KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

明仁天皇。だそうだ。

以下のごとき本が出版され、書店での扱いは均一でないにせよ、平積みされているところもあります。

今朝、BBさんのブログで、詳しく読ませていただきました。

私ごときが言うべき何も無いとわかりつつ、私も、自分なりに書いてみたいと思いました。

この色の文字部分が本の紹介やら内容やら。

尽きたところのこの色の文字が、わたしKUONのため息、になりますか。


戦争をしない国 明仁天皇メッセージ

                        文/矢部宏治  写真/須田慎太郎 

〈 書籍の内容 〉
明仁天皇の言葉でたどる、日本の戦後70年

衝撃のベストセラー『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』の著者・矢部宏治は、なぜいま、明仁天皇の言葉に注目したのか。

戦後日本最大の矛盾である「沖縄問題」と真正面から向かい合い、その苦闘のなかから「声なき人びとの苦しみに寄り添う」という、象徴天皇のあるべき姿を築きあげていった明仁天皇。その平和への思いと重要なメッセージの数々を、写真家・須田慎太郎の美しい写真とともに紹介します。

サイパン、パラオ、中国、沖縄、広島、長崎、福島・・・。単行本としては空前の海外&国内ロケを敢行!


〈 編集者からのおすすめ情報 〉戦後70年がたち、いま日本は大きな曲がり角に立っています。

そうした時代のただなかにあって、折にふれて発信される明仁天皇の考え抜かれたメッセージ。

その根底にあるのは、「平和国家・日本」への強い思いです。

本書は、天皇という地位ではなく、ひとりの人間としての明仁天皇にスポットライトを当て、大きな苦悩と長い苦闘の中からつむぎだされた、その珠玉の言葉を美しい写真とともに紹介します。

目次
1章 I shall be Emperor.    
2章 慰霊の旅・沖縄       
3章 国民の苦しみと共に     
4章 近隣諸国へのメッセージ   
5章 戦争をしない国       
6章 美智子皇后と共に     
あとがき           

【付録】世界はなぜ、戦争を止められないのか――国連憲章と集団的自衛権




「明仁天皇」って何だろう。

今上陛下に対して、この呼び方には、それだけで違和感なんてものではない醜悪さ、偏った「色」を感じる。

現在ただいまの天皇陛下を「名前」で呼ぶやり方は、今までどこにあったのだろう。

<戦後日本最大の矛盾である「沖縄問題」と真正面から向かい合い、その苦闘のなかから「声なき人びとの苦しみに寄り添う」という、象徴天皇のあるべき姿を築きあげていった明仁天皇。>

これも。

沖縄の事は、確かに大きな問題ではあろう。

けれど、それを、「象徴天皇のあるべき姿を築きあげていった明仁天皇。」と、短絡的に結び付けて言い切ってしまうのは暴挙。ではないかと私は思う。くっつけたいようにくっつけた。

思ったって、すでにこの形で本屋の店先に並んでおり、美しい写真の表紙に魅せられて手に取ったり、天皇の力強いお言葉とやらに感動して泣きました、なんて惹句が、踊りまくっている。

やったもん勝ちという言葉は、不肖KUONも存じております。

こういう風に天皇を、利用めさるのですね。

天皇の妻が、いつものように、これは本意ではございませんわ、と、申し入れられるとは考えにくい。

<天皇という地位ではなく、ひとりの人間としての明仁天皇にスポットライトを当て、大きな苦悩と長い苦闘の中からつむぎだされた、その珠玉の言葉を美しい写真とともに紹介します。>


これ。いいのか。いいのか、いいのか?。

「ひとりの人間としての明仁天皇にスポットライトを当て」とは。

こんなところで「ひとりの人間として」と引っ張り出されておられる陛下。

戦争に敗けて昭和天皇は「人間宣言」をなさった。70年前。

現人神ではなくなられた。人間になられた。

でも、違う。

いまの「にんげんだもの」とは、違うもんじゃないのか、天皇って。

思い過ごしか。

あほらしくてバカバカしくて、ヒンシュク買う覚悟で申します。

美智子さまのご亭主操縦術は、みごと、成功なされました、ということですか。

成功。それはまだ、わかりません。美智子さんにかじ取りが出来たのは、ご主人様だけ。

明仁天皇。

そんな呼び方をされて。書かれて。終戦時は中学生であられた。

天皇陛下のご幼少期から青年期

1933年にお生まれになった天皇陛下は、宮中のしきたりにより、わずか3歳でご両親の元から離され育てられました。女官がいると軟弱になるということから、東宮仮御所で東宮傅育官(ふいくかん)によって育てられ、周りは大人の男性ばかりでした。

しかも、弟宮の義宮さま(常陸宮さま)とも別々に育てられ、時々義宮さまがお兄様のいらっしゃる東宮御所に遊びにいらして、土日にお泊りになることもあったそうです。

戦後、慶応義塾の塾長だった小泉信三氏やアメリカの著名な児童文学者ヴァイニング夫人が天皇陛下の教育担当に就きましたが、彼女の言葉に印象的なものがあります。

「殿下はあまりにも退屈な束縛された生活を送っておいでになるとわたしは思った。尚悲しいことには、殿下はより大きな自由への欲求をも感じてさえおられないご様子なのであった。」

天皇陛下は、孤独の人と言われていらっしゃったのです。

この孤独な青年が、レンアイケッコンをなさった。(←この設定は外せません。鉄板。明仁天皇には「まこと」だったかも?)。

50余年の結婚生活、お二人で越えられた「苦難の道」、幾星霜。

リベラルな妻が喜ぶようなお方に出来上がられていて、何の不思議も無いような。

明仁天皇。なに、それ。

みぞおちあたりがねじれます。

気持ちの悪い国になっております。

デモ、とかいうらしいものに参加しているお子たちのお顔も、そうとう、何です。気持ち悪い。

〇カにいっちょまえにモノを言わせるな。

と言っても、なんでもかでも派手に騒いでるもんを追っ掛けて話聞いてそれらしく持ち上げてやって、人目を引けば、商売になるヤカラがいっぱいいるのですしね。

私は、唐突ですが、おちょぼ口で言いますわ、うつくしいものが好き。これくらい、言わせて。




スポンサーサイト

コメント

KUON様
連日の猛暑にもかかわらず記事の更新ありがとうございます。

それにしても、明仁天皇ですと!?
頭悪い人ですかね。
2、3日前のTBSのニュースでは画面右上の字幕に「美智子様」とありました。
皇后陛下のご病状のニュースの間中、ずううううっと「美智子様」の文字が右上に貼り付いておりました。
アナウンサーは「皇后様」と呼んでいたので、視聴者の私は「どっちやねん!!」と一人突っ込みしてしまいました。

TBSといい、矢部さんといい、編集者といい、に、日本人!?…とは思えません。

日本の四季も年々厳しいものとなりつつありますが、それでも日本を愛し、日本人の特性を慈しみ守って行くつもりです。

KUON様、どうぞ熱中症にはくれぐれもお気を付けてご自愛下さい。

御名を呼ぶこと

KUONさま今晩は。毎日暑いですね。

私、厚かましい性格で、しかも怖いものがないんじゃない?くらい言いたい放題なんです、普段。

ですが、今上陛下の御名を軽々しく口にしたり、書いたりするのはなんとなく違う気がします。
「ゲド戦記」、ご存知でしょうか。
あの世界の住人は、通り名とまことの名と名前を二つ持っています。
まことの名前は、家族以外は余程親しい人にしか明かさない。名前は力を持っていて、まことの名を知られると、(下手すると)知られた相手に支配されてしまうからです。
ハリーポッターの「名前を口にしてはいけないあの人」の場合は、口にすれば、禍々しいエネルギーが飛んでくるからだ、と解釈しています。

日本でも「源氏物語」などで○○の君などとお呼びして、名前を呼ばないようにしているのは、名前に呪術的な力があると信じられていたからでしょう。
天皇も、諡号で呼ばれる前は「お上」ですよね。
現代では「陛下」。(上皇、法皇についてはわかりません)
日本人なら、子供の頃からなんとなく身についていませんでしょうか、軽々しくお名前を口に出すべきでない方の存在があることを。

明仁天皇、なんて前代未聞じゃないでしょうか。
KUON様がおっしゃるように、気味が悪いです。

違和感

ワタシには霊感と言うものはなくて、どちらかと言うと鈍いと言うかKYな部類の人間です。
そんなワタシですらも感じる違和感。

明仁天皇。上手く説明出来ませんが、とにかく気持ち悪いです。奥さまはokなさったのでしょうけど。お気に召さなければ差し止めるられたはず。

美智子さんのファッションセンスとかサボりまくりの雅子さんとか、民間企業のコンスの蔓延とか。アレレ?と違和感を感じた事は概ね間違ってなかったのだと思わされる、覚醒からの日々です。

美智子さん、お若い頃はあんなに(それこそ女優レベルで)お美しかったのに…。
民間から嫁いで虐められたとか、ご苦労されたとか情報操作で精神的な要因が大きいように思い込まされてました。
でももっと単純で物理的科学的に、紫外線対策をしっかりなされば良かったのではないかと思います。
小皿と揶揄される大きめの髪飾りではなく、帽子としてちゃんと機能するつばの広い帽子をお召しになっていれば、幾らかは違ったのでは?

昭和天皇と香淳皇后の「お上」「良宮」と言う呼び方や、夫である前に天皇と言う唯一無二の存在への尊敬を忘れない程よい距離感が如何に素敵だったのかを思い知らされます。

今回も支離滅裂なコメントを失礼しました。
連日猛暑日が続いておりますが、KUONさんも十分にお気をつけください。昨日油断していたら軽い熱中症になりました(^_^;)

しかたない

15年ぐらい前にカナダに住んでて、割とインテリのお知り合いの方に「日本の天皇は、アキヒトだよね、そのまえはヒロヒトだよね」と英語で言われ、「アタシは天皇の名前なんて知らないわ、日本では名前呼ばないし、報道されないし、、、」と言うのがやっとでした。相手は日本では名前呼ばない、ってところはほとんど聞いていなくて「興味ないんだね、もの知らずなんだね」という反応(と私は妄想した、実際そうだったし)でした。

そのとき初めて「外国の新聞は天皇の名前呼びつけなんだなあ」と思ったのでした。あれから事あるごとにこのときのことを思い出し、「もっとちゃんと説明できたらよかったのに」と悔しく思うのでした。

私はそろそろ「アキヒト」呼ばわりする潮目だと思います。だいたい次の天皇は「ナルヒト天皇」「ナルちゃん」とか呼ぶしかないでしょう。あの人をキンジョウテンノウヘーカなんて呼べますか? アタシは考えられない。

アキヒトさま、ナルヒトさま、そういう時代にご一緒させていただいた、と思うしかないです。一個人がそこにいる、って思って、それはそれ、これはこれって思って生きていくしかないですよ。

私は昭和生まれですので、昭和天皇の時代に育ちました。
昭和天皇というのは崩御されて、付けられたのですよね。
ですから、天皇は「天皇陛下」以外に呼び方は知りませんでした。
皇室に疑問を感じ、掲示版を見るようになり、現在の天皇陛下を「今上」と称するのを知りました。
親に教わっていません。親は知っていたのかなあと思います。
昭和天皇が「裕仁」と知ったのは何時だったか覚えていません。
当時、皇太子が「明仁」というのも知りませんでした。
今上のご成婚のパレーードのVTRを見ると、アナウンサーが「明仁さん、美智子さん」と言ってますよね。
なんか違和感がありました。

再び、「明仁天皇」って言われちゃうんですね。

軽い・・・

アキヒト天皇ですか…

kuonさま、連日猛暑が続いておりますね。
それとともに、反戦の文字が殊更ある意味を持って飛び交う毎日です。
最近、に、始まったことでもないのでしょうが。
誰でも戦争なぞ起こしたくない、巻き込まれたくない。
マスコミの偏向には辟易します。反吐がでる。
いつから皇室が、天皇が左巻き勢力に加担されているかと情け無いことに…。

初めは、食う寝る遊ぶの、皇太子妃への疑問からでした。
学習院がエライことになってるんだってさ…、と同窓の東京の友人からのメールで。

私たち日本人は、お天道様が見ていらっしゃると
そういう道徳観がDNAの根底に流れていると、そして石にも木にも神々は宿ると
自然への畏敬を持ち合わせて
そんな民を、ひたすら国と民と世界の安寧を祈ってくださる
それこそが敬愛すべき皇室なのだと
お手本とすべき皇室なのだと
私は、信じておりました。

