KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 残念なこと
  2. tb: 0
  3. cm: 6
  4. [ edit ]

幾つか。





昨日、6月30日、秋篠宮妃殿下紀子さまが、皇居・神嘉殿(しんかでん)前庭で行われる儀式「大祓(おおはらい)の儀」に代表して参列された。

宮内庁の山本信一郎次長が、昨年6月9日の定例会見で、6月30日と12月31日に皇居・神嘉殿(しんかでん)前庭で行われる儀式「大祓(おおはらい)の儀」に宮家を代表して参列される皇族の範囲を、これまで成年男性の「親王」に限っていたのを、成年女性も含む「皇族」に広げたと発表しておられました。

昨年は、秋篠宮家の内親王・眞子さまがこの役をおつとめになっておられたのでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


天皇陛下はご高齢ですが、皇太子は働き盛りの50代、十分お元気とお見受けします。


ナルさんは、27日にはお一人で、学習院女子中等部にお通いである一人娘の愛子さんの、授業参観にお出かけでした。

愛子さんのお母さんは体調を考慮して不参加。

ナルさんは午前9時頃学校へ入り、午後の4時まで居座り、もといご滞在。

理科、保健体育、音楽、道徳の4教科を参観された由。

13歳の中学生女子たちの授業を、ニヘラのオジサンが連続参観。

周囲には眼光鋭いSPがてんこ盛りにいたでしょう。年頃の女の子たちには、沢山のデカい(中心の一人はさにあらず)オジサンたち、この季節に長袖姿ネクタイ着用、胸ポケットだとかスーツのズボンの後ろに凶器を潜ませた、ノン・デオドラントなおとこのひとたちが、にこりともしないで(したら別口のキョウフね)そこここにいたら、とってもイヤだったと察せられます。

痩せても浮腫んでもナルはコータイシ、学校の先生方も気を遣われるでしょう、ちょっと早熟な気味のお子たちは、片隅で固まって横目遣い、

「あれ、あの子のパパだってさ、特別扱いさせんなよって言ってやろうか」

「今日はアノ子も朝から来てるよね、保健室へも行ってないんだよね、今日は」

「うちのお父さん単身赴任よ、一人でドバイにいるの、コーゾクってヒマなのね、この前来た叔父様が、ロイヤル何とかポ、とか言ってて、お母さんが、子どもの前でそんなことって」

など。良い悪いではない、社会に向かって開かれ初めのシビアな目は、うすらパパなどを通り越して、好き勝手させているパパを飛び越えて、愛子さん、本人に向かう。

そーゆーもんなのです、子どもの世界。[愛ちゃんのパパですよー」だったパパには、きっと、理解できておられないとは思いますが。

平日に、父親が、4時間の参観。トータル7時間もの校内滞在。

お昼ご飯も、学校で食べたのかしら、ナルたん。

・・・三年ほど前に出版された、詳細な取材に基づいての著書、佐藤あさ子さんの

「雅子さまと愛子さまはどうなるのか」草思社

には

「愛子さまはグループで走っていて急に立ち止まり、後ろの子が愛子さまの背中にぶつかるのを楽しんでいる」

「順番に滑り台をすべっていて、他の子は滑り終えると階段で順番を待つが、愛子は滑り終わるとそのまま滑り台をのぼっていく」

「授業中に担任の先生が他の生徒を注意すると、愛子さまが耳を塞いでしまうので注意出来なくなり、南組は学級崩壊に繋がり
かねない状態」

「愛子さまだけ掃除当番をしなくて良いのは何故かと生徒が質問したら、担任の先生が答えをハグラかした」


この内容は初等科時代のものですが、本人も周囲も、基本的には変化なしと考えます。

学校の方、あと一年半の我慢、辛抱、の状態なのでしょうか。キショイ、との悪評もかなりだったようですけれど。

皇族が来るってモン、来るなとは言えないよ、なのか。(笑)。そんなこともわからんコウゾクでもね。

何も、おそらく、変わりません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


で。

一昨日29日には雅子さんは、体調もおよろしかったか。

夫さんと一緒に、車の中で手を振って、両陛下のところへ「ご挨拶」

トンガ行くから。

体調を押して、国のために、行ってあげるんだからね、わかってるわね。

帰ったら当分、旅の疲れを癒して、それから夏休みに突入。

ってお考えなのかどうか。

おクスリキメキメ、両目はすでにトンガのそれへトンでいる?

恐ろしい目つきで、その日も、おいでのヒデンカでいらっしゃいました。



予定では皇太子夫婦は7月2日夜に羽田空港を出発、民間のチャーター機でトンガへ直行。

かつてのトンガ国王のお葬式には、まさこは「行っていない」のでなく、皇太子のみ「おいで下さい」だった。そして

「トンガは空港の滑走路が短く、政府専用機のジャンボが使えない。なので、皇太子は、シドニーを経由して小型飛行機に乗り換えて入国した。

今回は雅子妃の負担を考慮して宮内庁はチャーター便を手配した」

 それでも10時間を超えるフライトになる。

国内での両者での行事にはまさこ夫人は、ほぼ、無出席。自宅の玄関先の勤労奉仕団への会釈にさえ 出られない状況が安穏と許されている。

その中での豚雅への訪問。

帰国後の国内公務のスケジュールが空白になっているのも、今更ながら疑問。

7月上旬の『献血運動推進全国大会』の出席予定に、まさこの名前はない。




・・・…ご心配はおかけしたくないのですが、目の状態がいまいちで、お返事がなかなか出来ません。

少し目を休めたく思っています、ごめんなさい、も少しお待ちくださいね。

わたしをキラいな方は、ざまみろとか、思うは自由ですが、コメントよこしたら、あなた自身の恥と思召せ。ね。





スポンサーサイト


  1. 2015.07.01 (水) 14:16
  2. URL
  3. ハンナ
  4. [ edit ]

ネットニュースで

愛子様の通学鞄に幾つもぶら下がった
マスコットやら、ハンドジェルやら?の
写真を見て、
学級崩壊通り越して、学校崩壊の危機を感じております。
ハンドジェルは佳子様の影響とか
佳子様にいただいた?とか
意味不明の解釈の記事にも絶句しております。
  1. 2015.07.01 (水) 18:46
  2. URL
  3. マナ
  4. [ edit ]

お大事になさってください

KUON様
いつも楽しみに拝読しております。目の調子は大丈夫でしょうか。お返事など気になさらずにお大事になさってください。記事をUPされるのも大変ですよね・・。

後退子、7時間も授業参観!?どれだけ暇なんでしょうか。後退子さんが静養するお金を納めている国民は毎日相当働いてますよ。体を壊すほどね・・。初等科でも運動会パシャパシャ撮影してましたし、ロリコ〇だと言われてもおかしくないですよ・・・。嫌がらないI子さんもやっぱりお察し。

トンガを前に台風発生です。地球全体で後退子負債を拒否。
どうせ行くんでしょうけど、台風で帰れないとか言ってNZやオーストラリアあたりで税金無駄遣いしてこないかすごい心配です。

  1. 2015.07.01 (水) 19:15
  2. URL
  3. さぶた
  4. [ edit ]

トンガ

豚雅
ふいちゃいました。
  1. 2015.07.01 (水) 19:43
  2. URL
  3. さち
  4. [ edit ]

やらかして来い!

久しぶりのコメントです。

明日の夜 きっと又 ペチャクチャ
喋りながら 手 ひらひらさせて
ニラニラ 出かけてくんでしょね。
目に見えるようです。 豚雅で 二人して
せいぜい 浮きまくり あれこれやらかして
来い と思います。 やっぱり 変やわ って
(いまさら だけど) 気づく人が
一人でも 増えてほしいです。
一人一人の 小さな声が いつか
大きな大きな ウネリとなれば、、。
  1. 2015.07.01 (水) 21:24
  2. URL
  3. 今出川
  4. [ edit ]

こんばんは

お疲れが重なり 肩も凝ってしまわれたのだと思います。
ゆっくりできる時間ができますこと願っています。
お大事になさってくださいませ。

雅古さまの御帰りを首を長くしてお待ちすることにしましょう・・・其の間わずかですが お忙しくなりますから♪
  1. 2015.07.01 (水) 23:11
  2. URL
  3. まりりん
  4. [ edit ]

山本次長のお話は宮家を代表する皇族と言ってますね。
宮家の代表以外はないんでしょうか。
判りませんが、宮家の男性皇族で動けるのは秋篠宮殿下しかいませんね。
それで、女性皇族に広げたと・・
まあ、東宮が臨んでも神様に拒否されるではないでしょうか?

雅子が宮中祭祀を拒否るのは、穢れているのでその場に居られないんだとか・・・

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・