KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 5
  4. [ edit ]

望んだものは・・・画像あります・・・



昨日は神戸で「兄弟」という映画の試写会がありました。

五月のカンヌ映画祭に出品、上映された映画です。いってみれば「地味」な映画で、スターさんが出ているでもない、華やかな話題にのぼったでも無い一本でした。

監督さんなりの拘りの強い作品のようで、商業的なお気持ちは希薄なご様子で。

けれど、長女が、ポールダンサー柚月恵本人として、また、娼婦・ローズとして出演している(ちょっとおとぼけ風味のなかなかの味わいでした)ので、親としては、そのことだけででも、見てみたい作品でした。

日本での上映は、この試写会が初めてになるとのこと。行ければいいなと案じていましたが、先月末にしんどくなって初めてのお出かけ、車だったし行けました。よかったです。

写真も何も、今日の状態ではご紹介できない・・・いずれ、できれば、ということで。

シリアスな内容の画面の中で、やがてポールダンスのシーンになって。

舞台用のメイク、衣装、ライトの中で、ぐっと視線を決めて現れた「柚月」は、全きプロのダンサーの顔でした。

数分間の演技は、激しく。切なく。美しかった。強烈なインパクトを与えました。

現在30代後半の彼女が、30数年間、ただ「踊る自分」でありたいと踊り続けて、己の体と気持ち・・・本当は、魂と呼びたい・・・に、積み上げてきた、余分なものは削って削って、欲しいものだけを残したいと戦って来た、目指して来た「ピュア」が、そこにあると、感じました。

自分の娘だろうが、よくないことをいいと言いたくはない。書きたくない。照れないで、映画の中の彼女は素晴らしかったと。

今は言いたいです。

まだまだ一般的には認められにくい、ポールダンスというジャンル。何年か前、それを始める、後に続く子たちのためにひろめたい、と言われた時は、私にはためらいがありました。正直なところ。でもあちこち打ち身でアザだらけになりながら突進して来て。

クラシックバレエから始まって、ひたすら踊り続けて来た柚月恵の、空気を圧する存在感、世界感に、圧倒された「ママ」でした。

そうです、今でも「ママ」と呼ばれています。恥ずかしくないです。

ぎゅううっと強く、時にだだ甘く、身内にさえ揶揄されるようなイエスマンならぬイエスママ。言い切ります、私は、わが子を愛しました。

今よりもっとずっと、激しく(笑)未熟で愚かな人間でしたが、子を愛しました。

子も、愛してくれました。20幾つになった時、家を出て行った、その日まで。

今も。互いに、たぶん。

ほとんど会うことも無くなっている、電話もめったにしない、メールもしないし、来ない。

娘は娘の道をみつけて、支えて下さる方々、応援して下さる方々の中で、自分の世界で、もっともっとを目指しています

母は母で(わたしのことですが~笑)、自分がいる場所で、不器用に生きております。

・・・上映の後、サイン会でも撮影会でも、私と娘は、特に寄り添いもせず。写真の一枚ほどは、人さまのご厚意で、一緒に写りました。

「柚月」が、愛されている現場で、すみっこにいるのは幸せでした。

帰り際も、じゃあね、と、手を振って、それでおしまい、昨日は、おしまい。

今日は、生な感情をむき出した文章を書いています。

こういうのもいいじゃないか、たまには、と、自分を許します・・・恥じながら。


二十歳になる彼女に。かつて贈ったうたがあります。見つけました。他にもありました。

     二十歳を迎へむとする娘(こ)に望むただ一つ「ピュア」余は余にてあれ

     純白の汝にあれかし妬みそねみ痛み苦しみを塗りこめてなほ

     がむしゃらに一事に賭けて苦しみも自ら浄化さするかと見る

     先行きの保障の有らぬ道に賭け娘が舞台にて全身に笑む

     照明の光芒の中に飛び散りて刹那きらめき消ゆる子の汗

舞台の上で飛び散って消える汗のように。

その日のステージはその日、その場、その時だけのもの。

でもこれも。

記憶する者の中に、くきやかに、残る。鮮やかに残ってくれます。



     血の中に堕つるなと告ぐる声のあり時にしばしばわれを支ふる


月末、26日には、神戸・三宮で、夏のPDNがあります。ポール・ダンス・ナイト。

今回は最多人数であるというダンサーさんが、神戸の夜を熱く舞う。

その夜もまた、わたし、幸せを感じる一人でいるでしょう。




・・・昨日の試写会に際して、協力を下さり、温かいお気持ちを下さった、N・Sさん、T・Sさん。

ブログを介して知己を得たのでしたが、本当にありがたいことと感謝しております。K・Tさんにも。

ありがとうございました。今後もダンサー柚月をお見守り下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

全くの私事である(わはは)記事にお付き合いくださった皆さまにも、ありがとうございますと、申し上げます。


ここから先は人様のお手にすがりました。

客席はこの後、つまって行きました(笑)、台風の影響で来ていただけなかった方もおありでした。


PCでご覧におなりの方は写真が大きく表示されると思いますが、取り敢えずupさせて頂きます。






客席はこの後、埋まって行きました(笑)、(喜)。






スポンサーサイト


  1. 2015.07.19 (日) 20:29
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015.07.20 (月) 07:29
  2. URL
  3. プリン
  4. [ edit ]

この記事良かった。

お嬢様みたいな生き方、いいな。

受けてきた愛が邁進できる強さ(その人の、人生のボーン・骨)になる。みたいな。

邁進って、なかなかできないょ。。。
Kuon様、お大事に。
やっぱり、お母様が病気だと、お嬢様も心配と思うから。
  1. 2015.07.21 (火) 15:40
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

コメントありがとうございました。

ヒミツのUさん。

プリンさん。

人と違う道は、やはり、どこに山があるやら谷があるやら。でも、これしかないと頑張れる道を来られたことは、幸せだったかと。

私は「止めなかった」それだけでした。

この先も、未知数の道。行くのでしょうね。
  1. 2015.07.21 (火) 16:44
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

第5回PDN  ポール・ダンス・ナイト

社団法人日本ポールダンスセラピー協会

7月26日 日曜日
18:00 開場
18:30 開演
場所: COPA LATIN
〒650-0011神戸市中央区下山手通2-4-13 
永都ビル神戸1番館5階
  TEL/FAX.078-391-1515
料金:3500円 w1d
前売り: 3000円 w1d
JAPT会員:前売、当日とも3000円w1d

ぎゅうぎゅう詰めかも知れません、熱い夜に。
  1. 2017.08.09 (水) 10:17
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・