もう、悲しいことに皇室はあるべき姿では
ないのかもしれません。
愛する祖国、日本が正しくあるべき姿に立ち戻るための
今は過渡期と、慰めています。
勝手に。

どうぞどうぞkuonさま、ご自愛なさってください。いつもありがとうございます。


明仁天皇、、、
うーん、、、

エリザベス・女王みたいな感じかな。。。

ルイ王朝みたいに、●●●世よりは、いいのかな。。。

saraさんの、コメントで、ガッテンしました。

明仁天皇、、、一瞬、んっ?? でしたが、
Akihitoだと、海外の新聞で、見たことあります。

私は、日本人ですが、
「明仁天皇」より、

「エンペラー・アキヒト」の方が、
昔から、何度か、海外の新聞などで目にしてきたので、わかりやすいです。

お返事が遅くなり申し訳ないことでございました。

・ぶんこ さん。

あのう。私も、あのお方を「皇后陛下」とは呼びたくない気分が明確になっております。

自分の中で、くっきりとした線になっていて・・・。

「自分のために思い詰める方」美智子さん。

>日本の四季も年々厳しいものとなりつつあります>が、それでも日本を愛し、日本人の特性を慈しみ>守って行くつもりです。

本当に、しみじみと私も、そう、思います。


・ミヤコワスレさん。

仰るように、源氏の世界はまったく古くなくしかし美しく、また読みなおしたりしてしまいました。田辺聖子の本では、柏木という青年が哀れで好き。いろんな訳者で、好きの対象が変わります、六条の御息所が好きなのは、どの訳でも不変です。

光君より、女性たちに魅かれます。

それにしても。なんと雅びなあの世界。まさこの名にあの文字を当てたくなくて最近は書かなくなった。子どもじみていますね。(笑)。

・卯月さん。


>昭和天皇と香淳皇后の「お上」「良宮」と言う呼>び方や、夫である前に天皇と言う唯一無二の存在>への尊敬を忘れない程よい距離感が如何に素敵>だったのかを思い知らされます。

美しかったですね。本当に。時代は変わっても庶民の世界でも、やはり美しいありようというものは、不変だと感じています。

「我」の凄まじさについても、考えます。

・saraさん

う~ん。私とは考え方が違うのだなあと思うのですね。ここだけは外せない、という何かが違うのでしょうか。

私には、あなた様の仰ることに、うなずけないのですよね。

コメントはありがとうございます。

・まりりん さん。

戦後、すべてがウワーっとはっちゃけて、確かに明仁さん、美智子さん、でしたし。現在の島津貴子さんは「おすたちゃん」でした。皇室に対してもワアッと開放的な気分で・・・それから段々また、堅苦しいというか、上滑りに持ち上げる風になって来て。

皇室って、いろいろな扱いをされて来られたのも事実でしょうが。

廃嫡された皇太子だって、何人もおられたのですが。ねえ。

・すみれ さん。

>私たち日本人は、お天道様が見ていらっしゃると
>そういう道徳観がDNAの根底に流れていると、そ>して石にも木にも神々は宿ると
>自然への畏敬を持ち合わせて
>そんな民を、ひたすら国と民と世界の安寧を祈っ>てくださる
>>それこそが敬愛すべき皇室なのだと
>お手本とすべき皇室なのだと
>私は、信じておりました。

私もそうです。

今も信じていたいです。

が。昭和帝を滅さなかった勝者は、じわじわと、その日本人の首を。

と、言われても。美智子さんがまったく、そういった感性に遠い「皇后」であっても。

まさことやらが、言語道断の言うべくもないヤカラであっても。

まだ大丈夫。

秋篠宮ご一家が、いて下さる。それだけ、本気で、思っています。

負けるもんか、です。(笑)。

・プリンさん。

こういうことは、押しつけられないこと、なのですね、きっと。

英語圏でどう呼ばれようが。自分の中では「今上陛下」、私の場合は。

ただ。とっても軽い感じになってしまっているのも、本当で。でも、せめて「近上陛下」で頑張っていないとなあ、と、勝手に力んでいる感じはありますね。(笑)。






コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/2432-6a2b5826

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (73)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (243)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (37)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (14)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん