへ行っていても、遥拝、黙祷、それでいいのかな。

新たに、再び、あの皆さまのお仕事やお立場や、存在の意味や理由を、少し、考えてしまいました。

ご当人がたは、考えているかどうか、わかんないことですが。

敬虔な感じの無い皇族って。




メガネをはずして手に持ったまま拍手されておられます。

行儀悪~っと、感じたけど、いかがざんしょ。トンガでまさこも、何か手に持ったまま拍手しておりました。

御くびも順調なご様子とお見かけします、およろしゅうございます。皮肉です。

私が出て来て何かしてさしあげれば、皆が喜ぶ。

力づけられる。ってお考えでしょうか。

神官の奥の方らしく、お慎みを、と願う私は「わかってない」のか。

このお方が、まことかどうか、紀子さまに対して、

佳子さまが目立ち過ぎると注意されたか文句たれたかと知って、ものすっごく立腹してしまいました。

誰が、どなた様に向かって、権威ぶってモノ言うてはりますのんや(もの言うとるんじゃ~っと書きたかったけど。表現をやわらかげに逃げて見ました。

どこまでどんなんや、こうごうさま。

一言も百言もあってしかるべきh、秋篠宮さまご一家のどなたかにでなく。

とりあえず東に位置するあの一家に対してでしょうが。あそこに何も仰らないおひとが、何を言う。何も言うな。












スポンサーサイト

コメント

名無しに☆を付けました。

皇后様のピアノ、毎度絶賛されていますが、???です。
皇太子さんのビオラと同じく、決してお上手とは言い難い。
何故レッスンをわざわざするのか。レッスンはされてもいいけど発表を何故するのか。昔から不思議です。外国で発表なさったときもありましたね。

それから、お洋服のこと。
パタリロよろしく何枚も同じデザインをお作りのようで。
それも、パッとしない色を。
町中のご婦人たちの方がおしゃれ上手です。お金もかかってないし。

小皿といい、髢といい。。。皇太子に教えてあげればよろしいのに。

私も毎年、草津のワークショップで世界の演奏家と演奏されるニュースで流され、うんざりしています。

美智子さんのPVでしょうか。
ピアノの練習は御所でなさればいいし、指導も受けられるでしょう。
静養で陛下も巻き込んで何の為のアピールでしょうか。
まあ陛下も「あちらがよい様に」とおっしゃるようですから・・・

ピアノかぁ。。。

サロン、
社交界、、、

海外の王族とは、違うのだから、、、
それって、皇居でのプライベート時間、プライベート空間では、
そして、映像も報道されなければ、
皇后陛下が、満足されない??

日本全国に流れる、メディアの前でピアノを弾くって、
心臓に御負担でしょう?!

なんだかなぁ。。。

ああ・・・

よかったわ~  

〝ええ~っ?なんで練習するのを公開する?おかしいわ!”と思ったのが私だけじゃなくて!


お顔がだんだん険しくなるようで・・・・
ヾ(´ε`;)ゝ ふぅ。。。

よくもまあ…

あのお方には、いえいえ、アレレ
達と同じに 恥じらい と言う言葉が
皆無なのですね。
ってことは、恥じらいを知る日本人
では??
善意をひけらかすイヤラシサ!

やっぱり人間最後には、ブレーキが
緩くなり、隠しおおせなくなり、
顔やすることに、人となりが出ますね。コータイシもなんだかキンキラキンの腕時計をしたりー まったく
似合いませんから。
不登校のお子さんが、いきなり
東大に入れる程優秀で、英語の発音もネイチャーEnglish、水泳も上手で
エトストラ
なら、見せてください。
聞かせてください。

天からの配剤の秋篠宮ご家族の
ことに、難癖をつけるなど、
以ての外!
kuonさまの許せない気持ちと同じです。

https://www.youtube.com/watch?v=dOv7VlBH0Ko

こちらに少し長い映像あり。
こういうものって、宮内庁からマスコミに報道してくださいねって事前に連絡して、報道させているものだと思うんです。
映像見ると、あまり大きくない部屋のようですし、コンサートとかではなく、個人レッスンというものなら、マスコミが押し掛けてというタイプのものじゃないかと。
皆さん、同じようなコメントしていますが、私も自分からピアノ演奏するから取材して~って、なんかおかしい!!後ろにいるのは、次のレッスン待ちの方々でしょうか。
普段見ない緊張の表情をされているし、それこそストレスじゃないですかね。じゃ、体調問題なさそうですね。あの東大での検査のための数時間は、皇居では会えない人物と会うカモフラージュだったのでは?とも言われています。陛下を巻き込んでの戦後の談話打ち合わせとか。
普段が普段だけに、勘ぐりたくなりますね。

理解不能

ご静養中での、ピアノレッスンをマスコミに報道させる。ニュース映像で見るとホールに観客の姿も見えました。私ならマスコミ取材も入ってるし、ドキドキしてストレスになり心臓に悪いわ(笑)

コータイシもやりましたね〜

公開レッスンに割り込みした
コーゴー。

皆んなコーゴーのピアノを聴きに
集まった音楽関係者では、ありませんよ。
一流アーティストのレッスンを受けに来たのです。
お胸がーー!って大騒ぎして、
式典でも、ヨロヨロしてたのでは?
いつのことでしょうか?
ピアノって、コーゴーは、お悪い
って言うところを、全部使う楽器
なのですが???

コータイシも、音大の大切な催しに
ドタ出して、締め出ししましたね。
何やってるんだろう?

ご無沙汰しております

火曜に淡路島だったんですね。
まさしく台風の北上とともにでしたね。
月曜にパパリンが徳島へ行ってて
『一日遅れたら鳴門大橋通行止めだったよ』と言ってました。
明石大橋は割と強い風でも開通してるんだそうですが
鳴門は閉めるらしいです。
こんな時の渦潮観たいですよね〜(笑)
佐渡のたらい船みたいなのに乗って
グルグル回ってみたい(笑)

淡路島って海越え、橋越え
ちょっとした旅行気分になれますよね〜
これからは『鱧』ですか。


ピアの人前で本当に弾いてるだけでも
80歳の老人と思えばエライですよ(トホホですが)
悪魔が来たり手笛を吹く。。。
フルート吹けるハズの后は
どこで何を吹いてるのやら(笑)



owd脳全開

みて子さま…確かに。お若い頃から写真は素敵にポーズ(はぁと)でした。
華子さまや紀子さまの「自然体かつ品良く」と違います。
淡路島の旅を楽しまれたご様子。日頃お忙しくされているKUONさま、ゆっくりされて良いと思います。静養に次ぐ静養の誰かさんと違いますから。
しかし「目立ち過ぎる…云々」は完全にowd脳全開ですね。何をするべきか理解できていない、「そっちかよっ!!」みたいな事をやらかしてしまう。
お宝売った金で記事書かせているのでしょうね。

ご無沙汰しております。

美智子さんの演奏を聴きました。

元ピアニストとしては、「タッチがよわっちい」

強弱、緩急、表現がうすっぺらいのです。

ただ「弾きましたのアテクシ」みたいな。

…溜息しか出ませんね。

お返事が遅くなり夏も逝ってしまいました~。

・名無し☆さん。

つまり一言で言いますと。

軽薄でかまってちゃんで、見て見てさんで、自信過剰で、そして。

全く人の心も国の現状も理解できていない、誉められたい人。ではないでしょうか。パタリロ。爆。この頃は何も似合っておられないですし。巣鴨ばあちゃんより何とか、との声も。

・・・ひと言ではなかったですね。(笑)。

・まりりん さん。

一言で言えば、そうですね、うんざり。

あの思い詰めたお顔も、シナも。

・・・・ううううううううううう、イヤだなあ。

・プリンさん。

まさこもそうだと断言したいですが。皇室は神道の長の家、という解っていないのは当たり前、皇室神道を破壊、毀損するための入内で。

しかし。それがそうなら、そんな皇后陛下って、どうよ、と。多少のご負担ではビクともしないハードな心臓を、入内前からお持ちですよ、きっと。

・やさいさん。

やさいさんのブログで、静養地の海辺でくっついてにこにこと睦まじい両陛下を「少年少女のようですてき」

と、語ったあの日は遠く彼方へ行っちまったです。

あのまま、信じてゐたかったですが、騙し続けていては下さらなかった。ひどい話ですよね。

陛下の威光まで、地に墜ちてしまいましたね。

まさこは論外。(笑)。

・・・すみません、続きは明日になります、よろしくお願い申し上げます。



こんばんは~。

お返事させていただきます。

・ちりぬるを さん。

皇太子も似合わない金ぴか時計。お嬢ちゃんも、何とか言う腕時計と聞きました。ご本人がお選びかどうかはわかりません、母親が買い与えているのでしょう。

どう見ても下品。もう漢字で書きます、下品です、恥知らずです、きもちはこじきです。

もう、言い足りませんが。

・ベターニアさん。

>あの東大での検査のための数時間は、皇居では会>えない人物と会うカモフラージュだったのでは?>とも言われています。陛下を巻き込んでの戦後の>談話打ち合わせとか。
>普段が普段だけに、勘ぐりたくなりますね。

めんどりが鳴けば国が亡びると、中国ドラマでも言うてました。

韓ドラは見ませんが、中国の国が絡んだ大作は、大道具と衣装がすばらしくて、ときどき見ていました。その中で。

からだのことは言いたくないですが、少し言えば、めんどりが首突き出してけたたましゅうして、亡国へ突き進む構図に見えます。

お慎みを、と、誰も言わない。恐ろしい・・・たぶん聞かれない。


・メロンパンさん。

国民の楽しみ、もっと言えば一途な努力の結果を、自分の張り合いたがりで踏んづける公人。

去年も同じことを言われておいででしたが、変わらず。今年は、ストレスの病も増えておられるのに。

見られると貼り切っちゃうんですね。観客は、自分の見たい方を待っておられるんですよね。どうしようもない。

・音楽の友さん。

>皆んなコーゴーのピアノを聴きに
>集まった音楽関係者では、ありませんよ。
>一流アーティストのレッスンを受けに来たのです。

そうですよね~。

誰もがみてこさんの前にひれ伏す訳でないですよね~。

こういう人類、ときどき見かけます。見ていて恥ずかしい。それが、こうごうさん。

自分の都合だけでチケットやっと手に入れた国民を締め出して、一ミクロンも恥じない大馬鹿野郎が、その息子。

よお、でけてはりまんな、さすがでんな、と、昔の浪速のダンナ集は誉め殺して、完全にバカにして無視して。

そんなん、してみたいです。気持ちはしてます。(笑)。

・熟女Nさん。

お久しぶりです。(笑)。

荒天の海、大好きなんです。台風の日の渦潮、ほんまに見たかった。(笑)。

美智子さんも、お歳の割にご立派、で済めばいいのですが、一般人の邪魔しちゃってることが、問題と思うのです。三軒隣のばあちゃんのことなら、ぎゃんぎゃん言いません,(笑)。あのひと、こうごうさんだから。

社会的立場で評価って変わるところがあるですよね。

あのひとのフルートはもう、そのへんに無いんじゃないですか。何を吹いてるか・・・酒呑んで食べ過ぎて、泡吹いてる、が、正解でいいですか?(笑)。

・衣通媛さん。

わあい、お久しぶりです。

初めの頃から女優立ち。テニスの途中で笑顔撮らせて。大量の写真から見えてくる「美智子さん」に、満腹過ぎて気分も、ってとこです。

海べりへの旅が好きです、飽きません。また小さい旅を楽しませてもらいたいです。

>自然体かつ品良く

の地代は、思えば皆無のこうごうさんでした。絵馬の奉納は続けております。(笑)。

・hortenciaさん。

>強弱、緩急、表現がうすっぺらいのです。

>ただ「弾きましたのアテクシ」みたいな。

専門的なことはわかりませんが、皇后さまのピアノがスンバらしい必要も無いとは思います。ただ。

温かい音、心地よい音、やはり、弾き手の何かは現れるのではないか、と思うと。

hortenciaさんが感じられたことは、そういうことなんだろうな、と、思います。

弾きましたのアタクシ。どうお、びっくりなさって? ですか。まあ、なんと申しましょうか。

薄っぺらい・・・んむむ。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2467-9812a01c

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (241)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (37)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (12)
くおんの万葉集 (5)
くおんの万葉集・番外もあり。 (1)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


しんしんと肺碧きまで海の旅

             篠原鳳作


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


しんしんと肺碧きまで海の旅

             篠原鳳作


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん