FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 5
  4. [ edit ]

どしゃがしゃ

こんばんは。

<最近「放射能」のことを、あまり書かれませんね。身辺の雑事ばかり。猿がいたからって、それがどうしたか、と思ってしまいましたよ。もう飽きたのですか。放射能の記事の無くなったあなたのブログ、まだ読みに来る人がおられるのですか。>

このようなことを書いて来て下さった方がおられます。

飽きた、とは、私にでなく、実際に困難な中におられる方に対して失礼な言葉です。

<放射能のことを最近あまり書かない>のは・・・言い訳することでもないですが。

たとえば除染と言うことも結局、公共事業になってしまったな、日本国のやり方だな、と感じてしまっているし、必死に一生懸命取り組んでおられる方を思えば、もう何も言えないな、と、感じてしまっています。

どれだけ除けて、目の前から無くしても・・・無くしたと思っても、セシウム自体はどこへも行かない。
どこへも行ってくれない。
今もまだ、なお、現場から出続けており、降ったり流れたり積もったり舞い上がったりしている。どんどん増えてゆくばかり。それを、放置してあるんです。

考えると、本当に、どうすればいのか、どうなってしまうのか、。
などと、今、こう書くことで、何か、どうかなるのでしょうか。

ひどい話です。

これからが大変、これから、大変なのに、と、思っています。どう考えても、想像は、自分のキャパを超えています。

アンチの方も大切、とても大切と、基本的には考えています。それで、増慢しがちな心に、ビンタが入ることもある・・・。




と、気の強いことから言い始めて。すみません。

久しぶりに、武田邦彦先生のブログから、抜粋して貼らせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


食材からの被曝を正確に計算し、今後の生活設計に活かす、「簡便で計算が可能な方法」を考えていますが、食材の汚染度(ベクレル数)が政府の妨害で示されていないので、もう少し考えます。でも、食材からの被曝計算は考え方が難しいので、とりあえず、考え方だけ先に示しておきます。

まず、「ある一つの食材だけが汚染されている」という場合と、「ほぼすべての食材が汚染されている」という場合の二つがあります。

「一つだけが汚染されている」という仮定は、原発事故のあと政府や東大教授が説明していたもので、ほうれん草が汚染されると、「ほうれん草は一日、平均して**グラムたべるので、汚染されたものを1年間食べ続けても**ミリシーベルトにしかならない」というものです。この場合は、説明の裏に「食材の内、ほうれん草だけが汚染されている場合」という注釈が必要ですが、それを省いているのです。

もう一つは、私が説明していたもので、「いずれ、多くの食材が汚染されるので、ほぼすべての食材が汚染されている」として計算するという方法で、これは「私独自の方法」ではなく、食品安全などで広くとられている考え方です。
・・・・・・・・・
たとえば、農薬の規制というものを考えると、お母さんがスーパーに買い物に行き、ほうれん草を買うとします。そのほうれん草についている農薬が「他の食材にはまったく農薬がついていない」ということを仮定して決められていたとすると、お母さんはほうれん草を買ったら、他の食材は「規制値以下」ではだめで、「農薬ゼロ」だけしか買えないことになるからです。

つまり、ある農薬の摂取制限が赤ちゃんで1日1ミリグラムとして、ほうれん草だけで1日1ミリになるようなものが売られていると、それだけで一杯になるからです。このような規制は不可能です。つまりほうれん草だけ1日1ミリにして、小松菜はゼロ、大根もゼロということになると、「なぜ、ほうれん草だけ農薬が認められるのか」ということになり、またほうれん草が好きな人と、買わない人で大きく農薬の摂取量が違うことになります。

だから、毒物の規制というのは原則として、1日に買うものがすべて汚染されているとして規制値を決めるということになります。それで初めてお母さんは農薬のことを気にせずに買い物をしても子供の健康を損なうことはなくなるのです。

このようなことは少しでも毒物規制のことを知っている人は、十分に判っているので、政府、東大教授、NHK、大丈夫おじさんなどは「故意に人を被曝させた」と言えると思います。

・・・・・・・・・

もう一つは「値」そのものです。私の4月、5月のブログに細かく書いてありますが、食材の内部被曝は預託実効線量というのを使い、50年間の被曝量を出すという面倒なもので、しかもセシウムやストロンチウムなどによって異なり、さらに厳密に言うと年齢、臓器の個人差なども考慮しなければなりません。

科学的にはそうなのですが、現実に毎日忙しく働いているお母さんにとってみれば、そんな計算をしている時間はありません。そこで、私は「1キログラムあたりのベクレルを100で割ると、1年のミリシーベルトになる」と言ってきました。これは被曝の主要なものがヨウ素とセシウムであり、そのほかにストロンチウムなどの被曝が少しあるので、セシウムだけなら130ぐらいで割るのが良いのですが、測定されていないストロンチウムや最初のころのヨウ素のことを考慮して、100でわることをお勧めしていました。

これに対して「NHKや大丈夫おじさん」などがゆるめの計算をしているので、迷う方もいるようです。

この説明は横浜市が「大丈夫市長」と「大丈夫おじさん」の連名で作った市民向けパンフレットで、水を含んで1年5ミリ、水を除く食材ではセシウムの内部被曝だけで年間4ミリシーベルトを基準にしています。そうすると、平均として1キログラムあたり425ベクレル((200+500+500+500)/4)としています。

これに対して私の計算では食材からの被曝を1年0.4ミリシーベルトとして、1キログラムあたりの基準を40ベクレルです。若干の差がありますが、これは私の計算がヨウ素やストロンチウムを考慮して少し安全側で計算しているからですが、ほぼ同じで、違いは1割程度です。

先日、初めて名指しで批判した流山市長や「順一」という人の場合、1)日本人を被曝から守ってきた現行法を無視している、2)食品安全委員会の1年5ミリも触れない、という二つのことを隠していますので、注意をしてください。間違った情報で子供を被曝させることはできないからです。

流山市長は私が間違っていると言われていますが、無責任なことを言わずに、具体的に何が問題かを指摘しなければなりません。私が人を批判しないのは、事実が問題で「有名教授の間違い」などと書くなら、その代わりに「どこが間違っている」とか、より積極的に「このように考えなければならない」と書く方が、流山市の子供を守るのに役に立つと思います。

さらに、国は1年5ミリの暫定基準を改定し、食材だけで1年1ミリとする方針を出していますが、これも中途半端で、国も早く遵法精神を思い出し、{外部、内部合計した実効線量が1年1ミリ}で実施してください。

(平成23年11月27日)

武田邦彦

(C) 2007 武田邦彦 (中部大学) 引用はご自由にどうぞ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山イチゴさん。

うつ、長いのですか。

以前書いた、犬が怖くて歩道を渡れないのがわかってもらえなかったM君のお母さんですが。

障害者だからといって、してもらって当たり前とは思いたくない、息子に思わせたくない、という人で、でも、どうしようもないことはある、そこだけ、どうか、ご理解ください、手を貸してください。

ということで、施設を作る運動などでも、息子のことだけでなく、後に続くひとのために、という意識が強いのですね・・・なんていきなり書いても????ですね、ごめんなさい。

はじかれているんです、彼女。あなたは、息子のこと以外には苦労が無いから、とか言われて。全くそうではないんですけど。

一人の人間の中には、一つの心があって、その心は、日替わり、時替わり。上がるときも下がるときもあって、でも、痛み慣れている人は、じーっと抑えてしまうこともあるよ、諦めて笑っていることもあるよ。

ってことが、わかって頂けると、嬉しいですね。

<就職が決まって 髪を切って来たとき もう若くないさと 君に言い訳したね>

「いちご白書をもう一度」。今のように、勤め人の髪型の自由のきく時代ではなかった。

周囲にもいましたよ。

ギターを置いて髪を切って、ネクタイ締めて、の、あの頃の彼たち。

定年迎えた人も、いま沢山いて、あらためてギターを抱いて・・・。

楽しんでいるかな。

私の娘の一人も、去年うつになりました。

どんなことでも、書いたらいいですよ。ピント外れの返事をすることも多いと思いますが、山イチゴさん、何、書いても、受けるくらいは頑張って、楽しんで、にやにやと、受けますよ~。


えまさん。

そうです。「愛と悲しみのボレロ」(ひどいタイトル)、ヌレエフやピアフをモデルに、という映画でした。一度しか見ていない・・・。

最近なくなったモーリス・ベジャールが振りつけして、モーリス・ラブェルの曲を、ジョルジュ・ドンが踊った。

この「ボレロ」という曲、好きなんですよ~。

今、来日中で、愛する日本の復興を祈って、と、各地で踊って下さっているフランスのシルビィ・ギエム。彼女は、ヌレエフが目をかけたダンサーの一人だったそうです。後で、ギエムの「ボレロ」を貼りますね。

再婚されたお母さんが、えまさんでない新しい娘さんに、できれば自分もしてみたかったバレエを、習わせていると。

聞けば、平静でいられませんね。私なら、いられない。

黒っぽい感情も、ワタシなら湧く。事実、無神経な母親に対して、いろんな感情を抱いた経験があるし。

祝福も、応援も、する気持ちになれないのも、不思議でないと思いますよ。

<心の狭い私>。そんなことない、そんな風に、思わなくていい。

淋しくて、悔しかったと、思いますもん。

その、えまさんが得られなかったお母さんの愛情を、たっぷり受けた彼女は、きっと、そんなこと、知りませんよね。知らずに育って、おそらく、ずっと知らないままでしょう。

不条理です。そういうことが、たくさん、いっぱいあります。

だから。

だから、というのもヘンですが。

えまさんは、えまさんで、幸せでいましょう。意地でも幸せになりましょう。・・・って、やっぱり、変ね。変でもいいじゃん。

意地なんかじゃなくて。えまさんも、素直な、かわいい性格の女性。幸せなんか、あっちから飛んで来るタイプですよ。

今までそうでなくても、もう、そういうことなの。私が言うんだから、そうなの。強引でも、そうなんだからね!。










スポンサーサイト





  1. 2011.11.29 (火) 08:39
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

KUONさん おはようございます

民宿はまやさんに行って来ました
ようこさんにお会いしました!
鮟鱇鍋!!食べてきました
新鮮なお刺身もたっぷり~ その他の魚達も~
とっても美味しかったです
お湯は熱めで私好み 気持ちよかった

ようこさんの気さくで温かみのあるお人柄が良かった
ようこさんのお部屋でヨンジュンさんの話をたくさん、、、といいたい所だけれど
ポツポツとゆっくりお喋りしました
なにせようこさんの質問に答えられないんです 情けないyuuta
まだまだ話したりない気分です
何かの時 思い切って皆で会えたらな、、、
さぞかし盛り上がるでしょうね、、、と思いました

山イチゴさん ふぐせんべい いただきました 美味しかったわ
機会があったら是非お出かけになってみてね
もし嫌でなければyuutaにも声かけてください

えまさん 弟さんのご家族は茨城にお住まいなのですか
のんびりとご一緒にはまやさんで過ごされるひとときは格別な時になると思います

KUONさん 来年ご都合の良い時お誘いくださいね
楽しみにしています
  1. 2011.11.29 (火) 15:26
  2. URL
  3. ようこ
  4. [ edit ]

kuonさん こんにちは

yuutaさんが来てくださいました~
yuutaさんこそ温かみを感じるステキな人でした。
お会いできて本当に良かったです。
ヨンジュンさんのお話聞けて、語って、楽しい時間を過ごせました。
もっともっと色々なお話したかったけど
次回の楽しみにとっておきます。
今回は他に小人数ではありましたがお客さんがいたので
女将さんやりましたが、kuonさんが来られる時は私もフリーに
なりたいので・・・
来られる日が決まりましたら早めにご連絡を~
yuutaさんにも連絡しますので。

山イチゴさん
ありがとうございました。
yuutaさんといただきました。
○セット楽しみにしていてね。

えまさん
あんこう鍋は3月までやっています。
よろしかったら是非いらしてください。
ヨンジュンさんのお話できたら嬉しいです。

yuutaさん
ありがとうございました。
「ハナヨ」の本、アマゾンのネットショッピングで買えました。
1週間くらいで届くそうです。楽しみです。
またお会いできる日を楽しみにしています。
  1. 2011.11.29 (火) 15:48
  2. URL
  3. 山イチゴ
  4. [ edit ]

お借りしますね

お姉さん、この場お借りしますね

yuutaさんへ
はまやさんにご夫婦で行かれたのね!!
海の幸をたっぷり食べられ、ようこさんとヨンジュン話しされ良かったです!
いつか行きたいと思います…その時はお声掛けします♪
私もヨンジュン家族歴浅くようこさんの質問に答えてあげられるか心配ですが、いろんな事をお話ししたいと思います!!
すぐに行ける距離ではないので一応こちらのものを送りました。yuutaさんにも食べてもらって嬉しいです
こちらで、フグを「ふく」と…幸福を呼ぶ魚とそう呼びます。
少しでもの気持ちです。
これからもよろしくお願いしますね

えまさんへ
えまさんも土曜日小倉駅いたんですね…時間は随分差があるけど身近に感じて
えまさんの気持ちを誰が「狭い」なんて言えるでしょう?KUONさんが書かれてる通りね…つらい想いバネに幸せへしましょうよ
なぜなら、私もそうだから…。
コメントにも書いた事があるけど、すぐ下の弟は生後病院から父方の親戚へ養子に出された。一人っ子として大切に育つ姿を見て複雑だった。
母は再婚しなかったけど自由奔放、寂しい最期。私、複雑な気持ちで見送りました。(長女は損と思ったね)
父は離婚の原因となった女性と再婚、娘と息子がいます。
私は会った事ないし、会う気もないよ!!
父を奪った人の子供なんて見たくもない…
再婚相手も私が嫌いらしい。
父がまだ不倫中に会い、呑気に「可愛いお姉ちゃんだろ?」と私は「若い子なら可愛いんかぁ?それなら私の方が絶対可愛いじゃん父ちゃんいつも私が一番可愛いって言うとる」子供なりの精一杯のイヤミ。
私にとって若い男前の父は、初恋と言ってもいい存在、母とも本気で父を取り合い。だから、この見知らぬ女に渡してなるものか
小学5年くらいだった。
父より中身も外見もいい男を見つけてやると誓いましたね…。ペヨンジュンへの道スタートと思う今日この頃
父は、再婚後も母と関係を続けたり複数の彼女もあり、戸籍上確認済みでも、隠し子いても不思議ないと私は思ってるね
えまさん、お互い自分の責任じゃないことだよねぇ…[e:7
  1. 2011.11.29 (火) 19:07
  2. URL
  3. 山イチゴ
  4. [ edit ]

お姉さん、こんばんは
大学や専門機関HPじゃないので…書かないからどうのってご意見もありますが。
「今日も元気でいましょうね」日常や放射能汚染やいろんな事、私が好きで読むし、コメントしてるの
それでいいのです。
お姉さん、私M君のお母さん否定しないよ…子供や孫の行く末案じる気持ち当たり前…机上のことばかり言われる行政の方々は嫌いですけど。
祖母も孫の為と信じたと言っておりました。
けれど、いざ行政が絡むと「予算」で、とんでもない場所に学校や施設を次々と建て、ギリギリの人数しか教師や職員を入れないから、最初に描いた事と反対方向へ進みます。この現実が怖いだけです
私のうつ病は長いですね。
20代後半東京にいた頃、たまたま知り合いの専門医に相談したら「抗うつ状態だろうね」社会生活に支障が生じない程度。
「うつ病」診断は、母親を看取り2年間であっという間に車いす生活。
育児も家事も自分のことすら出来ない状態、自分の存在が邪魔になる迷惑かける事が許せず死ぬ事ばかりを考える毎日。
隙あらば自傷行為、尋常ではない。
カン夫が「病院へ行ってみよう」言えばそれすら「邪魔だから言うんだろう」でした。
説得され病院へ行き「反復性うつ病」と8年くらい前ですかね。
いろんなパニック症状も併発し大変。
普通の人も気分が上下するでしょう。
私の場合、下がりが激しい、ここ数年間そう悪くない、この1年くらいはイベント参加旅ができる程落ち着いてます。でも、完治難しいので良い状態を保つ心掛けしてます
歌やコメント、見る事・聞く事・行動する事、脳の活性化に大事です!
ヨンジュンさん雲隠れ状態今日1月中旬頃近くの街で「70代アイドル集結コンサート」情報
速攻で予約した!
〇十年ぶりあいざき進也を見れる
江木俊夫・狩人の弟・フィンガー5晃・あべ静江等々売上は震災復興支援
昔に戻って追っかけするかもです
  1. 2011.11.30 (水) 19:39
  2. URL
  3. えま
  4. [ edit ]

ほんわか気分です

kuonさん
皆様こんばんわ

kuonさんの優しい言葉のひとつひとつが
胸にしみます・・・泣いちゃった~~~うれし泣きですv-351
何だかとってもありがたい・・・
理解されることがこんなに救いになるのだなあと
あらためて感じ入っております。

山イチゴさん、yuutaさん、ようこさんありがとうございますv-398
皆様のコメント・・・さすがウリv-20の家族v-48v-48v-48
とても暖かい気持ちになりました。

はまやさん、すぐには行けませんが
来年行けるように色んな段取りして必ず行きたいです。

目標ができたv-281
楽しみですv-353v-352



 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・