FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

静かな夜は

こんばんは。

皆さまのコメントが、お鍋の具材みたいにたっぷり、あったかで、冬の夜も、ようございますわね。

yuutaさんは「はまや」さんへ行かれ、ようこさんは、いらっしゃいませ~、と。

素敵な「会い」であられたようで、こっちも、よかったな~、とほっこりです。

私も是非、行きます、いつになるでしょう。

大人が皆、シゴト持ってるから、孫を、誰が見ているか、で、すべてを決めます。

12月になったら孫の母親の出張なども決まるはず、最近、中国へも行くこと多く、三泊くらいはして来ます、ので、1月に決行として、12月20日頃、いついつ行きます、との返事を、させて頂くってことで、ひとつ。

土・日の方が、一泊ならいいかなあ。その線で決めます。

何の計画もなく、ただ、おいしい魚をいただいて、温泉で「あ~~~」して、あとは喋りまくるか、聞いているか、ですね。

携帯電話はオフにして、過ごしたいですね~。

何も考えていない。ただ、行ってみたいな~で、行きます。

東京まで新幹線で行く、まではわかっているけど、あとは、これから、調べたり確かめたりしま~す。


少し前まで、人様にお会いするのも億劫で、どこへも出て行きたくなくて、プチ・ばーちゃん・ヒッキーみたいな気分でしたが、ここへ来て、ちょっとあちこち行きたくなって。

誰かに、会いたくなって。

民宿というところで、だら~、と、ゆた~、と、するの、いいなあ、と。

その節は、どうぞ、どうぞ、よろしく~。

山イチゴさんのとこへ行くのは、その後になりそうですね~。

な~んにも考えず、行こう、と思ったの。許されれば2月、遅くても3月。

金子みすずで賑わっているという山口へ、参ります~、これも、どうやって行くか、調べないと。


いい気で浮かれているみたいですみません。

これも数年(もっと?)ぶりに復活させた石油ストーブの、柔らかい暖かさに骨抜きになっています。

昆布と大豆とニンジンと、お鍋に入れておくだけで、おいしく煮あがってくれるし・・・。

小さなガラスのツリーを、今年は飾りました。

むかし、短歌の勉強をしていた頃のお知り合いで、ご夫君と二人暮らしの方がおられて、詠まれたうたを思い出します。

   少しばかり大きめかものケーキ買い老いの二人のイブの灯ともす

亡くなる前の歌はこうでした。

   涙垂れてくれずともよしその胸に小さきわれの墓標たまわれ

静かな夜は、さまざまな思いが胸をよぎります。









スポンサーサイト





  1. 2011.11.30 (水) 21:42
  2. URL
  3. 山イチゴ
  4. [ edit ]

健さんが

お姉さん、こんばんは
私はいつでも待っておりますよ〜。
ただ、2月は山口市盆地で雪の積もる日も多く、長門辺りは日本海の風が凄い冷たいです
3月の方がオススメ
あッ!日曜日夕方ネットを見てたら
高倉健さんが来年公開予定「あなたへ」ラストシーンを門司港で撮影されたとの記事!
知ってたら行ったのに
撮影も最終日だったとか!
高倉健さん80歳になられます。映画も6年ぶりです。
本当にお会いしたかった方です!
男前で渋く、昭和映画全盛期を代表される俳優さんです。
あの頃、裕次郎さんは若者たちの代表的存在。
健さんは幅広く硬派を代表する方で映画館から出てくるお兄さんやおじさんたちは健さんになりきってた
今回は、元刑務官の健さんが亡くなった奥様(田中裕子さん)との思い出をたどって富山・岐阜・長野・長崎等々を旅されて最後が門司とありました。
公開されたら、ぜひ見ようと思ってます
昨日、お姉さん紹介の詩、心に染みると読みました。
今日の夕食、長男が来て、就職活動を来年から開始するのでいろいろ話しましたが、なぜか私に具体的な事は質問するのです。
父親の方が近い体験したはずと思うんですがね?
昔から子供達はそうですね。
小さな時はともかく、私は不思議です?
1月に長男が20歳。
つい昨日産んだと思ってしまいます。
できるなら孫の1人でも見たいなぁ〜って思います。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・